2008年08月27日

俊輔セルティック情報 管理人現地情報第2弾

ひらめき管理人グラスゴー一人旅情報第2弾

「日本は相変わらず猛暑かと思えば 情報によるとやや涼しくなったとか・・・、こちらは もともと 勿論涼しい。 笑
今回少しでも旅費を浮かせる為に選んだゲストハウス、簡単に言えば B&B(ベット&ブレックファーストの意)に少し毛が生えたようなものなのだが・・・   要するに宿泊に朝食だけがついているもので  いわゆる皆さんがツアーで泊まるような普通のホテルからすると約半額位で泊まれる格安ホテルといった所。       
ネットで検索し評価のいいものを選んで予約した。     

ここはグラスゴー市内の中心地と言ってもいい所で メイン通りにも比較的近い。  行くつもりは毛頭ないが俊輔の自宅にも程近い。
第1弾で前述の通り日本人と見られる姿は全くなく 外人ばかり。(おっと 俺が外人か)  街でも相変わらず見かけない。  その方が何故か血が騒ぐのは自分だけ?・・・笑 

フォルカーク戦の後 ゼミの資料集めに奔走しながらも グラスゴー大聖堂や ハンプデンパークを覗いてきた。    これについては帰国後ゆっくりアップする事に。
そして 今回は是非訪れてみたいと思っていた あのセルティックサポの集会所とも言われる 「BAIRDS BAR」 に行ってきた。  

日本でも何度かTVで紹介されているので ご存知の方も多いと思うが 知らなかった方の為に簡単に紹介すると ここは熱烈セルティックサポの溜まり場のスポーツパブで 試合当日はここで大勢の人がTVを見ながら観戦している。      グラスゴーにある数多くのスポーツパブの中でも 特に熱心なセルサポが集うので有名なのがここだ。  

店内に入ると360度 驚く程のセルティックグッズや写真 ユニ等 歴史を感じる様々なものが飾られ 天井からも所狭しとマフラーやグッズがぶら下がっている。
何とモナリザの絵までが セルティックのマフラーを巻いている徹底ぶりだ。

グラスゴーグリーンから程近いこの店。  夜は流石に気がひけたので明るいうちにちょっと覗いてみた。   一人でもある為 やや不安を感じながら店のドアを開けた。
ところが・・・不安は一気に吹き飛んだ。   何と 店内に入ったとたん、 日本人(?)と判ると 店内は一気に熱烈歓迎の嵐。      皆が近寄り次々話しかけられるわ お酒はおごってもらえるわ  オーナーとも仲良くなったおかげで 何と今回3連覇記念に作ったんだという 記念のユニフォームまで贈呈してくれる歓迎のされようだった。

酔っ払っていない人は スコットランド訛りが多少あっても何とか聞き取れるが 酔っ払っている人の話は 流石に無理・・・区切り区切りの単語しかわからない・・・>< ・・・何とか笑顔と相槌で乗り切る。 笑

あまりに 良くして頂いたので 翌日 御礼がてら 日本から持ってきた「日の丸&必 勝」 ハチマキの土産を持ってプレゼントしにいくと オーナーが あの見事な店内に それを同じように飾ってくれる事になった。
これには 感激・・・。     セルグッズの中に 日の丸必勝ハチマキが 光った。       場所はモナリザの近く。  光栄だ。。。。

オーナーに「日本のTVに出ていたよ」 と伝えると超嬉しそうにしていた。   今度またその映像を携帯で見せてあげようと思う。   「レンジャーズ戦にも行くんだ」 と話すと 「良く チケットが手に入ったな〜」 と言われた。   
やはりこちらでも ダービーのチケットは 手に入れにくいようだ。
   
それにしてもこれだけ歓迎してもらえるのは 俊輔の活躍のおかげだと強く感じた。   もう俊輔は 完全にセルティックのヒーローだ。  CLに続く ダービーでのあのシュートは セルサポの頭から消える事は決してない。     

また日本でも情報を流したが オフィシャルショップでも「ZEN NAKA」の 俊輔の伝記本が既に売られていた。  値段は16.99£。    皆さんへのお土産に何冊か・・・と思ったが こればっかりは重くて無理。 
なので 「レンジャーズ戦のマッチデイプログラム」 や 俊輔独占インタの掲載された 「セルティックビュー」 でも 少し買って行く事にした。 英字ですが・・・

ホテルの話に戻るが 安い割には部屋は全然OKなのだが 最上階で エレベーターがない事が唯一の不満・・・   俊輔もイタリアでそうだったが トレーニングになる  と 考えを変えるしかない。
ドアはオートロックではなく 鍵で開け 中からも鍵で閉めないと閉まらない。      もう一つは朝食。    ここまで長期滞在する人もいないので 仕方がないが 毎朝同じものが出てくる。
流石に・・・   飽きる。 笑

スタジアム内や日本食屋 また ローモンド湖 パブの情報等を含め またゆっくりグラスゴー潜入記などでも 写真を含め掲載していこうと思う。
ダービーまであと4日 休みを挟んで一気に戦闘モードに入りそうだ。マローニの復活の記事を多く見かけたが 評価は俊輔の方が上のものも。  こちらのサポの目は見事だ。」

    管理人Hiro グラスゴーより 27日 AM

※今回の現地情報は第1弾〜6弾まで掲載しております。 俊輔セルティック情報2008年8〜9月 または カテゴリー「現地情報アラカルト」にてご覧下さい。   他に「グラスゴー潜入記」「Diary」でもグラスゴー情報を多数掲載しております。
posted by Hiro at 17:26| Comment(15) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

管理人Hiroのグラスゴー現地情報第2弾

ひらめき管理人グラスゴー一人旅情報第2弾

「日本は相変わらず猛暑かと思えば 情報によるとやや涼しくなったとか・・・、こちらは もともと 勿論涼しい。 笑
今回少しでも旅費を浮かせる為に選んだゲストハウス、簡単に言えば B&B(ベット&ブレックファーストの意)に少し毛が生えたようなものなのだが・・・   要するに宿泊に朝食だけがついているもので  いわゆる皆さんがツアーで泊まるような普通のホテルからすると約半額位で泊まれる格安ホテルといった所。       
ネットで検索し評価のいいものを選んで予約した。     

ここはグラスゴー市内の中心地と言ってもいい所で メイン通りにも比較的近い。  行くつもりは毛頭ないが俊輔の自宅にも程近い。
第1弾で前述の通り日本人と見られる姿は全くなく 外人ばかり。(おっと 俺が外人か)  街でも相変わらず見かけない。  その方が何故か血が騒ぐのは自分だけ?・・・笑 

フォルカーク戦の後 ゼミの資料集めに奔走しながらも グラスゴー大聖堂や ハンプデンパークを覗いてきた。    これについては帰国後ゆっくりアップする事に。
そして 今回は是非訪れてみたいと思っていた あのセルティックサポの集会所とも言われる 「BAIRDS BAR」 に行ってきた。  

日本でも何度かTVで紹介されているので ご存知の方も多いと思うが 知らなかった方の為に簡単に紹介すると ここは熱烈セルティックサポの溜まり場のスポーツパブで 試合当日はここで大勢の人がTVを見ながら観戦している。      グラスゴーにある数多くのスポーツパブの中でも 特に熱心なセルサポが集うので有名なのがここだ。  

店内に入ると360度 驚く程のセルティックグッズや写真 ユニ等 歴史を感じる様々なものが飾られ 天井からも所狭しとマフラーやグッズがぶら下がっている。
何とモナリザの絵までが セルティックのマフラーを巻いている徹底ぶりだ。

グラスゴーグリーンから程近いこの店。  夜は流石に気がひけたので明るいうちにちょっと覗いてみた。   一人でもある為 やや不安を感じながら店のドアを開けた。
ところが・・・不安は一気に吹き飛んだ。   何と 店内に入ったとたん、 日本人(?)と判ると 店内は一気に熱烈歓迎の嵐。      皆が近寄り次々話しかけられるわ お酒はおごってもらえるわ  オーナーとも仲良くなったおかげで 何と今回3連覇記念に作ったんだという 記念のユニフォームまで贈呈してくれる歓迎のされようだった。

酔っ払っていない人は スコットランド訛りが多少あっても何とか聞き取れるが 酔っ払っている人の話は 流石に無理・・・区切り区切りの単語しかわからない・・・>< ・・・何とか笑顔と相槌で乗り切る。 笑

あまりに 良くして頂いたので 翌日 御礼がてら 日本から持ってきた「日の丸&必 勝」 ハチマキの土産を持ってプレゼントしにいくと オーナーが あの見事な店内に それを同じように飾ってくれる事になった。
これには 感激・・・。     セルグッズの中に 日の丸必勝ハチマキが 光った。       場所はモナリザの近く。  光栄だ。。。。

オーナーに「日本のTVに出ていたよ」 と伝えると超嬉しそうにしていた。   今度またその映像を携帯で見せてあげようと思う。   「レンジャーズ戦にも行くんだ」 と話すと 「良く チケットが手に入ったな〜」 と言われた。   
やはりこちらでも ダービーのチケットは 手に入れにくいようだ。
   
それにしてもこれだけ歓迎してもらえるのは 俊輔の活躍のおかげだと強く感じた。   もう俊輔は 完全にセルティックのヒーローだ。  CLに続く ダービーでのあのシュートは セルサポの頭から消える事は決してない。     

また日本でも情報を流したが オフィシャルショップでも「ZEN NAKA」の 俊輔の伝記本が既に売られていた。  値段は16.99£。    皆さんへのお土産に何冊か・・・と思ったが こればっかりは重くて無理。 
なので 「レンジャーズ戦のマッチデイプログラム」 や 俊輔独占インタの掲載された 「セルティックビュー」 でも 少し買って行く事にした。 英字ですが・・・

ホテルの話に戻るが 安い割には部屋は全然OKなのだが 最上階で エレベーターがない事が唯一の不満・・・   俊輔もイタリアでそうだったが トレーニングになる  と 考えを変えるしかない。
ドアはオートロックではなく 鍵で開け 中からも鍵で閉めないと閉まらない。      もう一つは朝食。    ここまで長期滞在する人もいないので 仕方がないが 毎朝同じものが出てくる。
流石に・・・   飽きる。 笑

スタジアム内や日本食屋 また ローモンド湖 パブの情報等を含め またゆっくりグラスゴー潜入記などでも 写真を含め掲載していこうと思う。
ダービーまであと4日 休みを挟んで一気に戦闘モードに入りそうだ。マローニの復活の記事を多く見かけたが 評価は俊輔の方が上のものも。  こちらのサポの目は見事だ。」

    管理人Hiro グラスゴーより 27日 AM

※今回の現地情報は第1弾〜6弾まで掲載しております。 俊輔セルティック情報2008年8〜9月 または カテゴリー「現地情報アラカルト」にてご覧下さい。   他に「グラスゴー潜入記」「Diary」でもグラスゴー情報を多数掲載しております。

2008年08月25日

管理人Hiroのグラスゴー現地情報第1弾

ひらめき管理人グラスゴー一人旅携帯情報第1弾

既に日本でもフォルカーク戦の情報は沢山流されていると思いますので 臨時便として 先ずは携帯により こちら現地での様子を簡単にお伝えします。

「22日 ヒースロー乗り継ぎで 無事グラスゴー入り。  先ずは 早速空港バスでグラスゴー市内へ。   夕方遅く到着したので 荷物もある事からホテルまで車に乗ろうと思っていたが  そうだ こちらは白夜だ。  しっかり明るいので 歩きでホテル入りする事に。          
サーチャージ高騰の分を浮かせようと 今回はホテルでなくゲストハウス宿泊を選んだのはいいが 初っ端から ホテルのクレジットカードの読み取り機が 故障で 仕方なく現金で支払う事に。。。 
滞在期間が長い事もあり 一気に£ポンドがなくなってしまったので 仕方なく スコットランドBkへ駆け込みその分現金を下ろした。
直ぐ思ったのは ホテルだけでなく 街にも日本人らしき人は全く見かけない事。         

フォルカーク戦 試合当日 先ずは午前私事を済ませた後 懐かしのセルティックパークへ、 先ずはショップで 頼まれていたユニ等をゲット。 
スタジアム左方の入り口からスタジアム入りし席を目指すと 予定通りバックスタの前から2番目。  ピッチは目の前。

選手のアップが始まる。  俊輔だ。 
アップ時 ちょうどレンジャーズの試合が行なわれており セルティックサポーターは  室内にあるモニターで そのライバルの試合の様子を食い入るように見つめていた。     「ドロー」 でタイムアップした瞬間 大喜びで スタジアム中が一気に沸いた。      昨季からセルティック復帰の噂があった 「マロニー復帰か?」 の情報を 掴んだと同時に成田を発ってしまった自分は 選手登場と共に 早くも目の前にいるマロニーを発見しややビックリ。   いつのまに・・・
(どうやらマロニーはセルティックを出て行った事を後悔しているようだ)  久々のマロニー、昔のセルティックに戻った感じがした。

それだけでなく スタジアムは「マロニーの復活試合」の様相で 試合前 試合中のアップで マロニーには大きな歓声が上がっていた。

俊輔を含め選手のアップはずっと レノン(元主将)が指揮っていて  試合前も 試合中も ストラカンよりうるさい位 ずっと吠えていた(笑)
全体で走りこみや パス&ゴー が終わった後、俊輔は若いトレーナーとずっとパス練習をしていた。
Jと全く違うのが 試合前 殆どシュート練習をやらないこと。 
ピッチが近くて危険だから・・・というわけでもないだろうが・・・。

当日 レンジャーズ戦を前に ヘッセリンクとマクドナルドを欠いて 不安を感じていたサポーターがとても多かった。   が、 マロニーや サマラスが その不安を払拭する位の活躍を見せてくれた。
俊輔の FKからの先制、 また目の前での見事なあの切り返しフェイント・・・と サポーターは俊輔のプレーにも大盛り上がり。  役者が勢ぞろいといった所だ。
みんな次のオールドファームをかなり意識している様子だった。

俊輔の人気は依然衰えず。  この日の評価も上々。  更に俊輔が出てくれば他の選手と違い めっちゃ多くのサポーターが群がる。 
これぞ人気のバロメーターか。   
次はついにダービーだ。   今度はメインスタンド側の1階席から観戦予定。    超満員の また普段の試合とは全く違う雰囲気をお伝えしたいと思います。」

             管理人 Hiro  グラスゴーより

俊輔セルティック情報 管理人現地情報第1弾

ひらめき管理人グラスゴー一人旅携帯情報第1弾

既に日本でもフォルカーク戦の情報は沢山流されていると思いますので 臨時便として 先ずは携帯により こちら現地での様子を簡単にお伝えします。

「22日 ヒースロー乗り継ぎで 無事グラスゴー入り。  先ずは 早速空港バスでグラスゴー市内へ。   夕方遅く到着したので 荷物もある事からホテルまで車に乗ろうと思っていたが  そうだ こちらは白夜だ。  しっかり明るいので 歩きでホテル入りする事に。          
サーチャージ高騰の分を浮かせようと 今回はホテルでなくゲストハウス宿泊を選んだのはいいが 初っ端から ホテルのクレジットカードの読み取り機が 故障で 仕方なく現金で支払う事に。。。 
滞在期間が長い事もあり 一気に£ポンドがなくなってしまったので 仕方なく スコットランドBkへ駆け込みその分現金を下ろした。
直ぐ思ったのは ホテルだけでなく 街にも日本人らしき人は全く見かけない事。         

フォルカーク戦 試合当日 先ずは午前私事を済ませた後 懐かしのセルティックパークへ、 先ずはショップで 頼まれていたユニ等をゲット。 
スタジアム左方の入り口からスタジアム入りし席を目指すと 予定通りバックスタの前から2番目。  ピッチは目の前。

選手のアップが始まる。  俊輔だ。 
アップ時 ちょうどレンジャーズの試合が行なわれており セルティックサポーターは  室内にあるモニターで そのライバルの試合の様子を食い入るように見つめていた。     「ドロー」 でタイムアップした瞬間 大喜びで スタジアム中が一気に沸いた。      昨季からセルティック復帰の噂があった 「マロニー復帰か?」 の情報を 掴んだと同時に成田を発ってしまった自分は 選手登場と共に 早くも目の前にいるマロニーを発見しややビックリ。   いつのまに・・・
(どうやらマロニーはセルティックを出て行った事を後悔しているようだ)  久々のマロニー、昔のセルティックに戻った感じがした。

それだけでなく スタジアムは「マロニーの復活試合」の様相で 試合前 試合中のアップで マロニーには大きな歓声が上がっていた。

俊輔を含め選手のアップはずっと レノン(元主将)が指揮っていて  試合前も 試合中も ストラカンよりうるさい位 ずっと吠えていた(笑)
全体で走りこみや パス&ゴー が終わった後、俊輔は若いトレーナーとずっとパス練習をしていた。
Jと全く違うのが 試合前 殆どシュート練習をやらないこと。 
ピッチが近くて危険だから・・・というわけでもないだろうが・・・。

当日 レンジャーズ戦を前に ヘッセリンクとマクドナルドを欠いて 不安を感じていたサポーターがとても多かった。   が、 マロニーや サマラスが その不安を払拭する位の活躍を見せてくれた。
俊輔の FKからの先制、 また目の前での見事なあの切り返しフェイント・・・と サポーターは俊輔のプレーにも大盛り上がり。  役者が勢ぞろいといった所だ。
みんな次のオールドファームをかなり意識している様子だった。

俊輔の人気は依然衰えず。  この日の評価も上々。  更に俊輔が出てくれば他の選手と違い めっちゃ多くのサポーターが群がる。 
これぞ人気のバロメーターか。   
次はついにダービーだ。   今度はメインスタンド側の1階席から観戦予定。    超満員の また普段の試合とは全く違う雰囲気をお伝えしたいと思います。」

             管理人 Hiro  グラスゴーより
posted by Hiro at 15:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

セルティック俊輔 いきなりスタメン!いきなりアシスト〜!

2008−9シーズンSPL第2節、セルティックはアウェーでダンディUと対戦した。     このスタジアム タナダイスパークは2ヶ月前 レンジャーズとの優勝争いが最終節まで縺れ込む中 見事セルティックがダンディUに勝利、大きく勝ち点差をつけられていたライバルから逆転優勝を奪うという快挙を見せた思い出のピッチだ。

今季開幕戦は7月30日に行なわれた股関節手術によりスタジアム観戦となった俊輔だったが 順調にリハビリをこなし 4日前にチームに合流した。
合流仕立て、勿論まだ90分走ってもいない事から このダンディU戦では「ベンチに入れれば・・・」 と 当初 途中出場を予想していた。
予定通り遠征に賛同し ベンチスタートがほぼ確定した俊輔、しかし試合直前 サブメンバーにSHUNSUKE の名前がない! 一瞬 やっぱりまだ無理だったか・・・とメンバー表を見直すと 何と 「スタメン」にしっかり名を列ねているではないか!  

手術仕立て 合流仕立てで いきなりスタメン!!? これには流石に驚いた。    しかも最終戦から2ヶ月も経っている、試合勘が・・・   スタメンに喜ぶと同時に 正直やや不安も感じた。

2ヶ月ぶりのピッチに登場した俊輔 かなり髪が長い。。。久々のピッチに やや引き締まった表情。
そんなアウェーのピッチに 早くも復帰を歓迎する俊輔の応援歌が聞こえてきた。 

今季初のアウェー しかもダンディUは毎回 プレスも素早く DFも高く中々ゴールを割らせてもらえない相手、開幕戦で負けているだけに今日のこのホームでの王者相手の試合は絶対落とせないという気迫がダンディUには感じられた。 

試合開始。 やはりホームのダンディUは 素早いパス回しとプレスで積極的な攻撃を仕掛けてきた。    中々自分達のサッカーが出来ないセルティック。    久々の試合にやや固さが残るか、俊輔も守備に時間をとられ 中々攻撃のチャンスが作れない・・・  セットプレーも あと僅かのところで相手DFに阻まれた。 

しかし時間と共に俊輔の固さが取れると セルティックの攻撃はそれを待っていたかのように次第に活性化した。    味方との連携力も上がると何度もボールに絡みチャンスメイク、相手DFの高さもあり前半中々ゴールを割れなかったが 俊輔は復帰仕立てとは思えない いや 逆に依然より鋭いボールを蹴るようになったと思えるほどの動きで 前半折り返した。   

前半の動きから 後半も予想通り ピッチに登場した俊輔。
すると50分 やっぱり魅せたのはこの男 俊輔だった。
左サイド深め ウィルソンからのクロスを右で受けた俊輔、 エリアにドリブルで仕掛けながら相手DF3人を自分にひきつけると 自分で撃つと 見せかけながら 上がったハートリーに 優しく丁寧なパス! それをハートリーがシュート! 見事ゴール左下に突き刺さった。      セルティック 初アウェーで 先制〜!!!
俊輔は手術からまだ2週間 合流仕立ての 2ヶ月ぶりの実戦 更にチーム初アウェーという状況の中 いきなり見事なアシストをやってのけた。     恐るべし俊輔・・・  爆発するセルサポの前で ハートリーとしっかり抱き合う俊輔。

それだけではなかった。  先制に益々活性化したチームは 俊輔を中心に何度も相手ゴールに迫った。   
先制直後 相手CKからこぼれ球を拾うと 一気にカウンター、高速ドリブルで上がると一瞬顔をあげ前線を確認、前線のマクドナルドへどんぴしゃのピンポントロングクロス! 惜しくもマクドのトラップミスでボールを奪われゴールは奪えなかったが 最高の決定機を演出、 しかしパスを出した直後 相手選手に後ろから右足首を賭けられ転倒、一回転と同時に たまたま傍を通った審判の足に接触。    足首を押さえ苦痛の表情の俊輔、これには 流石にヒヤリとさせられたが 何とか無事の俊輔にホッ、しかしどうやら接触した審判の方は 右足首を痛めたようで交代する破目に。   

更に60分 左CKの相手クリアボールにすかさず詰めると エリア外からダイレクトで 強烈ミドルシュート!! あまりの勢いにGKがこぼしそうになったところへ味方が詰めるもGK死守。    惜しくも相手GKの見事なセーブでゴールはならなかったが しっかり枠を捉えた強烈シュートに 会場から「オーッ」という驚きと歓声があがった。   
チームの核 俊輔が帰って来た! その後も合流仕立てとは思えない動きと落ち着きで チームを引っ張り 67分 ようやくロブソンと交代した。     交代時 会場からは大きな拍手が贈られた。 

ピッチを降りると同時に俊輔は 先ほど接触し足を痛め交代した審判にすぐさま駆け寄り声をかけた。  左手には氷の入ったアイシングの袋を持ち心配そうに話しかける俊輔、 いかにも俊輔らしい礼儀正しい行為に 改めて感動・・・   流石。。。

しかしこれに感動している暇はなかった。  チームは 俊輔が下がったとたん 一気に劣勢に陥った。 
相手の攻撃を必死で凌ぐ時間が続いた。  GKボルツのナイスセーブもあり 何とか凌ぎながら攻撃を仕掛けるも 俊輔のいなくなったセルティックは パスが繋がらず またDFラインからのロングボールが増え始めた。     このままでは追いつかれてしまう・・・

何とか失点だけは・・・ との願いもむなしく 78分 セルティックは ついに相手にゴールを許してしまった。
猛攻を仕掛けたダンディUは 左サイドのロングパスから飛び出し センタリング それをゴール左 殆ど角度のないところから決められついに失点・・・><
あ〜 俊輔の先制アシストが〜・・・><
結局 最期まで守備に追われ追加点は奪えず 1−1のドローに終わってしまった。

やはり合流仕立てとはいえ 俊輔の存在は目を見張るものがあった。 
開始直後は やや固さが見られたが その後は手術後 2ヶ月ぶりの実戦 を全く感じさせないプレーで 終始攻撃を組み立てた。   シュートなどは かえってこれまでより一層強くなったと思える程の威力あるシュート、そして相変わらず試合の流れを読む早さと落ち着きは 見事なものだった。

俊輔の交代でここまで戦況が大きく変わってしまう事に驚くと同時に 2戦目にして折角先制したアウェーでドローと 何とも悔しい結果となってしまったが 俊輔の復帰と共に これからのチームの攻撃は一気に加速してくれそうだ。 
スコットランドのヒーロー日本人俊輔、ようやく始まった俊輔の今季開幕戦は惜しくも勝利で飾れなかったが W杯予選を前に 俊輔の調子はこれから益々上がって来そうだ。  

また現地では21日俊輔の伝記「 The Zen of Naka 」が発売される。 残念ながら英字だが これまでのサッカー人生の苦労とその逆境をバネに跳ね返し上り詰めてきたこれまでの事が書かれており 暑さ3センチほどのしっかりした本となっている。
俊輔 本3.jpg 

【追伸】
本日セルティックMFグラベセン(32歳)がついにセルティックを去ることが決定した。  グラベセンは2006年8月 レアルから移籍、 俊輔と共にチャンピオンズリーグを戦い歴史に残る決勝トーナメント入りを果たしたが CLでも大きなミスを連発 次第にスタメンから遠ざかり 昨年は古巣エバートンに戻りレンタル移籍していた。
昨年からずっとグラベセンの放出が噂されていたが ついに決定となった。  現役を続けるかは不明だが移籍先はいまだ決定していない模様。
【17日トップページより移行】
セルティックは金曜にメディカルチェックを行なっていた カーディフDFグレンルーフェンス(24歳 元U21オランダ)の獲得を正式発表した。  ポジションはセンターバック コールドウェルとのポジション争いが予想される。    元々ルーフェンスはレンジャーズ入りが濃厚とされていたが レンジャーズのCL敗退もあり セルティックの獲得となった。    セルティックは今季FWサマラス(マンチェスターシティからレンタルしていた)の完全移籍をはじめ デリーシティからマコート バルサのクロサス とこれで4人目の補強となった。   
posted by Hiro at 07:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

俊輔いないセルティック開幕勝利も内容は・・・

8月10日  ついにスコットランドリーグ 2008−9シーズンが幕を明けた。
セルティックはこの開幕戦を ホーム セルティックパークで 昨季10位のセントミレンを迎え対戦した。
俊輔は7月30日の手術の為 今日はスタンド観戦。   チームは今季補強が少ない事もあり スタメンには 俊輔を除き 殆ど昨季と全く同じメンバーがズラリと名を連ねた。

俊輔のポジションには昨季移籍のロブソンが入り ブラウン ハートリー マクギ と並び  FWにはヘッセリンク マクドナルドの SPL得点王2トップが揃った。

開幕戦ということで 試合直前 優勝カップをキャプテン マクマナスが持ち 故トミーバーンズ氏夫人らと共にピッチに登場。   会場のカウントダウンの声と共に 夫人により 昨季の優勝旗が 高く掲げられた。     
会場は超満員。   セルティックパークには ユルネバの合唱が響き渡った。 

試合開始。 
キックオフと同時に積極的に攻め込んだのはセントミレンだった。 
3連続王者が相手とあってか 相手セントミレンの選手の気合は 確かに勝っていた。

パスを回すも 中々前線まで繋げないセルティック。  アタッキングエリアまで持っていけず シュートで終われない。    攻撃は単調で 相手DFを崩すようなパスが殆ど出ない。   クロスの精度も相変わらず・・・

決定的チャンス殆ど作れないまま 時間だけが過ぎていった。
こんな試合を どこかで見た・・・   
昨季 俊輔が怪我で離脱中の 単調で 連動性 想像性の全くない 悪い時のセルティック   そのものだった。 
昨季10位のセントミレンに 殆ど決定機を作れず 0−0で折り返したセルティック。
後半どう立て直してくるか・・・   しかし 後半に入り 相手の攻撃はやや弱まったものの チームの攻撃は依然鈍いまま。     

そんな中 ようやく セルティックにチャンスがやってきた。
60分 左サイドからのロングボールに飛び出したヘッセリンクが 相手DFと競り合い倒され PKを得た。  数分前にも倒されたが笛は鳴らず ブーイングが出ていたせいか やや微妙だったが ラッキーにもPKゲット。  そして相手にレッド。  11対10となった。

蹴るのはロブソン。   ロブソンは長い助走をとると大きく左足を振り抜いた。     そのシュートはGKの足に阻まれたが ボールは上に上がり ラインを何とか超えた。    セルティック先制〜!!!

ようやくセルティックはホームで第1号ゴールを上げた。
その後 相手セントミレンは 一人減った事もあり メンバーを続々入れ替え 積極的攻撃に。
しかし セルティックは 最期までその1点を守りきり 1−0で勝利した。 
開幕戦 既に レンジャーズが勝ち点3をしっかり積んでいることから 負けられない試合となったが 先ずは勝ち点3をゲット。
先ず先ずのスタートを切った・・・ といいたい所だが 俊輔のいないセルティックは やはり 「俊輔のいない 悪い時のセルティック」 そのままだった。
ラッキーPKゴールで 勝ったには勝ったが 単調な攻撃で想像性のない展開からは やはり このチームには 俊輔の存在が不可欠だという事を 改めて大きく感じさせた試合になったと言っていいだろう。

スタンド観戦した俊輔、今頃 自分が入ったらこうしてやろう・・・と頭いっぱいに 攻撃プランを巡らせていることだろう。   必死のリハビリをこなしている俊輔  明日にも チームに合流、 ピッチで思い切り走る俊輔が見られる日も近そうだ。 

また一部スポ紙にバルサから前日移籍した若手MFクロサスが この試合に出場したと掲載されているようだが これは間違い。  ピッチでの挨拶はあったが出場はしていない。
※「セルティック試合速報日記」もお楽しみ下さい     
posted by Hiro at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

セルティック俊輔 ついにSPL開幕!

ついに明日 俊輔SPL 4シーズン目の幕が開ける。 
2005年 俊輔がセリエAから移籍して早3年が過ぎ チームは見事3連覇を、 歴史に残るチャンピオンズリーグ決勝トーナメント2連続進出も成し遂げた。      
 既にチャンピオンズリーグを早々予選敗退してしまったレンジャーズを横目に 王者セルティックは今季も V4 と同時に CLの8強入りを狙う。

7月30日 スポーツヘルニアの手術を受けたばかりの俊輔は 早くもダッシュをするなど回復も順調。   開幕戦はスタンド観戦となる模様だが チーム合流も間近だ。

先日セルティックは デリーシティからMFパトリックマコート(24歳両サイドウィンガー)を3年契約で獲得、またバルセロナからは MFマーククロサスと どうやらここへきてようやく合意に至り現在メディカルチェック中の模様。

一方チームは マクドナルド サマラスをはじめ 主力メンバーが次々契約を更新  また DFケネディがノーウィッチへレンタル移籍、MFオブライエンはマザウェルに移籍が決定した。      

昨季と違い 今の所 今季は補強選手が少ない事から  大幅なメンバー変更もなく 最初から 連携面での苦労は さほどなさそうだ。
恒例の4−4−2、 マクドとヘッセリンクの2トップでの いつもどおりの布陣でのスタートとなりそうだ。
また明日の開幕戦前には 昨季の優勝旗が 亡くなったトミーバーンズコーチ夫人によってホーム セルティックパークのピッチで掲げられる予定。

大きな補強はないものの リーグ戦 CL カップ戦 と多くの試合を無事戦い抜く為に補強した中盤のレギュラー争いは より厳しいものとなりそうだ。      先ずは明日の開幕戦の布陣が注目される。
(現在キレン スノは 五輪の為 チームを離れている)
またプレシーズンでの遠征 8試合にも及ぶ試合で 現在選手達の疲労はかなりのもの。     だが昨季のようにホームでの開幕戦でドロー発進だけは避けたい所だ。
残念ながら俊輔の開幕戦出場はないが 先ずはしっかり勝ち点3を掴み 新シーズン 幸先のいいスタートを切って欲しい。

※今季も引き続き当ブログの「セルティック試合速報日記」では毎試合同時速報を行なう予定です。  開幕戦は10日 20:25〜 
posted by Hiro at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

俊輔セルティックプレシーズン第5弾

ひらめきトップページより移行

【8月7日】
ひらめきセルティックは今季プレシーズン最終戦 ホームでマンチェスターシティを迎えた。    やや驚くようなスタメンを送り出したストラカンの布陣は GKボルツ DFヒンケル カスバート オディ ネイラー MFグラベセン ハートリー ドナティ ライオダン FWヘッセリンク マクガワン。(SUB カディス ミラー マコート サマラス) 4−4−2 だが実際は 4−2−3−1か。     グラベセン ライオダン と本当に久々の名前があがった他  カスバート カディス ミラー (オディ)と若手ユース選手がずら〜りと並び 移籍したマコートも後半から登場した。
セルティックは 仕掛けるも 中々決定的チャンスが作れず 53分相手に先制ゴールをあげられたが 78分右サイドFKから落ちたボールをマクゴワンが押し込み同点に追いつき1−1のドロー。

ビックリメンバーで最後の調整を終えたセルティック、審判の報酬アップをめぐるストライキで開幕戦が危ぶまれていたが どうやら無事決着、予定通り試合開催となりそうだ。   ついに2008−9シーズンの幕開けまであと3日  俊輔のリハビリも好調のようだ。  今季はまた個人トレーナーとも契約し 重要視されていたストレッチにも力を入れる他 既にスパイクを履きボールを蹴る等 一歩ずつ復帰へ向け地道な努力を重ねている。  

【8月6日】
ひらめきレンジャーズがチャンピオンズリーグ早くも敗退。
昨日 レンジャーズはチャンピオンズリーグ予選2回戦第2戦をアウェーでカウナスと対戦。    2−1で敗れた。   レンジャーズは先日行なわれた この第1戦を ホームで 0−0と引き分けに終わった為 3回戦進出が危ぶまれていた。
33分レンジャーズ先制も 前半終了間際に追いつかれ 87分追加点を奪われた。
この試合には 元セルティックFWケニーミラーが先発した。  ミラーはセルティックから昨季ダービーカウンティに移籍、今季古巣レンジャーズに戻り移籍したばかり。

また昨日 SPL開幕戦が突然ずれ込む可能性があるというニュースが飛び込んだ。   審判が報酬アップを求めての話し合いが行なわれておりギリギリまで 開幕戦の開催がわからない状況となっているようだ。 
http://www.scotprem.com/content/default.asp?page=s2&newsid=6309&back=home
posted by Hiro at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

セルティックの試合を観に行こう第2弾

セルティックの試合を観に行こう第1弾に引き続き 今回は チケットの取り方についてもう少し詳しくご紹介します。
まだまだ試合の観戦チケットを業者に依頼し 高額な金額にて手に入れている方が多い事 また ご自分で取りたいが 英字が苦手でいまいちよく判らないという方がいらっしゃるので 今回は 第1弾で掲載した電話での方法ではなく ネット つまり セルティックのHPからチケットを購入する方法について掲載致します。

@先ずセルティックのHPの「TICKETS」をクリック。
チケット購入ページ 005.jpg
Aすると現在販売されているチケットの名称と共に 上部に 「Online Booking - CLICK HERE 」というのが出てきます。
Bそこをクリックすると Registrationという大きい枠の中に 「Register A New Account」 というのが出てくるので 先ずはこれをクリックして メンバー登録を行います。
Cここにご自分の状況を全て書き込み(※は必ず記入が必要)ます。 
メンバー登録が完了したら 早速チケット購入に移ります。
チケット購入ページ 007.jpg
D枠の中に現在販売中の試合名が 出ているので ご希望の対戦相手を選び その右の「BUY」をクリックします。
チケット購入ページ 019.jpg
Eするとこのようなスタジアムの大雑把な絵図が現れます。
この時 座席は 赤やオレンジ色で色分けされていますが 赤は完売状態 オレンジは残席僅か を示しています。(なので赤い部分をクリックしても購入は出来ません)
またセルティックパークでは メインスタンドはこの図の下側SOUTH STANDです。   バックスタは上のNORTHとなりますのでご注意下さい。
チケット購入ページ 014.jpg
ご希望の位置を絵でクリックすると このようにその周辺ブロックだけの更に詳しい絵図が示されます。    そこからまた選びクリックすると 今度は その下に このようなチケット枚数を選ぶ画面が現れます。
チケット購入ページ 016.jpg
3つに分かれており 一番上は 「e+65」  真ん中が「Adult」  下が「Under16」  
つまり上は65歳以上のシニアチケット、真ん中が大人 下は子供です。
ご希望枚数を選び 右の [Add to Basket] をクリックすれば 支払い手続きへと進む事が出来ます。
支払いは全てカードでの支払いになります。  カード状況を記入し それが通れば チケット購入完了です。
※購入し始めから30分以上経過すると無効になってしまう事があるのでその場合はやり直してください。
またオールドファーム レンジャーズ戦のチケットはシーズンチケット&現地だけで完売してしまう為 HPでのネット販売は殆ど行なわれません。

支払いが完了すると セルティックのチケットセンターより チケット予約完了の確認メールが必ず送られてきます。    そこには既に予約した座席の詳細と ブッキングナンバーが記入されています。  

※海外からの購入は 日数的な時間が充分ある場合は エアメールで記入した通りの住所に送付されてきます。  (早ければ3〜4日で)
日数が無い場合 または 取り置きを希望された場合は セルティックパークのチケットセンターに保管されます。

試合当日 予約時に使用したカード(同じカード)と 予約完了時に送られてきた確認メールのコピーを持って(ブッキングンバーが特に大切です)チケットセンターに行き、 チケットと交換してもらいます。
当日チケットセンターには多くのサポーターが並ぶ為 余裕を持ってスタジアムに行かれる事をお勧めします。

※その他 判らない事がありましたら BBS またはアドレスまでご質問下さい。

セルティックの試合を観に行こう!第1弾

手(チョキ)俊輔移籍から早くも4年目。  2008−9シーズン開幕も間近に迫っている事から今回は 観戦に関する情報を掲載してみます。

既に海外での試合を観戦された事のある方も多いかと思いますが まだ行かれた事のない方 また 是非セルティックの試合を観に行きたい と思っていらっしゃる方からのご質問も多くあることから これまでメール また当サイトの コメント覧 BBS 潜入記などでの 情報を ひとまとめにして 掲載してみました。    

(また こちらでの情報は 沢山ある方法の中の一つ です。 ご参考にしていただければ幸いです)

1;【観戦の方法】
ここでは大きくわけて 3つの方法をご紹介します
 
@日本で観戦ツアーに申し込む  
一般的な旅行業者 またこのような海外でのスポーツ観戦ツアーを専門に扱っている業者が数多くあります。    一般の観光ツアーとほぼ同じで 試合観戦だけを目的にした短めのもの、観光もついた長めのもの・・・と様々。    中にはスコットランドの試合(SPL)は扱っていないもの また チケット入手だけのものもあり 色々です。
最近では俊輔が活躍している事から SPLを扱う業者も増えています。     こちらは 全て会社任せなので 手間がなく 初めての方にはとても安心です。    ただ日程スケジュールが決まっている為 自分の希望にあわせ自由に変更できない場合が殆どのようです。

Aセルティックの観戦パックを申し込む
セルティックのHPのスポンサー覧に「thomas cook」というセルティックの「観戦パック」を扱う業者が掲載されています。(英字)
ここでは 「セルティックの試合チケット」 & 「スタジアムツアー料金」 & 「宿泊料金」が セットになったものがあります。
ネット画面から 希望試合(試合によって料金が異なります)を申し込む方法ですが 行かれた方の情報だとホテルも良かった模様です。  ただスタジアムツアーについては 料金は含まれていますが 前もって予約をしておきたい場合は自分での予約になるようです。     また勿論往復の航空券もご自分での手配になります。
このthomas cookの他にも 同じようなパックがあるようです。


Bチケットも航空券も自分で手配
これは 全て自分での手配になります。   慣れていない方は不安に思われるかもしれませんが  業者に余分な料金を取られる事無く 実際にかかる料金のみですみます。
宿泊は 今 ネットでいくらでも申し込み可能ですし 航空券も格安チケットが沢山あります。    ただ格安チケットは キャンセルがきかないものが多いので しっかり予定を立ててから申し込む事をお勧めします。   (また最近は燃油高騰により サーチャージがかなり高額となっている為 ツアーでも 個人での格安チケットでも 約5〜6万の上乗せが予想されます 2008年8月現在)

2 【チケット入手】
ここで いつもご質問が一番多いのが この「試合観戦チケット」の 入手方法。
上で掲載したとおり 業者に依頼し「チケットのみ」を手に入れる方法もありますが この場合 聞くところによると実際のチケット金額より かなり高額な金額となるようです。(4〜5万とか??)   

席種にもよりますが 実際 自分で購入すれば チケット代 £25(約5000円代)プラス システム管理料のようなものが£1.4 (300円程度)とられるだけで 入手出来ます。
セルティックHPに掲載されているので 皆さんご存知と思いますが 一応掲載すると この方法にも 2種類あります。

※セルティックのHPに書かれている 「チケット」をクリックすると 現在販売されている試合の名前と詳細が出てきます。
 または 近々販売される試合の 販売開始日&時間 が掲載されてい ます。       日本からだと 早めにゲットしたいと焦る方が 多いのですが 結構間近になってから掲載される事も多いようです。 ここに掲載されたら なるべく早めに 予約を入れます(この予約方法詳細は第2弾で詳しく掲載しています)
(ただしグラスゴーダービー レンジャーズ戦のチケットに関してだけは ネットでは掲載されません。    これは シーズンチケット&会員だけで売り切れてしまう為で 日本での「チケットだけ」の入手は  ツアーや業者依頼以外 非常に困難です)   

予約の方法は 2通り あり 一つは PCからネットで 掲載されているセルティックの予約アドレスに申し込む方法、 もう一つは 直接電話で申し込む方法です。    ただ申し訳ありませんが自分ネットでの観戦チケット申し込みをした事がない為 相手からの返信がいつ頃来るのか 時間的なものだけは判りません。     試合によって その日の混み具合によって違いが出てくるかもしれませんし  また直ぐ来るかもしれません。  時間に余裕がある方は ネットで申し込み 返信を待つのがお勧めです。   残念ながら日本語対応ではありませんが難しいものは一切ありませんのでご心配なく。  
尚 このネットでのチケット申し込み方法は「セルティックの試合を観に行こう第2弾」で詳しく掲載しております。 是非こちらをご覧下さい。
http://shun-celtic.seesaa.net/category/5506804-1.html

※最近での皆さんの統計によると返信は比較的直ぐに来るようです。 これなら電話料金もかからず 一番かしこいかと思います。 
「セルティックの試合を観に行こう第2弾」で掲載した通り 先ずメンバー登録をしてから申し込みをして下さい。
(ただ以前一度だけ スタジアムツアーの予約申し込みをネットでした所 4〜5日返信がこず 痺れをきらして直接電話で申し込んだ経験もあります)   
  

※直接電話について
直接電話、 要するに国際電話をかける事になるのですが ある程度の日常会話が可能な方はこれが一番かと思います。
決して難しい会話ではありません。 (ただ受ける相手によっては スコットランド訛りがある為 電話という事もあり 聞き取りだけが頼りとなります)

※直接電話はあまり自信がない・・・という方の為に
電話電話をかける
番号はセルティックのHPの「チケット」をクリックすると掲載されています。    ただ日本から電話をする場合は KDD場合 001  010 の後に イギリスの国番号 44を そして870から始まるセルティックの OVERSEAS番号を続けます。
時差が大きいので 現地の販売開始時間を考えて下さい (夏場はサマータイム 時差8時間。   それ以外は9時間となります)
電話が繋がるとインフォメーションが流されます。  

相手が出たら (自分の場合は)先ず日本から電話をしている事を伝えてから チケット予約をしたい旨を伝えます。
そして 観戦したい試合名を言います。 (インヴァネス とか フォルカークとか・・・)   するとあちらから ※色々なこと を聞いてくるので それにしたがって 全て(スペルも言いながら)伝えます。

※聞かれることは・・・ 
先ずセルティックの会員かどうか、そして続いて  チケットの枚数  どのような席がいいか(これは値段も聞きながらやるといいです)   そして 住所  氏名  生年月日  支払い方法(これはクレジーットカードで)  Eメールアドレス  電話番号(旅に出るので自分はいつも携帯の番号で)  カードの種類(マスターとかJCBとかの)と 番号、 及び カードの裏に書いてある数字の右側の3桁の数字などなど・・・。

全て伝えると あちらから ブッキングナンバー を知らせてくれます。
これが大事。    相手が言ってくれる このブッキングナンバーを忘れずに 間違わずしっかりメモし 当日 セルティックーパークにあるチケットセンターへ このナンバーと その時伝えた カードを持っていき チケットと交換してもらいます。
ちなみに電話を切る前にいつも自分は 受けてくれた相手の名前も聞いておき 予約した日時 もメモっておきます。

海外からの予約の場合は 殆どがチケットセンターに保管し 現地での交換となります。   ただ試合まで日数がある場合は 送付してくれます。 (※印へ)

電話予約すると その日のうちに 伝えたEメールアドレスに チケット予約の確認メールが送られてきます。
これには 既に 取れた席の場所 番号 値段まで全て記載されてくるので だいだい自分の席がどの辺か・・・ が把握出来ます。    
これを 印刷して持参すれば 安心して 現地へ向かう事が出来ます。
電話なら 直ぐその場で予約が取れ イライラする事もありません。
ただ国際電話料金がかかります。  が・・・よほど時間がかからなければそれほど大きな負担にはならないと思います。  

※チケット送付
予約から 試合までに日数が充分ある場合は エアメールで送付 してくれます。    自分の場合は 電話予約から たったの3〜4日で チケットが 電話予約時に伝えた 自宅の住所に送られてきました。
勿論の事ですが チケットには既に 席番号 エリアが  裏にはスタジアムの図があるので 現地へ入る前に 自分がどの入り口から入ればいいかがだいたい判ります。  

次回 セルティックの試合を見に行こう!第2弾 も掲載する予定です。

注)あくまでもここに掲載したものは 沢山ある方法のうちの一つに過ぎません。   特にチケット入手に関してのご質問が これまでも多くよせられていた為 今回掲載してみました。 
この他 ダイアリーの現地情報  グラスゴー潜入記 でも現地情報を多く掲載しております。   俊輔セルティック情報では 管理人Hiroの現地情報第1〜6弾も掲載中です。

★ご質問はトップページアドレスまたはBBSまで  

2008年08月04日

セルティック俊輔 プレシーズン第4弾

ひらめきトップページより移行

【8月3日】
フェイエノールト
ジュービリートーナメント トッテナム戦から2日 セルティックは フェイエノールトと対戦した。
この大会ではいくつかのシステムを試すと言っていたストラカン、この日のスタメンは GKブラウン DFウィルソン コールドウェル オディ ネイラー MFSブラウン ドナティ ハートリー FWマクギディ ヘッセリンク サマラス。     珍しくMFマクギを3トップにおいての 4−3−3 で臨んだ。   

遠征連戦の疲れから2日前にはトテナムに2−0で敗れたセルティックだったが フェイエノールト相手に先制したのはセルティックだった。13分ハートリーの素早いFKから見事な胸トラップでサマラスが先制、すると一気に調子づいたチームは たったのその3分後 今度は マクギが相手を交わしネイラーへ ネイラーのクロスから ヘッセリンクがヘディングで追加点を奪った。     前半終了間際39分 今度はマクギのパスからヘッセリンクが3点目をあげると 後半ストラカンは GKブラウンをさげボルツへ、 ヒンケル バルデ マクド マクゴワン と大きく入れ替えた。 

2点の失点に後半相手が攻撃的に出た事もあり 守備に回る時間が増えたが セルティックは固い守りで対応、 57分相手Ferの強烈シュートから1点を返されるも 見事アウェーで 1−3の勝利となった。
今季プレ遠征最終戦を 無事勝利で終えたセルティックは ようやくホームへ戻り 6日マンチェスターシティと親善試合を行い ついに今シーズン開幕を迎える。 
(FWサマラスはこのマンチェスターシティからレンタル移籍していた選手、今シーズン正式にセルティックに移籍した。 古巣との対戦となる)
一方リハビリを開始した俊輔は 早くもランニングを開始した。 縫合箇所にはまだ違和感は残るものの 股関節の痛みはなく これからは少しずつ 更なる走りこみ ストレッチ等のトレーニングでコンディションをあげていく模様。      チームも遠征が終わりグラスゴーへ戻った。    俊輔が合流する日も思ったより早そうだ。

【8月1日】
トッテナム
セルティックはオランダ ロッテルダムで行なわれているジュービリートーナメントに出場、1日 トッテナムと対戦した。 
セルティックは リハビリ中の俊輔を除き GKボルツ DFヒンケル コールドウェル マクマナス ウィルソン MFロブソン ブラウン ハートリー マクギディ FWマクドナルド ヘッセリンク  という ほぼ主力メンバーをゾロリと揃えた いつも通りの 4−4−2 で臨んだ。
しかし 25分ハーフウェーライン付近からのハートリーのGKへのバックパスが読まれ ベントに先制を許すと 80分にもヒンケル コールドウェルが交わされての左からのクロスから 今度はベントリーに 追加点を奪われた。   マクギを中心に懸命に攻撃を仕掛けたセルティックだったが チームは遠征疲れか 相手の固い守りを崩せず 最後までいい所を出さないまま2−0で敗れてしまった。
やはり俊輔のいないセルティックは・・・

一方 俊輔は早速リハビリを開始。   手術2日後とあって流石にまだ患部傷口には痛みがある為 腹圧のかかるメニューはないが 1歩ずつ早期復帰への階段を登り始めた。
チームは明日3日 フェイエノールトと対戦し 今プレシーズンの遠征試合は終了するが 6日 マンチェスターシティをホームに迎えての親善試合で 開幕前 最後の調整を行う。
posted by Hiro at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

セルティック俊輔 プレシーズン第3弾

ひらめきトップページより移行exclamation   

【8月1日】
ひらめき俊輔リハビリへ!!
予定通り無事退院した俊輔は 退院後グラスゴーへ戻った。
様子を見ながら 早速今日からリハビリを開始、2〜3日後にはもう軽いトレーニングも開始出来る模様。   
早期復帰に向け 明るい兆しが見えてきた。  今後俊輔は10日開幕戦に向け必死でリハビリ&トレーニングを積む模様だが チームスタッフは焦らず 慎重に見守っていくようだ。   チームは今日 トッテナムとオランダで対戦する。
     
また一方 28日に膝の手術を受けた水野の膝は当初の予想よりやや重症であったことが判明、 約3ヶ月を要し10月末頃の復帰となってしまう可能性があるようだ。   


【7月31日】
ひらめき俊輔手術成功!
昨日 ドイツ ミュンヘンの病院にて予定通り行なわれた俊輔の手術は 無事1時間半ほどで終了。     局部麻酔のみによる手術となった模様で今日 早速退院しグラスゴーに戻る予定。

一方チームはフェイエノールトジュービリートーナメント(ロッテルダム)に参加する為 オランダへ遠征。   8月 1日(金)トッテナム  8月 3日(日)フェイエノールト と対戦する予定。
ストラカンはこの対戦で2〜3のシステムを試す。

また10日に行なわれるSPL開幕戦で 5月に亡くなったトミーバーンズコーチ夫人 ローズマリーさんが パークで優勝旗を掲げる事が決定した。

※レンジャーズは昨日チャンピオンズリーグ予選2回戦をホームで戦い リトアニア王者 カウナス と 0−0で引き分けた。  8月5日は アウェーで戦う。  (セルティックは予選を免除されている)


【7月27日】
※セルティックDFケネディが ノリッジへ(1月まで)のレンタル移籍決定。    ケネディ(24)は 相次ぐ大怪我に見舞われ長期離脱が続き レギュラーの座を失っていた。 
ノリッジの他 マザウェル プレストンも彼に興味を示し 練習参加も行なっていたが 結局資金面での合意には至らなかった模様。   
posted by Hiro at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする