2011年01月31日

マリノス俊輔9年ぶりのファン感前日

2011年1月16日に行われた新体制発表翌日から 毎日ハードな2部練習を行っているマリノスは 29日土曜 練習場マリノスタウンで「ファン感謝祭」を開催した。     日本には「超一級の寒気団が押し寄せ極寒!」との天気予報にも関わらず みなとみらいには何とこれまで最高の1万1230人というサポーターが集まった。

2002年1月 小机で行われたファン感を最後に海外へと旅立った俊輔にとっては 何と9年ぶりとなるこのファン感。      ずっと海外にいただけに 近くで会える滅多にないこのチャンスを絶対逃すまい・・・ と 俊輔サポはこの日が来るのを首を長〜くして待っていた。    飛行機で駆け付けたサポも大勢いた。

しかしそんな年たった1回の大イベント 「ファン感」の前日28日も 選手達は普段通り ハードな2部練習を行っていた。    更に ファン感を前に 実はかなりハードな居残りシュート練習を行っていた俊輔の様子を・・・ と 先ずはそこからレポってみます。

GKは初っ端からかなりハードな内容、 野球で言えば千本ノック並みか。  GKの 倒れた後の反応の速さには驚くばかりだ。    
ピッチの選手達は 5人ずつで連携 戦術確認と見られる攻撃練習が始まる。  俊輔は今日も黄色のスパイク。    
その後は6人で恒例の鳥かご  鬼を競い またしてもコーチとじゃんけん。  勝〜!
そして10人ずつに分かれゲーム形式の練習へ。     

午後練習 先ずは30分ほどのミーティングから。   その後は心拍計を胸につけての走り。
ちょっとした練習の合間に 監督とも良く話をしている俊輔。
4チームに分かれて ピッチの角からスタート。       キムクナンが前の天野を抜き去りながら「ア〜マ〜!!」 と大声を発し 周囲の爆笑を誘う。     俊輔はトリコ色のシューズで黙々とこなす。
練習が終わり三分の二がクラブハウスへ戻る中 俊輔はピッチの給水ケースにじっと座り込む。
???  すると 近くにいたコーチを捕まえボール蹴りを始めた。  時折GKの練習を見つめながら。。。 どうやらGK練習が終わるのを待っているようだ。

GKの練習が終わると早速移動。  殆どの選手が引き上げる中 スタンド右の真ん前で ゴールの前に立ちはだかる阿部を相手にシュート練習が始まった。
木村監督がその様子を近くでじ〜っと見つめている。。。
コーチから受けたボールをトラップ〜シュート!  回転しシュート! と様々なシュートをゴールに向かって打ち込む俊輔。

容赦ない強烈シュートが阿部を襲う。   阿部がファンブルすれば空かさずそれを打ち込んだ。     背中は既に汗でびっしょり。     途中 「これ止められたらジュースね」  などと阿部に語りかけながら・・・   時には俊輔らしからぬ奇声を発しながら・・・   時には外して頭を抱えながら・・・ と様々な表情をみせる俊輔。

するとシュートボールが跳ね返り 柵を越えてしまった。   一瞬考えた俊輔はおもむろに柵へと。。。     すると・・・
自ら柵を乗り越え・・・ボールをとりに。    スタンドにも2発ぶち込んだ。 笑

木村監督の見守る中 かなり気合の入ったシュート練習だった。     
これは俊輔だけでなく 阿部にとってもとてもいい練習となった。   松永コーチが見つめながら 「こういう時はこうした方がいい」と 阿部に様々なアドバイスを送る。   
ただでさえ毎日2部練習というきつい日程の中も かなり強いシュートを何十本も撃っていた俊輔  キャプテンとして ゴール  得点への意識も一層高まったか・・・。     

終わったのは夕方5時近く 西日が差しこむピッチで思い切りボールを蹴った後は しっかり3人でゴールの後片付けをしてピッチを降りた。   
さあ 明日はようやくファン感。  もうひと踏ん張りだ・・・  それにしてもこれだけ撃ちこんで・・・ 明日はどっと疲れが???   お疲れ様。。。
P1150178a.bmp     
練習後 暫くして明日のファン感の準備が始まった。  その準備は何と夜中まで続き いつまでもいつまでもライトがピッチを照らしていた。 
(続 第2弾 ファン感当日へ お楽しみに)         

2011年01月17日

マリノス俊輔2011初練習〜!

2011年1月17日。  マリノスは新体制発表翌日の今日 早速みなとみらいで初練習を行った。
初っ端から2部練習となった初日。  午前中は先ず約1時間のミーティングから。  昨日「優勝をします」とはっきり言い切った木村監督だけに 選手の前でも激白か・・・
その後ピッチに姿を現した選手達  俊輔はやや冬にしては日焼け気味?の顔で登場。 
すると何やら選手達がいつもと違う Cピッチに集まった。  いったい何が始まるのか・・・と思いきや そこへ 長〜い縄跳びが登場。

初めは2チームに分かれ トレーナーコーチ陣が必死で縄を回しての大縄跳び大会が始まった。 
1回・・・2回・・・ と数えるも 誰かしらがつっかえ 中々回数が増えず。  その度に「おい 誰だよ〜」 と いちいち選手達は爆笑&つっこみの大騒ぎ。   最高14〜5回いっただろうか・・・ 勝利はどうやら俊輔チームだった模様。
最後は何と選手全員での大縄   大はしゃぎの選手達・・・笑    しかし初練習が大縄跳びとは・・・笑える
だが選手達 これは本当に楽しそうにやっていた。    お子ちゃまのお遊び?等と馬鹿にできない。   これ・・・ 何気にコミュニケーションアップにも相当いいか?! 

続いてはサッカーの基本  走り。
今日はかなり長〜い間走っていた。    俊輔はトレーナーさんと二人で  そして中澤選手も怪我を感じさせない走りっぷりだった。    栗原選手はまだ別メニュー、早い回復を祈りたい。
結局午前練習は殆ど 走りだけで終了。

午後は先ずストレッチから。  これはかなり入念に時間をかけ行っていた。  何やら俊輔はストレッチ中 木村監督にシューズの事で?何か言われていたような・・・ちゃぶるシューズではなかったようだが・・・  ひもが結んでなかったか?
そして 4人一組になってのボールコントロールの練習。   先ずコーチと見本をやらされた天野がうまく出来ると 周りの選手から ややふざけたようなお褒めの声。 俊輔は拍手を。笑(完全にからかっている?)   

逆に 見本をミスると周囲からすかさず大きなダメ出しの罵声が飛ぶ。。。笑    練習中隣のプレーの邪魔になった小椋に「オグ 邪魔すんなよ〜」と兵藤の遠慮ない大声も飛ぶ。    
俊輔は 大黒 小林 トレーナー と4人で組んでいた。      様々な形式でのボールコントロール練習を終えると 今度はヘディングの練習。    天野が高めのボールにジャンプも届かず 思わず周囲から笑いが。     手を後ろに組んでのヘディングなど ヘディングもいつもより増して様々な形で練習を行っていた。    俊輔は大黒と2人で組んでのヘディング練習。   
これにはアーリア 小野 がいちいち大きな声を出しながらやっていた。   元気元気。

次は鳥かご。  これもいつになく濃厚。    声がかかった時に鬼だった選手はでんぐり返しをして 隣のグループに移動しなくてはならない。   俊輔も2〜3度やっていた。    しかも3回目はどちらが鬼か判らない状態で 俊輔と狩野がじゃんけん!   しっかり俊輔が負けて でんぐり返しをさせられていた。

すると 次の練習の説明をした樋口コーチが自ら見本をミスり 選手からは一気に容赦ないつっこみが。    すると樋口コーチは自ら選手達の前で罰のでんぐり返しを。。。 笑  しかしそれだけではなかった。
でんぐり返しをした後 立とうとした瞬間またひっくり返るおまけ付き。爆
これには選手達も大いに受けていた。  

俊輔は鳥かごで鬼になると一気にスライディングで奪いに行く。  鬼になっている時間は少なかった。
続いて8:8でのゲーム形式の練習。   ワンタッチでパスを何回繋げるか ハーフコートで小さなゴールを置いてゴールを狙う。
俊輔はピンクのビブスをつけ 絶妙なアシスト  そして自らもゴールを2回決めていた。  ゴール時にはお決まりの両手を広げ 嬉しそうなガッツポーズ。  
  
始動初日 選手達からは練習中あちこちから大きな声が上がるなど 笑いも含め かなり活気に溢れていた。     練習後にも天野は 小野 アーリア 武田?と一緒に円になってボール回し。  笑い転げ芝に寝転がる小野の上に大きなアーリアが乗っかったり 天野の止まらない大きな笑い声が最後までピッチに響いていた。 

練習終了後 俊輔はトレーナーさんに入念なケアを受ける中  中澤選手はトレーナーとボールを蹴っていた。    チームは初練習とは思えない いい雰囲気 新メンバーも早くもチームに溶け込んでいるように感じた。 
2011初練習。     
初日 しかも 新メンバーもいることから最初は緊張感漂う 静かなすべりだしになるかと思われたが 全くそんな事はなかった。
27人と 選手の数は減ったが その分 ベテランも若手も濃密なコミュニケーションをとり 連動する魅力あるチームを作り上げて欲しい。  

  
posted by Hiro at 21:56| Comment(19) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

中村俊輔スケジュール2011

【俊輔スケジュール2011】

 3月 5日(土)第 1節 名古屋グランパス(豊田)14:00

 3月13日(火)第 2節 川崎フロンターレ(日産)15:00
※3月16日(水)ナビスコ 大宮アルディージャ(ニッパツ三ツ沢)中止
 3月19日(土)第 3節 ジュビロ磐田(ヤマハ)19:00
※3月27日(日)ナビスコ アルビレックス新潟(ニッパツ三ツ沢)中止
 4月 2日(土)第 4節 モンテディオ山形(日産)15:00
※4月 6日(水)ナビスコ ヴァンフォーレ甲府(山梨中銀スタ)中止
 4月 9日(土)第 5節 大宮アルディージャ(NACK5)19:00
 4月17日(日)第 6節 ヴィッセル神戸(ニッパツ三ツ沢)15:00


☆2節〜6節は地震による延期で日程は下記の通り

〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜   〜   

 4月23日(土)第 7節 鹿島アントラーズ(国立)14:00
 4月29日(祝)第 8節 清水エスパルス(日産)14:00
 5月 3日(祝)第 9節 浦和レッズ(埼玉スタ)14:00
 5月 7日(土)第10節 アビスパ福岡(日産)14:00
※5月11日(水)ナビスコ 柏レイソル(日立)中止
 5月14日(土)第11節 サンフレッチェ広島(ビッグアーチ)15:00
 5月21日(土)第12節 ヴァンフォーレ甲府(日産)15:00
※5月25日(水)ナビスコ 川崎フロンターレ(日産)中止
 5月28日(土)第13節 ベガルタ仙台(ユアスタ)13:00
※6月 5日(日)ナビスコ1回戦@ ヴィッセル神戸(ニッパツ)15:00
 6月11日(土)第14節 柏レイソル(日産)14:00
 6月15日(水)第15節 セレッソ大阪(キンチョウ)19:00
 6月18日(土)第16節 ガンバ大阪(万博)18:00
 6月22日(水)第17節 アルビレックス新潟(ニッパツ三ツ沢)19:30
 6月26日(日)第18節 モンテディオ山形(NDソフト)19:00
 7月 3日(火)第 2節 川崎フロンターレ(日産)18:00
 7月 9日(土)第 3節 ジュビロ磐田(ヤマハ)19:00
 7月13日(水)第 4節 モンテディオ山形(ニッパツ)19:00
 7月17日(火)第 5節 大宮アルディージャ(NACK5)19:00
 7月23日(土)第 6節 ヴィッセル神戸(日産)19:00
※7月27日(水)ナビスコ1回戦Aヴィッセル神戸(ホムスタ)19:00 
 7月30日(土)第19節 大宮アルディージャ(日産)19:00
 8月 6日(土)第20節 柏レイソル(日立)19:00
 8月13日(土)第21節 ヴィッセル神戸(ホームズ)19:00
 8月20日(土)第22節 ジュビロ磐田(日産)19:00
 8月24日(水)第23節 セレッソ大阪(ニッパツ三ツ沢)19:30
 8月27日(土)第24節 清水エスパルス(日本平)19:00
☆8月28日(火)よこしんサッカー教室  個
 9月10日(土)第25節 アビスパ福岡(レベルファイブ)時間未定
※9月14日(水)ナビスコ2回戦@川崎フロンターレ(ニッパツ)19:30
 9月18日(土)第26節 ガンバ大阪(日産)時間未定
 9月24日(土)第27節 ベガルタ仙台(日産)
※9月28日(水)ナビスコ2回戦A川崎フロンターレ(等々力)19:00
10月 1日(土)第28節 アルビレックス新潟(ビッグスワン)15:00
※10月5日(水)ナビスコ準決勝第1戦19:00鹿島アントラーズ(鹿島)
※10月9日(火)ナビスコ準決勝第2戦13:00(未定)
※10月12日(水)天皇杯2回戦19:00カマタマーレ讃岐(ニッパツ)
10月15日(土)第29節 サンフレッチェ広島(日産)
10月22日(土)第30節 浦和レッズ(日産)
10月29日(土)第31節 ヴァンフォーレ甲府(山梨中銀スタ)
※11月16日(水)天皇杯3回戦19:00(ニッパツ)
11月19日(土)第32節 名古屋グランパス(日産)
11月26日(土)第33節 川崎フロンターレ(等々力)
12月 3日(土)第34節 鹿島アントラーズ(日産)

※この他スケジュールには 「天皇杯」 が組み込まれてきます。 
4回戦   12月17日(土)
準々決勝  12月24日(土)
準決勝   12月29日(木)
決勝    1月1日元旦
 
posted by Hiro at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 中村俊輔スケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリノス新体制発表会&新ユニ

P1140505a.bmp
2011年1月16日。  マリノスは横浜みなとみらい日産ホールにて2011年シーズンを戦い抜く新体制のお披露目を行った。
首都圏も朝から雪が舞うほどの極寒。  それでも日産本社には大勢のサポーターが集まった。

先ずは 代表取締役 嘉悦 朗氏の挨拶から。  そしてトップチームの結果をプレゼン形式で説明。    成果があった部分と課題をあげ 15勝という数字はそれほど悪い数字ではないとしながら 思い出に残る試合としては 川崎Fなどに大勝した事や 1試合目で苦戦したチームに2戦目でしっかり修正できた試合などをあげた。    

また一方 課題の残る試合としては FC開幕 名古屋など 優勢の展開も最後に失点したり チャンスに決められず引き分けたり負けたりした試合をあげた。
圧倒的優勢で勝てる試合を落とすなど そういう試合をなくしていけば 3位以内に入れるはず。
また補強に関しても今回80〜90点を与えられる補強が出来たと思うとコメント。 

またMAP3「Marinos Amazing groth plan by 2013」と題して中期事業計画をあげ  「観客動員数に関しては昨年 116.4パーセントという増員に成功。  これは過去最高水準の増員。  だが もっと増やし20% 平均4万人超えを目指しリーグ連覇を  他のクラブの目標となるチームにしたい。
増収を 今までは投資抑制していたものを 強化に投資し いい試合をし 一層の増収に持って行きたい。    また観客動員に関し 浦和や新潟等は市民数の3%を超えているが マリノスはたったの0.6.  日産スタの大きさからして せめて1パーセントに持って行きたい。    そのために今 様々な事を考えそれを実施していく予定。」と3年間の事業計画を具体的に説明した。
そして最後には「今年はその計画の大事なスタートの年。  今年は私自身の人生をかけ  クラブの未来をかけて 1年目にしくじるわけにはいかない。   背水の陣で臨んで行きます!」

と かなり最後は 相当の覚悟の上での言葉と見られる口調で挨拶を終えた。
その言葉に会場サポからは大きな拍手が起こっていた。

続いて下條統括本部長の挨拶。   昨季のマリノスの具体的な数字をあげながら 総得点43点。
シュート数が489本で3位   FK625本で3位。  CKは191本で7位。
しかし 1試合平均得点数は 1.26点で10位。  と 思ったより得点が伸びなかったことを大きな課題にあげた。

そして クロスからのゴール  アタッキングゾーンでのドリブルシュート  CKからのゴールが少なかった。     FKでは 直接FKを含め25.9パーセントとゴールがとても多かった。
自陣でボールを失っての失点  前半終了間際の失点が多いのも課題。   今季は勝点61 ACL出場圏内が目標。(昨季圏内が61だったので)   

また今季は若い選手に出場機会を与えるため多くレンタルで出した。  そして1つのポジションに対し2人以上というコンパクトな編成となっている。   選手総勢27名。

また前半に勝っている試合では 負けてないという事   更に反則が少なく 退場者が一人もいなかった事から 昨季はフェアプレー賞を得る事が出来た。    だが試合開始 終了間際15分のプレーは修正が必要。  と説明した。

背番号については今年は 3番はいません。 また10番には小野選手が、重要な番号ですが 若い彼に期待したいと思います。と述べた。
その後木村監督の挨拶。   だが 社長の挨拶が長かった事をあげ(笑) 「おしてるんでしょ?笑  今シーズン 優勝します!!!」 と この時は一言だけ言い終了。。。 

その後 ようやく今シーズンユニのお披露目へ。
出てきたのは 小椋(ホームユニ)  栗原(アウェーユニ) 飯倉(GKユニ)の3人。
開場からは お〜ッと声が上がっていた。  
小椋は「 軽くて着やすい。 エコを考えたユニ。  一桁背番号に 「まだ慣れてないが 自分の色に変えられたら。」     栗原は 真っ黄色の蛍光色のユニに (司会者から思わず マイクを奪い 笑) 小声ながらも 「暗い道を歩いても安全」「GKみたいですよね」 などと会場を笑わせていた。 
飯倉は 「この間はGKのを作ってくれなかったんで・・・ 嬉しいです」 とこれまた笑える?切ない?コメント。    そのユニで早速キャッチングを披露・・・も小椋のボール 優しすぎ。   
そしてついに新メンバー登場。  そして背番号発表。    
小野は10番をつけ先頭で登場。   重い10番を背負う事に 「似合っているかはわかりませんが マリノスの10番が小野裕二ってことを思ってもらえるように頑張ります」と挨拶。
そして 新メーンバー9人が次々挨拶。    武田選手は英語がペラペラらしく 司会者に促され自己紹介を英語で。 ・・しかし言ったのは何と 私は武田です。 爆!  

更に 彼女はいますか?の質問に 「ノーコメントです」と一度は答えたものの 司会者に突っ込まれると仕方なく「います・・・」と白状。。。     
一方 キム選手は「山形から戻ってこれて本当に嬉しい。 我が家に戻ってこれたみたい。  山形は雪が大変だった」と 嬉しいコメントを。

その後 大勢の記者カメラを前に 選手達は社長 監督と共に記念撮影。   会場サポも夢中でシャッターを切っていた。      出口には今季のユニが並んでおり 大勢のサポが写真におさめていた。 
帰りには早速 みなとみらいのオフシャルショップに ユニフォームの予約をするサポが大勢並んだ。     2011年マリノス ついに明日 このユニで始動開始する!   

コメントの詳細はこちら↓
http://www.f-marinos.com/tools/page_store/news_4743.html
新ユニフォーム ホーム
P1140574ユニ1.bmp
アウェー
P1140579ユニ2.bmp
GK用
P1140571GK.bmp
練習着
P1140583ユニ3.bmp
ジャージ
P1140567a.bmp
※それぞれクリックすると拡大されます。
背番号 
☆GK 1 榎本 哲也
☆MF 2 天野 貴
☆DF 4 栗原 勇蔵
☆DF 5 金 根煥(山形から戻り)
☆MF 6 小椋 祥平
☆MF 7 兵藤 慎剛
☆MF 8 長谷川アーリアジャスール
☆FW 9 渡邉 千真
☆FW 10 小野 裕二(横浜Fマリノスユース)
☆FW 11 大黒 将志(FC東京から)
☆DF 13 小林 祐三(柏レイソルから)
☆MF 14 狩野 健太
☆FW 15 端戸 仁
☆DF 16 武田 英二郎(青山学院大学)元マリノスユース
☆FW 17 パブロ バスティアニーニ 
☆MF 18 松本 怜
☆MF 19 森谷 賢太郎(筑波大学)元マリノスユース
☆DF 20 波戸 康広
☆GK 21 飯倉 大樹
☆DF 22 中澤 佑二
☆MF 23 松本 翔(横浜F・マリノスユース)
☆DF 24 金井 貢史
☆MF 25 中村 俊輔
☆DF 26 青山 直晃(清水エスパルスから)
☆MF 29 谷口 博之(川崎フロンターレから)
☆GK 31 秋元 陽太
☆GK 36 阿部 陽輔
  以上 27名    
posted by Hiro at 22:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

初蹴り〜

既にGUAPOでも掲載されましたが 俊輔選手がついに指導開始しました。
1月10日(月祝) 群馬県高崎のヤマダ電機主催のサッカー教室で子供たちと一緒に汗を流しました。
この前橋育英高校は そう・・・ あの松田直樹選手の母校!!  その高崎グラウンドで何と100倍の倍率を経て当選したというラッキーな小学生達にまじり 久々にボールを蹴ったようです。

当日は先ずは ドリブルなどコントロールなどの練習にはじまり シュート練習  俊輔選手も小学生を前に見事なシュートを蹴ってたようです。    最後は低学年と高学年に分かれての紅白戦。
終わりには 集合写真と サインが参加生全員に渡されたようです。  小学生にとっては本当に最高のお年玉となりましたね。
http://www.yamada-denki.jp/information/pdf/110113.pdf
posted by Hiro at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

ShunMariお年玉プレゼント

昨年末掲載の 「管理人Hiroの英国またまた一人旅」にて実施致しました 「ShunMariお年玉プレゼント」に沢山のご応募有難うございました。
本日 当選者の方に 一斉発送させていただきましたのでお知らせいたします。
土日が入ることから 遠方の方は3〜4日かかるかもしれませんが 今暫くお待ちください。
尚 確認の為 到着メールを頂ければ幸いです。   お楽しみに!! 
posted by Hiro at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

2011年 明けましておめでとうございます

謹賀俊年?

遅ればせながら 皆さん明けましておめでとうございます!
正月気分もあっという間に終わり そろそろ仕事初め・・・という方も多いのではないでしょうか。
いや その前に こういう時代だけあって その仕事さえも 中々決まらず 悩める正月を過ごされた方も 決して少なくないと思います。
不安や挫折で気持ちまで暗くなりがちですが ここは見方を変えて 人生のバイオリズムの一瞬を逆に楽しんでみてはいかがでしょうか。

不安と言えば・・・
マリノスの補強は・・・? 来季の布陣は・・・?  考えればマリノスも不安だらけですが いくら頭の中で考えていても仕方ありません。    
やるっきゃない!! 
今季もバリバリ 皆さんと一緒に俊さんとマリノスを応援しますよ〜!!
今年も ShunMari をどうぞ宜しくお願い致します。
20100527-1 025.bmp
posted by Hiro at 21:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする