2009年07月30日

俊輔スペイン合宿第2戦

shunsuke20090729.jpg
ペララダ合宿入りからちょうど2週間、 4日前の25日に初の練習試合ペララダに0−4で快勝したエスパニョールは 29日 今度は5部相当の地元チーム パラフルジェルと練習試合を行った。  
前日走り込みを行ったチームは この日午前練習後 初のFK練習を行うなどで調整 俊輔もガルシア パレハと共に蹴り 目の肥えたスペインメディアだけでなくチームメイトをも魅了する見事なFKでその質の高さを見せ付けたようだ。    

その後行われた試合では 約1500人の観客の見守る中 長期合宿での疲労もあるのか チームは何と1−2で辛勝。   今回も前半と後半 メンバーを入れ替えながらの対戦となったが 俊輔はアルバレス ニコ ビルッ ルイスガルシア タムード らと共に前半に出場。     その前半 俊輔は何度も好機を演出、タムード ガルシアらのチャンスを作っていたが残念ながらゴールを奪えず、 そこへ16分 何と新加入のビルッが 相手カルロスマルティネスにPK献上のミス。     チームは支配しながらも苦しい展開に。。。

後半も 戦況はあまり変わらず大きな相手のプレスに苦しんだが 58分モイセスのゴールで追いつき 最後86分 サハルのお膳立てでアロンソがPKで2点目のゴールを決めようやく勝ち越した。
ペララダ戦圧勝から4日 今季エスパニョール2戦目は課題の残る試合となってしまったようだ。(詳細は後ほど)

【前半】
アルバレス ビルッ Gotor ニコパレハ Aマルティネス モイセス ロマンマルティネス 俊輔 ヴェルドゥ ルイスガルシア タムード
【後半】
Vイヴァンズ Vルイス Dガルシア カジュホン ロラ モイセス サハル コロ ハルケ イヴァンアンソロ

チームは2日 新スタジアムでこけら落としとなるリバプール戦を迎える。     しかしリーガ開幕はまだまだ1ヶ月先。    これをいい課題にして開幕へ向けしっかりした準備をして欲しい。   

リバプール戦後 チームはまたイタリアへの合宿に入る。
レッジーナの俊輔がセルティックでの活躍を経て ついにエスパニョール俊輔として凱旋する。   イタリアでは5日ナポリ 9日ボローニャ 11日パレルモと試合を予定している。
22日にはスペインへと戻り ジローナと対戦 これでエスパニョールのプレシーズンが終わる。

一方 2日のコルネジャ新スタジアムこけら落としとなるリバプール戦は深夜3:40〜WOWOW(BS)無料放送。   またリーガ開幕前の8月28日(金)9:10〜は俊輔開幕直前番組と題して俊輔のインタビュー等が放送される予定だ。   

2009年07月26日

俊輔エスパニョール初の親善試合で輝く

shunsuke2009.jpg
スペイン入り後 ペララダでずっと過酷な合宿を続けている俊輔、合宿10日目となる25日 現地ペララダとの初の親善試合を前に  午前 セットプレーの練習で突然監督からFKキッカーを指名された俊輔は左右CKに加えFKと 十数本にわたり精度の高いボールを配給 様子を見ていた監督 そして会長リブレ氏をも その見事なボールで完璧に魅了した。

その後 午後から予定されていた今季エスパニョール初となる親善試合 地元ぺララダとの対戦では 入場料10〜15ユーロとったにもかかわらず 何と3000人が集まるという注目の高さ。
結果は格下とはいえ 0−4で完勝。
メンバーを入れ替えながらの試合となったが 新加入4人は二人ずつに別れ 前半はヴェルドゥとピルッ。 俊輔はサハルと共に後半から出場した。

サポーターの注目はやはり後半だった。
俊輔は4−2−3−1の右に入ったが 何度も中央に切り込み 味方へ精度の高いボールを再三配球、  64分には自ら左ポストを直撃する惜しいミドルシュートも放ち 見ていたサポーターからはスタンディングオベーションが巻き起こった。
83分にはエリア右に走りこんだアロンソへ見事なスルーパスを送り アロンソのゴールを初アシスト。     チーム4点目を演出した。
地元紙SPORTでは早速 NAKAMURAがエスパで輝く などという見出しでこの親善試合での俊輔の活躍ぶりを掲載、 失望させなかった 2009−10シーズンでの大きな力となる。   彼のクオリティの高さを垣間見ることができたと絶賛した。    この日の午前練習後には会長も あの到着騒動も入団会見も想像を超えていたが 一番重要なのは NAKAMURAがその期待に応えらるだけの能力を持っていることだ とコメントするなど 俊輔の注目度は一層高まった。
   

2009年07月25日

2009−10俊輔エスパニョール試合日程

2009−10シーズン
エスパニョールの試合日程を掲載します。
(決定ではありませんので 多少前後する事が考えられます。)

第 1節  8月30日(日)アスレチック・ビルバオ(A)
第 2節  9月12日(土)レアル・マドリード(H)
第 3節  9月20日(日)デポルティボ(A)
第 4節  9月23日(水)マラガ(H)
第 5節  9月27日(日)シェレス(H)↑初
第 6節 10月 4日(日)ビジャレアル(A)
第 7節 10月18日(日)テネリフェ(H)↑
第 8節 10月25日(日)セビージャ(A)
※スペイン国王杯10月28日(水)ヘタフェ(A)
第 9節 11月 1日(日)バリャドリード(H)
第10節 11月 8日(日)スポルティング(A)
※スペイン国王杯11月10日(火)ヘタフェ(H)
第11節 11月22日(日)ヘタフェ(H)
第12節 11月29日(日)アトレチコマドリード(A)
第13節 12月 6日(日)ラシンサンタンデール(H)
第14節 12月13日(日)バルセロナ(A)
第15節 12月20日(日)アルメリア(H)

第16節 1月 3日(日)バレンシア(A)
第17節 1月10日(日)サラゴサ(H)↑
第18節 1月17日(日)オサスナ(A)
第19節 1月24日(日)マジョルカ(H)
第20節 1月31日(日)アスレチックビルバオ(H)
第21節 2月 7日(日)レアルマドリード(A)
第22節 2月14日(日)デポルティボ(H)
第23節 2月21日(日)マラガ(A)
第24節 2月28日(日)シェレス(A)↑初
第25節 3月 7日(日)ビジャレアル(H)
第26節 3月14日(日)テネリフェ(A)↑
第27節 3月21日(日)セビージャ(H)
第28節 3月24日(水)バリャドリード(A)
第29節 3月28日(日)スポルティング(H)
第30節 4月 4日(日)ヘタフェ(A)
第31節 4月11日(日)アトレチコマドリード(H)
第32節 4月14日(水)ラシンサンタンデール(A)
第33節 4月18日(日)バルセロナ(H)
第34節 4月25日(日)アルメリア(A)
第35節 5月 2日(日)バレンシア(H)
第36節 5月 5日(水)サラゴサ(A)↑
第37節 5月 9日(日)オサスナ(H)
第38節 5月16日(日)マジョルカ(A)

※↑は今季2部から昇格してきたチーム。
リーガではプリメーラディビシオン(1部)下位3チームが2部のセグンタディビシオンに降格。   セグンタから 上位3チームがプリメーラへと昇格してくる。
今季は プリメーラ初昇格となったシェレス、そしてテネリフェとサラゴサが戻ってきた。

※2009年10月25日(日)〜2010年3月27日(土)は日本との時差は標準の8時間。     現在〜10月24日までと 2010年3月28日(日)からはサマータイムで時差7時間となります。

※これはあくまで基本予定です。 1日程ずれる事もあるのでご注意下さい。
posted by Hiro at 14:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 中村俊輔スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

デラペニャが俊輔を絶賛!

ぺララダ合宿投入9日目 チームは明日の今季初戦となる地元チーム スペイン5部ぺララダとの対戦を前に 走りこみを行った。
選手たちの疲労はかなりのものと推測され 故障者が続出、練習試合とはいえ 明日の初布陣が注目される。
一方23日 チームメイト先輩 デラペニャが地元紙のインタビューを受け自らの引退時期などについてコメントすると同時に 新加入の俊輔について賞賛するコメントを残した。
http://www.marca.com/2009/07/23/futbol/equipos/espanyol/1248350659.html
何と有難い事にスポーツナビさんでしっかり翻訳してくださっているので手を抜いて張りつけさせていただきます。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0809/headlines/20090724-00000006-spnavi-socc.html
また地元スポ紙では 横浜Fマリノスの社長代行のニュースを これまでの経緯を含めいち早く報じた。

明日25日の練習試合の背番号

1     Kameni (カメニ)GK
2     Chica (ハビエル・チカ)DF
3    D.Garcia (ダビッ・ガルシア)DF
4    J.Marquez (ハビ・マルケス)MF
5    Pillud  (ピルッ)DF新
6    Roman(ロマン・マルティネス)MF
7    Nakamura(中村俊輔)MF
8    Callejon (ホセ・カジェホン)FW
9    Dela Pena (デラペニャ)MF
10    Luis Garcia(ルイス・ガルシア)FW
11    Lola(スミリャニッチ・愛称ロラ)MF
12
13    Javi Ruiz (ハビ・ルイス)GK
14    Angel (アンヘル)MF
15    Finnan (フィナン)DF
16    Nico Pareja (ニコ・パレハ)DF
17    Sahar  (ベン・サハル)FW新
18    J. Verdu (ジョアン・ベルドゥ)MF新
19
20    Coro (フェランコロミナス 愛称コロ)FW
21    Jarque  (ハルケ)DF☆キャプテン
22    Moises (モイセス)MF
23    Tamudo (タムード)FW
24    Ivan L.M. (イヴァン・アロンソ)FW
25    C. Alvarez(クリスティアン・アルバレス)GK
26
27    Julian (フリアン)MF
28    Sielva (シエルバ)MF
29
30    Victor Ruiz (ビクトル・ルイス)DF
31    Savall (サバル)DF新(Bより)
32
33
34
35    Didac (ディダック)DF




2009年07月21日

俊輔エスパニョールキャプテン決定続報〜追伸

過酷合宿5日目となる俊輔 先ずは順調な滑り出しを見せている様子は一昨日掲載したが その続報を。
デラペニャらに誘われ 新キャプテンハルケら9人と2台の車で分乗し近隣のレストランへと出かけた俊輔 イタリア同様 さぞかしまた遅くまで・・・?と思いきや しっかりチームの門限である8:30を守り 全員で宿舎に戻ってきたようだ。 笑
俊輔にとっては 門限があって助かったか・・・? 

またその後 ルイスガルシアが地元紙のインタビューに答え 自らの移籍の噂  タムード 新スタジアムについて発言した後 俊輔についてもコメント 「ナカは非常に良く僕らチームに馴染んでいるよ。   どこまで言葉を理解しているかは判らないけど イタリア 英語 スペイン語・・・を混ぜながら話し よく笑っていたよ。    
新入りいじめ?? そんな事はないよ。 笑
彼はとても謙虚だし 技術能力が凄く高い、 僕らを助けてくれ チームの戦力になる事は間違いないよ。」とコメントした。

ランチにはハルケ デラペニャ ガルシアをはじめ ニコパレハ アルバレス マルティネス ビルッ アロンソら南米出身5人組ら合わせて9人が参加した。  
shunsuke2009 7 20.jpg
一方 ランチ翌日 俊輔はこうして練習中ガルシアと冗談を交わす場面も見られるなどチームメイトとのコミュニケーションもバッチリ。  午前の戦術練習では ランチ組と早くもいい連携を見せ 午後は併設のゴルフコースで走りこみ等を行ったようだ。 しかし過酷合宿で 何人かまた別メニューとなった選手が出たようだ・・・   俊輔だけは怪我や体調不良になりませんように〜!!

また チームのリブレ会長が俊輔の代表合流参加に対し 柔軟に対処する等 協力的なコメントを残したようだ。     W杯まで1年を切った今 日本代表の核でもある俊輔の代表活動への協力は何よりも嬉しい追い風となるだろう。   

【追伸】
22日俊輔は地元紙のインタビューに答えた。 先ず スペインに到着してからナカムラは少しでも早く自分の役割を習得しようと懸命に頑張っている。 それだけではなく 彼の周りには多くの記者達が群がり彼の新しい生活についていつも興味を抱いている。  彼のサッカーに対する真摯な姿勢は スペイン人から見ると大きなサプライズでもある。「デラペニャ ガルシアをはじめ チームメイトが皆 まだ何も知らない自分を受け入れとても親切にして 気を使って話かけたりしてくれている事に凄く感謝している。    自分はイタリア スコットランドを見てきたがスペインは技術の高い いいプレーヤーが沢山いる事を目の当たりにした。  今自分がトライしなければならないのは チームメイトのプレーをよく知ること また自分のプレーをチームメイトに知ってもらう事 それはお互いが理解しあう事が大切だと思う。   
自分もしっかり練習し試合に向け連携を上げ 準備したい。 スタートの時点でレギュラーを獲得するというより 色んな目標や課題を少しずつクリアしていく事が重要。     自分自身もフィジカルを鍛えたりチームメイトにもっと自分のプレーを知ってもらわなければならないし 試合に出るチャンスをつかむ為に チームが勝つために 100パーセントでやっていく。    スコットランドは雨が多く 日本はしめっぽかったけど ここは太陽があって好き・・・練習が終わってから2時間後に昼ごはんとか 遅い・・・ 食事の時間には驚いたけど・・ でも魚と麺で作ったFideuaはおいしい など コメントした。 (22日10:30PM)
nakamura15.jpg
↓こんな記事をみつけました。 同感・・・
http://news.livedoor.com/article/detail/4262225/

2009年07月19日

俊輔エスパニョールキャプテン決定

キャプテンハルケ.bmp
新キャプテン ダニエル・ハルケ
スペイン入り後 ぺララーダにて2週間の過酷な初合宿を行っている俊輔。  
謙虚さを持ちながらも 早くもチームメイトに溶け込み 練習ではしっかり質の高さをアピール、 監督コーチらからも 高評価を得ているようだ。     また国内スポ紙でも掲載されたが 17日現地での季節風による強風の中の練習で 味方のユニに手がひっかかり右手小指を捻挫してしまった俊輔だが 現地の情報では全治約10〜15日程と見られている模様だ。    昨日の練習では小指を固定した状態で練習をこなした。
足でなく ややホッとした気持ちだが 右股関節痛も完治していない状態での厳しい2部練習が続いている俊輔、 持病が絶対悪化しないよう祈るばかりだ。

一方 そんな中 今季のエスパニョールのチームキャプテンがついに決定した。
今季キャプテンに選出されたのは DFダニエル ハルケ(Daniel Jarque)    
これまで2001〜2シーズンから 8年間に亘り FWタムードがキャプテンを務めてきたため 今季もタムードが有力とされていた。
が タムードは プレミアへの移籍も噂されていた事 また まだエスパニョールに残留が決定したわけではない事から 監督が これまでもタムード不在時にキャプテンを務めていたDFハルケを指名したようだ。

ハルケは先日 俊輔らと共に プラット空港で今季チームユニフォームのモデル約を務めた選手で 中々のイケメン。   女性にも人気があるようだ。    ポジションはセンターバックで 何と1983年の 1月1日生まれ。  188センチ77k。
タムード.bmp
これまでキャプテンを務めてきたタムード

集合写真.bmp
今季初の集合写真(俊輔は一番前の右から3人目)

過酷合宿4日目となる19日午前 チームは初の紅白戦を行い俊輔は左サイドハーフで主力組出場を果たした。  
合流間もない紅白戦だったが ボールにも良く絡み 途中FWタムードに絶好のゴールチャンスとなる好パスを送り見せ場を作るなどレベルの高さを見せ付けた。    

チームメイトも現地スポ紙でこぞって俊輔のレベルの高さをコメントするなど 早くも監督 チームメイトからも信頼を勝ち取りつつあるようだ。     チームメイトだけではない、トレーナー他関係者からも メディアでの謙虚な発言など 人間性の素晴らしさ サッカーへの真摯な取り組みに絶賛の声が上がっている。

同部屋のヴァルドゥも 部屋では カタルーニャ語 イタリア語 英語を交えながらコミュニケーションをとり それでわからない時は紙に書いて意思の疎通をはかっているが プレー中は全く問題がない事をコメント。
またこの日紅白戦の後 午後の練習が中止になったことから 俊輔はデラペーニャに誘われ 新キャプテン ハルケら 9人と共に2台の車に分乗して宿泊地近隣へとランチに出かけた模様。
俊輔はチームメイトにも馴染み プレーでもアピール。 順調な滑り出しを見せているようだ。
  

2009年07月15日

俊輔元チームメイト ハートソンが入院〜新ユニお披露目

hartson_john_cel_profile_2005.jpg
スペインでの記者会見を終え その後早速チームに合流 初練習に参加した俊輔、周囲からライバルと言われていた選手らとも談笑するなど 好感触スタートをきった俊輔だが 一方 古巣セルティックの元チームメイト FWジョン ハートソンが癌に侵され入院したという暗いニュースが飛び込んできた。

ハートソンは2001〜2006までセルティックの主力FWとして大活躍。   2004−5シーズンには得点王 PFA年間最優秀選手賞 記者協会年間最優秀選手賞 と総なめにしており 2005年 俊輔が移籍して直ぐの第2戦目フォルカーク戦で 俊輔の左からのセンタリングをこのハートソンが頭であわせ 俊輔SPL初アシストを演出してくれた選手だ。    また5節 俊輔がSPL初ゴールを決めた際には 真っ先に駆け寄り まるで父が息子を包み込むような様子で俊輔を称えてくれたのがとても印象的だった。

セルティックでは家族の事情での惜しまれながらの移籍 その後 WBAを経てノーウィッチへレンタル移籍 昨年引退を表明していた。
185センチで95キロとサッカー選手らしからぬ体系で 体重管理にはかなり頭を悩ませていたようだったが フィジカルがとても強く 足元も巧みだった。  

今月 頭痛を訴え検査したところ 精巣癌と判明 さらに既に脳への転移が認められたという。
まだ34歳、 子供も小さい、 長期入院が予想されるが 何とか一日でも早く回復してくれる事を祈りたい。
05-09-03_09-50.jpg 


手(チョキ)また昨日俊輔はバルセロナ プラット空港新ターミナルでチームメイトらと共に今季の新ユニフォームのお披露目を行った。
ホームユニが俊輔 アウェーユニを着ているのが センターバックのダニエル ハルケ。    
shunsuke2009 7 14-2.bmp
左から 移動用 練習着 GK用 アウェー ホームです。  
移動用は新加入のイヴァンビルツ 練習着は新加入FWベンサハル GK用はGKクリスティアン アルバレスが着用。 
shunsuke2009-07-14_.jpg
その時の様子を皆さんに。↓
http://www.elmundodeportivo.es/gen/20090714/53744622624/noticia/el-espanyol-recupera-el-amarillo-para-la-segunda-equipacion.html
※こんな記事も↓
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20090714-OHT1T00227.htm
頑張れ俊輔!!
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20090715-518672.html
posted by Hiro at 07:14| Comment(9) | TrackBack(0) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

俊輔の背番号は何と!?

NAKAMURAフィーバーに沸いているバルセロナだが 突然びっくりニュースが飛び込んできた。
エスパニョール移籍が決まってからこれまで 背番号についての希望は出していた俊輔だが 決定したというニュースは一切入ってこなかった。
今日のコルネジャでの記者会見を前に緘口令がしかれていると思われるが 俊輔の登場を長時間心待ちにしていた少年サポーターに 俊輔がチームマフラーをプレゼント、 何とそこにはサインと共に「7」という数字が書かれていた事がわかった。
たまたまそれに気づいた記者がいたと思われるが いまだに背番号についての発表はなし。

全てが 今日の入団会見で明かされることとなる。
マリノス そしてセルティックで活躍した背番号25だったが スペインでは25がGK専用の背番号ということもあり それが認められるのか 注目されていた。
4年前 セルティック入団の際 初めて現地でサインに応じた俊輔は 癖で思わず10と書いてしまった経験がある。
しかし 癖がつくわけもないこの 背番号7。
どうやら ついに一桁のエースナンバーを 託される事となりそうだ。
俊輔は エースナンバーというより 2+5=7 だから・・・
とコメントしそうだが・・・笑

いまだ詳細については全く明かされないままだが ついに今日の記者会見で掲げる事になるブルーラインのユニフォームに書かれている その番号は果たして・・・・・???

【追伸】
ひらめき俊輔エスパニョール 全試合放送決定〜exclamation×2

http://www.wowow.co.jp/liga/

【追伸】
ひらめきひらめき背番号は 「7」に決定〜exclamation×2exclamation×2


12474850968401.jpg
やっぱり俊輔はブルーが良く似合う〜♪
12474850551760.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=8XTuU20EXfc&eurl=http%3A%2F%2Fespanyolnews%2Epokebras%2Ejp%2F&feature=player_embedded
俊輔お披露目舞台裏〜!
http://www.youtube.com/watch?v=IsWmaBYO-nI&feature=related
ロベさんの見事なスペイン語!!
posted by Hiro at 06:28| Comment(17) | TrackBack(0) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

俊輔大歓迎の中バルセロナ到着〜!

shunsuke2009 7 10.bmp
昨日10日午前スペインに向け成田を発った俊輔がついにバルセロナに到着した。
セルティック移籍でのグラスゴー空港到着時と同様 バルセロナ空港には俊輔の到着を心待ちにしていたサポーターやメディアが大勢駆けつけ 空港は一時騒然となった。     日の丸の旗を掲げ大声で歌を歌いながらその登場を待つサポーター、 ついに 「NAKAMURA  中村俊輔」 と書いたエスパニョールのブルーラインのマフラーを掲げ俊輔が姿を現し そのマフラーにキスする俊輔に 大きな歓声があがった。

「Nakamuraは騒がれるだけある凄い選手なんだ!」 「Nakamuraは我々にとって銀河系選手なんだ!」 と地元サポーターも早くもフィーバー。
現地スポーツ紙ではこぞって俊輔のバルセロナ到着の記事が掲載された。
その一部を貼り付けます。 雰囲気だけでも味わって下さい。
http://www.elmundodeportivo.es/gen/20090710/53742211510/noticia/bienvenido-nakamura.html

http://www.as.com/futbol/articulo/futbol-delirio-perico-nakamura/dasftbpri/20090711dasdaiftb_5/Tes

http://www.lavanguardia.es/free/edicionimpresa/res/20090711/53742551059.html?urlback=http://www.lavanguardia.es/premium/edicionimpresa/20090711/53742551059.html

この歓迎ぶりを是非皆さんにもどうぞ!
http://www.marca.com/2009/07/10/futbol/equipos/espanyol/1247254724.html

こんな笑えるワンショットも!!
http://www.elmundodeportivo.es/gen/20090710/53741889081/noticia/nakamura-no-soy-ninguna-estrella-tendre-que-correr-mas-que-todos.html

このあと俊輔は 現地時間11日午前メディカルチェックを行い12日(日)は休養 13日には予定通り新スタジアム コルネジャでの移籍記者会見でお披露目を行い その後7時からは 今季チーム初の練習も始まる。

チームは14〜15日午前 グループに分かれてのフィジカルテストなど行い午後はトレーニングに入る。
16日〜8月1日はジローナ ペララーダにてキャンプ入り 25日ペララーダと、29日はパラフルジェルと練習試合を行う。

そして2日に ついに新スタジアムの杮こけら落とし試合 リバプール戦に臨む。
その後はイタリアへと遠征に入り 5日はナポリ 9日ボローニャ 11日パレルモと試合を予定している。
22日にはスペインへと戻り ジローナと対戦 これでプレシーズンが終わる。
※試合スケジュールがようやく決定したが それについてはまた改めて掲載する予定です。


【追伸〜exclamation×2
本日行われた2時間に及ぶメディカルチェックも問題なく順調に無事終了しました。  今日終えることの出来なかった部分は14〜5日に行われる模様です。
http://www.marca.com/2009/07/11/futbol/equipos/espanyol/1247316984.html
posted by Hiro at 12:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

俊輔の背番号は・・・??

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20090703-OHT1T00332.htm
スペイン入りを前に国内で自主調整を続けている俊輔。  
そこへこんなニュースが飛び込んできた。
移籍決定に伴い 背番号についてはこれまでもコメント&BBS等で注目してきたのだが エスパニョールでは 残念ながら俊輔の愛着のある背番号が全て埋まっており 空きはなし。      
活躍したセルティックの背番号25番もGKがつけている。 

25番はSPL 年間MVP そして何と言ってもあのCLでマンUからゴールを2度も奪った番号だ。  その為欧州では「25」のNAKAMURAのイメージがとても強い。   
今25を担っているのはサブGKという事もあり もしや代わってくれるか・・・? とのサポの勝手な期待に答えるかのようなこのニュース。
まだ正式に認められたわけではないが この異例の申し出がもし可能になれば  マリノスのスタート番号25がセルティックへ そして 今度はエスパニョールへと引き継がれていく事になる。  
 
一方 ライバル等の放出加入の噂が現在錯綜しているエスパだが 日本時間に合わせ大々的に移籍会見を行うなど チームにとって俊輔のその存在の大きさはやはり別格。
ロナウド カカー と同様 エスパにとっては俊輔が大事な助っ人である事に変わりはない。

一方 それだけに結果を求められる事にもなる。  スペイン入りを前に今 勿論大きなプレッシャーもあるだろう。    しかし逆に考えれば世界最強リーグで俊輔が活躍出来れば 俊輔本人だけでなく日本サッカー全体の価値が上がることにも繋がる。 
スコットランドサッカーに新しい風を吹き込んだ俊輔が エスパニョールのヒーローとなるためには 海外で育んだこの7年間の経験が大きくものをいう事は間違いない。    
夢にまでみたスペインだ。  その経験を自信にし 今まで中々開けることが出来なかった引き出しを存分に使って W杯に向け悔いのない1年を過ごしてほしい。 

また現地スポ紙によると 入団会見は13日正午 日本時間午後7時頃 新スタジアムで行われる事になったとの情報が入ってきた。   新スタジアム初の入団会見を日本人 中村俊輔が行う事はとても名誉な事。 
更にエスパニョールは今季終了後 または プレシーズンに 日本遠征などの計画も予定している模様。 

10日現地入りし 11日メディカルチェック、そして13日 ついに この新スタジアムでの入団会見にのぞむ。   前述の通り7月16日からはPeralada(Girona)にて2週間の合宿をこなし 2日 新スタジアムのこけら落としであるリバプール戦に出場、その後イタリアでの遠征合宿に入り練習試合等をこなす。  

posted by Hiro at 07:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする