2011年06月30日

俊輔の足の回復は・・・? 猛暑のみなとみらい

P1160661d.jpg
2011 6月15日 アウェー セレッソ戦で相手選手と交錯 左足腿付近を傷めた俊輔。
もともと左脚は 膝を中心に腿〜脛にかけて痛みを抱えていた俊輔だったが セレッソ前には無事そのテーピングも取れ 本人も大丈夫 とスタメン出場していた。
だが後半 この接触によって負傷 交代を余儀なくされた俊輔は 病院で検査の結果 全治何と3週間という診断がくだされてしまった。

次のガンバ戦にもベンチ入りしていた俊輔   本人もこの結果は 予想以上だったのではないだろうか。  
その後 新潟 そして山形と 2試合欠場し回復に努めている俊輔だが 怪我から既に2週間。  回復は順調なのだろうか・・・?     


6月29日。  みなとみらいは快晴。   35度を超えるほどの今年初の猛暑となった。
10時 選手達が一斉にピッチに登場。  皆 一堂に“暑いな〜!!!” という表情。   そんな中も 様々なストレッチ そして鳥かご などの練習を懸命にこなす選手達。    そこへようやく25分程して 俊輔遅れて登場。      コーチと2人 何やら話しながら出て来た俊輔  今日はどんなメニューをこなすのか。。。?    ギラギラ太陽に早くも気落ちしそうな気配。


すると先ずは軽いランニングから。  20〜30分ゆっくり走っただろうか。  
余りの暑さに 途中 グレーの練習着を脱ぎ 思い切り芝に投げ捨てる俊輔。   この暑さにこのメニュー ついに頭にきたか(笑)
ピッチに投げ捨てられたままの俊輔の練習着・・・ そのあとコーチがそれを拾っていた。。。 爆
  
胸には心拍計&手にはストップウォッチ をつけた俊輔   軽い?ランニングが終わると 今度はまた時間を計りながらの走り。      このくそ暑いのに また走り〜〜〜><??
いやいや その走りがだんだん 更に早くなってきた。      おそらく時間と秒数を図りながらの走り。     強弱をつけながらではあったが ほぼダッシュに近い走りを何度もこなしていた。 

3チームに分かれてのチームメイトのミニゲームを 横目で羨ましそう〜に?見ながら ず〜〜っと走ってばかりの俊輔。。。
選手達は暑さで張り付くパンツをたくし上げ 皆 まるでブルマ―状態。笑
気温36度近い。  練習の合間には 必死の給水だ。   飲むだけではおさまらず 頭 首 腕 足 と全身に水をかけ 全身給水の選手達。      

途中どうしたのか クナンが 谷口を追い回し 馬乗りに。   そして今度はその谷口が小野に馬乗りになり・・・ の大騒ぎ   挙句の果てにそこへクナンが来て 小野の顔に水をかける・・・笑  
皆 あまりの暑さに おかしくなったか・・・子供のように はしゃぐ若手選手達。

すると走り終えた俊輔が おもむろにクーラーボックスへ。。。    たまたま そのクーラーボックスから 水&氷を  選手達が飲む小さな個別の容器にと移し替えていたスタッフ。    皆 選手達はそのボトルで本来は給水をするのだが・・・

だがそこは俊輔   いつもの “柄杓飲み” は 既にご紹介済みなので ご存じの方も多いと思うが・・・    今日は俊輔  更なる給水法を見つけたようだ。  

先ずはスタッフが氷を移し替えるために使っていた  その氷用の白いデカいスコップをおもむろに手にした。   
いったいこれで何を・・・???   
すると 何とそのスコップで 水をガブガブ。    おいおい・・・
更に 水だけではおさまらず 今度は氷を作るプレートから氷を出し 口の中へほおばる。。。

確かに 毎度 楽しませてくれる俊輔だが まさかの給水法だ・・・
結局 選手達はゲームの後 更にタイムサーキット的なものをやり ようやく練習が終了。   そしてその後も個人で走ったり シュート練習をしたりしていた。     

俊輔は結局 1時間 猛暑の中 ず〜〜〜〜〜っと走らされていた。   きつっ
今日はボールを使った練習は行われなかったが かなり走れるようになっている。 もう少しだ。
表情も 全く暗さはなく 頻繁に笑顔がこぼれていた。 
リハビリメニューをこなした後は 俊輔は流石にクラブハウスへと引き上げたが   ファンサがあった今日 選手達は皆サイン等に 応じていた。     暑い中 本当にお疲れ様・・・
中澤選手は一旦ハウスへと戻ったものの 暫くしてまた登場。    待っていたサポ一人一人に最後まで丁寧に応じていた。

天野がサイン中 後ろを通った狩野が天野にわずかぶつかったらしくサインが失敗。  天野 すかさず狩野に「おい〜! どうすんだよ〜 お前新しいの買って来いよ!」 と文句。  周囲を笑わせていた。  

猛暑のみなとみらい。  選手達も真っ黒になって練習している。  また2位浮上とあって 練習中の雰囲気もとてもいい。   
連戦&猛暑 と選手達の体力消耗もいつも以上に大きい今季は 練習後の充分なケアも必要となってくる。    若いからと安易に考えず 充分に身体をいたわって 更なる過酷連戦を笑顔で乗り切って欲しい。 

プレゼントは4日に削除致しました。                
posted by Hiro at 01:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

豪快! 1000ゴールは栗原ヘッド〜!!

P1070760a.jpg
2011年6月26日 Jリーグ第18節。   マリノスはアウェーでモンテディオ山形と対戦した。      東日本大震災の影響による16日で5試合という過酷5連戦。
初戦は首位柏をホームに迎えた事から守備を意識し過ぎ敗戦。   その後のアウェー大阪2試合ではセレッソに勝ち点3を積んだものの 俊輔の負傷離脱もあり ガンバ戦ではセットプレーで2失点し敗戦。    1勝2敗・・・と やや嫌なムードが流れてしまうかと思われた中行われた4試合目  ホーム新潟戦では 若手の奮闘もあり見事勝利したマリノス  勝てば一気に2位まで浮上できるかもしれない。    この勢いをそのままに 何とか アウェーでも連勝し 勝ち越したい・・・!!     

山形は雨。  しかも日曜夜の試合だったにも関わらず NDスタには多くのサポーターが駆け付けた。 
前節 新潟戦で 見事 チーム999ゴール目を決めたのは兵藤だった。   記念すべき 1000ゴール目は いったい誰が決めてくれるのだろうか。。。   勝利と共に その瞬間にも大きな期待がかかった。

メンバー発表。
マリノス:GK飯倉 DF小林 栗原 中澤 金井 MF小椋 谷口 兵藤 アーリア FW大黒 小野    SUB秋元 青山 波戸 キムクナン 天野 狩野 渡邉

山形:GK植草 DF宮本 園田 石井 山田 MF廣瀬 船山 太田 佐藤 宮沢 FW大久保
SUB清水 小林 前田 下村 宮崎 秋葉 川島

マリノスは前節と同じスタメン。  右臀部を痛め途中交代した栗原も復帰。 
DFラインは4バック 右に小林 左に金井 CBは栗原 中澤 代表コンビ。  ボランチに小椋 右に谷口 左に兵藤 そしてトップ下にアーリア。   FWには今日も小野と大黒が。  千真はベンチスタートとなった。   

雨の中でのゲームとなり かなりスリッピーな状態。   アウェーのマリノスにとって この雨がどう影響するか。       山形は現在17位と下位チーム相手ではあるが 昨季はこういうチーム相手に とりこぼしが多かったマリノス。     何とか先制し 1000ゴール目を決めてくれ〜!!      
選手入場。 マリノスは蛍光色のアウェーユニ。  キャプテンマークは栗原。
P1070762a.jpg  
天候 雨  気温19.0度 湿度92% キックオフ!  
開始早々 ボンバーから一気に左サイド上がった金井へパスが通った。  金井の落としを小野が受け中央アーリアへ ワンツーで飛び出した小野 再度受けるも胸トラップしたボールは相手クリア。     
6分左サイド 谷口のインターセプトから小野ドリブル  ゴール前 アーリアとのワンチーで飛び出すも僅かパス長く小野撃てずGKへ。   オフサイドか?
開始から数分で もう2度 小野はワンツーで相手陣内に突入している。    積極的に仕掛けるマリノス。
7分 アーリアのミドル はバーの上。 

山形はボールを奪ってもまたすぐマリノスに奪われ チャンスが作れていない。   一方マリノスは中盤で確実にパスを回し  左サイド 金井のパスから 高い位置 小野 兵藤 アーリアが 短くパスを繋ぎながらエリア内へ侵入    左 兵藤のクロスに ファー 大黒飛び込むも  僅か合わせられず。
惜しい〜!   ほんのわずかの所・・・><
 
11分低め 相手のトラップミスをすかさず奪った左 小野 ドリブル突破! 相手DFを振り切りグラウンダーのクロス!  それにゴール真ん前 大黒 ターンからシュート行くもDFに阻まれ撃てず。   惜しい〜! 決定的場面!  
14分には 右サイド 小椋のインターセプトから 谷口が 右小野へとスルーパス 右高め 小野は執拗な相手DFを何度も交わしながら粘りのクロス! それにゴール前 谷口が落とし その浮き球を後ろのアーリアが胸トラップ〜シュート!!!     しかし 何と言う事か 無情にもアーリアのシュートは クロスバーを直撃〜!!!   ゴールならず・・・><
これまた 決定的場面だった。    あ”〜〜〜〜〜 ><  何度目の溜息か。

開始からボールを支配し圧倒するマリノス、 小野の強引な突破とキープが何とも頼もしい。   
選手間の距離も良く 面白いようにパスを繋ぎ攻め上がるマリノス。   だが 再三の決定的チャンスに 今日も中々ゴールが決まらない。。。><  
一方 山形は一つ一つの精度に欠け 殆ど決定機を作れないでいる。   時折ロングボールが入るもそこは 飯倉&DF陣がしっかりキャッチ。           

18分には中央金井がインターセプトからシュート。  はゴール上。 
23分にはエリア左いい位置 兵藤が倒されFK兵藤 だがボールはそのまま壁に当たりクリア。 どうしたかったのか??
29分には中央兵藤からエリア右の小林へ縦パス! 小林のパスを受けた大黒は相手DFの間をかいくぐるように突破〜シュート!!!    しかしこれまた相手GKの好セーブにはばまれてしまった。

惜しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!! これも決定的場面。  いいシュートだったのだが・・・
相手に攻撃を許さず 再三攻め込むマリノス。      30分には小椋のミドルから得たCKから 栗原の競り合ったボールを 最後中澤がオーバーヘッド!!     しかしそれが運悪く相手DF園田の頭と接触。    そのプレーに 山形選手達 一斉に審判に抗議。。。  も 何とか無事。 

そんな中36分だった。   低い位置でのパスミスから繋がれ右サイドへ 右からのクロスに ゴール前 ダイレクトボレーで合された。    やばい〜っ!!  と思ったそのボールはバーの上・・・    ホッ。。。     おいおい・・・・これだけ圧倒しておいて失点なんて事だけはごめんだ。   しっかりしてくれ〜!!   


37分右小椋からのスルーパスがゴール右 小野に通り 小野シュート!! も相手DFがブロック。    しかしそのこぼれ球から 相手が一気にカウンター。   太田がそのままドリブル突破〜シュート!!
はGK飯倉が見事弾いた。    危機一髪。   相手のシュートはしっかり枠を捉えていた。
CKは マリノスDF陣 必死のクリアで凌ぐ。    ここへ来て やや流れが山形に・・・

しかしその直後 中央低め 小林のクリアが一気に前線の小野へと通った。   小野がヘディングで競り合い大黒へと流すも  大黒は相手DF2人と絡み合いながら潰された。     
小野は そのボールを拾うとGKと1対1〜   相手DFが必死で足を延ばすも強引シュート!!!
しかし 何と言う事か その左足のシュートは GKに僅か阻まれ バーの上へ・・・><
あ”〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜><   決定的場面。   
またしても相手GKの好セーブに阻まれてしまった。 

もう前半残りたったの5分だった。   これだけ攻めながら 今日もゴールが決まらないまま折り返すのか・・・><    
しかも そこから得た 何度ものCK&FK   数々のマリノス猛攻も 全て決まらない。  
もう時間がない。。。   

そんな中 43分だった。   
左高め 金井のスローイン。  一旦兵藤に預けたボールが 金井に戻ると金井がクロス!!
それに ゴール右  相手DF2人を一緒に引き連れながら 栗原が豪快に飛び込んだ。 
栗原が高い打点で頭で合せると 見事ボールはゴール日宇ダリに突き刺さった。
ゴール〜〜〜〜〜!!!!!    栗原はボールの行方を確認すると 右手を突き上げ両手でガッツポーズ。     そこへチームメイトが一気に駆け寄ると 団子状態に 濡れたピッチで もみくちゃになっていた。 
1000ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!! 
それは豪快な栗原のジャンプから始まった。  相手DF2人のプレスもものともせず ゴール右から一気に飛び込んできた栗原の強さ。   

見事だった。   良く考えると なぜここに栗原がいたのか・・・? と思うのだが 金井のクロスに何か 予感を感じたのだろうか…     前線に残っていた栗原  まさに豪快な一撃だった。
1000ゴールをアシストした金井のクロスも見事だった。    栗原を狙ったかは定かではないが 誰かが飛び込めさえすれば といういいクロス。    お見事!   

前半終了間際のこの1点先制は 1000ゴール記念と言う事だけでなく マリノスにとって本当に貴重なゴールとなった。    このまま決まらずに後半へズルズル^・・・となっていたら また違う結果になってしまっていたかもしれない。。。

終了間際 更に兵藤のCKから 栗原が合わせGKがファンブル それを栗原押し込もうとするも これは惜しくもファールを取られ笛。   惜しい!! 

前半終了。  シュート数2:9(マ)  CK2:7  ピッチを降りる栗原に クナン 千真らチームメイトが次々ゴールを祝福していた。  
後半 早めの追加点を!! 
P1070767a.jpg
後半50分右サイドで細かくパス繋ぎ 小椋シュート そのこぼれ球をアーリアシュート!もゴール左。   51分 52分連続でCK 53分には左スローインから短いパスを繋ぎ兵藤シュート!!  はゴール左 と 後半も追加点を狙い積極的に攻め込むマリノス。

だが54分相手のスローインから中央秋葉シュート!はゴール左。  55分相手のDFからのボールをクリアミス  それが相手に渡りあわやGKと1対1か という所で 小林プレスでエリア内相手倒れるも笛はなし・・・ ホッ      だが連続して相手にチャンスが・・・やや流れが相手に傾き始めた・・・><。

そんな中58分だった。   マリノスは相手陣内に攻め込み 前がかりになっていた。   相手GKのロングボールに右サイド 廣瀬に突破されクリアミス それが中央太田に繋がってしまった。 太田 GKと1対1シュート〜!!!!!   もうダメか・・・>< と思った瞬間  その間に飛び込んだ栗原の肩に当たりボールはゴール上へ・・・   救われた〜><
決定的場面だった。     栗原が飛び込まなかったら失点はまぬがれなかっただろう。。。

どうしたマリノス。   後半 追加点を狙い攻め込むはずが この時間 相手に再三チャンスを与えている。     その相手のCKは こぼれ球からシュート撃たれるも これまた栗原が身体で阻止。   点差は たったの1点!   ここで失点は命取り。   頼むぞ〜!

だが 60分左サイド小野のキープから金井のクロス それに大黒頭で合わせるもミートせず相手クリア。    その右サイドスローインから今度はアーリアがエリア右を突破〜クロスで 小野がシュートもGKキャッチ・・・とマリノスも負けじと連続攻撃で応戦。

後半も高い位置から懸命にボールを追い回す小野。   だが追加点だけが中々奪えないマリノス。
68分 そこで監督が動いた。    大黒に代えクナン アーリアに代え千真。  2枚いっぺんに代えてきた。  
だが直後72分 自陣左  ファールから相手にFKを与えた。  相手FKに中央 頭で合され そのボールがバーを直撃!!  その跳ね返りを またしても頭で合されそうになった所を 栗原が必死のジャンプでクリア。   ホッ・・・ 危機一髪!!   1000ゴール栗原は  守備でも大活躍!

76分には右小野の巧みな突破から クロスに ゴール前クナン飛び込むもDFに阻まれボールはゴール左へ。      味方に DFの前へ入ってくれよ!? と ジェスチャーを交え 強気の支持を出す小野。   頼もしい・・・      
78分 相手のスローインから一気に飛び出されエリア左からシュート! はこれも栗原クリア。  その左CKから 中央 相手に合わせられるもゴール左ネットで救われる。
これも危機一髪・・・      じりじりっと上がってきた相手は ほぼフリーで合わせてきた。
ホッ。。。><      また最後に失点し同点・・・などという展開だけは 今季はごめんだ。だが 疲れも出て来たか マリノス  中々追加点が奪えない。。。   点差もなく冷や冷や。

91分 そこで監督は小野を下げ天野を投入。
時間もない。   もうこのまま終わりか・・・ と思われた瞬間だった。   中央高め 千真がプレスをかけボールを奪った。     千真は一旦クナンへと預けると前線へ突破。   クナンのスルーパスに 千真飛び出し左足シュート!!!   それが見事ゴール右へと突き刺さった。
千真はゴール裏へと走りアピール、 そこへチームメイトが一気に駆け寄った。
待ちに待った追加点。。。     
それにしても遅かった・・・ ロスタイム  もう残りたったの1分だった。     
1001ゴール!!     そして試合終了〜〜〜!!! 

マリノスは 見事連勝。   2位へと浮上した。    
シュート数 7:15(マ)   CK5:12  

雨降りしきる中  連戦の疲労に加え スリッピーなピッチ と確かに厳しい状況の中での試合だった。
その中でもマリノスは高い位置からプレスをかけていき、ワンタッチ、ツータッチでの速いパス回しでボールポゼッション。      ポゼッションサッカーで自分達のリズムにしていくマリノスだったが  前半から何度もチャンスを作るも 相手GKのファインセーブやクロスバーに嫌われ なかなかゴールを奪えない。

このまま折り返しなのか・・・   
主導権を握るも 得点出来ないマリノスに 転機が訪れたのは前半終了間際 44分だった。   
左サイド金井のスローインを受けた兵藤が落として再び金井へボールが渡り、ダイレクトでファーサイドに左足のクロス。    エリア内に詰めた栗原が 相手DF2人を薙ぎ倒しながら打点の高いヘディングシュート!!    ボールはゴール左に突き刺さり、見事先制点を奪った。   そして、この得点が記念すべきマリノスJ通算1000ゴール目となった。

ピッチに足をとられてボールを失った時や 攻撃時などの全体の切り替えの遅さもやや目立った。  また、決めるところで決められないことで 緊迫した試合を余儀なくされることも 今後の課題、 早めに2得点を奪って 楽な試合運びをすることも 常勝チームになるにはある程度必要なことなのだろう。    最後の最後で渡邊が駄目押し点を決めたが、あれだけ優勢に展開している中  もう少し早めに2得点目が入っていれば もっと楽に試合を進められたはずだ。

とは言え、G大阪戦から比べたら新潟戦、山形戦と徐々に内容も良くなってきている。
選手全員がハードワークし、 したたかに戦うサッカーが全体的に浸透してきている。
また、俊輔不在のなかで起用されているアーリアも 攻守に渡って新潟戦以上のプレーを見せてくれた。      積極的にボールに絡んで自らゴールを狙っていく姿勢も、 新潟戦では足が止まっていた守備面でも 今日は身体を張ったディフェンスで貢献。   今後、数字での結果も含めて 更なる活躍を期待したいところだ。

一方 ここ最近なかったFWのゴールも チームにとっては大きい。   やはり点をとるべき選手がゴールすると チームも盛り上がる。     小野や大黒もコンディションは良いし、あとは枠に入れるだけ。。。    FWがコンスタントに得点出来るようになれば もっと優位にゲームを進めることも出来ると思う。    まさに ちゃぶるサッカー。
一方 俊輔不在の中ではあるが 今季のマリノスの戦い方が チーム内にもしっかり浸透してきているように感じる。        例えピッチに立てなくても 監督と頻繁に話し合いを持ち 自らの経験をもって 若手にどんどんアドバイスを送るキャプテン俊輔の貢献は やはり大きいのではないだろうか。     

次は川崎。 ついにダービーだ しかも順位も近い。   連戦を勝ち越しで終えたマリノスだけに  ここでこそ勝利しなければ アウェーで頑張って来た意味がない。    順位の高いチームを たたいてこそ 優勝も狙えるというもの。      俊輔の復帰時期も気になるが チームの雰囲気もいい。    川崎に勝って 一気に常勝ムードを高め 次の連戦に備えて欲しい。   

栗原選手1000ゴールおめでとう!  そして渡邉選手1−−1ゴールおめでとう!!
頑張れマリノス! 頼むぞ俊輔!!
 
posted by Hiro at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

若手奮闘!マリノス999ゴール目は何とPK!

P1070630a.jpg
ひらめきただ今工事中です。 暫くお待ち下さい。
2011年6月22日 Jリーグ第17節 マリノスは三ツ沢でアルビレックス新潟と対戦した。
震災の影響による16日間5試合という過酷日程の中  アウェー大阪での2連戦を1勝1敗で終えたマリノスは 連敗阻止へ、  ガンバでの悔しい敗戦をいち早く払拭する為にも 上位へ喰らいついておくためにも ここホームで絶対勝利が必要だった。

キャプテン俊輔の負傷離脱という苦しい情報の中 結果が求められる・・・ 代わりに入った選手の活躍に大きな期待がかかった。
ニッパツは晴れ。  この日関東はどこも30度を大きく超える猛暑日となった。  蒸し暑い・・・     疲労もピークであろう選手達に この暑さが影響しなければいいが・・・

メンバー発表。  
マリノス:GK飯倉 DF小林 栗原 中澤」金井 MF小椋 谷口 兵藤 アーリア FW大黒 小野
SUB秋元 青山 波戸 キムクナン 松本 狩野 渡邉

新潟:GK小澤 DF藤田 千葉 大野 石川 MF小林 本間 三門 木暮 FWブルーノロペス 川又
SUB渡辺 増田 長谷部 菊池 田中 大島 ミシェウ
P1070577a.jpg
試合前 子供達の前座試合にじっと見入る若手選手達。  横浜選抜チームに圧倒勝利したマリノスチームに 時には拍手を送りながら観戦していた。   そんな中 狩野はスタッフとかなり真剣に長い間話を     いったいどんな話をしていたのだろうか・・・    
P1070582a.jpg
4バックの右に小林 左に金井 CBは栗原&中澤  中盤 表示では小椋のボランチに右谷口 左兵藤 アーリアのトップ下になっていたが...  そして大黒と小野の2トップ。
一方 新潟は 監督が前節の退席処分でベンチ入り出来ず。    U22代表でDF酒井が  負傷でGK東口  そして韓国代表チョが欠場。     メンバー紹介時 今季初のベンチ入りをした松本玲に そして 新潟 元マリノスの大島にもマリサポから大きな拍手が贈られていた。

現在5位のマリノスに対し 新潟は15位。
選手入場。  そこで前節見事J100試合出場を達成した兵藤選手に花束贈呈のセレモニーが行われた。     キャプテンマークは栗原。    
P1070624a.jpg
夜7時半 気温28.1度 円陣を組み タッチを交わす選手達。 キックオフ!!   
かなり高い位置から プレスをかけて行くマリノス。
高い位置でパスを繋ぎ 1分 ボンバーから大黒へ浮き球パス  左 兵藤とのワンツーで小野が突破〜センタリング  とチャンスを作るマリノス。
だが3分自陣でボールを失い新潟のカウンター 縦パス2本で攻め込まれエリア中央 川又倒れるも笛なし。   ホッ・・・      奪われた後のカウンターに要注意だ。

5分中央小椋から一気に 右前線上がった小林に 小林から谷口へ落とし谷口クロス!! ゴール前 小野が飛び込み頭で合わせるも 僅かDFに当たり阻まれゴールならず。  
ガンバ戦の更新では サイドの攻撃・・・チャンス時にかける人数・・・精度・・・ミス・・・とボロボロ課題を書いたが 今日は開始から どんどん小林も上がり攻撃に絡み ゴール前にも複数で飛び込み数的優位を作り ミスも少ない。   かなりいい積極的な攻撃を見せているマリノス  いいぞ! 

6分。  左大黒から一気に 右に上がった小林へロングパス! 小林ゴール右からダイレクトでヘディングシュート〜!!!  いいシュートだったが 惜しくも僅かゴール左へ・・・
あ”〜〜〜〜〜 惜しい!!!   しかし 今日は何度も攻め上がる小林。    大黒のパスもどんぴしゃだった。   

7分には中央 相手ボールを囲み奪ったボールを小椋から一気に小椋から小野へ その相手のクリアをすかさず拾った大黒がドリブル〜 ゴール前 小野へ。     しかしこれはやや長く 小野 合わせられず。
8分 中央やや左 突破した相手を倒したと栗原にイエロー。   これでイエローはないだろう。。。厳しい!    判定に 苦笑いしか出ない勇蔵。
その相手FK木暮  かなり距離があったにもかかわらず直接狙いゴール右下 ギリギリの所で飯倉が弾いて阻止  右CKへ。   CKは栗原&中澤がクリア。    ホッ・・・
それにしても 木暮 あそこから狙ってくるとは強気・・・     
 
12分 何度も攻めこむマリノス 右小林の落としを小椋がクロス そこにゴール前 大黒飛び込むもあと僅か 合わせられず。    惜しい〜!!!
中々ゴールとはならないが 確実にチャンスは作っているマリノス。
決定機に決められないでいると また流れが変わってしまう  何とか今のうち先制してくれ〜!!!

13分には左サイドからのクロスに 中央 小野と競り合った相手のクリアを 谷口がミドル。
14分には右谷口から エリア右へ上がった小林にスルーパス! 小林のセンタリングから ゴール前混戦 最後小椋のミドルはバーの上・・・
21分には相手のパスを読んだ金井が見事なインターセプトから 一気に前線の小野へ 小野の落としを アーリア一旦受け 再度エリア内小野へ。     しかし惜しくも相手DFに阻まれシュート撃てず。     惜しい〜!!!    だが 3人のいい連携だった。   連動するマリノス!! 

しかしチャンスを作れど 中々肝心なゴールが・・・><
落ち着いてパスを回すマリノス。       右の小林は相手石川とマッチアップ。  二人は元柏のチームメイト同志。   久々の対戦だ。    
27分右サイド 小林と小野のインターセプトから小野突破〜クロス! ゴール前 大黒飛び込むも合わせられず。     惜しい〜><

だが30分だった。 左サイドをドリブルで上がった小野から中央小椋へ 小椋はエリア右へと飛び込んだ小林へとどんぴしゃのパス! 小林受けた途端 木暮に後ろから激しく押し倒された。
笛〜〜〜〜〜♪   これはどうみてもPKだろう。。。    木暮にはイエローが提示された。
いったい 誰がボールの前に立つのか・・・・
兵藤だった。    前節100試合出場を達成し 試合前にはセレモニーも行われた兵藤。
P1070640b.jpg
頼むぞ〜! 兵藤!!
一瞬目をつむり大きく深呼吸をする兵藤。   ゴールの裏には大勢のオレンジ色新潟サポがGKへのコールを贈っていた。    その瞬間 時間が止まった。    兵藤は数歩助走をとると一気に右足を振り抜いた。      ゴ〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!!
そのグラウンダーシュートは 見事GKの逆を突き ゴール左下へと突き刺さった。  
右手で小さくガッツポーズをする兵藤に チームメイトが駆け寄った。
P1070642a.jpg
先制〜〜〜〜〜!!!   再三のチャンスも 中々今日もゴールが決められなかっただけに 例えPKとはいえ これはチームにとって大きな先制点だった。     
999ゴール目は 兵藤のPK。    さあ 1000ゴールまであとたったの1点と迫ったマリノス いったい1000ゴール目は 誰が決めてくれるんか。    今日 この目の前で何とか決めてくれ〜〜!   サポの期待が一層高まった。 

33分にはエリア左から大黒の2連続シュート!! はゴール右。  その右CK兵藤は こぼれ球から最後小椋のミドルはバーの上。   
先制に 益々勢いづくマリノス。   何とか追加点を!!   
38分だった。  相手のバックパスを読んだ大黒がインターセプトから 左の小野へ!  小野エリア左からドリブル突破 シュートに行こうとした瞬間相手二人に挟まれ倒された。
これもPKだろうと思われた場面。     だが審判PKの笛は 2度目は鳴らなかった。 

おかしいだろと 座り込んだままPKをアピールする小野。   確かに。。。怒 
審判も2度のPKを同じチームに与えるのは 勇気がいるのだろうが・・・><  
42分 大黒が右足首を押さえ傷んだ。  相手と競り合った際傷めたようだが。。。 一旦ピッチを降りる大黒。       その間 選手達は一斉に給水。    飲むだけではなく 首や 足に水をかけ冷やす選手。     やはり今日の気温は選手にも堪えているようだ。

キムクナンが交代の準備をしたものの 前半あと僅かでもあり 大黒はまたピッチに。   
前半終了。  1−0での折り返し。   兵藤はピッチを降りる際 出迎えたクナンに人差し指で1 を。     あと1点の意味か?   1点決めた の意味か??
前半シュート数 8:2  マリノスは圧倒丁優勢の展開で折り返した。
後半 流れの中から 追加点を頼むぞ!!
P1070649a.jpg
後半 クナンが入るかと思われたがそのまま大黒。 
開始早々46分  左サイドライン際 味方が奪われたボールにすぐさまスライディングで喰らいついた小野 奪い返すと 大きな相手DFのプレスをものともせず 絶妙な身体の使い方でボールをキープし自らエリアへ突破 〜シュート〜〜〜!!!
だが そのシュートは僅かゴール左へ・・・  惜しい〜〜!!
残念ながらゴールはならなかったが 相手からボールを奪ってからシュートまでのそのプレーは 会場も唸るほどの見事なものだった。      

その身体の使い方   厳しいプレスを受けながらの ついこの間まで高校生だったとは思えないその絶妙なテクニック・・・ ゴールへと向かう貪欲な姿勢・・・   そのプレーに 会場からも大きな拍手が起こっていた。 

47分中央やや左 小野に対するファールで相手DF 藤田にイエローが。    FK兵藤 そのボールのこぼれ球 アーリア押し込もうとするも空振り。     更に右サイド 小林〜アーリア〜と繋ぎエリアの大黒へ  大黒それをすぐさま中央へと走りこんだ小野へ  小野のセンタリングに大黒飛び込むもDFに阻まれ僅かの所で合わず。

50分には左 小野の突破を遮り倒した相手 千葉にイエロー。      
そんな中54分だった。   突然 栗原が右臀部付近を押さえドクターに訴え。   すぐさま青山が準備   55分 栗原に代わり青山が投入された。   栗原大丈夫か・・・
早速 右腰付近にアイシングの栗原。

57分には左兵藤から小野へ 小野が仕掛けながら エリア左へと上がったアーリアへ  だが 突進した相手DFに阻まれ シュートまで持って行けず。 あ”〜><
60分には右小林の強引な突破から一旦アーリアへと預けながらの小林のクロス! ゴール前 谷口頭で合せようとするもDFに阻まれる。    相手が出したように見えたのだが相手のGキックへ。   これにはゴール裏からは大きなブーイング。 

64分には右サイド小林が強引に右をえぐってのクロス  ゴール前大黒シュートに行くもDF.
65分には相手のパスミスを拾い 小椋から中央大黒〜 左の小野へ 小野突破!!シュート!
は 惜しくも 相手DFに当たり 左CK。   
66分には高い位置でパスを回し 中央 小椋からの浮き球に飛び出した小野 ダイレクトシュート!!  は惜しくもこれまたGKに阻まれゴールならず。。。 
 と再三チャンスを作るマリノス   だが追加点が中々入らない・・・ 頑張れ!

悔しさで顔を覆い悔しがる小野。   後ろからのボールをダイレクトで狙うという かなり難しい体勢での見事なシュートだったのだが・・・><

ここで新潟は木暮を下げミシェウを投入。  すると早速ミシェウの起点から相手にチャンスを作られた。      連続してミシェウからチャンスに やや流れは新潟に・・・
点差はたったのPK1点だけ。    同点だけはごめんだ!  頼むぞ飯倉!
それにしても ミシェウたった一人入っただけで こうも流れが変わるものか・・・

そこで75分 木村監督が動いた。   小野を下げ 高さのあるクナンを投入。 
無得点に やや俯き悔しそうにピッチを降りる小野だったが マリサポからは大きな小野コールが送られていた。  
右スローインから得た右CKは中澤合わせるもDFに阻まれ左スローインへ。
80分には 自陣ハーフウェーライン 兵藤から一気に左へ抜け出した大黒へとパスが通った。
大黒 GKと1対1〜!!   詰めたDFを交わしシュート!!!!!  
しかし 何と言う事か これもゴールギリギリ左へ・・・><   決定的場面だった。。。
右足アウトで 左大黒へと出した兵藤のパスは見事だった。    大黒もいい反応を見せたのだが・・・><

80分にはその大黒からエリアの金井へ 金井のセンタリングはクリア・・・ だが そのクリアにいち早く喰らいついたのが 谷口だった。     エリア左 インターセプトから自ら切り込みエリア左ライン際 ミシェウに倒され 笛〜! FKを得た。    直接狙える絶好の位置だった。 
谷口いいぞ!
PKだけではなく 何とかもう1点〜!!    ボール前には兵藤。 
直接狙うかとも思われたが  ニアへ  谷口に合わせるも相手クリアでポスト左へ。   相手DFが左手を上げていたため ハンドをアピールするも認められず。    
P1070687a.jpg
1点を追いミシェウを中心に攻撃を仕掛ける新潟。  そこで86分 大黒を下げ千真を投入した。
89分高い位置でボールキープに行くマリノス。   小柄なミシェウがでかいクナンの胸に向って食って掛かる場面に クナン思わず苦笑い。 割って入る小椋。。。 
だが91分 新潟は中央でこぼれ球を拾うと一気に右からミシェウのクロス!  中澤の必死のクリアも 突進した相手にゴール前混戦  あわやという場面で笛〜
??どうやら突進した相手のハンドをとったようだった。
ホッ・・・ 救われた〜。    その直後にもエリア内 クロスに相手のハンド。        
もう1点決められていれば 安心していられるのだが 点差はたったの1点・・・ 終了の笛が鳴るまでは やや冷や冷やだった。    
そして終了〜! 1−0  シュート数12:5  支配率58:42   
笛と共に ホッ。。。  と胸を撫で下ろしたような安堵の表情をみせた木村監督。        
試合後 選手達をウォーミングアップ場で迎えた俊輔は 勝利に次々選手達とハイタッチ 満面の笑顔を見せていたようだ。    その後インタビューの為 一足遅れてお立ち台に立った兵藤は  一人バンザイ  そして応援コールに一緒になって飛び跳ねた。   インタビューに答え サポーターからトりパラを受け取ると 今度はそれを持ってまたコールと一緒に最後まで飛び跳ねていた。
嬉しそうな兵藤。 

PK1点での勝利ではあったが   各チーム接戦の中 貴重な貴重な勝ち点3となった。
また 天野ら出場しなかった選手達も スタンドでチームメイトのプレーを最後まで熱く見守った。連戦続く中 いつ自分がスタメンで出るかもしれない・・・  常に いつ出てもいいように意識し 毎日懸命に練習に励んでほしい。 
P1070671a.jpg 
俊輔不在のなか、結局今日の中盤は小椋のワンボランチに右に谷口、左に兵藤、トップ下にアーリアを起用する布陣だった。。    ツートップは小野と大黒。   左サイドバックには金井。   金井はここ最近でまたスタメンに定着しつつある。   

前半序盤からマリノスがペースを握り、ボールをポゼッションする。   特に今日はワンタッチツータッチでボールを繋ごうとする意識が強く、 素早いパス回しで相手を翻弄していた。
また、ここ数試合は中盤や前線でパスミスや 相手に奪われるシーンが目立っていたが、今日は身体を張ったアグレッシブなプレーで 相手にボールを渡さない。    特に小野や小林 谷口 兵藤は相手の激しい当たりにも物怖じせず、ボディーコンタクトの強さを見せた。

今日は今年一番の暑さのせいか、プレーが止まる度に選手達が一斉に給水しに行く姿が見られる。
夕方吹いてた心地よい風もなくなり、 スタジアムは とても蒸し暑いなかでの試合になった。
中々チャンスに決められない中 前半30分 左からのクロスに前線に抜けた小林がエリア内で小暮に倒されPKを獲得。   兵藤がゴール左に落ち着いて決め貴重な先制ゴールをあげた。

点差はPKからのたった1点だ。  後半、追加点を狙うマリノスだったが、なかなかラストパスがうまく通らず、フリーでシュートを打たせてもらえない。   それどころか相手の選手交代もあり徐々に相手のペースに、 押し込まれるシーンが増えてきた。     そこで監督はキムクナンを投入し、ようやく前線でボールが落ち着きはじめ マリノスがまたペースを握り始める。

また途中、栗原が右臀部の打撲? で負傷退場し、急遽青山が入るというアクシデントが発生。
最後はゴール裏まで挨拶しに来ていたので重傷ではなさそうだが 連戦の中だけに 俊輔に次ぐ負傷はチームにとって大きい。 軽傷を祈るばかりだ。  
だが ここ最近、栗原に代わり入っている青山も 何度か出場しゴールも決めている事もあり 安定感のあるプレーで今日も完封に貢献していた。。

PKだけの1点で 結局何度もあったチャンスに今日も決められず 決して手放しで褒められるような内容ではなかったが、 選手達の 勝ちたいという 気持ちの入った献身的なプレーが 今日のPKを、 そして今日の勝ち点3に 結びついたのではないかと思う。
流れの中からのゴールを含め もちろん内容も追求していかなければならないが、勝ちと引き分けでは大違い。       

特に俊輔不在の中で 勝利をもぎ取ることが出来たのはチームにとって とても大きな事。    それが若い選手達の自信へと繋がる事は間違いなく  これこそがマリノスの目指す “チーム力の底上げ” に繋がる。
ゴールはPK1点だったかもしれない・・・   今日も決定力不足は依然課題に残った。  
だが  俊輔不在の中で チームが連動し勝利した事は 勝ち点3以上の収穫があったとも言えるのではないだろうか。     誰が出ても 誰が出られなくても力の落ちないチーム。  
そんな 層の厚いチームを目指し この夏の連戦を 全員で勝ち抜いていって欲しい。
次は アウェー山形戦。    今度こそ 誰か 誰か!!1000ゴールを!!
頑張れマリノス!  頼むぞ俊輔!  
posted by Hiro at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

反撃1歩及ばず マリノス ガンバに悔しい敗戦

P1070558b.jpg
2011年6月18日 Jリーグ16節 マリノスはアウェーでガンバ大阪と対戦した。
東日本大震災による影響で この6月 16日間で5連戦という過酷スケジュールに陥っているリーグ。
連戦初戦 マリノスはホームに首位柏を迎えたが完敗 苦しいスタートとなったが 中3日後アウェーで迎えた第2戦セレッソ大阪戦では その敗戦を払拭するように クナンがFWとして今季初のゴールを叩き込み見事勝利。     同じ大阪で 今度は中たったの2日で迎えるこのガンバ戦だが ガンバは直前 今季9得点という得点源のFWアドリアーノが中東への移籍が表面化 ACLセレッソ戦から1分け3敗と勝ちがない状態も続いている。   何とかここで勢いを繋ぎ 勝ち点3を捥ぎ取って帰りたい。。。

一方 マリノスは累積明けで栗原が復帰 だが攻撃の核 俊輔はレイソル戦から左足にテーピング  セレッソ戦前にはそのテーピングも無事取れ スタメン出場したものの 後半 相手の脚が腿に入り その後自ら交代を申し出た。  悪化していなければいいが・・・   
回復具合が心配されていたが 連戦はまだまだ続く  更に今日はスリッピーでもある。   
木村監督は 俊輔をベンチに置いた。     

☆マリノス
GK飯倉 DF小林 栗原 中澤 金井 MF小椋 狩野 兵藤 谷口 FW大黒 小野
SUB秋元 青山 波戸 キムクナン 俊輔 アーリア 渡邉

☆ガンバ
GK藤ヶ谷 DF加地 中澤 山口 下平 明神 MF遠藤 武井 二川 FW宇佐美 平井  
SUB木村 高木 内田 キムスンヒョン 横谷 佐々木 川西

マリノスは俊輔に代わり狩野をスタメン起用。  CBには栗原が復帰で中澤と 右に小林 左に金井  中盤は小椋のボランチ 右に狩野 左に兵藤 トップ下に谷口。  FWにはセレッソ戦と同じ小野と大黒が名を連ねた。 
セレッソ戦では見事マルチネスを封じて勝利したマリノス “今度は遠藤を封じる”  試合前そうコメントした木村監督。    攻撃の核 俊輔のいないマリノスだが  いったいどんな試合を見せてくれるのか。

万博は雨  時折その雨足はかなり強くなる。  疲労もあるだけにこのスリッピーなピッチ 厳しい戦いが予想された。
気温23.7度 湿度78% キックオフ!!  

高い位置からプレスをかけるマリノス。 序盤 流れを掴んだのはマリノスだった。   
開始早々右サイドライン際 小野が遠藤のプレスを強引に交わし突破〜クロス! ゴール前大黒飛び込むも相手DFに阻まれボールはGK.
そのGKからのボールにもいち早く金井が反応 素早く奪い パスを繋いでいく。 いいぞ!

3分には中央谷口が強引に奪ったボールから小野がミドルシュート! は大きくゴール右上。 
ややもったいなかったか・・・
同じく3分右サイド小椋のロングフィードに反応した谷口が右を突破 DF振り切りエリア右からシュート!! はGK弾き左CKへ。   
5分には右小野のクロスにゴール前 大黒ヘディングのシュート!!! はゴール上。
7分には大黒〜右小野へ 小野の丁寧なセンタリングに ゴール前走りこんだ狩野シュート〜!!!
どんぴしゃで合わせたが これもGKに抑えられてしまった。
あ”〜〜〜〜〜>< 決定的場面が連続で訪れたマリノスだったが 今日も中々決められない・・・
だが チャンスは作っている 今のうちに先制を!!!

そんな中 9分だった。  自陣低め 左サイドで宇佐美を倒しFKを与えた。  角度はないが微妙な位置。。。><     そのFK 蹴るのは勿論遠藤。  
GK飯倉の位置をしっかり確認していたのだろう  そのボールは前がかりになっていた飯倉の手の届かないゴール右上隅にと綺麗に吸い込まれてしまった。   
やられた〜・・・><      
開始からそれまで 流れは圧倒的にマリノス優勢の展開だった。  
あの位置 遠藤なら充分直接狙えるという事も そのFKの怖さも 充分に判っていたはず。   
にも関わらず あっという間に そのたった1本のFKから決められてしまった。   自分達に流れが来ていただけに そのショックは流石に大きかった。   
P1070565a.jpg
1点目では気落ちしてないという選手もいたが この失点から 一気に攻撃に勢いが消えてしまったのは事実だった。
いつものことだが 最初のチャンスにしっかり決めていれば こんな事には・・・
自分達の決定機に決められず 結局相手に少ないチャンスで先制点を奪われると 最近はいつもこういう試合になってしまう。

ようやく前線に運んでも あっさり奪われ ボールが全く前におさまらない。   失点してからは セカンドボールに対する反応もガンバの方が速かった。      ガンバはダイレクトで確実にパスを繋ぐ為 マリノスはボールを奪いに行く事も中々出来ない。  
遠藤が今日は右サイドにいた事から 小林も守備に時間を取られてしまい中々上がれない。  
遠藤を封じるはずのマリノスだったが  逆に 遠藤から次々繰り出されるチャンスに マリノスは後手後手。      

折角の攻撃チャンスに  前線に人数が足りない場面も目立つ。    もう一人3人目の動きがあれば・・・ というシーンに 誰も来ていない。   
ミスも多かった。  トラップ一つにしても クロスにしても パス一つとっても・・・  精度に欠ける。    そこでボールをおさめられればシュートまで持って行けるという場面で  いったい何度ボールを失っているのだろうか。     連戦の疲労がある事はガンバも同じだ 
ちょっとしたミス・・・ その積み重ねが チーム全体の戦力低下に繋がっているのは確かだった。      

そんな中25分 中央でまたしてもボールを奪われた。   遠藤〜宇佐美へ。  そのクリアから左CKを与えた。   蹴るのは勿論遠藤。    蹴る直前 するする〜っと相手山口はゴールニアへと走りこんだ。    遠藤の精度あるCKに ゴールポストニアギリギリ 頭で合わせた山口に あっさり追加点を奪われた。    2−0
打ち合わせ通りだったのだろう。  遠藤が蹴る瞬間 山口と中澤が二人してニアに走りこんでいた。     一番嫌な位置に入りこまれた。。。 見送る事しか出来なかった飯倉。。。   
山口はほぼフリーでジャンプしていた。
P1070567a.jpg    
27分ようやくマリノスがチャンスを。  右サイド小林のパスにエリア右 小野が切り込みシュート!!   しかしこれもゴール上。   29分エリア左兵藤のシュートはやや弱くGK。   切り替えも遅い。。。    ボールを持ってから ゴールへ持って行くまでの時間がかなり長くかかる為 既に相手DFが揃ってしまっており  縦パスが中々入れられず   低い位置で回しているうちにまた奪われる展開。。。  

だが31分 中央 絶好の位置。   谷口が倒されFKを得た。  ボールの前には狩野。
ここで1点返せば勢いに乗れる!! 狩野頼むぞ〜!
狩野シュート!!   そのボールは壁を超えるとゴールへ一直線! だが何と言う事か バー直撃!! ゴールならず。    惜しい〜〜〜〜〜!!!!!
いいシュートだった。    相手GKも壁で途中まで軌道が見えておらず 枠を捉えていれば確実に1点ものの場面だった。  あ〜〜〜〜あと僅かだった・・・><

34分には中央谷口のパスを受けた狩野がグラウンダーシュート!!!  GK一瞬ファンブルも 大黒詰める直前 阻まれてしまった。        ガンバのプレスに中々 前を向いてのプレーが出来ないマリノス  前半2−0で折り返すこととなってしまった。         
P1070535a.jpg
後半 監督が早速動いた。  大黒を下げクナン投入。
セレッソでもVゴールを決めたクナン  頼むぞ〜!!!
開始1分 中央宇佐美のパスに平井に抜け出され マリノスは早速平井のシュートを浴びた。  
飯倉に反応で 失点は免れたが 決定的場面だった。 
47分にも宇佐美のシュート。    48分には下平から決定的場面 と 後半も次々危機一髪の場面を作られるマリノス。   

53分更に監督が動いた。 狩野を下げ千真を投入。   
すると57分 中央小野から千真へと見事なスルーパスが!   千真GKと1対1〜!
しかしGKの飛び出しにシュート撃てず。
59分には中央 小椋が強引に奪ったボールから一気に走り出した小野へ エリア左ドリブル突破〜シュート!!!    しかしこれも惜しくも僅かGKに阻まれゴールならず。
惜しい〜!!!  しかし味方にもどんどん要求し 貪欲に 積極的にゴールを狙う小野! 頼もしい!

だが2点リードに落ち着いてパスを回すガンバに対し 折角 高さのある二人を入れたにもかかわらず マリノスは高さを生かした攻撃が中々見られない。   どうした?
精度ないパスを突かれては 相手の速攻を喰らっている。   
だが 70分中央小椋の鋭い縦パスに ゴール前兵藤 受けると同時にシュート!!!
しっかり枠を捉えたシュートだったが これまたGKに阻まれゴールならず・・・><
惜しい〜〜〜!!!  小椋のパス 兵藤のシュート 共に良かったのだが・・・
そのクリアを高い位置で拾った小林が更に仕掛けようとした瞬間だった。    笛〜♩ ??

怒!!  中央で相手選手が痛み 中断。     場所的にも マリノスの大きなチャンスだっただけに その笛には納得が行かなかった。   あの場面での審判の判断に 怒りを抑えられずピッチへ飛び出す木村監督。     そこは 撃ってからでもいいだろう・・・怒

ベンチからも 大きな罵声が飛んでいた。   樋口監督も審判に猛抗議。   あったりまえだ!
72分右サイド 小椋が掴まれFKを得た。    ボール前には小椋?  小林?  そこへようやく兵藤も戻ってきた。     俊輔も 狩野もいない・・・    キッカーがいなかった。
兵藤FKは 栗原落とすもクリア。   一層雨足が強くなった万博。 

75分 まるでマリノスの選手達をちゃぶるように 巧みに落ち着いてパスを回すガンバ。
だがそこから一気に 鋭い縦パスを入れては あっという間に決定的場面を作り出す。    敵ながら見事  マリノスがやりたいサッカーを 相手がしていた。
飯倉のセーブもあり追加点は 免れたが 前がかりになりながらも 相手の速攻には気を抜けなかった。   

それでも前線からボールを追い 懸命に走る小野。 
78分には小椋の縦パスにエリア左千真シュート! もDF.
80分左サイド小野の縦パスに兵藤抜け出すも倒され FKを得た。  エリア左かなり高め。
蹴るのは兵藤。   ファー クナン必死に合わせに行くも ボールやや長く追いつけず。
作戦はよかったが あと僅か。。。

82分監督はついに3枚目のカード 金井を下げアーリアを投入した。  一向に高さを活かした攻撃が中々見られない。。。
85分だった。  右サイド小椋が落としたボールを栗原が一気にダイレクトで前線に放り込んだ。谷口はハイボールを競り合いながらも巧みにコントロール そのこぼれ球をゴール左 Gラインギリギリで折り返した。   ゴールニア クナンがそれを押し込みゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!

栗原がシンプルに前線に放り込んだボールのこぼれ球から ようやく1点を返したマリノス。
谷口の折り返し  そしてそれを相手と競り合いながらもダイレクトで右足アウトで押し込んだクナン。    見事だった。     身体全体で悔しがる相手監督。
マリノスは1点を追い 猛攻を仕掛けた。     1点入れば判らない  流れはマリノスへ。

迫る時間に 次々ボールを放り込むマリノス。   87分には左 千真のクロスにクナン  もトラップ僅か大きくGK必死のセーブ。
88分には右サイド低め小野  相手のクリアをダイレクトで前線へ走り出した千真へと 見事なパス!  千真ドリブル突破 エリア右から ファー 谷口へ丁寧なクロス!  谷口ヘディングシュート〜〜〜〜〜!!    しかしこまれた相手GK藤ヶ谷の好セーブに阻まれゴールならず・・・右CKへ。
惜しい〜〜〜!!!   その右CK兵藤は GKパンチング。     

マリノス最後の猛攻。   もう栗原も前線へ上がったまま。
91分低め 小林のロングンパスにゴール前 相手の必死のクリアを中央アーリアが頭で押し戻す。 それを受けた千真が右に走りこんだ栗原へ。     栗原シュート!! は無情にもゴール右上へ・・・。   

試合終了・・・ 2−1
マリノス最後の反撃も1点及ばず。   悔しい敗戦となってしまった。    最後まで勢いよく走り回っていた小野はピッチに座ったまま 暫く立ち上がらなかった。

前半序盤からマリノスは高い位置からボールをチェイスしていき、奪って速攻の自分達のサッカーを展開。    遠藤のFKが決まるまでは マリノスが確かに主導権を握り、何度かチャンスもあった。  だが結局 どれもものに出来ず。。。
そんな マリノスに流れが傾いていた中で FK一発で決められたのは痛かった。    そこから徐々にガンバ大阪ペースに。    流れの中からの失点は何とかゼロに抑えたが、セットプレーから続けて2失点したのは痛過ぎた。

後半頭からにキムクナン、途中 渡邊とアーリアと高さある選手を投入するも、正直やりたいことがチームとして統一出来てない気がした。    司令塔がいなくなり中盤で攻撃の起点を作れないにも関わらず 無理に中盤でパスを繋ごうとしてはパスミスやインターセプトを受け カウンターを食らう場面が目立った。    前線に高さがあるのだから もっとシンプルにボールを当てても良かったのではないだろうか。    最後 ようやくそれを形にしてキムクナンのゴールで1点差に詰め寄るも あまりにも遅過ぎた。。。

試合後 “セットプレー2本で負けた”  そんなコメントも聞こえてきた。  
セットプレーでやられただけで 流れの中からは失点していないと言えば確かにそうなのだが  セットプレーが敗因なのではなく 敗因は “決定機に自分達が点が獲れない事”だ。   そこを忘れてはいけない。   
ボールコントロール含め 雑なプレーが前線で目立つマリノス。   一つ一つのプレーをもっと大事に 確実に繋げば 圧倒的にチャンスは増えるはず。     
練習でも確かにどフリーで外す選手が多いマリノスだが この日もシュート数17本でたった1点というのは どう考えても低過ぎるだろう・・・
攻守の切り替えも遅かった。   縦パスが中々入らず 低い位置で回しているうちにまた奪われた。  
  
確かに俊輔不在の中で なかなか攻撃の起点がつくれず苦しい展開ではあった。  とは言え、やはり毎度話している通り、今季は総力戦で戦えなければシーズンを勝ち抜いて行くのは厳しい。   この選手がいないから・・・ではなく、チャンスを貰った選手達が結果を出していかなければ3位以内に入るのは甚だ難しい。    チームのピンチは控え組のチャンスだ!! 

もう一つ 両サイドバック攻撃に関してもやや物足りなさを感じた。   勿論まずは守備から入るのは当然だが、一対一でサイドを突破していくシーンがもう少しあっても良いと思う。   相手のプレスに セーフティに下げるばかりではなく 多少のリスクを負わなければ得点だって生まれないのではないだろうか。     先に失点すると どうしても攻撃が消極的になりチャレンジする勇気がなくなってしまうのは判るが   開始直後の 小野の 遠藤を押さえての強引な突破・・・   あんな 前を向いてチャレンジするシーンがもっとあってもいいと思う。

また遠藤を封じるはず・・・? が かなり自由にプレーさせていたようにも見えた。    遠藤の上手さ  そしていつもはボランチにいる遠藤が 右にポジションをずらしていた事もあるが  もし俊輔がいれば 試合中に素早い修正ができたのではないだろうか。     
何よりも 最初の決定機にマリノスが先制していれば また全く違った結果になっていたかもしれない事はいうまでもないが。。。  

そしてもう一つの敗因は・・・ ガンバに遠藤がいて マリノスに俊輔がいなかった事。。。。
プレーだけではない。   試合の流れを読み    たった1本のパスで自分達に一気に流れを引き寄せ  オフザボールでのチャンスを生み出す絶妙な動き・・・。   そしてプロの予想も裏切るその不思議な展開力。    
そんな “代えの利かない選手” と言われる俊輔の不在もやはり 大きかったと言わざるを得ない。    
セレッソ戦後 全治3週間と言う診断が降りてしまった俊輔 一日も早い回復を祈るばかりだ。
だが 試合は待ってくれない。    また中3日で 厳しい戦いが待っている。
アウェー2連戦 しかも雨 を終え 疲労もピークだろうが 次はホームだ。   何とか全員でフォローし合いながら 勝ち点3を積み 上位に喰らいついてほしい。
頑張れ マリノス!!  そして俊輔の早期回復を! 
posted by Hiro at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俊輔セレッソ戦での負傷について

6月15日に行われた アウェーセレッソ大阪戦に於いて相手選手と接触した際に左足を痛めた俊輔選手が今日 病院で検査を受けた結果 何と 左大腿部筋損傷で 全治3週間という診断が出されてしまった。

セレッソ戦前より 元々左膝を中心に 腿から脛にかけての痛みを持っていた俊輔だが テーピングも取れ 大丈夫 と セレッソへはスタメン出場を果たしていた。
だが 後半53分 左サイドで相手とボールを競った際 相手選手の足裏が左腿に入り 直後 狩野選手と交代を余儀なくされていた。

ガンバ戦では 雨と言う事もありベンチ入りしたものの結局出場はなかったが  セレッソでの接触は 思った以上に重症だった事が判明。         
攻撃の核 キャプテン俊輔の離脱はチームにとって一大事だ 復帰まで チーム一丸となって 戦い抜いて欲しい。      乞う! 代役選手の奮起!!
posted by Hiro at 13:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

桜散らす!豪快クナンがマリノスV弾!

P1070185a.jpg
2011年6月15日 Jリーグ第15節 マリノスはアウェーでセレッソ大阪と対戦した。
地震によるスケジュール変更で 16日間で何と5試合という超過酷スケジュールとなってしまったリーグ戦。    こういう時こそ本当の底力が試される時  スタメンも控えもない どこまでチームが一丸となれるか・・・ 今季の行方を決める大きな鍵ともなるこの5連戦だけに選手達の気合も高まった。 

だがマリノスはその連戦初戦 首位レイソル相手にホームで積極的な攻撃を見せられず0‐2の完敗、  苦しい滑り出しとなってしまった。   しかもDF栗原が累積で出場停止に。   
順位が4位に転落 且つ首位のレイソルに差を広げられてしまっただけにアウェイとは言え ここは最低でも連敗だけは避けなければ。。。  アウェー2連戦に備え 一層緊張感が高まった。 

大阪は曇り やや蒸し暑い。
アウェーにも関わらず スタジアムには多くのマリサポが集結した。
スタメン発表。  
GK飯倉 DF小林 青山 中澤 金井 MF小椋 俊輔 兵藤 谷口 FW大黒 小野
SUB秋元 波戸 キムクナン 天野 狩野 アーリア 千真

セレッソ
GKキムジンヒョン DF高橋 茂庭 上本 丸橋 MF中越 マルチネス キムボギョン 倉田 FW播戸 永井  

セレッソはU22で扇原 山口 清武が欠場 更に腰痛と海外移籍が噂される元マリノス 乾 そして負傷でピンパォンが欠場と5人を欠く ベストとは程遠いメンバー。     
一方マリノスは 累積で出場停止の栗原に代わって先日のナビスコ杯神戸戦でデビューし初ゴールを決めた青山が同じくCBで先発起用。  そして左SBには金井  FWには小野を起用してきた。レイソル戦では 守備を意識しすぎ 谷口を小椋とのWボランチに起用したボックス型だったがうまく行かず 今回は 谷口をトップ下に戻してのダイヤモンド。
兵藤は今日でJ通算100試合目を記録した。

日中はかなり蒸し暑さを感じた大阪も 夕方に入り気温24.9度に。 
選手達が勢いよくゴール裏へと登場  会場は一気に大きな歓声に包まれた。
マリノスは蛍光色のアウェーユニ。  俊輔はいつものオレンジのスパイク 腕にも同じくオレンジのキャプテンマーク。
円陣を組む選手達。  中澤 俊輔がメンバーに様々な声をかける。  
そしてマリノスのキックオフ!

ボールの蹴り合い。  早くも相手選手が傷む。
そのスローインから小椋 一気に右前線小野へと浮き球パス 小野へ通るも胸トラップ僅か大きく茂庭に阻まれる。    続いて中央俊輔から中央飛び出した大黒へ しかしこれは惜しくもGK。
俊輔が持ったとたん大黒も反応 あと僅かのところだったが 一気にゴールを狙える いい連携だった。

3分には中央低め こぼれ球が相手に渡り シュート〜!とその直前 俊輔のスライディング。
5分だった。 カウンター 小椋から一気に中央大黒へ 大黒 胸トラップで それを素早く中央走り出した谷口へと送った。    谷口はドリブルで上がりながら右の小野へ! 小野のセンタリングにファー 谷口飛び込むも僅か届かず合わせられず。  惜しい〜〜〜!!!
決定的チャンス!! ゴールとはならなかったが この連動は見事だった。   
カウンターの勢いをとめずに そのままゴール前まで持って行った流れ  中央に兵藤も走りこんでいたため マイナスのパスでも良かったが 最初のチャンスを掴んだのは確かにマリノスだった。

今日もかなり高い位置からプレスをかけるマリノス。  
だが6分 左サイド高め その3人 4人がかりのプレスを交わされ 一気に右サイドを突破された。   そこから繋がれ中央 相手倉田のシュート!!!
バーはるか上で 脅威には至らなかったが  あまりに何人もが集中してのプレスは危険だ。

だがその直後だった。  
中央俊輔から一気に左サイド小野へ 小野が兵藤へ下げ俊輔へ 俊輔はエリア左へと走りこんだ兵藤へと 相手DFの間を突く見事なキラーパス!    兵藤左足シュート〜〜〜〜〜!!!!!
しかし何と言う事か!! そのシュートは左ポスト直撃!!   クリアされてしまった。
惜しい〜〜〜〜〜!!!!!✕〇▽%☆*Ωω・・・><
またしても決定的場面。   悔しそうに頭を抱える兵藤。  セレッソンゴール裏からは大きな悲鳴が  マリノスゴール裏からは大きなため息が漏れた。

だがここでも俊輔と兵藤が見事な連携を。  選手間のコミュニケーションは確実に上がっていると感じた。
9分には俊輔から右谷口へ 谷口クロス! は味方走りこめず。
10分には青山から右サイド高め大黒へとロングフィード 大黒が倒されFKを得た。   右かなり高めFK俊輔。    セレッソサポからは俊輔に大きなブーイング。   俊輔目の前に立つ相手をもろともせず直接ニアを狙うが 思った以上にカーブがかかりサイドネット。   惜しい!!
味方に手を上げ合図する俊輔。 

13分Gキックを谷口が頭で送り左サイド小野へ DFに阻まれ大黒がフォローし谷口へと落とした。
谷口はそれをシュート!!!  それが何と 今度はクロスバー右隅を直撃した!!!
谷口は前がかりになってい相手GKを一瞬確認  左サイド低めだったにも関わらず その距離から躊躇なく思いっきり撃ってきた。     

会場からは「お〜〜〜っ!!」 と大きな唸り声。  マリノスは開始からかなり積極的な攻撃を見せていた。     いいぞ谷口!!  何とか先制を!!

相手マルチネスに入れば一気に強引に奪いに行く俊輔 谷口。  相手の核に仕事をさせなかった。
中々 思う攻撃が出来ないセレッソ。  
14分小林から一気に前線大黒へとロングパス 大黒が小林へ落とし中央兵藤からエリア中央小野へ! 小野シュート!!! はこれまた惜しくもゴールギリギリ左。     惜しい〜!!!

15分には中央俊輔から大黒へ 大黒が上がった金井へ送るとエリア左 金井が突破!   センタリングに俊輔走り込みシュート行くが それが相手DF茂庭?の左手に当たりクリア。    俊輔は手を上げ ハンドをアピールするも 審判は全く無視。 怒   そのまま試合続行。
完璧なハンド!  審判見てないのか!!
しかし 何度もいい場面を作るが 中々ゴールが奪えないマリノス。。。

そんな中17分! 相手右サイド倉田からのクロスに中央 永井に飛び出されGKと1対1!
永井シュート!  小林が飛び込み飯倉が足で阻止  それを中澤クリアで事なきを得たが 危機一髪だった。     クロスを上げた倉田はどフリーだった。  怖い一瞬の隙。。。

24分 カウンター阻止で相手を倒した谷口 奪い返そうとした大黒にイエロー。
開始からいい攻撃を見せていたマリノスだったが ここで ややミスが出始め やや流れがセレッソに。   連続でCK FKを与える。   
相手のセットプレーにチームメイトに様々な細かい指示を出す俊輔。   何度も後ろを振り返りながらマークを徹底。   27分FKをニアで合わせられそうになるが飯倉が右手で阻止 そのCKから最後グラウンダーでミドルを撃たれるも そこは飯倉がしっかり抑え凌ぐ。  ホッ。。。  

早く流れを取り戻したい・・・
すると29分だった。   左サイド ライン際 兵藤と上本が競り合い。  上本が後ろ兵藤の顔をたたいた。   笛〜!
顔を押さえ 仰向けで足をばたつかせる兵藤。   目の前で見ていた副審が旗を上げ主審に報告。   審判は1発レッドを提示した。  鼻を押さえ暫く起き上がれない兵藤。    
しかし レッドに納得がいかないのか 相手上本は中々ピッチを降りない。
レッドが妥当かは何とも言えないが 手を上に上げ顔と判ってはたいていた事は事実。  往生際が悪い。。。!!  マリノスゴール裏からは 「早く出ろよ!!」 の声。

そこで早速セレッソはメンバーを入れ替えての対応。   マリノスも11対10に笑顔を見せた選手はいなかった。     これまでも一人減った相手に 楽な試合はなかった。  より集中し 守りも固めてくる相手に 結局 苦戦する事が多いからだ。
案の定 FW播戸を下げDF藤本を投入。。。   まだ前半30分だった。

33分。  青山からのロングフィードに右サイド 小野が受け胸トラップしたとたんに相手に突進され倒された。   その後に自ら突っ込んできた相手が倒れこんだ。  笛〜!   さあ 俊輔のセットプレーだ! 
・・・・・?????・・・・・誰もがそう思った。  どう見ても 小野が倒された場面だった。しかし 審判はありえない判定。  何と小野にイエローカード!!!??? 怒!!  
これは流石に信じられなかった。    審判の考えられないその判定に 選手達もベンチも黙ってはいられない。    俊輔は早速審判に説明を求めてかなり長い静かな抗議。       
P1070296a.jpg
こんな判定では懸命に闘っている選手達が可哀想だ。   日本の審判のレベルはこんなものか。
小野 皆 判っているぞ!! 負けるな!!     俊輔もその後 小野に声をかけていた。 
今度は茂庭が審判に何やら抗議。  おいおい 審判 しっかりコントロールしてくれ!!

36分細かくパスを繋ぎ攻め込むマリノス 左サイド金井の落としに兵藤切り込みシュート!! はゴール左 で左CK.   左CK俊輔 青山に合わせるも惜しくもギリギリのところでクリア。
38分には俊輔へのチャージで相手キムにもイエロー。   今日はカード連発だ。
激しいボールの奪い合い。  中々ボールが落ち着かない。 
43分左金井から右の小林へ 小林クロス! にゴール前谷口が頭で合わせるも身体を寄せられ上へ ゴールならず。   接触に傷んだか うつぶせになり悔しがる谷口。 
P1070274a.jpg
ちょっとした間にも俊輔から様々な選手へ 細かい指示が出る。    特に青山には頻繁にアドバイスするなど 試合中もどんどん修正を加えて行くキャプテン俊輔。
45分 中央 俊輔に対するファールでFK俊輔。   中央だがかなり遠目 だが前半最後のワンプレーか。      セレッソの壁のまえに 壁を作りGKの視界を遮るマリノス。
俊輔シュート!!  しっかり枠を捉えるも惜しくもGKキャッチ。  そして笛〜。
前半終了。   シュート数 4:6(マ)  

前半序盤からマリノスが主導権を握った。  大黒、小野が裏のニアゾーンのスペースを突いてシュートを打っていくも惜しくもゴールならず。
トップ下の谷口は俊輔と共にセレッソ大阪の攻撃の起点となるマルチネスを徹底マークし、相手の攻撃を遮断する。   これによってこの試合はカウンター以外はそこまで大きなピンチはなかった。
P1070217a.jpg
金井も神戸戦では上がり過ぎそのスペースを突かれてカウンターを食らう場面もあったが、今日は連敗だけは避けたいという気持ちが強いのか、まずは守備から入り、オーバーラップのチャンスを伺い、要所要所で攻撃に絡んでいく。
青山も神戸戦ではゴールを決めるもパスミスやトラップミスなど何度か危ない場面もあったが、今日は安心して見ていられる程 安定感のある守備で中澤とゴールに鍵をかけている。
後半も 粘り強く戦い 何としても先制を!!!

後半 メンバー交代はなし。
前半どっしりベンチに腰を下ろしていた監督も座っていられずピッチ際へ。 
再三相手陣内へと運ぶマリノスだが ラストパスが中々繋がらずシュートまで持って行けない。
50分右サイドからのグラウンダーのパスに 相手に飛び込まれる場面も。
俊輔もかなり下がり目でプレー。  前でプレーさせたい・・・ 
だが51分 左サイド 俊輔からエリア左金井へ 金井は兵藤との連携から切り込みシュート!!
しかし惜しくもこれまたゴール ギリギリ左へ。   惜しい〜!! 
チャンスは作っているが ゴールだけが中々決まらない・・・

52分には左サイド 兵藤からのパスを受けた瞬間 足をかけられ小野が倒された。  これには何も出ず 目の前で見ていた木村監督も呆れ顔。 
だがその直後 左サイド 小椋から俊輔へのパスを読んだ相手が突進 俊輔が慌ててボールへと行った瞬間 相手と足が交錯 相手の足が交錯した瞬間俊輔の左足に入ったように見えた。
やや痛そうにする俊輔。
だが そのこぼれ球から金井が切り込み倒され笛〜。   またしても相手にイエローでFKを得た。   
エリア左 いい位置。  だが俊輔 先ほどの接触で足がまた悪化してないといいが・・・>< 不安がよぎる。    
P1070347a.jpg
FK俊輔 ふわりとした柔らかい浮き球にファー 中澤 青山と飛び込む。  しかし中澤後ろから圧され倒れ 僅か合わせられず。   相手クリア。   55分には右サイドから 中央へとパスを繋がれ倉田にシュートを許した。  

ここで俊輔はベンチに足を指さし✕の合図。   やはり交代要求か。。。><
狩野が呼ばれた。  先ほどの接触で案の定悪化させたか・・・
柏戦後にも左足にテーピングを巻いて練習を続けていた俊輔。   セレッソ戦前にはテーピングも取れ 本人は 持病みたいなものだし大丈夫 と言ってはいたものの 膝上から脛に賭けて広範囲に痛みが走るとも。     5連戦だけに 不安は確かに持っていた   大丈夫か・・・ 

57分 ついに俊輔に代わり狩野を投入。  交代時 狩野に「上がりすぎないで〇▽✕☆・・・」とのアドバイスを送っていた俊輔。 
狩野 頼むぞ〜!!!
すると直後 エリア左を小野がドリブル突破 倒された。  笛〜♩
俊輔が交代した直後の この場所でのチャンス・・・ (あ〜・・・蹴らせたかった)
ボールの前には狩野。  狩野頼む! 俊輔の代わりに入れてくれ〜!!
狩野は鋭いボールを入れて来たが惜しくもGKパンチング。   いいシュートだったが。

その直後には相手GKと谷口が接触??GKが倒れ相手選手から谷口猛抗議。(いやいや 谷口は何もしてません 谷口負けんな!)
中盤では一層激しいボールの奪い合い。  マリノス必死に繋ごうとするも中々 シュートへと持って行けない。

61分右サイド狩野からエリア右の小林へ だがトラップした瞬間 相手がクリア 右CKを得た。
蹴るのは狩野。   誰か決めてくれ〜!!!  だが願いも空しくこれも相手クリア。
63分 相手のカウンターから相手左CK  頭で落としたボールを中央から打ち込まれるもゴール右で救われる ホッ。。。
そこで監督が動いた。 
64分大黒を下げキムクナン投入。  この所 途中出場でチャンスを作っている長身クナン。 頼むぞ〜!

しかし66分自陣左 セットプレークリアも2人に挟まれた狩野が奪われ相手突破 左サイド抜かれ相手永井シュート!!   飯倉のキャッチで 無事失点を逃れるも 危機一髪!  完璧1点ものの場面だった。   おいおい・・・
67分 左サイドリスタート小椋からのパスを受けた小野がドリブル〜そのまま切り込みシュート!!   は これまた惜しくもゴール右。。。  中々割れないセレッソゴール。

70分だった。 左サイド 小野が仕掛けエリア中央倒された所で エリア左に走った兵藤へと繋がった。  GKと1対1に!  という所で 何と審判は有り得ない笛。   アドバンテージで兵藤が撃てればこれ以上ないチャンス という所だったにも関わらず 試合を止めてしまった。   これにもまた呆れかえる小野。   
怒るのも無理はない。。。  今日はアマチュア審判か??

FK狩野 ゴール前小野のヘディングは上へ クリアされそうになるもそれを中澤が押し戻し今度は青山が  しかし相手のプレスが厳しく 中々ゴールへと運べない。
そんな中72分 右サイド兵藤のクロスにクナンが頭で合せた。  ゴールか!? と思われたそのボールは ゴール右下 相手GKが見事なセーブを見せ しっかり抑えられてしまった。
あ”〜〜〜〜〜 惜しい!!! 悔しがるクナン。 決定的場面だった。

そこで相手が選手交代 永井を下げ 高さのある小松を突入。
マリノスどうした ミスが多い。  ボールの取られ方も良くない。  集中集中!!
76分中央 相手にプレスをかけた小椋 ボールを奪うと一旦小野へと預けてのワンツーで前線へ 小野のパスを再度受けた小椋が 前がかりになっている相手GKの位置をしっかり見極め 浮き球シュート!!
しかし・・・僅か高さが足らずこれもゴールならず GKキャッチ。。。>< もう77分だった。

80分エリア右高め いい位置。 兵藤が相手に倒されFKを得た。 蹴るのは狩野。
位置もいい。    時間もない ここで何とか決めてくれ〜〜〜!!!  
狩野のクロスにゴール前 クナンが飛び込み 頭で合わせた。  そのボールはGKの手をかすめゴール右へ!!!  ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!!
P1070399a.jpg
マリノス先制〜〜〜〜〜!!!!!  クナンは人差し指を口に当てると両手を広げゴール前へ そこへ次々とチームメイトが飛びついた。   嬉しさの中にどこかホッとした表情が入り混じり興奮で真っ赤になって喜ぶクナン 今季FWとして起用されての初ゴールだった。  
P1070398a.jpg
見事だった。  狩野が蹴る瞬間  するする〜っと ニア 相手DF茂庭の前に出たクナン。  
ボールウォッチャーになっていた相手DFは クナンのその動きに対応が遅れた。   もう81分だった。
勢いづいたマリノスは左サイド 兵藤と小野の連携でまたしても兵藤突破 クロスクリアで左CKを得た。   そのCK  GKキャッチも珍しいファンブル  それにすかさず谷口が足を出した。相手に当たっているかと思われたが惜しくもGキックに。。。

88分今度は飯倉にイエロー?? はあ? あれで遅延行為? 訳わからん。怒!!
ロスタイム4分。  マリノスはボールをキープ そして小野に代えアーリアを投入。 
終了間際 相手を倒しFKを与えるも 飯倉がしっかりキャッチ。  最後までクナンの貴重な1点を守り切った。
笛〜〜〜!!! 勝った〜〜〜〜〜!!!!!  終了と同時にガッツポーズの選手達 クナンにチームメイトが駆け寄った。    木村監督はすぐさま俊輔らと握手。  

FWとして初のゴールを決めたクナン 清々しいその表情が何よりも嬉しかった。     
累積で出場停止だった栗原に代わり しっかり役目を果たした青山にも ゴール裏から 大きなコールが起こっていた。    青山は先日のナビスコに続いての出場となったが 怪我もありリーグでは何と2年ぶりの出場だった。    アウェーでの勝利に本当に嬉しそうな青山。    
  
シュート数10:13   退場者ありの10対11での試合ではあったが マリノスはアウェーで貴重な貴重な勝ち点3をゲットした。   
レイソル戦敗戦を見事払拭したマリノス。  中2日で迎える同じく大阪 ガンバ戦に向け この勢いをしっかり維持して欲しい。 

一方この試合、内容云々より酷かったのは主審だった。   前半から次々と不可解なイエローカードを連発。  相手が1人退場になったのはマリノスにとっては幸いだったが、 それでも両チームにとって理解し難いイエローカードが飛び交い、 試合を荒れさせた。   再三その判定に翻弄された小野裕二が呆れて怒るのもよくわかる。    主役は審判じゃない、選手達だ。  審判が試合をしっかり捌ければ試合は荒れる。    懸命にプレーしている選手達の戦意を消失させるような判定には やはり頭をかしげざるを得ない。    結局この試合 8枚のカードが飛び交った。

また 相手が1人退場したからといってチャンスと言い切れないのが今のマリノスだ。  やはりどこかで気持ちが緩んでしまうのか、 いや 相手にブロックを作られるせいでもあるが、毎回なかなか崩すことが出来ない。    俊輔が途中で退いた後はワンタッチ、ツータッチでのプレーがなくなり、連動性が消えてしまった。   疲れもあるのか ミスから逆にカウンターを食らう場面も見受けれた。

だが 中々崩せないそんな中でも セットプレーから得点出来た事は見事だった。
FW キムクナンの待望今季初ゴールを死守して アウェイで勝ち点3を得たことは 今後のチームにとってはとても大きい事。      ナビスコに続き キムのゴールをアシストした狩野も 少しずつ自信がついてきたのではないだろうか。    
交代で入った選手達の活躍ほどチームを元気づけるものはない。   主力を食う程の活躍に今後も期待したい。

ただ 内容的に言えば まだまだ褒められるものではなかった。 
ここ最近 どことなくプレーが雑というか、全体的にミスが多い。   取られ方が良くない。
やはりそういったちょっとミスが 相手に大きなチャンスや流れを与えてしまうことは事実で、 チームのリズムも乱すことになる。

ボールを持っていない時のオフザボールの動きも全体的にまだまだ少ない。  俊輔がよく見せるパス&ゴーや ワンツーでこれまで多くのチャンスを作ってきたが、そういった動きをもっともっと他の選手達同志でも追求して欲しい。     そういう共通意識を持つことが 今チームの連動性を生み出し 守りの固い相手を崩す一番の解決策となるのではないだろうか。 
P1070380a.jpg
途中交代しベンチへ下がった俊輔は左膝上付近を暫くアイシング。  ベンチより前にクーラーボックスを運び その上に座って試合を見守った。    

時には指さしで味方に合図   時には左足を気にしながら。      だが クナンのゴール時には 足の事など忘れたように 一目散に飛び出してのガッツポーズで満面の笑顔を見せた。
P1070427a.jpg
試合前から元々痛かった左足。  更にそこへ接触による打撲が入り自らの交代を余儀なくされた俊輔。 
たったの中2日で行われるガンバ戦に向け  チームの核 キャプテン中村の出場はいかに・・・。
速い回復を祈るばかりだ。
P1070465a.jpg 
足をやや気にしながらも 試合後の挨拶ではGK飯倉とガッチリ握手。   キャプテンの祝福に飯倉の嬉しそうな笑顔が眩しかった。  
P1070477a.jpg
クナン 初ゴールおめでとう!! 兵藤100試合達成おめでとう!
マリノス頑張れ! 俊輔頼むぞ〜!!
P1070156a.jpg
posted by Hiro at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

シュート16本も実らず マリノス柏に完敗

P1060724a.jpg
ひらめき
2011年6月11日 Jリーグ第14節  マリノスは首位独走中の柏レイソルとホームで対戦した。     レイソルは今季J2から復帰したばかり。   この数年はJ1に復帰してもまた降格と 行ったり来たりの状態が続いていた。      だが2009年に 今のネルシーニョ監督が就任   以来 昨季J2では 負けたったの2試合という見事な快進撃を見せ J1に復帰してきた。
快進撃は止まる所を知らず リーグ折り返し近づく現在も首位を独走している。  

だが マリノスも今季絶対優勝を掲げているはず。  優勝を果たすにはこの首位 柏を破ってこそ道が見えてくるというもの。    しかもここはホームだ 何が何でも勝ち点を奪わなければ!!

日産は前日から続く大雨。  それでも首位との決戦に日産には大勢のサポーターが集まった。
この日のマッチデープログラムは俊輔表紙&特集。   スタジアムでは今日も新たなグッズが売り出され ショップには多くの人が並んでいた。 
またこの日 会場には 今回の地震で横浜に避難している小中学生と家族 約220人が招待され選手のアップを間近で見守った。   
同時にスタジアムでは 「レプロ・ハビチャリプロジェクト募金部」の募金活動も行われ 大勢のサポが募金に参加していた。 
P1060606a.jpg
P1060622a.jpg
スタメン発表。
マリノス:GK飯倉 DF小林 栗原 中澤 波戸 MF谷口 小椋 俊輔 兵藤 FW大黒 渡邉
SUB秋元 青山 金井 キムクナン 狩野 アーリア 小野

レイソル:GK菅野 DF酒井 増嶋 橋本 ジョルジワグネル MFレアンドロドミンゲス 栗澤 大谷 大津 FW北嶋 田中

メンバー紹介では元レイソルの波戸 小林にレイソル側から大きなブーイングが起こった。
そしてもう一つ 何と言っても 今回の一番の注目は 俊輔と北嶋にあった。   この二人を語るには 1997年 あの国立で行われた 高校選手権の決勝までさかのぼらずにはいられない。  
MFとFWでありながら 当時から常にライバル視されていた俊輔と北嶋。    桐光VS市船 の決勝で共にチームを引っ張っていた2人の対決は 結局 市船に軍配が上がり 俊輔は涙の準優勝。     だがその後マリノスへ加入した俊輔は リーグ優勝をも果たしJリーグアウォーズでMVPも獲得  その後海外で実績を積みながら これまでずっと長年代表を引っ張ってきた。    一方レイソルの顔となった北嶋は チームの低迷 J2降格もあり 次第に代表からも遠ざかるという対照的な道をこれまで歩んできた。 

何年ぶりの対決だろうか。。。おそらく10年以上になるかもしれない。
何とも言えない 懐かしい雰囲気。。。  だが 今のレイソルはダントツ首位だ。  ある意味マリノスの方が挑戦者でもあった。    ここからは16日間で5試合という厳しい連戦になるだけに 何とかホームで勝利し いい雰囲気でこの後のアウェーの厳しい日程を乗り切りたい・・・             
布陣は4−4−2 代表から戻った栗原が復帰  今日は外人選手対策の為か この所トップ下で活躍している谷口がボランチに下がり 小椋とのダブルに。    DFは4バック  右に小林 左に波戸 と 共に元レイソルの両SBに 栗原 中澤のCB。    中盤は右に俊輔 左に兵藤。    FWは大黒と千真が組んだ。
谷口が下がったと言う事は 監督も かなり柏の攻撃を警戒しているのか・・・。

試合開始直前 ようやく雨は上がり始めた。 だが湿度かなり高く 蒸し暑い。 
気温25.9度  キックオフ!
開始早々 自陣左 小林が栗澤とマッチアップの場面。  中盤では激しいボールの奪い合い。 小椋のカットから大黒へ しかしあっという間にマグネルに奪われると 今度は すかさずそれを読んだ俊輔がインターセプトで奪い返す。      5分小林から一気に前線千真へ GKキャッチもチャンス  続いて高い位置でパスを繋ぎ 最後小椋のミドル はバーの上 とマリノスは 積極的な攻撃を見せていた。

7分自陣右 パスミスを相手に奪われ 田中ミドルシュート!!  飯倉がしっかりキャッチし事なきを得たが 強烈な しっかり枠を捉えたシュートだった。  ホッ・・・
8分自陣かなり低めでのスローインを大黒がヘディングミス エリア付近で相手に渡った。   谷口が身体を投げ出し必死にカットするも またしても 大黒倒れている谷口へパスを出し 相手に。
軽いプレーが多い どうした!?     中々ボールが落ち着かない・・・ パスをカットしても直ぐさま また奪われる場面が何度かあった。      確実にパスを繋ぎ一気に縦パスを繋ぎ攻め上がるレイソルに対しミスの多いマリノス。 

13分には 前線で奪われてから たったの数秒で自陣まで攻め込まれていた。    攻守の切り替えが見事に速い柏。       
確実にパスを繋ぐレイソルに マリノスはボールを奪いに行く事すら中々出来ない。   
15分 痺れを切らした俊輔がスライディングでインターセプトする場面も。   今日はかなり低い位置でボールを追い回す時間が多くなっている俊輔。

小林がボールを持つと柏サポからは大きなブーイング。  
20分栗原が攻め上がり 大黒へ 一旦失うも そのこぼれ球を大黒シュート!   しかしどうした事か ボールは大きく左へ。。。
22分にはDFラインから一気に中央高めへとパスが入った。   しっかりとパスを繋ぎワンツ―で最後シュートまで持って行く柏。       首位を独走する柏の強さを実感した。

そんな相手の攻撃にやや危機感を覚えたのか マリノスは下げる場面が多く 積極的な攻撃が殆ど見られない。   低い位置でのパス回しが多く  縦パスが入らない。    入ってもすぐ奪われる・・・ の悪循環。
どうしたマリノス!! ここはホームだぞ!

疑いもなく 味方のパスを信じ動き出す柏  チームの仕上がりぶりに大きな差を感じはじめた。
そんな中 25分だった。
低い位置 ゆっくりパスを回していたレイソル  右サイド酒井から一気に前線へロングパスが入った。     ゴール右  中澤 栗原が相手田中に必死の対応を見せるも そこへ北嶋が飛び込み競り合い倒れながら小林が必死のクリアに行くも また田中に渡りシュート!!
そのシュートは 栗原 小林の2人の股間を抜け ゴール左へとつきささってしまった。  
あ”〜〜〜〜〜>< やられた・・・   酒井はフリー 狙い澄ます余裕さえ見せていた。  プレスはどうした・・・
P1060699a.jpg   
日本を代表するDF2人をものともせず  小林の捨て身のスライディングも 飯倉の必死のセーブも・・・ 結局 田中のシュートを止める事は出来なかった。
相手ながら 見事としか言いようのないシュートだった。  

だがゴール裏からは 「まだまだ〜〜!!たったの1点だ!」という声が。   今季 先制されても追いつく粘り強さを持っているマリノスだけに 同点ゴールに 大きな期待がかかった。  
少ないながらも懸命にパスを繋ぎ 前線へ運ぶも 今度は肝心な所で 滑って チャンスを無駄にしているマリノス。     最初から雨の中での試合だ ホームの選手が滑っていてどうする!! ガタイのデカい相手に 1対1でも当たり負けする場面も多かった。  
 
すると 30分左サイド 俊輔が複数の相手DFのプレスをターンで振り切り ゴール前 千真へ  惜しくも僅か合わせられなかったが チャンスを。    更に 俊輔のキープ&タメから 波戸のクロス〜千真のヘディングシュート!! 
34分には中央左 俊輔から一気に前線千真へとロングパス通り 千真が左でキープ 波戸のクロスに 大黒ヘディング・・・  と やや高めに上がった俊輔を起点に マリノスも続けてチャンスを作ってきた。     いいぞ! ここで誰か1点決めてくれ!!
俊輔が高い位置で絡めれば チャンスはどんどん出てくる。    この流れを切らすな〜! 今のうちに追いつけ〜!
 
だが36分だった。  マリノスは高い位置で短いパスを繋ぎ 攻め上がり エリア中央谷口へ 谷口が後ろから押し倒されるも笛ならず  こぼれたボールを相手に奪われ 一気にカウンター 右サイド 酒井の狙い澄ました素早いクロスに ゴール前ニア 北嶋に抜け出され 頭で押し込まれてしまった。
何と言う事か・・・ 折角マリノスにいい流れが来ていた時間帯でのこの失点。。。
クロスに合わせ 急にスルスル〜ッとDFの前へ抜け出る 北嶋の動きの質と決定力  そしてアシストした酒井の精度   味方にも大いに勉強して欲しい位だった。   酒井に先制点をアシストされているにも拘らず またしても酒井をフリーにしているマリノス。   何をやっているんだ!!    
P1060712a.jpg
この失点は流石にショックだった。  首位相手にホームで2点先制されてしまったマリノス。  流れが自分達に来ていただけに 悔しかった。
しかしその直後だった。    キャプテン中村が牙をむいた。   右サイド 谷口からのパスを受けた俊輔は 一気にゴール前中央の大黒へ 鋭いどんぴしゃクロス!!!  大黒ダイレクトで頭でたたきつけるも 惜しくもGKへ。。。    惜しい〜〜〜!!!
しかし たった1本のパスで あっという間に決定機を演出する俊輔。   2失点に失意のチームを 確かに鼓舞していた。     
P1060688a.jpg
1点を追い懸命にボールを追うマリノス。   
44分には左サイド パスを繋ぎ中央俊輔へ  ダイレクトで思い切り左足振りぬくも そのシュートはゴール大きく上・・・  珍しい・・・ 2失点に 俊輔までも気合入りすぎたか・・・
だが 前半終了間際だった。   右サイド 俊輔が後ろからファールを受けてのリスタート 俊輔は 一瞬の隙を突き 一気に前線の大黒へと見事なスルーパスを出した。    ピタリとあったそのパスを受け 大黒はGKと1対1!     慌てて詰めた相手DFを切り返しで交わすと シュート〜〜〜!!!     しかし 何と言う事か シュートはゴール左へ・・・ ><
これ以上ない 決定的場面だった。  

流石に これには 会場中から大きな大きなため息が。     ここで1点返しておければ 後半のモチベーションも大きく違ったのではないだろうか。。。   信じられん!と言った表情で頭を振る木村監督。。。        
前半終了。   苦しい2点ビハインドで折り返しとなってしまった。

結局 前半はレイソルにボールを回され 完全に主導権を握られてしまった。  ワンタッチ ツータッチでの速いパス回しに マリノスは中々ボールが奪えず 攻撃に移ることが出来ない。 
ようやく奪っても また奪われる事を恐れてか 消極的なプレーが多く 横パスを回しているうちにまたインターセプトされ カウンターを喰らうシーンも目立った。      フォローも遅いせいか 前線の選手のキープ力も非情に悪く 攻撃の起点が中々作れない。

一方レイソルはJ2から昇格してきたチームとは思えない程 攻守に渡ってバランスの良いサッカーをしていた。    運動量の多さ オフザボールの動き 選手間の距離 球際の強さ 連動性 プレーの精度・・・ どれをとってもマリノスを上回っていた。
前半シュート4本程で2失点とは痛いが クロスの場面で もう少し身体を寄せていればあの2失点はなかったのではないだろうか。     堅守速攻のマリノスが前半 全く逆のサッカーを展開してしまっていた。   

特に前半レイソルとの差を感じたのは 攻撃時の周りの動きの速さ。  レイソルは一人がボールを持つと周りの選手達が連動し次々とスペースに動き回りゴールへと運んでいくが マリノスは個々の距離感が悪く足下足下へのパスばかりで中々攻撃のスイッチが入らない。    失敗を恐れ セーフティにやりすぎている印象だった。  

そして後半。  監督は予想通り一気にFW二人をいっぺんに入れ替えてきた。  決定力のなさに相当苛立っていたのか。。。  大黒 千真を下げ  クナン そして小野を投入。
頼むぞ〜!!!   谷口はトップ下へ。 
円陣を組み 俊輔を中心にかなり長い間 打ち合わせているマリノス  一方 レイソルはゆっくりピッチに登場。  

後半 かなり高い位置から小野 クナンがボールを追い回す。  開始早々 右小野からエリア右 谷口へとパス! しかし谷口相手DFに挟まれ倒れ笛ならず。   
2分には クナンの落としを中央小野〜右の小林へ 小林ラインギリギリクロス!  も 谷口の前に相手入りクリア。     更にその直後 右サイド 俊輔から一気に エリア谷口へ! 谷口ヘディングはゴール上。。。    と次々マリノスが俊輔を中心にチャンスを作り出す。  流れはマリノスに。
P1060689a.jpg
その直後 中央かなり低めで受けた俊輔は ドリブルで上がりながら 相手DF5人の間を通す見事なスルーパス!! クナンへ!   クナン抜け出しエリア左で追いつくと 左サイド兵藤〜すぐさま小野へ。    小野へのパスを読んだ相手がすかさずプレスをかけスローインへ。     
更に そのスローインから 波戸のクロスにエリア中央 谷口が胸で落とし 俊輔が強烈シュート!!!   だがこれも 必死に飛び込んだ相手DFの身体に阻まれゴールならず。 
直後にも右俊輔 しつこい相手DFを何度も切り返しで交わしてクロス!! ゴール前 谷口がヘディング。。。  これも上にあがってしまったが マリノスは確かに 後半何度もチャンスを作っていた。     

俊輔と谷口が高い位置で攻撃に絡んでいる事で マリノス猛攻。   もしかしたら前半から谷口をボランチに下げず いつも通りトップ下で使っていた方が良かったのでは・・・><
7分には 左波戸から大きく前線のクナンへ クナン エリア左でキープしながら  走りこんだ谷口へ 谷口スルーで 兵藤シュート!!!    しかしこれもゴール右で決まらない。
チャンスを作るものの 一向にゴールが枠を捉えられないマリノス。。。><

相手の あっという間に自陣まで運ぶ 素早いカウンターも警戒が必要だった。
10分には俊輔から エリア小野へ  は小野足につかず。   直後にはFKから、  11分には俊輔からまたしても小野へ。。。   とマリノスの猛攻が続いていた。   
雨が上がり 晴れ間も出て来た日産の気温は キックオフ当時から一気に3度も上昇 蒸し暑い! 

次々攻め込むマリノスだが 相手の固い守備に 再三のチャンスに中々ゴールを割れない。   
ゴール真ん前でのシュートも 悉く跳ね返された。       
20分にはカウンターから数秒でオフサイドなく抜け出した北嶋にシュートも撃たれた。
守備にも決して気が抜けない。。。

22分中央高めプレスを受けながらも俊輔から谷口へ 谷口引っ張られ倒されシュートはゴール右へ。 怒!   24分俊輔はスローインから 相手に挟まれ倒されると 思わず仰向けで芝を両手でたたきつける場面も見られた。    悔しさを思いっ切り芝にぶつける俊輔。  

しかし27分 右サイド小林からパスを受けた俊輔は自らシュートと同時に相手に激しく倒された しかし それが運よくエリア左の兵藤へとどんぴしゃのパスに!!!
兵藤GKと1対1〜!   しかし兵藤 胸トラップが僅か大きくシュート撃てないままGKとDFに阻まれ倒されゴールならず・・・><
シュート場面で倒された事もあり PKかと思われたが笛は鳴らず CKへ。  だいたい俊輔が倒された時点で笛が鳴らなければおかしい!!怒! 
P1060752a.jpg
ゴール裏からは判定に大きな大きなブーイング。   その左CK俊輔 ゴール前 ボンバー 栗原 と次々狙うもゴールならず。。。 ><
すると74分 監督は俊輔を下げ狩野を投入。    過酷3連戦を乗り切るには交代選手の活躍こそがカギだ 狩野 頼むぞ〜!! 前回の悔しさを晴らしてやれ!

76分右狩野のクロスに ゴール前 谷口のヘディング はGK.  だがその後 マリノスはチャンスを中々作れず。   
39分栗原のクロスに ゴール右クナンが丁寧に落とし ゴール真ん前で 狩野ボレーシュート〜!!!
・・・も 何とこれも ゴール枠を捉えられず ゴール右へとそれてしまった。    呆然となり立ち尽くすクナン。。。    完璧 と思えるチャンス いったいマリノスはどれだけの決定的場面を無駄にしているのだろうか。   相手に阻まれたのならまだしも 枠さえ捉えられないマリノス。   またしても唖然とする監督。 

クナンの完璧ななお膳立ても・・・ 溜め息の連続だった。 
最後は栗原も前線に上がっての攻撃。 41分には左小野から一気にゴール前へパス  クナンがGK DFと競り合い上がったボールを谷口がヘディング〜〜〜〜〜!!!
しかし 何と言う事か それさえも 飛び出したGKの代わりに 増嶋がラインギリギリで掻き出してしまった。    
あ”〜〜〜〜〜><・・・   笛〜♩
笛と共にクナンはガックリ  小野はピッチに座り込み暫く立てなかった。
P1060767a.jpg
試合終了。 0−2  完敗だった。

後半FW2枚を代えて谷口が前線に上がってからは完全にマリノスがペースを握るが 2点先制した相手は 完全にディフェンスラインを固めで ゴールを割らせない。  
俊輔からの 何度もの絶妙なパスで マリノスに再三チャンスが生まれるが 最後の所でのラストパスやシュートが悉く精度を欠き 中々得点を奪う事が出来ない。

途中 俊輔を下げ狩野が交代で入るも 流れは殆ど変わらず むしろ交代した相手選手の運動量に圧され 途中流れが相手に持って行かれる場面も。   ここ最近 この二人の交代が目立つが ナビスコでCKからアシストした以外は 全体的に見ると その後流れがマリノスに大きく傾きリズムが良くなる様子が中々見られないのが不安材料でもある。     期待を込めての交代  層の厚さを増す為には 何としても期待に応えて欲しい所なのだが 今後 監督はどんな手をうってくるのだろうか。    

負けている中での選手交代だ 指示を出す監督も そして入った選手も 難しい部分があるとは思うが ハードな日程 今季は総力戦で戦っていかなければ 優勝はおろかACL出場も圏内も厳しい。全体的に見ても今日は 1対1での強さ  連携  一つ一つのプレーの精度 そして闘争心・・・    その全てにおいて相手が上回っていた。     CKも一度もない中  シュートたったの4本でしっかり2点決めるレイソルと 16本と相手の4倍ものシュートを撃って 1点も決められなかったマリノス。     相手DF陣の見事な集中力もあるが 自ら枠を捉えられないマリノスとの決定力の差は大きかった。      戦ってみて 改めて今季のレイソルの強さを実感。   
P1060776a.jpg
中でも特に目立っていたのはサイドの酒井。   これまではあまり知らなかったのだが 身体の大きさに加え 動きと質 精度 全てにおいて目を見張るものがると感じ 番号と名前を見ると U−22 代表に選出されていた。 

完敗・・・とはいえ マリノスがいいとこなしで終わったわけではない。   決定機にしっかり決めていれば また全く違った結果になっていたかもしれない。    特に後半はあれだけの猛攻を仕掛けていたマリノス 俊輔も何度も決定的場面をたった1本のパスからお膳立てしていた。
ホームでの完敗にガックリではあるが この過酷5連戦 このあと2試合は更に厳しいアウェーでの闘いとなる。     このレイソル戦を決して無駄にせず 逆に 相手のいい所をどんどん盗んで 次の2戦で何としても勝利を奪い 後半戦に向け いいムードを取り戻して欲しい。  

ピッチを降りた後 左膝に氷をあてていた俊輔  ナビスコでも試合後びっこをひいていた事もあり毎度毎度 大事に至らない事を祈るばかりだ。   
大阪に向け素早い修正と切り替えを!! 前を向けマリノス!! 頼むぞ俊輔!!!             
posted by Hiro at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

先制活かせず!マリノス ナビスコ神戸に悔しいドロー

P1060446a.bmp
2011ナビスコ初戦 1回戦第1戦。 マリノスは三ツ沢ニッパツでヴィッセル神戸と対戦した。
神戸は現在リーグ6位。   
3月11日の東日本大震災の影響で 今季大会方式がやや変更になったナビスコ。  予選リーグは廃止され 変則的なトーナメント方式となった。    J1 18チームが参加し 先ずは1回戦 2回戦は ホーム&アウェー方式の2試合、  準々決勝以降は1試合のトーナメント方式。  鹿島 名古屋 ガンバ セレッソはCLがある為 1回線2回戦はシード、 準々決勝からの出場だ。 
90分間で勝敗が決まらない場合は引き分け、 進出チームは @2試合の得失点差  A2試合におけるアウェーゴール数 B2試合終了時30分間の延長戦(この場合アウェーゴールは適応なし)CPK  で決まる。

様するに 先に勝利をおさめたチームが有利に展開できる事はどう考えても間違いない。   しかもマリノスの場合は第1戦がホーム。   ここで勝利しておけば アウェーでも落ち着いた試合展開が出来る。   更にナビスコには アウェーゴールというルールがあるだけに 失点だけは絶対に防ぎたい所・・・ 

現在リーグ3位と好調な滑り出しのマリノス、 三ツ沢には朝から大勢のサポーターが集まっていた。       天候は曇り。  雨が直ぐそこまでぶら下がっていそうな雲行きだが 何とか持ちこたえている状態。

募金活動他 様々なイベントが行われていたニッパツ  ピッチホームゴール裏では ナビスコチップのポールを置いてのキックターゲット?のようなゲームも行われていた。    参加するとナビスコ商品が貰えるとあって これには大人も子供も かなり大勢の人が参加し お菓子をゲットしていた(ちなみに自分も 笑)    

選手登場〜! 一気に会場のボルテージが上がる。  早速アップを開始する選手達。    
ん? 今日の俊輔の足には あまり見たことのないスパイク、 おニューか?
紫 & ピンク? &蛍光黄色の3本ライン。    先ずはアップで慣らしか。   
練習でシュートをふかし 決まらなかったクナンに ゴール裏から応援歌が。  クナンそのサポの反応にタジタジになりながら  今度こそ とシュート撃つが今度はGKキャッチ。笑   とアップ中クナンがかなりサポの笑いを誘っていた。

スタメン発表。  GK飯倉 DF小林 青山 中澤 金井 MF小椋 俊輔 兵藤 谷口 FW大黒 渡邉
SUB秋元 波戸 キムクナン 天野 狩野 アーリア 小野

代表でいない栗原の代わりに 今季清水から来たDF青山がセンタ―バック初先発 マリノス公式戦デビュー試合となった。   青山は何と公式戦約1年9ヶ月ぶり。   中澤 栗原という 今や日本の壁 とも言われる強靭なマリノスのCBでの抜擢、 折角来たこのチャンスにこそ ポジションを奪う程の活躍を見せて欲しい所!     

一方マリノスのナビスコで思い出されるのは何と言っても2001年の優勝だ。  好調だったジュビロ相手に 俊輔の入院離脱等もありJ2降格危機の真っ只中にいたマリノスは  試合前日行われた記念パーティの席で記者に 「ジュビロ相手に 格下のマリノスが・・・」といういい方をされ 選手達が発奮!
何が何でも勝ってやる! と一丸となったマリノスはドローも 最後PK戦で榎本(達)が止めまくり勝利。    見事国立で優勝カップを掲げた。     リーグではピッチに塩を盛って戦う程降格ちらつく苦しい状況だっただけに このタイトルは本当に光がさしたような嬉しい出来事だったのを覚えている。   
今年は全タイトルを獲る! と宣言したマリノス。  もう一度あの国立の舞台へ!!
P1060429a.bmp
選手入場。  そして 先日仙台戦で見事J1 350試合出場を達成した波戸選手には花束贈呈のセレモニーが行われた。      俊輔が本当に苦しかった2001年   代表 そしてマリノスで 共に闘い 共に苦しんだ波戸選手が 昨年 俊輔と共にまた戻ってきてくれた。    350試合と簡単に言うが 自分の成長と共に歩んで来たこの10年に 長い歴史を感じた。  これからももっともっと記録を伸ばしてくれ〜!

選手紹介では青山に一層大きな拍手が。  そして事件から久々にピッチに立つ金井にも大きな暖かい拍手が送られた。     事前に流れていた予想スタメンとは違い青山 金井以外はいつものメンバーで谷口 小椋 も先発  狩野 波戸はベンチスタートとなった。   
DF右に小林 CBに青山と中澤  左に金井。   ボランチに小椋 右に俊輔 左に兵藤 トップ下には谷口。    怪我から復帰したFW小野はベンチスタート。  

天候 曇り  気温24.4度  
円陣を組む選手達。  キックオフ!! ここはホームだ 頼むぞ〜!! 
(※今回は試合放送なしの為  試合の詳細は省かせて頂きます)
すると何と言う事か 開始早々ピンチ!!  相手がDF裏を突き突破〜シュート!!  飯倉の左手1本セーブで事なきを得たが 初っ端から冷や冷やの場面が。    おいおい しっかり 頼むぞ〜!!

だが その後はジリジリとマリノスが攻め込んだ。   俊輔を起点に何度も相手陣内に侵入するマリノス。    
だが神戸のプレスがかなり速く厳しい。   特に決定的場面を作り出す俊輔には 複数での厳しいチャージが襲い掛かり 何度も何度も倒されていた。    その度に 足は大丈夫か・・・とヤキモキ。。。><
P1060465a.bmp
そんな中で 得た俊輔のFK。   遠くて詳細は判らなかったが  神戸ゴール前では お〜っ と声が上がっていたほどの 強烈な一撃。  いいぞ俊輔!   流れは一気に マリノスへ。  
P1060501a.bmp
俊輔から 何度もチャンスメイク!    しかし最後クロスの精度が悪い。。。 トラップミス・・・  パスミス・・・ と 再三のチャンスが 中々ゴールに繋がらない。   
俊輔が身体を張って必死に取り返したボールも  前線であっという間に奪われる。。。  余りに簡単にボールを奪われたり 失う場面に ゴール裏では 「そんな簡単にボールを失うなよ!」 と怒りの声も。     

何度も何度も倒される俊輔。 中々相手にカードが出ない。  Gキックにも邪魔を入れる神戸。 そんな神戸の早いチェックに苦しみながらも、それでもマリノスは何度も決定的な形を作った。     20分には連続攻撃、26分には渡邉のドリブル突破から谷口が飛び込んだが、そのシュート悔しくもクロスバーを直撃。。。><
結局 マリノスは再三のチャンスを活かし切れないまま 前半 0−0での折り返しとなってしまった。   

ハーフタイム。  小野がいつもより早くアップを引き上げた。  これは交代があるか・・・。
すると早速監督が動いた。    大黒を下げ怪我から復帰の小野を投入。  
積極的に裏へ抜け出し 神戸ゴールへと攻まるマリノス。     渡邉・・・兵藤・・・小林・・・  小野も懸命にエリアで身体を張る。    しかしどれもあと僅かの所で ゴールに結びつかず。     中々決まらないゴール  次第にマリノスの攻撃は拙攻・・・  
P1060518a.bmp
こんな場面もあった。  以前にも一度あったのだが 折角のいい位置でのFK  兵藤に近寄りセットプレーの支持を出す俊輔。   しかし兵藤はその指示が判っていなかったのか それとも二人の様子に相手が最初から狙っていたのか  俊輔が兵藤へと出し 兵藤がそこでボールを止めた瞬間 それを相手にあっさり奪われてしまった。    その様子から俊輔はパスが自分に戻ってくると?思っていたのか  いづれにしてもセットプレーの支持が兵藤にうまく伝わっていなかったようで ビッグチャンスがあっさり消えてしまった。   ガックリする俊輔・・・         

後半は前半のようなチャンスが中々作れない。  疲労も出て来たのか攻守の切り替えもやや遅れ  低い位置でパスを回す時間が長くなった。  中々縦パスが通らない。。。   痺れを切らした中澤が攻め上がる場面も見られた。

刻々と迫る時間。。。   マリノスの猛攻に早速選手を入れかえてくる相手監督。
68分 散々相手からチャージを受けている俊輔が  左サイド 奪われたボールを取り戻そうとスライディングでカード。   今季2枚目のイエローを貰ってしまった。    あれだけやられて相手に中々カードが出ないというのに これでカードとは・・・怒! 
そこで監督がまた動いた。    72分 その俊輔に代わり 狩野を投入。  前回思った活躍を見せられず悔しい思いをしているであろう狩野  ガンバレ!!

すると74分 ついにこう着状態が破られた。  
狩野の左CKから 久々の公式戦出場を果たしたDF青山が 見事合わせ ゴール左に押し込んだ。
ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!   青山は 今季初出場で 初ゴール!!
ニッパツが揺れた。   いつか決まるだろうと思いながらも 一向に割れなかった神戸のゴール、 刻々とと迫る時間に 不安が湧き出した時間帯でもあった。   
ようやくつかんだチャンスに ゴールまで決めてしまった青山に 一気にチームメイトが飛びかかり青山は倒され乗っかられ・・・ 笑
P1060551a.bmp
CBで今季公式戦 初のコンビを組んだ中澤も  嬉しそうに満面の笑顔で青山を祝福し抱きついていた。
P1060556a.bmp
よ〜し!!  1点で納得せず追加点を〜!!!
そこで監督は 渡邉を下げ キムクナンを投入。   クナン 前線で身体を張ってくれ〜!!
前回の悔しさもあるのか 狩野も身体を張り 懸命にボールに食らいつく。 いいぞ狩野! 

早くもキープに出るのか?  前線に送ると思いきや 既に時間を稼ぎに出る場面も  小野はコーナーで身体を張り 相手ボールの判定に 審判に食らいつく場面も。    プレーに関しては全く物おじしない小野。。。
P1060566a.bmp
しかし・・・
ロスタイム 終了間際だった。  自陣低め 狩野が相手ホジェリーニョに詰められ 慌てて取り返しに行くもそこから繋がれ ホジェリーニョがドリブル 〜シュート!!  DFに当たりコースが変化 ブラインドにもなったか 飯倉が懸命にキャッチしに行くものの そのボールはネットを揺らしてしまった。
あ”〜〜〜〜〜〜>< >< ><
何と言う事か・・・   折角先制出来たというのに こんな時間に・・・><
P1060569a.bmp
会場は勿論 ベンチ選手からも溜め息が漏れた。     
もう時間がない事は判っていた。   しかしそれでも1点を取り返そうとゴールに向かうマリノス。   最後 クナンのパスに谷口シュート!!! も バーの上へ。。。 谷口は最後まで懸命に走り回り ゴールを狙っていた。
そして 無情な笛〜・・・    
相手ゴール前で 仰向けになったまま 暫く起き上がれないでいる谷口がそこにいた。  
P1060573a.bmp
1−1の 悔しいドロー。  
前半 あれだけボールを支配し 何度もあったチャンスに決められなかった事  そしてその大事な先制を結局最後まで守り抜く事が出来なかった事が全てか。 
アウェーゴールを決められている為  ドローとはいえ7月27日の第2戦では 絶対にアウェーでゴールが必要と 苦しい状況になってしまった。    
試合後 素足にサンダル姿で挨拶に来た俊輔  左足首を押さえたり どことなくびっこをひいていたように見えたが 大丈夫だろうか・・・。
次は J2から昇格し 何と今季ダントツ首位を突っ走っている柏レイソルが対戦相手だけに チームの核 キャプテン中村の調子はマリノスにとってはとても重要な事。  軽傷である事を祈るばかりだ。    
P1060577aa.bmp
一方 悔しいドローではあったが 悪い面ばかりではなかった。 
それは 何と言ってもDF青山が初出場フル出場で初ゴール を決めた事だ。
プレッシャーからなのか 前日熱を出していたようだが 結局90分フル出場  家族が見守る中 見事チームに貢献 新たな戦力が加わった。 

もう一つは チャンスは作っていた事。   ただ 俊輔からの何度ものチャンスボールを  精度さえあれば 必ず決定的場面に持ち込む事が出来たはず。    クロス・・・ パス・・・トラップ・・・  日頃の練習から その一つ一つ精度を もっともっと上げる特訓をして欲しい。   
そこにあるゴールを割る為に・・・  全ては 若手もベテランも 一つ一つのプレーの精度から!
頑張れマリノス!! 頼むぞ俊輔!!     
posted by Hiro at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする