2006年07月29日

セルティック俊輔今季初戦でいきなり初ゴール!

セルティック俊輔 開幕早々いきなりゴ〜ル!!!
俊輔が早くもSPL第1戦 キルマーノック戦で初ゴールを決めた。
本日行われたSPLホーム開幕戦  キーンが引退 ハートソンが移籍でメンバーも入れ代わり キャプテンレノンは出場停止。 

バルデ マローニ テルファーが体調や怪我で メンバー入り出来ない中  新メンバーの元チェルシーのヤロシク そして FWミラー DFコールドウェルがスタメンに入りしての初戦を迎えた。

遠征 親善試合では 殆ど得点が出来ず チームの連携の悪さを心配していた俊輔だったが ペトロフ 俊輔 マクゲィディ ズラウスキの元メンバーに 加わった ミラーら新メンバーとの連携は 全くぎこちなさを感じさせない見事なものだった。

74分 2−0から 再三のチャンスに中々決められない展開が続いていたセルティックに 待望の追加点をもたらしたのはやはり 俊輔の左足から繰り出された見事なFKからだった。  30メートルほぼ中央、 落ち着いていた。 壁を越え 弧を描きながらも勢いのあるボールは見事ゴール右に突き刺さった。 右手を突き上げた俊輔にチームメイトが駆け寄る。 会場のサポーターは全員立ち上がり拍手を送った。

セルティックは終了間際にも1点を追加し 見事4−1で初戦を制した。
セルティックはこのあと3日のマリノス戦に向け 来日する。
開始早々ハードスケジュールの連続だが 2010年 南アフリカへ向けて俊輔の新しい戦いがついに幕を開けた。
posted by Hiro at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

俊輔始動開始初戦勝利!

2年目となるスコットランドに渡って1週間。 チームはアメリカ遠征で親善試合を重ねていた為 その間 俊輔は午前午後2回の自主トレで調整。

21日は居残り組メンバーでミニゲームなどをこなし、22日ようやく合流。  合流したと思いきや いきなり主力で紅白戦を行ったストラカン監督  翌日23日のホーム試合 イングランドプレミアのエバートン戦に向け一気に 攻撃連携体制を整えた。

これまで遠征で勝利を飾れなかったセルティックだが 俊輔が合流したからには親善試合といえども勝ちにこだわりたいところ。

まだ合流したてということもあり、試合をこなしながら 感覚と身体を戻していくことになる俊輔だが エバートンを迎えたこの日 久々のセルティックパークに立ち 最後までピッチを走り回った。

親善試合に4万人近くのサポーターが集まり迎えたエバートン戦、俊輔は欧州CL用に新たに作られた新しい白のユニホームを着用、昨季とほぼ同じ右MFの位置に立つ。 

久々の試合にも拘らず ボールは殆ど俊輔を経由し集まる。  ドリブルで積極的に切り込み フェイントでDFをかわし 右足でのシュートを見せる等 チームの中心選手としての 風格をみせ  地元紙も 「ペトロフと 俊輔が爆発」等と掲載したものもあった。
そんな中 78分マクゲィディが見事ゴールを決め セルティックは1−0で勝利。  俊輔が合流し セルティックはようやく 勝利をおさめる事が出来た。
まだまだ 感覚が完璧に戻るには時間がかかりそうだが、チームは次のマンチェスターUとの試合にむけ現在急ピッチで調整を行っている。

☆今回出場したメンバー GKボルツ、 テルファー マクマナス コールドウェル ウィルソン ペトロフ ヤロシク リオーダン ミラー ズラウスキ 俊輔  

チームはマンU戦の後 29日にSPL第1戦キルマーノック戦をこなし、3日の横浜FM戦の為 グラスゴーを発つ。  
posted by Hiro at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

いざ出陣!俊輔ついに出発!

今日 ついに俊輔がスコットランドへ向け成田を発つ。
帰国後直ぐ北海道にて これまで蓄積された様々な疲労を取る為 家族団らんの時を過ごしていた俊輔は その後自主練を開始。  既に親善試合を各地でこなしているセルティックチームメイトとの合流を目の前にした15日、 shunsuke parkの生徒を中心にしたサッカーースクールを 子机で行った。
年齢別に2回行われたスクールではリフティング フェイント等 直接指導し FKも披露。 猛暑の中も 元気いっぱいの子供達を見て 自らも そのエネルギーを貰ったようだった。   
SPL開始は29日。 その前に ホームでエバートン マンUとの親善試合をこなす。 現在 俊輔不在のまま アメリカ等各地で試合をこなすセルティックだが 今だ勝ちなし。 ハートソンが移籍 そして新メンバーも加わったことから 新たなチーム作りが急がれているが 俊輔が加われば ようやく本格的な攻撃態勢が整う事から ペトロフ マロニー マクギィディ ズラウスキらとの連携作りに これから大きな期待がかかる。
優勝を果たし 2冠に輝いたセルティック、 しかし唯一昨年果たせずに終わってしまった俊輔のもう一つの夢 チャンピオンズリーグ本戦からの出場も 今年は待っている。  4年後に雪辱をはらす為 俊輔の新たな戦いが今日始まる。


posted by Hiro at 14:14| Comment(4) | TrackBack(1) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

セルティック始動開始

現在 俊輔不在のセルティックは昨日 GKボルツの母国でもあるポーランドのチーム レギア・ワルシャワと親善試合を行った。 結果は残念ながらホームのレギアが1−0で勝利。   
明日は同じくポーランドのビスラ・クラコフと。  その後チームはアメリカへ遠征し ワシントンDCにある DCユナイテッド、 またメキシコのグアダラハラチバスと親善試合を行い  最後にアメリカのニューイングランドレボリューションと対戦する。

そしてイングランドへ戻り リバプールのエバートン そしてマンチェスターUとホームで対戦を予定している。  

俊輔は7月中旬に合流し ホームでの親善試合を経て 29日にSPL初戦を迎えるとみられるが 直ぐまた日本に戻り 古巣マリノスとの試合に出場する。  

前後もSPLがある為 合流早々またもや強行スケジュールが待っている。

9日の代表戦に関しては国際マッチデーではない為 微妙とみられるが、16日にも代表戦が予定されている為 今期もハードスケジュールが目白押しの俊輔だ。
今のうちに 精神的にも肉体的にも たっぷりと休め 来季も また素晴らしいプレーでサポーターを魅了し 新しい日本代表を引っ張って行って欲しい。





posted by Hiro at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする