2007年01月30日

俊輔Jリーグ復帰??

今やセルティックの要となって大活躍している俊輔、 その俊輔が今夏にもJリーグに復帰か?  との情報がここへ来て一気に飛び交った。
セリエAからスコットランドリーグへ移籍し 1年でチームを優勝に導き 2年目の今季も 2位レンジャーズとの勝ち点差を既に19と引き離し 連覇は目前。 

また昨年の優勝によって チャンピオンズリーグへの切符を手にしたセルティックを 今度は CL出場だけに留まらず 自らのFKで 何十年ぶりという 決勝トーナメント進出 まで 実現させ セルティックの歴史に名を残した。

もともとスペインへの移籍を希望していた俊輔だけに 世界中にアピール出来た 今こそ、 今度こそスペインへ・・・!?
と想像し 期待しているサポーターも大勢いると思うのだが、 実際 俊輔が ここ1〜2年で Jリーグ復帰も考えている事自体は事実。

このチャンピオンズリーグの大活躍で 移籍金が益々 高騰していることもあり それによって 逆に 移籍が 簡単ではなくなってる事も事実だ。

1月の応援ツアーの際にも 俊輔は 既に ここ1〜2年での J復帰について 話している事から  今年の夏かどうかは かなり微妙なところだが 少なくとも 俊輔の 頭の中に 近い将来J復帰の構想があることだけは確かだ。

しかし 今やセルティックにとって 必要不可欠な存在となっている俊輔を セルティックが直ぐ手放せるのか・・・?(既に契約は昨年夏に 1年間更に上乗せして3年間結んでいる)

また これだけ海外で活躍している選手が 絶好調 の時に日本へ戻り 日本サッカー強化の為に・・・そんな選手もこれまで皆無といっていいだろう。
正直 もったいない・・・そんな声もあちこちから聞こえてきそうだ。


まだまだリーグ戦も残っている。 しかもこれからは上位6チームとの厳しい戦いになる。
そして何と言っても あの大舞台 チャンピオンズリーグ決勝T ミラン戦まで ついに1ヶ月を切った。

日本でのこんな情報をよそに 俊輔の頭の中は 今頃 ピルロをどう止めようか・・・ 迫ってきたミラン戦のことで いっぱいか・・・?

※31日 セルティックHPより俊輔の 「今夏」の移籍はないとの発表が出されました。  
posted by Hiro at 07:59| Comment(11) | TrackBack(0) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

俊輔セルティック インヴァネスに辛勝

SPL第26節 セルティックはアウェーでインヴァネスと対戦する為 前日移動し 極寒の敵地入り。 
インヴァネスは スコットランドリーグでも一番北に位置する為 寒さは半端ではない。
ミラン戦前の連戦を勝利で乗り切ろうとするセルティックに対し ホームのインヴァネスは 厳しく素早いプレッシャーと 早い攻撃でセルティックを開始から苦しめていた。

味方のパスミスや精度の悪さは勿論の事 今日は俊輔の技も冴えない。 厳しいプレッシャーから何度かボールも奪われた。  俊輔もDFに回る展開の中 高い位置で中々ボールを受けられず セルティックの本来の攻撃は組み立てられないまま  完璧に相手のペースにはまってしまっていた。 
時折作るチャンスも 味方のクロス シュートはことごとく精度に欠けた。

そんな中も前半 右プレスリーのクロスに飛び込んだ俊輔のシュートを阻止しようと 相手DFが必死のクリア、それが何と運よく相手のゴールポストを直撃。   そのこぼれ球を ゴール前でライオダンが押し込み ラッキーにも セルティックは先制点を奪う事に成功。
苦しい中 ようやく先制したセルティックだった。

素早く動き回る相手選手・・・ この状態なら相手は絶対後半疲れが見えてくるだろう・・・後半はやめに追加点を・・!
しかしその考えは甘かった。

殆ど動きが衰えない相手選手達、 そして後半13分セルティックはついに恐れていた同点弾を奪われてしまった・・・。

次々負傷するチームメイト、そして変わらぬ執拗な相手のプレッシャー、そんな中 俊輔はヤロシクが入ると次第に自由に動き回り 真ん中 そして左へと位置を移動しボールへと絡んだ。   しかし相変わらず味方の動きは悪く 中々前線へと繋がらない。 ボールを持ちながら出し所を探した。

刻々と時間だけが過ぎていった。  後半も相手にボールを奪われては一気に攻め込まれる・・・そんな場面が何度も見られたセルティック。

そして90分・・・もう引き分けを覚悟したその一瞬、 GKボルツからのロングボールをヘッセリンクが頭で落とした。   
それを受けると 左サイドを駆け上がった俊輔は ゴール前に やや低めのクロス!
それが当たった!! 
そのクロスの相手DFクリアボールが 何と真上に上がった。  そのこぼれ球をヘッセリンクが決め 終了間際の決勝点〜!! 

終始相手のペースにはまってしまっていたセルティックだったが またもや 俊輔の1本のクロスから 信じられない決勝ゴールが生まれてしまった。

決していい出来ではなかった。 正直セルティックのこれ程出来の悪い試合を見るのは久しぶりだった。  しかしこれだけ苦しんだ試合も結局 終わってみれば 勝ち点3をしっかり積み上げている。
こんな試合でも 最後は やっぱり勝ちに持っていく・・・ その勝負強さは 見事と言うしかないだろう。

珍しくボールも奪われた・・・技も冴えなかった・・・ しかしやっぱり決勝ゴールを生み出したのは 今日も紛れもない俊輔だった。 
決勝ゴールだけではない 先制点も 飛び込んだ俊輔のシュートからだ。
苦しんだ試合だったが セルティックはまた今日もアウェーでしっかり勝ち点3を積み上げた。

ミラン戦を前に ボロボロ出た課題・・・そして更なる複数の負傷者・・・不安材料は山ほどあるが 一つずつ何とか修正し 自信をもって決勝Tに臨んで欲しい。   

※2位レンジャーズが ハーツと引き分けた為 26試合終了段階での2位との勝ち点差は 完璧に19と大きく引き離した。
posted by Hiro at 02:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

セルティック俊輔5月に凱旋か?

俊輔セルティックが5月に日本ツアーを実施する可能性が出てきた。
セルティックは昨年も 7月から多くの親善試合を重ね  リーグ戦開始早々  試合と試合の合間を縫っての 超ハードスケジュールで日本に来日。

疲労が溜まる中 長距離移動を伴う試合と言う事で マリノスと対戦も 敗れてしまった。  
しかも帰国直ぐに待っていたのは あの強豪ライバル ハーツ戦。
セルティックが 今季 唯一敗れているのが この時の試合だ。

初め 夏の来日かとの噂もあったが  昨年の事 また7月に アメリカのメジャーリーグサッカーMLSの オールスターの対戦相手に 抜擢された事もあり 5月のリーグ戦終了後での来日を 計画しているようだ。

MLSは 俊輔に関しては 参加は先ず難しいが 5月の中断期間はあり得る話。
対戦相手は 昨年同様 マリノスが濃厚だが 更に他のチームとの対戦も?。

昨年の凱旋試合でも セルティックにとって経済効果が大きかった事から 2年連続での実現の可能性は大きそうだ。

一方チームは 昨日 今日のインバネス戦に向け 練習後敵地に乗り込んだ。  今日も俊輔は 先発濃厚。
posted by Hiro at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

セルティックに助っ人DF

ここの所 DFの怪我が相次ぎ しかもそのうち何人もが長期の離脱となっているセルティック、 つい先日も ハーツより プレスリーを獲得したばかりだが  プレスリーは チャンピオンズリーグに既に前のチームの選手として名を連ねてしていまっている為  今回のミラン戦 決勝Tには出場が出来ない。
そこでまだまだ 不足気味のDFを補う為 セルティックは 既に カメルーン代表で フランスの レンヌのDF Jean-Joel Perrier-Doumbe ジャン ジョエル ペリエ ドゥンベ(28歳)と契約を交わしたことが明らかになった。

契約は 今年の6月までだが 更に 2年間の契約延長のオプションつき、BBCの情報によるとセルティックは40万ポンド払ったと見ているが 実際どの位使えるのかは 不明・・・としている。  

しかし彼の加入は ウィルソン コールドウェル バルデ などDF負傷離脱中のセルティックにとっては 強い後押しとなり  パワフルで、しかも右も左もこなせる事から ミラン戦を前に チームにとって心強い人材となってくれると見ているようだ。  ただ 体が大きいのかと思えば実際には176センチ74キロと DFとしてはどちらかというと小さい方だ。  

彼はチャンピオンズリーグには出場していないが W杯には2度カメルーン代表として出場、も その後 不幸な事に怪我が相次いでしまっていた。 
しかし彼は 今月のトライアルに参加した際も いい動きを見せていたようだ。 既にチームにも合流。

DFの怪我には本当に泣かされているセルティック、ミラン戦を前にしっかり固めるのは勿論いい事だが  全員怪我から復帰した時は もの凄いレギュラー争いとなりそうだ・・・
 
posted by Hiro at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

俊輔セルティック大量得点!

SPL第25節セルティックは ホームへセントミレンを迎えた。
チャンピオンズリーグ決勝トーナメントもだんだん迫ってきたことから 一つ一つのリーグ戦に集中し 今のうちに勝ち点3を 出来るだけしっかり積み上げて いい雰囲気でミラン戦を迎えたいセルティック。

この季節のピッチは ただでさえ厳しい寒さで凍える中 何と 途中からかなり強い雨が降り出すという最悪の天候の中での試合となった。

しかしホームのセルティックは 11位の相手に予想通り試合を支配、前半16分に得た 俊輔の左CKから ピンポイントで合わせたヘッセリンクがあっという間にヘディングで決めてしまった。  
しかし これで余裕の出たセルティックは後半開始早々 DFの甘さの隙を突かれて 何と失点、 同点に追いつかれてしまった・・・。

アウェーで首位セルティック相手に 同点に追いついたセントミレンは俄然元気を取り戻し 後半 だんだんと試合はセントミレンに傾きはじめて行った。
しかしそんなチームの状況を打開したのは やはりこの男・・・俊輔だった。  相手DFのクリアボールを受けると直ぐに二人のDFをかわしエリア内に切り込んだ。   シュートに行くか?と思われた瞬間 相手DFが我慢出来ず 後ろから押し倒した。   激しく倒された俊輔は右手をふまれたか?  痛そうにする俊輔。  PKだ。

勿論ボールの前に立つのは俊輔かと思いきや・・・また今日もヘッセリンクに譲った俊輔。(もう彼は1点決めているのだから今度は俊輔が自分で蹴ってくれよ〜><)
しかしその願いは届かず ヘッセリンクがしっかり決めてセルティックは2−1。
一度セントミレンに傾きかけた試合は これで一気にセルティックに。

勢いづいたセルティックはその後更に 俊輔の起点でヘッセリンクのハットを達成させた他 マクギディ ミラー も次々得点を重ね 何と大量5得点をあげての圧勝となった。
俊輔は 冷たい雨の中 CKからの先制点アシスト、 そしてPKでのお膳立て。    中央でタメを作り チームの攻撃を組み立てながらも パスを出しては自らもゴール前に詰め 何度もシュートチャンスを狙った。

俊輔は結局 セルティック5得点中3得点に絡む活躍で 今日も先発フル出場を果たした。   スノとの足の接触 PK時の右手?・・・とやや怪我の心配もあるが ミラン戦は待ってくれない。 充分なケアをして次に備えて欲しい。
これで何と25試合連続で先発出場を続けている俊輔・・・セルティックは 今日もしっかり勝ち点3を積み上げ勝ち点62。  順調に・・着実に・・、連覇に向けて そしてミラン打倒に向けて セルティックは歩んでいる。   
posted by Hiro at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

俊輔世界の人気投票堂々2位に!

当サイト 俊輔・セルティック情報で 昨年11月25日に掲載致しました  『世界のトッププレイヤーNAKAMURA』 の IFFHS 「世界的サッカーのウェブサイトが行っている 国際サッカー歴史統計連盟の調査」の 「世界で最も人気のあるサッカー選手」の投票記事と その下に設けました 投票口貼り付けのご記憶も 新しいかと思いますが  
この度ついに その投票結果が発表されました!

何と 当時掲載した 30人のそうそうたる面々をものともせず 我が日本のSHUNSUKE NAKAMURA が 何と ジェラードに続いて 堂々 2位 に輝きましたexclamation

このサイトから投票してくださった方も多いようなので 是非皆さんにお知らせしたくて ご報告しました。
当初 俊輔も ついに世界のトッププレイヤーの 仲間入り・・・と書きましたが 仲間入りどころか 既にトップ中のトップに君臨していたんですね・・・。   何とも嬉しい限りです。
ご協力下さった皆さん 有難うございました!!
是非 結果をご覧になって下さい。
http://www.iffhs.de/?f883e4ac0bdc402fc0d85b05fdcdc3bfcdc0aec70aee1f 
posted by Hiro at 16:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

俊輔Job aidem

????〓〓〓〓 001.jpgハーツ戦 アウェーで見事勝ち点3をゲット、セルティックは今年もいい滑り出しのようです。  この調子で是非 チャンピオンズリーグ決勝Tでもミランをたたいて イタリアでのリベンジをして貰いたいですね。
ところで 今回 shunsuke.comでも紹介された冊子 job aidem が手に入ったので少し紹介します。

>>チャンピオンズリーグ決勝TのFKについて
決勝T進出を決めたという意味では 大きな意味のあるプレーだったと思いますが、単純にフリーキックだけを考えたら「入った!」っていう喜びよりも「練習どおりに出来たな」っていう感じです。
やっぱりもう28歳で いろんな経験を積んできましたから、フリーキックに限らず 他のプレーでも「こうしたらこうなるだろう」っていうことが、体に染み付いている。  昔だったら 試合前に風呂に入るかどうかっていうような細かいことまで迷っていたし 試合中もそんな風に迷ったり考えたりってことが沢山ありましたけど。

>>イタリアでの過酷な環境について
「僕が所属したレッジーナというクラブはレッジョカラブリアという イタリア本土の南の端っこのちいさな町にあります。  本当に何にもないところで1年目は大変でした。  日本食レストランは勿論 中華料理店も2軒しかなくて(笑)  日本の雑誌を1週間かけて読んだり 日本のDVDを送ってもらっても「続きは次の試合に勝ってから」とか(笑)
「今日は入浴剤入りのバスタブに入ろう」って楽しみを作ったり。
施設も日本の高校の方が立派じゃないかっていう感じでした。 シャワーって言っても管に穴が開いていて チョロチョロ出るくらいで。
ロッカーにも普通のベンチが置いてあるだけだったり。   国内移動でも飛行機を乗り継いでたし 夜中にバスで帰ってくるとか(笑)

>>サッカー以前のことが大変だったんですね
「ある程度最悪のことは考えていたんですよ、人種差別もあるだろうナとか。  だからどんなことでも受け入れていこうと。  郷に入れば郷に従えって。  朝御飯がパンとコーヒーだけでもの足りなくてもそれしかないわけだし。 チームメイトと食事に出かけても 夜12時くらいまでかかるんですけど眠いな〜って思いながらも付き合っていましたね。  とにかくチームメイトに受け入れてもらえるかって事が大事だから。」

>>試合に出られない時期もありました
「今出来ることは何かって考えてパワーアップの為に 試合に出ている時期には出来ないトレーニングをやりました。  当然 試合に出るためには何をしなくちゃいけないか  って事も考えた。

監督が「アイツを使ってみよう」って思えるように カラ元気でもいいから 練習中から積極的に明るくプレーして 常にフレッシュなオーラを出そうと。   レギュラー選手だって怪我や 出場停止で使えない時もあるわけで そういうときに 「しょがねぇなぁ使おうか」って感じであっても 試合に出て 結果を出せばいいわけですから。   

クラブでの控えの経験は初めてだったんですけど そういう経験があるから レギュラーでやっていても 安泰じゃないんだって 危機感を常に感じながらやれるんです。
自分の立場を脅かそうとする存在はいると。
イタリアではハングリー精神や適応能力を鍛えられたと思います。
もうどこへ行っても怖いものはないですよ。  だから若いサッカー選手には是非 体験してほしいですね。

>>今シーズンは中村選手も多くの得点に絡みチームも単独首位・・・
2シーズン目ということでチームのことも監督の事も理解しているし 監督やチームメイトも僕を理解してくれているので やりやすさというのはありますね。  生活面で不便を感じることもないくらいにグラスゴーは充実した街だし。    
でも去年はここの寒さに戸惑いました。  寒い上 練習開始からトップスピードで走ったり ゲーム形式のメニューがあったりするんで 練習前にジムワークで体を温めて準備をしています。
練習後もクラブハウスでお風呂につかって 温まってから帰宅しています。
こっちの人って平均体温が日本人よりも高いんですよ。 だから38度の熱が出た時も「これなら次の試合は出られるんじゃないか?」って言われました(笑)

>>サッカー選手という仕事についてどう考えていますか・・・
「ごめんなさい!僕サッカーを仕事だと思った事がないんです。
サッカーは僕にとって趣味特技なんで(笑) プロ意識と感じていただいてる部分についても ただただ サッカーがうまくなりたいっていうそれだけなんですよ。   とても恵まれていると思います。 好きなことで生活を支えられているわけだから。   でもお金を稼いでいると言う考え方もあまりない。    Jリーグ時代は毎年の年俸をチームフロントと自分で交渉していたんですが いつも一発でサインしてましたから。  金額を意識することもなく(笑)

>>過去にアルバイトしたことは?
全くないですね。 高校を卒業してすぐにJリーグに入りましたから。  でも1度アルバイトをやってみたいんですよ。  コンビニエンスストアーとか・・。 人間観察も出来るし(笑)
高校の友達が大学生時代にコンビニでバイトしてて ちょっと楽しそうだった。   っていうか 僕の中で アルバイトの最初の1歩ってコンビニというイメージがあるんです。   ちゃんと勤まるかどうかは わからないけれど・・・笑

掲載の一部を紹介しました。 この他にも 周りのスタッフに対する感謝の気持ちなども 載っていました。  
俊輔インタビュー掲載のjob aidem は 首都圏版 と書いてありましたのでそれ以外にお住まいの方は 手に入らないのでしょうか・・・?
見ることが出来ない方の為にちょっと頑張って書いてみました。
それにしても 「サッカーを仕事と思ってない・・・」には思わず納得してしまいました・・・笑
でもこの一言が 俊輔の全てを語る 真髄なのかもしれませんね。 
????〓〓〓〓 002.jpg
????〓〓〓〓 003.jpg

※俊輔Aidem第2弾 第3弾もお楽しみ下さい
 
posted by Hiro at 00:06| Comment(3) | TrackBack(1) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

俊輔セルティック アウェーでリベンジ!

SPL第24節 昨年から続くハードな連戦から ようやく休みを貰ったセルティックは 久しぶりに中7日という通常の日程でハーツ戦に臨んだ。
といってもアウェー、しかもハーツは現在4位ではあるが毎回セルティックを手こずらせる強豪、 2節ではハード日程からセルティック今季唯一の敗戦をしているチームだ。  しかもここの所毎試合 先制点を奪われ苦しい展開を強いられている。

選手登場と共にDFプレスリーに会場の目が集まった。 プレスリーはまだこのハーツからセルティックに移籍してきたばかりだ。  主将レノンが出場停止で欠場の為 キャプテンマークを巻いて 敵将 として古巣サポーターの前に姿を現す事となった。

ピッチが緩い。 エリア内は特に酷い。 しかしいつもの事ながらハーツは素早く厳しく そして執拗なプレッシャーでセルティックの攻撃を阻み パスミスでボールを得ると一気に攻め込みセルティックのゴールを脅かした。

しかし開始3分俊輔は中央スノから受け右サイドを駆け上がるとそのまま右足でクロスを入れる等 活発な動きを見せた。
16分には DFラインから一気に右サイドを駆け上がり 前線のズラウスキにこれ以上のタイミングはないという絶妙なタイミングでDFの間を通すノールックパスを送った。 GKと1対1の決定的なこのパスだったがズラウスキのトラップミスで惜しくもゴールを逃し セルティックの先制点はお預けとなってしまった。 
24分には相手スローインから得たボールを何度もチャージを受けながらもキープし相手ファールでFKを得たり、粘りのDFで相手攻撃の芽を摘む等の強さも見せた。

1点のビハインドで迎えた後半10分 中央俊輔から左のヤロシクへ ビーティのクロスに先ずヘッセリンクヘディング! GKこぼれ球に すぐさま反応した俊輔がシュート!GKが身体で阻止したボールに更にヤロシクがシュート!と立て続けに3回のシュート猛攻、そして19分にも右ビーティーからのパスから ポストを直撃するという惜しいシュートを放った。  活気づいたチームはこの後ヘッセリンクのゴールと ヤロシクの個人突破から見事2ゴールをあげ逆点。 

残念ながら今回は 直接ゴールには結びつかなかったものの 俊輔は攻守共に積極的な動きで今日も先発フル出場を果たした。
アウェー しかも今季唯一このアウェーで敗戦を許した強豪ハーツ相手に 先制されながらも粘り 逆転勝利したセルティック、貴重な勝ち点3を積み上げ2位レンジャーズとの差は依然17と大きく開いたまま。

近頃活躍しまくっている俊輔だけに 日本のスポーツ紙の中には直接点に絡まなければ活躍出来なかった等と書く所もあるが・・・本当に試合を良くみているのか・・・? 俊輔への期待は大きくなるばかりのようだ・・・

 〜〜〜〜〜   〜〜〜〜〜   〜〜〜〜〜    〜〜〜〜〜
追記更新:やはり地元ファンはわかってくれているようだ・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070116-00000020-sanspo-spo  
posted by Hiro at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

俊輔スタメン!セルティックカップ戦圧勝

連戦続きで スタメンフル出場を果たし 疲労と足首捻挫&太腿打撲を抱えている俊輔。
そんな中 6日 セルティックはホーム セルティックパークで テネンツスコティッシュ杯3回戦 ダンバートンと対戦した。

勿論 俊輔は温存・・・と誰もが予想したが、 前回CISのカップ戦で 俊輔を温存したことから 全く点が取れず、フォルカーク相手に延長戦にまで突入し 最後PK戦で 5−4で敗れるという 失態で一つカップを落としている為 今回は 俊輔のベンチ入りは あり得る事だった。

しかし・・・スターティングメンバーを見てビックリ!
何と 俊輔はスタメン!! いやいやそれだけでなく レノン ネイラー までいる。  ストラカンは ほぼベストメンバーで揃えてきたのである。

前回の悪夢があるだけに 格下相手でも 絶対に負けられないと 勝ちにこだわったストラカンは 俊輔をベンチスタートではなく 先発させ 点差を引き離してから交代させよう・・・と考えた。

案の定セルティックは 開始早々俊輔のシュートに始まり開始9分で俊輔のパスから ズラウスキの2得点という 滑り出してスタート、 結局前半ヘッセリンクも俊輔のパス起点から得点しての3得点をあげ 後半から俊輔は ようやくライオダンと交代。

俊輔がピッチを降りた後半 一時相手の攻撃が活性化する場面もあったが持ち直し セルティックはもう1点ライオダンが追加しての4−0で圧倒的勝利となった。

かなりの疲労と負傷・・・重い負傷ではないが それでも先発に俊輔を投入したストラカン・・・ストラカンの 俊輔に対する信頼の強さ 大きさが 改めて 感じられた。   

それにしても今回は流石に 休みたかった・・・であろう俊輔 足首捻挫に腿打撲・・・と満身創痍の身体で 今日もストラカンの期待を裏切らない3得点に絡む大活躍をみせた俊輔・・・身体は 大丈夫か・・・?
次節はあのライバル ハーツ戦だ・・・。 
posted by Hiro at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

殺人的4連戦・・疲労困憊もやっぱり俊輔

2007年初戦。 
SPL第23節 セルティックパークにキルマーノックを迎えた。
セルティックは11日間で4連戦の 考えられないスケジュールの4戦目ということもあり、選手達の疲労はかなりのものだった。
キルマーノックは前回アウェーで俊輔のゴール等で勝利はしているものの、先制を許し苦しい試合展開だったチームだ。  現在7位だが決して油断できる相手ではない事は分かっていた。

開始から アウェーとはいえ ボールを奪っては早い攻撃で 一気に攻めるキルマ。 しかしかき回されながらもセルティックは相手のシュート精度の悪さに救われた。

前半37分 エリア右、ズラウスキが倒された。ボールの前には俊輔。
しかしまん前に邪魔するように相手選手が立ちはだかった。
審判にアピールするも 何も注意さえしてくれない審判に 一瞬呆れた顔の俊輔の表情が 変わった。

「こうなったら意地でも絶対決めてやる!!」 そんな表情だった。
俊輔のFKにヤロシクが飛び込み 真下にこぼれたボールをオディが強烈ボレーで押し込んだ。 セルティック先制〜!!  悪状況がかえって俊輔の闘争心に火をつけた。  

見事先制したセルティック。 しかし疲労困憊であろう選手達はどこか少しずつ少しずつかみ合わず 普段殆どパスミスのない俊輔にまでパスミスが伝染・・・。
かなり疲労しているのだろう。
それでも俊輔は後半も 攻撃の起点になり再三前線にボールを送りチャンスを作り続けた。    しかし今日もまた FW陣のシュートやヘディングは ポストやバーに何度も嫌われ続け 喉から手が出るほど欲しい追加点が中々奪えない。

決めるべき時に決めないと また前回のような悪夢が・・・(ロスタイムの失点)
何とか・・・追加点を・・・祈。
ヘトヘトになりながらエリア内で挟まれ出したパスが味方の連携と合わずパスミスになった時には 流石の俊輔も思わずエリア内で後ろへひっくり返るという場面もあった。
しかしそれでもストラカンは俊輔を下げなかった。

采配は当たった・・・89分 右サイドズラウスキとのワンツーから中央へ 俊輔が上がりながら相手DF左に回りこんだマクギディに DFの間を通す 何とも絶妙なパス。 マクギはそれを受けるとすぐさま シュート! 見事マクギのシュートはGKの股を抜きゴール!!
最高のパスだった。 相手DFをギリギリまで自分に引きつけてのキラーパス!  会場も思わず唸った。

俊輔はこれでアシスト8、リーグトップタイだ。
アシスト8・・? 一応数字的にはそうなっているが SPLはCKはアシストには入らず、実際にはもっともっと多いはずだ。

11日間で4試合・・・殺人的スケジュールの中、2007年大事な初戦を 何とか勝利で飾れたセルティック、2ゴール共に俊輔の絡む 嬉しい勝利で今年もSPLの幕が開けた。

セルティックの試合はまだ続く・・・何とまた中3日でまたカップ戦が行われるが・・・ 流石に今度こそは俊輔のスタメンは微妙だ。 

俊輔はついに11日間4連戦を全て先発フル出場で乗り切った。
あれだけの疲労困憊の中 それでも最後まで走り回りゴールを生み出した俊輔・・・     やっぱり俊輔は代えられない・・・
この日も俊輔は 文句なくマンオブザマッチに輝いた。

超人俊輔様・・・ハーツ戦も待っている・・・ここでゆっくり身体を休めておいて欲しい・・・・・
 ※セルティック試合速報日記もお楽しみ下さい
posted by Hiro at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする