2011年07月30日

強気マリノス苦手大宮からついに日産で逆転V

P1180022a.jpg
2011年7月30日 Jリーグ第19節。 マリノスはホーム日産に 大宮アルディージャを迎えた。    東日本大震災の影響による日程変更で 猛暑での連戦を強いられているJリーグ。
マリノスは ホーム神戸戦から中3日で アウェーでナビスコ神戸戦  更にその翌日横浜に戻ってたった1日で またしてもホームで試合という信じられない超過酷スケジュールとなってしまった。
アウェーでの激戦を経て 戻ってからたったの1日でもう試合・・・>< 

選手達の疲労が心配された。  
しかも相手は大宮アルディージャ。   マリノスが苦手とする相手でもある。  先日アウェーNACKで戦った時も 俊輔のセットプレーからのゴールで先制したものの 内容的には 圧される厳しい状態で 結局追いつかれ1−1のドロー。    5分け2敗とマリノスはまだ1度もアウェーNACKで勝利した事い上  ここ日産でさえ1分3敗と4試合まだ1度も勝利できていない。

疲労困憊の中での この苦手チームとの対戦。。。 しかも もうナビスコのない相手大宮は前節の試合から1週間の空き。。。と圧倒的不利。     コンディションの差が大きいだけに 不安は大きかった。   
しかし今回はホームだ。  前節のリベンジに加え ここで勝利を捥ぎ取れば もう苦手意識も消える。  次節 レイソルとの頂上決戦にいい形で臨む為にも ここは今季持ち前の精神力で粘り 何とか勝ち点3を捥ぎ取りたい!! 
連戦であることから これまで何度も言ってきた通り “総力戦の出来不出来”が 今後のチームの行方を決めるといってもいい・・・   控え選手のアピールにも 大きな期待が集まっていた。

また試合前 スタジアムではナビスコ2回戦のチケットを販売。   平日の試合にも拘らず 何とその行列は7階の一番奥まで続き その関心の高さを表していた。   リーグ含め これで年に4回もの神奈川ダービー   盛り上がりそうだ。
横浜は予報通り 試合前になって雷雨が。  時折稲光も見える激しい雨の中の試合となった。  

スタメン発表
=マリノス=
GK飯倉 DF小林 栗原 中澤 金井 MF小椋 俊輔 兵藤 谷口 FW大黒 渡邉
SUBGK秋山 青山 波戸 キムクナン 天野 狩野 アーリア 
=大宮=
GK北野 DF杉山 坪内 金 村上 MF青木 上田 東 藤本 FWラファエル 李
SUB江角 深谷 渡邉 渡部 金久保 金澤 片岡

横浜は3日前のナビスコ神戸から 4バック左を波戸に代え金井に 中盤は小椋のボランチに 右に俊輔 左に兵藤 トップ下に谷口のダイアモンド FWは渡邉と今日は大黒。
一方 大宮は 前節と同じスタメン。 ベンチには今日も千真の兄 大剛も。  前節は千真が交代後に入った為 兄弟対決とは行かなかったが今節はいかに・・・  
公式戦8試合前負けなし 現在首位のマリノスに対し 大宮は現在10位。  苦手大宮にマリノスは中2日で どんな試合を見せてくれるのか・・・!   
P1180015a.jpg
今日は港北サンクスマッチと言う事で スタジアムは真っ暗に スポットライトに照らされながら選手達が登場した(節電!? 笑) 横浜市長が挨拶  そして記念撮影にも一緒におさまっていた。
両キャプテンが審判と握手で挨拶  俊輔が相手キャプテン藤本に手を差し出した瞬間 藤本は無視してわざと審判団と握手。   先輩にからかわれ苦笑いの俊輔・・・。  俊輔 ちゃぶってお返ししてやれ!    俊輔は黄色のスパイク。
P1180027a.jpg
天候 雨   気温26.8度  湿度80% キックオフ!
53秒だった。  自陣右 相手ボールをクリアした瞬間相手と接触?で小林が倒れ うずくまったまま起き上がれない。    試合は続けられていたが 気づいた俊輔が試合を止め 一旦ボールを外に出した。  

かなり痛そうな小林。  右足首を痛めたか すぐ前のラインの外に出るのすら厳しそうな状態。。。 大丈夫か・・・ そこで天野が準備。   しかしピッチ脇で小林が足の状態を確かめOKを出しピッチに戻った。   次は古巣レイソル戦だ コバ無理してないか 大丈夫か?? 

4分 やはり一旦戻った小林が 天野と交代。  開始早々マリノスはアクシデントに襲われた。 
足を引きずりながらピッチを降りる小林。。。  天野  コバの分まで頼むぞ〜!!
すると5分中央 俊輔と小椋で奪ったボールを大黒がドリブル突破   スライディングで倒された。    上田に早くもイエロー。   かなり遠目だが 直接狙えない位置ではない。  約30メートル程か。   
P1180035a.jpg
ボールの前には俊輔  俊輔は栗原と何やら打ち合わせ。  栗原が蹴ると見せかけるか・・・
すると俊輔が思いっきり左足を振り抜いた。  そのボールは低めの弧を描きゴール右下隅へ一直線。    しかしあと僅か という所で相手GKが横っ飛び  押さえてしまった。
あ”〜〜〜 惜しい!! 

中盤でボールを奪い 前へと攻め込むマリノス。  前回のアウェーでの戦いとは違い 序盤からマリノスが流れを掴んでいる。    いいぞ!
左高め 味方がパスを奪われた途端 プレスをかけ取り戻す俊輔。  今日も守備の意識が高い。
その味方スローインからエリア左 谷口がウラヘ抜け出し突破! シュート! は 角度がなく惜しくも左ポスト直撃! 跳ね返りはクリアも 天野が前線へ 中央谷口シュートに行くが惜しくも直前クリア。   悔しそうな谷口。    しかし積極的に攻め込んでいるマリノス。

中盤で落ち着いてパスを回すマリノス。  相手の飛び出しには マリノスツインタワーがしっかり対応。   左兵藤から左サイドあがった千真へ 千真低めのセンタリングにエリア左 谷口ラインギリギリシュート! はGK.   かなり激しい雨。

16分自陣低め DFラインからの縦パスを奪われ ラファエルシュート! はゴール上で救われる。     低い位置でのパスは注意が必要だ!  
18分相手右サイド強引突破! エリア右から杉山シュート!! は右サイドネット。  ホッ。。。  シュート直前 小椋がめいっぱい足を出していた事も良かった。  

21分低め 相手の左スローインからパスを繋がれラファエルのクロス? を小椋がクリア?も上に上がり GK飯倉キャッチに行くも飛び出した相手に阻まれ必死のパンチング  そのこぼれ球から繋がれ攻め込まれる。

23分パス繋がれ左サイド低め 藤本の突破を俊輔スライディングで阻止。 & プレスに来なかった天野にジェスチャーで指示。  
24分右サイド高め 天野倒されFK俊輔 ピッチには激しくたたきつけるような雨 俊輔はじ〜っと中央エリアの密集地帯をみつめるとクロス! 高いボールを入れた。 

 ゴール前 どどっと一気に流れ込むが 千真あと僅かの所で届かず しかしそのクリアが真上に上がり 栗原が頭で押し込んだ。   だがそれもゴール前にいたDFに阻まれクリア。

26分マリノスカウンター 右サイド俊輔 相手DF2人をを前にエリア右から仕掛け クロス! に ゴールファー 受けた谷口 頭で合わせるも相手を倒したと笛。。。怒  しかしヘディングもゴール左へ。     俊輔の積極的な突破 精度 共にさすが! 
30分高い位置でパスを回す大宮  そのパスミスを受けた谷口は 右兵藤へ展開〜 兵藤は右前線に走り出した千真へ グラウンダーのロングパスが通った。     相手DFはたった一人だけ。 千真ドリブルで仕掛けるかと思いきや  直ぐにシュート!  しかしそのままGKに阻まれてしまった、    もったいない・・・><   GKがやや前に出ていたため 直ぐに打ったのだろうが もう戻りに入っていたGK  やや判断が甘かった。   あそこで打つならもっとスピードのあるシュートでないと・・・。   GK以外にはDF一人しかいなかった GKと1対1勝負して欲しかったが・・・

31分相手の縦パスを栗原がインターセプト それを中央小椋が 前線へ飛び出した谷口へと浮き球で送った。    すると谷口 ロングループシュート!!   そのボールはゴールバーギリギリ 相手GKが弾くのに必死  ゴール目の前にこぼれたが 大黒詰めておらず GKが慌ててキャッチ。    詰めていれば完璧1点ものだった。   谷口の精度あるループシュート お見事! 
 
しかしその直後だった。  左サイドDFラインから一気に前線 朴へ縦パスが通った。  左サイド高め 李がそれを落とし藤本がクロス!  それがゴールファー 後ろから走りこんできたラファエルに  金井が前にいたため そのヘディングは飯倉が押さえられたが 冷っとした瞬間だった。 
33分高い位置でパスを回すマリノス 右天野から中央小椋へ 小椋がそれをダイレクトでゴール前へ!!   飛び出した谷口 シュート! に行くが惜しくも 僅かポスト右へ・・・ 惜しい〜!!! 決定的場面。   しかし小椋のダイレクトに谷口の飛び出しは 見事だった。  いいぞ!マリノス!

35分だった。  相手のGキックが一気に右サイド高め ラファエルに繋がった。  それを李がセンタリング? が逆サイドへ流れた。  村上が追いつき  落としたボールを上田がクロス!  それをラファエルに 頭で押し込まれてしまった。    ラファエルの前には誰もおらず フリーだった。 0−1へ。   

高い位置で 逆サイドに振られた事がこのゴールを生んでしまった。   それにしても ラファエルだけは押さえなければ・・・ 
マリノス優勢の流れの中での 相手のたったワンチャンスでのこの失点。。。  痛かった。。。前節の同点ゴールに続き またしてもラファエルにやられてしまったマリノス。
この失点に 俊輔はすぐさま給水  頭にも水をかけ 気合の入れ直しか。 
      
37分中央俊輔〜左の金井へ 金井クロス! にゴール前 競り合ったこぼれ球を千真ダイレクトシュート! は DFに当たりゴールならず。   ボールが胸に入った相手DF村上  倒れこむ。
42分 中央で 相手のパスミスを奪った千真  中央走りこんできた俊輔へ 俊輔〜エリア左の大黒へ シュート〜!!!  しかし僅かバーの上。。。 惜しい〜!!!  しかし相手DFに当たっていたようで 今度は左CKへ。  足下の芝を何度も踏みしめ確認する俊輔。    

左CK俊輔  ゴール前に高いボール!  それに中澤 栗原2人合わせに行くが GK必死に手を伸ばしパンチング そのこぼれ球を 兵藤ダイレクトシュート行くが空振り  更にそれを金井がシュートも 大きくバーを越えた。   
あ”・・・   チャンスは作れど 中々決められない・・・><
 
前半終了  結局0−1の1点ビハインドでの折り返しとなってしまった。  シュート数 8:4
 それを見ても マリノスが圧していた中での失点だったと言う事が判る。    
ロッカールームに引き上げる俊輔の横で そっと背に手をやり話しかけながら一緒に引き上げる木村監督。   

一方ハーフタイムには映画 カーズ2の宣伝で ぐっさんが登場 マリノスユニを着て 頭には車。 得意の物まねを披露し ゴール裏サポに笑顔で来場を呼びかけていた。 
P1090272a.jpg
後半 メンバー交代はなし。  一番最後に円陣に加わった俊輔 スパイクとキャプテンマークも黄色からオレンジにお着替え。   何とか早めに同点に追いつきたい所。

50分中央俊輔 ドリブルで上がりながら 前線へ入れると見せかけ相手DFを自分に引き寄せ ノールックで右のフリー大黒へ  大黒ドリブルで切り込みシュート!! は惜しくもGK。
惜しい!   しかし俊輔が高い位置で攻撃に絡めるとあっと言う間に シュートへと持って行ける・・・。

51分には中央俊輔〜右小椋  ダイレクトで 兵藤へと縦パス 兵藤ミドルシュート!!
は惜しくもバーの上。  
52分には右サイドパスを繋ぎ 右谷口のクロスに ゴール前 大黒〜!! しかし相手DF一人と競り合いながらの大黒のヘディングは 何と右ポスト直撃〜!!  こぼれたボールはクリアされてしまった。   惜しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

しかし後半 何度もチャンスを作っているマリノス。  ゴールの匂いが・・・
53分そこで得た 左CK俊輔 コーナーに来るまで何度も後ろを振り返り ゴール前の様子を見る俊輔  そして腰に手をあて じ〜っとゴール前を見つめると  一気に左足を振り抜いた。   そのボールは鋭く低くニアへ  そこへどんぴしゃで大黒が頭で合わせ そのボールはゴール内にいた相手DFに当たりゴールイン。  慌ててDFが掻き出すも ラインを大きく割っており 見事ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!!
P1090295a.jpg
大黒は手を広げ 祝福に来た千真と俊輔に飛びかかった。  やはり俊輔のセットプレ―ほど相手にとって脅威はない。    ゴール中央にいた大黒は 俊輔のボールを信じ 蹴ると同時に ニアへと一気に走りこんで来た。    俊輔 大黒 二人の見事な連携だった。 
1−1に。     日産は大爆発。    しかし 俊輔のセットプレーに ゴールの匂いはプンプンしていた。     

抱きついた大黒の胸をポンポンと叩いた俊輔は 一気に給水へ。  そこでライン際まで来た木村監督が 自ら給水ボトルを拾いあげ俊輔へ そして何やら一言指示。 追いついた事で 次の展開か。

だがその直後 低め 俊輔が相手3人に囲まれての栗原へのバックパスが読まれ 相手に そこから繋がれ右からのクロスに ラファエル ヘディング!  は弱くゴール右へ。。。 ホッ。。。
おいおい 同点に追いついた所で 失点だけは もうごめんだ。   今のはどうみても俊輔の判断ミス。   だがすぐさま 全速力で追い 味方に手を上げごめんと合図の俊輔。 

57分マリノスカウンター 千真からのパスを受けた右サイド俊輔 相手DFのプレスを交わし突破 更に相手を切り返しで交わすとクロス! ゴールファー大黒へ。   しかし僅かの所でお大黒の前に入った相手がクリアで 左CKを得た。   
そこで 監督が動いた。  千真を下げ キムクナン投入。 
58分 左CK俊輔 一瞬 金井とのショートコーナーのジェスチャーをみせた俊輔だったが・・・

※(すみません 落雷による電波乱れで ここから64分まで映像が途切れ。 詳細は後程アップします)
P1090335b.jpg2点目の起点パスを出す俊輔
64分中央低め俊輔 前線へと一気にドリブル突破!!  〜 エリア左 上がったどフリーの金井へとパス  金井ダイレクトでクロス〜!  それにゴール前 飛び込んだ大黒が見事頭で合せ豪快なヘディングシュート〜〜〜〜〜!!!!!    それが見事ゴール左へと勢いよく突き刺さった。  ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!!   2−1へ マリノス逆転〜〜〜〜〜!!!!!
両手をあげた大黒に 後ろからおぶさって喜ぶ谷口  大黒はそのままゴール裏へ。  ゴール裏でアピールすると そこへチームメイトが次々駆け寄った。                 
P1180047a.jpg
その瞬間 俊輔はというと 決まった瞬間は両手を広げ 右手親指を立てて小さなアピール。
も 素晴らしいゴールを演出したにも拘らず  何事もしなかったかのように またゴクゴクと給水。 笑
P1090337b.jpg
そこで また監督が近寄り俊輔に支持。  戦況が変わる毎に キャプテンに何かを託す監督。  
俊輔のドリブル突破〜金井への絶妙なタイミング 精度のパス そして金井の精度あるクロス そして最後 大黒の見事な豪快ヘッド。    3人の連携 全てが見事だった。 
またしても 逆転のマリノス。    流石に大宮もガックリ。   

だが大宮も必死。  66分右サイド 金井を倒し突破 左からのクロスに中央 李が飛び込むも ボールはゴール左へ。。。     ホッ。。。  だが危機一髪だった。   
しかしその直後だった。   飯倉のGキックが 前線右のクナンに クナン競り 前線に送ると それを受けた大黒が一気にエリア右からミドルシュート!!!!!
一瞬 入るかと思われたシュートは 惜しくもほんのわずかバーを越えネットへ。  惜しい〜〜〜!!!   それにしても受けてからシュートまでの速さ! 半端ない!

ハット狙いか! 笑
すると69分 中央クナン〜大黒 大黒の落としに 飛び出した谷口がドリブル突破 エリア中央 相手に倒された。   しかし悔しくも 笛は鳴らず><
74分高め 相手DFのパスがクナンに クナン一気にドリブルで上がりエリア右からシュート!!  しかし惜しくも右サイドネット。   惜しい!

一方大宮は何度も CKのセットプレ―で応戦 しかし中澤 栗原らマリノスDF陣がガッチリゴールに蓋をし それを許さない。 
そこで80分 大宮は一気に二枚代えに出た。   青木に代え渡部  藤本に代え金久保を投入。
ちょっとした時間にも必死で給水する選手達。

大宮の攻め込みには この連戦 この時間帯にも拘らず 俊輔が何度もスライディングや体を張ったDFを見せ チームを鼓舞。     勝利への強い気持ちを全面に見せていた。
86分右サイドを突破され 杉山のスルーパスに李が抜け出しシュート! はゴール右。  ホッ・・・  危機一髪!! 助かった〜><

88分自陣左低め 金井が競り合いで頭部を接触  頭を抱え倒れ込んだ。  一向にボールを出さない大宮。   審判も何も言わず・・・怒
頭の接触にも拘らず 目の前で見ていた審判も止めないとは!!怒    これには小椋と俊輔 谷口が抗議。  (ちなみに 頭部の場合は止めなくては行けない事になっている)
金井は今日これで 頭 2度目の接触。 大丈夫か・・・   ようやく立ち上がる金井。

ロスタイム4分。  俊輔はフル出場なのか・・・?
するとようやくボードに25番の文字が。  波戸と交代。   交代時 俊輔は何やら波戸に言葉をかける。    会場からは俊輔に大きなコールが。
あと3分だ  守りきれ〜!
セカンドボールに素早く詰め相手にボールを渡さないマリノス  試合終了〜!!  2−1 
見事マリノスは苦手大宮にホーム日産で逆転勝利をおさめた。    
   
この暑さの中 連戦に次ぐ連戦 中6日空きの大宮に対し アウェーでたったの中2日だったマリノスが 首位の意地を見せた。   シュート数 17:12  
試合後 俊輔は挨拶に回りながらも早速 天野と反省会? その後はGK飯倉と笑顔で話ながら歩いていた。
お立ち台は勿論大黒。 「柏でもやってくれるかな?」 の質問に 「いいとも〜!」と答え サポを湧かせていた。

久々に主導権を握れたゲーム展開となった。  ポゼッションこそ若干大宮の方が上回っていたが、90分を通してマリノスが優勢に試合を進めていた。
失点後に 少し流れが良くなかった時間帯もあったが、前半の内容も決して悪くなかった。

小林の早い時間帯での負傷退場で幸先の悪い立ち上がりとなったが、ここ数試合終盤で俊輔と途中交代して右MFに起用されている天野が代わりに入り、気持ちの入ったプレーを披露する。

今日は選手一人一人の特長が随所に表れていた試合だった。
トップ下の谷口も2列目からの飛び出しや積極的なシュートでチャンスをつくり、終盤には小椋とのダブルボランチを組んで守備でも貢献。
大黒は相手ディフェンスの裏を突くポジショニングで見事2得点をマーク。   逆転後も振りの速いシュートなどでハットトリックを匂わせる大黒らしいプレーを90分通して見せてくれた。

俊輔は今日もCKから大黒の同点ゴールをアシスト。  更に圧巻なのは逆転ゴールの前の金井へのパス。   相手の右サイドが上がって守備の対応が遅れていたのを察知して、俊輔はそのスペースを突いて一気にドリブル、  戻ってきた相手をギリギリまで引き付けてから金井へパス。
そのパスもダイレクトでクロスを上げろと言わんとばかりの優しいパスだった。   このパスがなければ あの時間帯での逆転ゴールは生まれなかっただろう。   過酷スケジュールの中 ほぼフル出場を果たした俊輔  攻撃時のみならず 後半疲れが見えてきたチームを 何度もスライディングやパスカットなど 自らの献身的な守備で最後までチームを牽引していた。

金井もポジション争いの激しいサイドバックでしっかり結果を残した。  守備だけでなく、今や攻撃においても結果が求められるサイドバックで アシストという数字で残せたのは自信に繋がるはずだ。    谷口のようなユーティリティなプレイヤーだけにまずは本職のDFで自信をつけて小椋の代役ではないが、ボランチなどでも起用されるような選手にもなってもらいたい。   Jリーグで活躍すればロンドン五輪も必ず見えてくるはずだ。

小椋も今季は守備だけでなく、攻撃に転じるパイプ役としても貢献している。  小椋の縦パスがマリノスの攻撃のスイッチと言っても過言ではない。  ボールを貰ったらルックアップして前線の選手にすかさず鋭い楔のパスを入れることで、 ポストプレーが得意な前線3人が生きている。  
そして、サイドからボールを受け取った際にもワントラップまたはダイレクトで前線に出し、相手の裏を突く大黒や谷口へのキラーパスとして 今シーズン何度もチャンスを演出している。

全員がチームの為に献身的に走っていながらも しっかり個の特長が出せているからこそ今の順位があり、選手達も連戦にも関わらず 精神的な疲れなくサッカーを楽しめている感じがする。  
そこには就任2年目の木村監督と キャプテン俊輔のチームの統率力と味方選手の良さを引き出す絶妙なスタイルがあるからこそ 今のマリノスがあるのではないだろうか。      練習でも頻繁に監督と話し合いを行っている俊輔だが 試合でも 監督と俊輔の信頼し合っている様子は随所に表れている。      マリノスの今季の快進撃は この2人の連携が作り上げていると言っても過言ではない。    
次節はついに頂上決戦  大一番 レイソル戦だ。
古巣 柏との対戦を前に 小林の怪我の具合が気になる所だが ホームでやられた仮を何としてもここで返し 後半一気に優勝への階段を駈け上りたい。 
頑張れマリノス! 頼むぞ俊輔!! 
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/07/31/kiji/K20110731001318420.html
http://www.sanspo.com/soccer/news/110731/sca1107310057001-n1.htm
http://www.sanspo.com/soccer/news/110731/sca1107310505003-n1.htm
申し訳ありませんが 今回は雷雨の為 画像がかなり悪くなっております。 
posted by Hiro at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

マリノス ナビスコ神戸に勝利!!

ナビスコカップ 第1回戦第2戦。  ヴィッセル神戸✕横浜Fマリノス。
1−2 でマリノスが勝利しました!!

得点者= 20分吉田(神) 44分栗原  78分谷口

=スタメン=神戸
GK徳重 DF石櫃 北本 河本 茂木 MF松岡 田中 朴 ボッティ FW吉田 ポポ     SUB紀氏 近藤 宮本 羽田 森岡 ホジェリーニョ 大久保

=スタメン=マリノス
GK飯倉 DF小林 栗原 中澤 波戸 MF小椋 俊輔 兵藤 谷口 FWアーリア 渡邉    SUB秋元 青山 金井 狩野 

交代・・・62分ボッティ→大久保  66分千真→キムクナン  73分アーリア→大黒  79分吉田→森岡  81分俊輔→天野  83分朴→ホジェリーニョ

第1戦 マリノスはホーム ニッパツで対戦し 先制点をあげるも 終了間際にアウェーゴールを叩き込まれ 1−1という悔しい結果となってしまっていた。   何としてもアウェーゴールをあげなければ 敗退が決まってしまうマリノス。     リーグ戦でも たったの4日前に対戦したばかりの神戸と またしても  今度はアウェーで戦わなければならない・・・。  

メンバーは 神戸は先日23日と同じ。 一方マリノスはDFに今日も波戸が。  FWには渡邉と共に 今日はアーリアが入った。  
天候 曇り時々晴れ 

20分 朴のセンタリングに吉田(元マリノス)に押し込まれ 先制を許すという 苦しい展開となってしまったマリノスだったが   44分 兵藤が倒されての俊輔のセットプレーから 逆サイドに流れたボールを栗原が足で蹴り入れ同点に!    そして78分には 俊輔の左CKから 谷口が頭で合わせ追加点!!   アウェーゴールを2点叩き込み 見事1−2で勝利した! 

見事マリノスは1回戦突破。  2回戦は川崎との対戦が決まった。  またしても神奈川ダービー。 
日程は第1戦 9月14日にホーム ニッパツで19:30から。    第2戦 9月28日に川崎のホーム 等々力で19:00から開催される。         
それにしても・・・
俊輔〜ボンバー   俊輔〜栗原   俊輔〜谷口
やはり 俊輔のセットプレーは・・・ この上ない武器  恐るべし・・・ 
 
※尚 年チケ トリコメンバーの方には 早割販売あり。  先ずは 30日大宮戦 日産スタジアムのチケットブースで販売されます! 以下↓

※横浜FMのオフィシャルサイト試合速報より引用
[前半]
 2回戦進出をかけたヴィッセル神戸とのアウェイ戦。  神戸とは、4日前にもJ1リーグ戦で対戦している。   F・マリノスの先発は、ツートップが大黒と渡邉から、長谷川と渡邉に代わった以外は、先週土曜日と同じメンバー。   一方の神戸は、全く同じスタメンで臨んできた。
 勝利、または2点以上の引き分けで1回戦突破。1−1なら延長、ここでも決着がつかなければPK戦が行われる。
 F・マリノスのキックオフで始まったこの試合、先手を取ったのは神戸。F・マリノスが慎重にゲームに入ったのに対して、神戸はハードワークでプレッシャーをかける。   F・マリノスは、徐々に立て直すものの 攻守において、いつもの連動ができない。   ディフェンスではルーズボールを奪われ、オフェンスではボールが前線で収まらない。   20分には、サイドからのボールを吉田にヘッドで決められ先制点を奪われてしまう。
 
その後も、主導権を握れないF・マリノス。  しかし28分に兵藤が左サイドであきらめず相手ボールを奪う頑張りを見せたあたりから、チーム全体にエンジンが掛かってくる。
 30分、小林のクロスから長谷川がシュート。 37分には、中村が積極的にラインの裏に走る。
そして44分、右からの小椋のパスを渡邉がシュート。このリバウンドを栗原が豪快に右足でゴール右に突き刺した。栗原の一撃により、F・マリノスが1−1のタイに戻し前半を折り返す。

[後半]
 前半のいい時間帯で追いつけただけに、後半はF・マリノスのペースになると思われたのだが、序盤、神戸の積極性にF・マリノスは押し込まれてしまう。  素早いフォローでサイドで数的優位をつくられる展開が連続した。
 4分に中村のパス一本から長谷川がシュートに持ち込んだが、ペースは変わらず。  6分、8分とスピーディーなアタックに見舞われる。13分にも神戸の分厚い攻撃にさらされたが、谷口の身体を張った守りなどで何とかしのいだ。
 2点目がほしいF・マリノスは、21分にまず最初の選手交代、キム クナンを投入。  しかし決定機が訪れない。   26分にはDFがボールを奪われて相手選手と飯倉が1対1に。  
この大ピンチ、飯倉が至近距離からのシュートをファインセーブ。  勝ち越し点を許さなかった。
 すると、ここから流れはF・マリノスに傾く。  30分にキム クナンがカウンターからドリブルで持ち込む。  
そして33分、左コーナーキックの場面。 中村のキックを中央で谷口がジャンプ、ヘディングシュートをネットに叩き込んだ。  2−1と逆転に成功したF・マリノス、1回戦突破に向けて大きな2点目となった。  
 その後は、リードを意識しながら攻撃の形も忘れず、落ち着いた試合運びを見せるF・マリノス。
3分のアディショナルタイムも明確なクリアで好機を与えず、このままタイムアップ。
 F・マリノスは1勝1分で神戸を退け、2回戦進出を決めた。

木村 和司 監督(横浜 F・マリノス)
<ハーフタイムコメント>
「セカンドボール、ルーズボールをしっかり奪うこと。
もっとボールを動かして繋いでいくこと」

<試合終了後の記者会見>
「試合前も、セカンドボールやルーズボールをどちらが拾うかで、流れが、展開が変わってくると話していた。
徹底してハイパント攻撃で来たところを何とかをしのいだ。 1点は先に入れられたが、1点返せばこちらが優位に立てると試合前に選手たちに言っていた。  また、2点取れれば次に進めるという気持ちを持ちながらできたのが良かった。
ただ、繋げるところをもう少しできていたら、もっと楽な展開になった。  もっとサイドを使いながら、もっと簡単にボールを動かしながらスキを突いていくことができれば、楽な試合になっていたと思う。   そのあたり、もっともっとやっていかなければいけない。
また、サイドやポケットを使う形が何回かは出来ていたのだが、押し込んで焦れずにそれができるようにすることが、今の一つの課題だ。   これができるようになれば、もっといい攻撃ができる。
今の力なら、最低でも1点は取れる。 2点取れれば勝てるという自信ができつつある。 これを続けていきたい」

中村俊輔
「1点取られたけど、前半に追いつけたのが大きかった。後半、攻められたけど、セットプレーで点を取れたのはよかった。
ただ、ポゼッションのところは、修正していかないといけない。今日は勝ててよかったです」

渡邉千真
「もっと長い時間プレーしたい。そのためには、もっと攻撃に絡らまないと。
もう少しボールを取ったあとに、マイボールにできたら攻撃できる時間をつくれると思う」

谷口博之
「ゴールは、またまた俊さんのおかげですね。 まあ、8割ぐらいが俊さんのゴールじゃないですか(笑)。
点を取った時は、マークをうまく外せたというか…あんまりよく覚えていないです。
でも、まだまだ内容としては満足していない。自分が消えちゃっている時間帯もあるし。  個人的にも、もう少し中盤でタメをつくることができれば、もっと楽な試合ができたかなと思う。
こういった反省がたくさんあるなかで勝てたというのは、いいことなのでは。
(次は川崎F戦ですが?)いいんじゃないですか。1年間で4回も一番やりたい相手とやれるので(笑)。楽しみです」


ナビスコ チケット販売概要

【試合日時】9月14日(水)19:30キックオフ
【会 場】ニッパツ三ツ沢球技場
ヤマザキナビスコカップ2回戦は、年間チケット及びフットボールアカデミー会員の観戦対象外となります。ご観戦される場合は、チケットをお買い求めください。
【チケット料金(税込)】
SS席(指定) 一般5,000円(早割4,500円)
SB席(指定)一般3,500円(早割3,100円)
SB席小中(指定)一般1,100円(早割800円)
ホーム自由席 一般2,200円(早割1,900円)
ホーム自由席小中 一般900円(早割600円)
ビジター席 一般2,200円
ビジター席小中 一般900円
※車椅子席は、別途販売いたします。詳細は、下記をご確認ください。
※( )内は2011年間チケットホルダーおよびトリコロールメンバーズ会員早割価格です。
年間チケットホルダーの方は早割期間内のみ上記割引価格にて購入できます。

【チケット発売日程】
≪1:年間チケットホルダー/トリコロールメンバーズ 特別会場先行早割販売≫
[販売期間]
2011年7月30日(土)大宮アルディージャ戦(日産スタジアム)
[販売場所]
日産スタジアム内チケット販売特設ブース
[購入対象]
2011年間チケットホルダー(個人)
2011トリコロールメンバーズ会員(オフィシャルファンクラブ)
[販売時間]
開門〜試合終了後30分まで
[購入方法]
特設ブースで、2011年間チケットまたは2011トリコロールメンバーズ会員証をご提示ください。


≪2:年間チケットホルダー/トリコロールメンバーズ 特別先行早割販売≫
[販売期間]
2011年7月31日(日)10:00〜8月27日(土)
[購入対象]
2011年間チケットホルダー(個人/フルシーズン・ハーフシーズン)
2011トリコロールメンバーズ会員(オフィシャルファンクラブ)

トリコロールメンバーズ会員早割価格にてチケットがご購入いただけます。
※SS席・SB席のビジターエリア及びビジター席の先行販売はいたしません。
[購入方法]
2-A. 店頭販売
(1)トリコロールワンみなとみらい店(10:00〜18:00/月定休)
(2)トリコロールワンスタジアムショップ(10:00〜17:00/火定休)
(3)全国のチケットぴあ(10:00〜20:00 /営業日時は店舗によって異なります)
※店頭にて、2011年間チケット(ICカード)または、2011トリコロールメンバーズ会員証をご提示ください。また、ハーフ年間チケットお申込みの方は、ICカードがまだお手元にございませんので、申込控をご提示ください。

2-B. 電話予約
専用ダイヤルにて電話予約後、指定の引取店舗でチケットを引き換えてください。
[購入対象]
2011年間チケットホルダー(個人) フルシーズンのお客様のみ(ハーフシーズンの方はご利用できません)
2011トリコロールメンバーズ会員(オフィシャルファンクラブ) 2011年6月末までにご入会の方のみ

●予約の流れ
(STEP-1)専用ダイヤル 0570-02-9515(24時間受付/発売初日10:00〜)
※火・水2:30〜5:30はシステムメンテナンスのため受付不可。
※0570で始まる電話番号は、一部携帯電話・PHS・IP電話では受付ができません。
(STEP-2)Pコードを入力。「592-040」と「#」を入力してください。
(STEP-3)試合日を入力。 「0914#」を入力してください。
(STEP-4)会員番号と暗証番号を入力
 【年間チケットホルダーの方】
会員番号=「49800」にICカード裏面右上のシリアルNo.5桁をつけた10桁になります。
   (例)シリアルNo.が、「12345」の場合は、「4980012345」となります。
暗証番号=ご登録の生年月日の下4桁になります。
   (例)生年月日が、「1993年5月15日」の場合は、「0515」となります。
【トリコロールメンバーズ(ファンクラブ)の方】
会員番号=「48」にファンクラブの会員番号8桁をつけた10桁になります。
   (例)ファンクラブの会員番号が、「12345678」の場合は、「4812345678」となります。
暗証番号=ご登録の生年月日の下4桁になります。
   (例)生年月日が、「1993年5月15日」の場合は、「0515」となります。
※会員番号/暗証番号が分からない方は、総合お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
 お問い合わせ時には、ご登録のお客様名/会員番号/生年月日/電話番号を明記ください。
(STEP-5)ご希望の席種と「#」を入力
 SS席=「1#」、 SB席メイン(ホーム側)=「2#」、 SB席バック(ホーム側)=「3#」、ホーム自由席=「4#」
 ※SB席とホーム自由席は、席種番号入力後に大人・小中で何枚必要かを入力します。
(STEP-6)ご希望の枚数と「#」を入力
 ※1回のお電話で12枚までご購入いただけます。
(STEP-7)引換場所を選択
 セブン-イレブンでの引換 「1#」、サークルK・サンクス又はぴあ店舗で引換「3#」
(STEP-8)引換番号等をメモ
(STEP-9)引換番号と「#」を入力
電話での予約時の操作は以上となります。
<電話予約の際のご注意事項>
※本電話予約での購入時に、チケットの手数料はかかりません。
※操作完了後、有効期限内にチケットをお引換ください。
※予約したチケットは、トリコロールワンみなとみらい店・スタジアムショップではお引換できません。
※ハーフ年間チケット、2011年7月以降にご入会のトリコロールメンバーズの方はご利用できません。

≪3:一般発売≫
[販売期間]
2011年8月28日(日)10:00〜
※前売券で予定枚数に達した場合には、当日券販売及びアップグレードサービスは行いません。
[購入方法]
3-A. 店頭販売
(1) トリコロールワンみなとみらい店(10:00〜18:00/月定休・祝祭日除く)
(2)トリコロールワンスタジアムショップ(10:00〜17:00/火定休)
(3)チケットぴあ(10:00〜20:00/営業日時は店舗によって異なります)

3-B. 駅サービスカウンター
※ホーム自由席大人・小中/前売のみ
(1) 相鉄グリーンぽけっと
相模鉄道(横浜駅/二俣川駅/三ツ境駅/大和駅/海老名駅/緑園都市駅/湘南台駅)
(2)デイリーヤマザキはまりんコンビニ
横浜市営地下鉄ブルーライン(戸塚/上永谷/横浜駅2カ所/新横浜/あざみ野/中山)
(3)シーサイドライン駅改札
(新杉田駅/並木中央駅/金沢八景駅)

3-C. コンビニで直接購入
(1)セブン-イレブン(24時間/発売初日10:00〜)
(2)サークル・Kサンクス(7:00〜23:30/発売初日10:00〜)
(3)ファミリーマート(24時間/発売初日10:00〜)
(4)ローソン(24時間/発売初日10:00〜)

3-D. インターネット
(1)チケットぴあhttp://pia.jp/t/fmarinos/
(2)e+(イープラス)http://eplus.jp/fmarinos/
(3)ローチケ.com http://l-tike.com/fmarinos/
(4)CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/soccer/
(5)tvkチケットカウンター http://tvkcom.net/
※お申し込みには事前の会員登録が必要です。

3-E. 電話予約
tvkチケットカウンター 045-663-9999(10:00〜18:00/土日祝休/オペレーター対応)
チケットぴあ 0570-02-9999(24時間/発売初日10:00〜/音声自動応答)Pコード:592-040
ローソンチケット 0570-084-003(24時間/発売初日10:00〜)
CNプレイガイド 0570-08-9999(10:00〜18:00/オペレーター対応)
※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHS・IP電話からはご利用いただけません。


http://www.sanspo.com/soccer/news/110727/sca1107272249013-n1.htm
posted by Hiro at 21:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

首位堅守!マリノス神戸からしっかり勝ち点3

P1080942a.jpg
〜ただ今工事中です。 暫くお待ち下さい〜
2011年7月23日 Jリーグ第6節。 マリノスはホーム日産でヴィッセル神戸と対戦した。
神戸とは今季 既にナビスコで対戦、マリノスは中々ゴールが奪えない中 後半遅くにようやく先制するも ロスタイム 終了間際に低い位置で奪われてのアウェーゴールを叩き込まれ 1−1の悔しいドローとなってしまった。
もうこれ以上ホームで同じ相手に失点するわけにはいかない!   前半を見事 首位で折り返したマリノスだ   その首位を守る為にも 後半戦いいスタートを切る為にも  勝点3が必要だった。
神戸は現在11位。  前節ようやく10試合ぶりに勝利をおさめた所ではあるが セレッソ相手に4得点と やや不気味。   FWには 元マリノスのイケメン 吉田がいる。

前節 厳しい猛暑となった大宮戦とは打って変わって 横浜はやや涼しめ。   列を作るサポーターの表情にも 強い日差しがない分 今日はどことなく余裕が。。。
会場オフィシャルショップでは また新たなグッズが発売された他 Tシャツ等のセールも行われており 早くから多くの人が訪れていた。
一方ピッチでは試合前 親子サッカーのイベントが。  端戸 松本 両選手も参加し 多くの親子連れと共に 一緒にサッカーを楽しんでいた。
  
選手達がアップに登場。  ボールを投げ込む選手達。  すると俊輔が投げたボールをサポが取りそこなったのか ボールがスタジアム階段下に・・・   すると それを取りに行って貰うようスタッフに説明し アップを始める俊輔。。。笑      
P1080896a.jpg
メンバー発表
スタメン
=マリノス=
GK飯倉 DF小林 栗原 中澤 波戸 MG小椋 俊輔 兵藤 谷口 FW大黒 渡邉
SUB榎本 天野 青山 狩野 金井 長谷川 キムクナン  

=神戸=
GK徳重 DF石櫃 北本 河本 茂木 MF松岡 田中 朴 ボッティ FW吉田 ポポ
SUB 紀氏 盛岡 相馬 大久保 宮本 有田 ホジェリーニョ 

マリノスは4バックで右に小林 左に今日は波戸 CBは栗原&中澤。 そして中盤小椋のボランチ 右に俊輔 左に兵藤 トップ下に谷口。    FWは大黒と渡邉の2トップ。  小野は何とベンチ入りもしておらず。  

選手入場  写真撮影の選手達の表情に笑顔が。    マリノスの選手達の左腕には先日17日に亡くなられた元日本代表監督  元マリノスのGMでもあった 森孝慈氏への哀悼の意を込めた黒い喪章が巻かれていた。    左に喪章 右にはキャプテンマークと 両腕マークの俊輔。 

天候 曇り 気温27.8度 湿度60%   横濱 神戸 港町対決 キックオフ!!

35秒 中央からの相手の浮き球パスが飛び出したポポの前へ!  エリア中央 あわや! というところでポポ倒れるが笛はなし。    開始早々 やや冷っとした瞬間。
かなり高い位置からプレスをかけ積極的な攻撃を見せる神戸。   

すると3分 右低め マリノスFKの相手のクリアから右CKを得た。   右CK俊輔  俊輔は小林とのショートコーナーを選択   ぽっかり空いた右スペースを上手く使ってのパスに どフリーだった小林が走り込み鋭いクロス!!  ゴール真ん前 大黒がそれを見事頭で合せヘディングシュート!!!!!   しかし惜しくも相手GKの好セーブに阻まれゴールならず。
惜しい〜〜〜〜〜!!!!!  大黒は小林の鋭いクロスに見事に合わせた。   相手DFに掴まれながらも強烈なヘディングを叩き込んだのだが・・・ 悔しい〜〜!!

更にそれを谷口が押し込もうとするも笛。 ?????  オフサイド???  コバの撃った時点で谷口はボールに絡んでおらず 大黒は戻っており どの時点でかいまいち把握出来ず。 悔〜!

直後4分右 相手コントロールミスを俊輔インターセプト 小椋が前線へ  千真受け突破かパスか と思いきや 千真胸トラップし そのままシュート!  大きくゴール右へ・・・ もったいない。。。 もっと大事にしてくれ!!!   大黒も左でいいスタートを切っていた。  斜めにパスを出せば大黒GKと1対1の可能性もあったが・・・><   積極的に撃つのはいいが これはやや軽いプレーだった><

更にその直後 6分小林のバックパスを飯倉がGキック! それが前線に飛び出した谷口へと繋がった。    谷口は ファーサイド エリア右へ走りこんできた千真へパス 千真の落としを後ろから走りこんできた俊輔 右足シュート!!!!!   しかし惜しくもシュートはゴール左上へ・・・><    決めてくれ〜!
目の前にDFが2人飛び込んできていた事もあり  もう少し右で受けたかったか 千真にジェスチャーの俊輔。        しかし谷口の飛び出し左足でのクロス〜千真〜俊輔の 連携は見事だった。  いいぞ!  

10分右低め 相手のミスをすかさず拾った俊輔  中央小椋から縦パスが相手に当たり兵頭の前にこぼれた。    兵藤〜 裏へ飛び出した千真へ 千真エリア左からシュート!!!
しかし またしても相手GKに阻まれゴールならず。   惜しい〜〜〜〜〜!!!
開始から11分  既に何度も決定的場面を作っているマリノス。         
一方 その間 何本かパスを繋ぐと 一気に縦パスを入れてくる神戸。 

そんな中13分だった。   中央アーク俊輔から一気に前線左へ飛び出した大黒へ どんぴしゃパスが通った。   大黒バウンドボールをダイレクトでクロス!?  しかしゴール前 谷口 千真飛び込むも 味方には合わずファーへ。。。  もったいない・・・  ダイレクトでなくしっかり合わせて来た方が良かったか・・・ 

13分左 波戸からのパスを受けた俊輔は  大黒へと縦パス 大黒はそのまま左の千真へ。   エリア左 千真クロス! と思いきや シュート???  大きくゴール右上へ・・・ 
この時ゴール前は 3対3だった。   しかもファーには小林がぽっかり空いたスぺ―スに どフリーでパスを待っていた。     これで2度目。  積極的に撃つのはいいが 全く精度のないシュート・・・  味方が ゴール出来るいい位置で待ち構えていただけに 本当にもったいない場面だった。  泣・・・

15分小椋から 谷口へ縦パス! 谷口はそれを倒れこみながらダイレクトで左前線の千真へと送った。     千真センタリング・・・! だが 中央へ走りこんだ大黒は 倒され そのボールは相手がクリア。    大黒はパスの出る直前 相手に故意に倒されており 勿論ファールかと思いきや 何とファールなし!!!怒!!    そのまま左CKへ。
これには 流石にベンチも怒り心頭!!  大黒ら審判に抗議も認められず 俊輔も審判に説明しようとした瞬間 審判はさっさと遠くへ・・・(逃げられた)    信じられない!と呆れた表情で ベンチへ目で訴える俊輔。    これは酷い!!!  W杯審判が何をやってる!!怒!


ファールだろ! と まだ選手達の声が響く中    FKの位置で立ち 中々コーナーへと行かない俊輔。     どうみても今のはゴール前でのFKだろっ!!   
そこで ようやく審判がそこへ戻り 改めて左CKを支持。 怒〜〜〜〜〜!!!!!
これ以上の反発は やばい・・・ 俊輔 しょうがない・・・   コーナーへ・・・ 

仕方なくゆっくりとコーナーへ ボールをセットする俊輔。 キック! そのボールはゴール真ん前 密集した中へ落ちた  しかし混戦の中 相手必死のクリア  それが左の波戸へと渡った。   波戸はすぐさま俊輔へ  俊輔 シュート並みの強烈グラウンダーセンタリング!  しかしそれも相手DFが倒れながらギリギリクリアすると それがまたしても波戸へ  波戸〜 今度はゴール前にいた中澤へ しかし競り合いで奪われ相手クリア。 
   
決定的場面を何度も作るマリノスだが 中々ゴールが割れない。 
17分神戸パス繋ぎ石櫃シュートも大きくゴール上。    
24分右サイド低めから一気に 前線吉田にロングパス 吉田パスは中澤カットも  低め小林 コントロールミスで相手に!   その瞬間 すかさず詰めた俊輔と小椋 そこで相手が倒れFKを献上。   中央ど真ん中  やや遠目だが充分狙える位置。   ボール前にはポポ&ボッティ。
飯倉 頼むぞ〜!!  するとボッティがまたいだ。   ポポシュート!!!  は何と壁に当たり右CKへ。  強烈なシュートだった。  壁・・・平気か?
右CKボッティ ゴール中央 河本に合わせられるもゴール上   ホッ・・・    

27分だった。  Gキックを右谷口 胸トラップし 裏へ抜け出した千真へ!  千真頭トラップで突破 GKと1対1 エリア内へ!   シュート〜〜〜!!!!!
。。。   しかし ・・・ 何とボールはごーる大きく右へ・・・ >< 
あ”〜〜〜〜〜 >< これ以上ない決定的場面だった。   頭を抱える千真。。。
これは決めなくては!!  それにしても谷口のパスは見事だったが。。。><  
これには流石の木村監督も ガックリ・・・大きくため息  肩を落とす。

28分中央 相手のパスを読み 飛びだした谷口がインターセプト それを右へ走り出した千真へと送った。     千真センタリング に中央 兵藤飛び込むも 相手DFに阻まれシュート撃てず!!  おしい!!  それにしても谷口 またしても好プレー! 
30分には千真のクロスに大黒! はゴール左。 
31分には中央小椋から 左上がった谷口へ 谷口ドリブルで上がりシュート!!!  GKの弾いたボールを ゴール前 走りこんだ大黒 胸トラップ〜シュート〜〜〜〜〜!!!!!
しかし またしてもボールはゴール上へ・・・
連続する決定的場面で  中々枠を捉えられないマリノス・・・><  誰か決めてくれ〜!!
しかし ここでも谷口のミドルシュート 見事! 活き活きしている谷口!

35分中央俊輔 大黒とのワンツーから右の谷口へ 谷口のセンタリングに千真シュート行くもDFに阻まれ 上に上がったボールを今度は大黒がシュート行くもミートせず。。。
38分右サイド高め 小林が倒されFK。  相手ボッティにイエロー。   右サイド FK俊輔 俊輔は一旦助走を止めた。   その瞬間 鋭く低く伸びるボールをゴールファーの千真へ一直線!  千真は見事どんぴしゃで頭で合わせたが  無情にも これもゴール左へ・・・
チャンスを作れど 一向に枠を捉えられないマリノス・・・><   
しかし俊輔のセットプレーの精度  さすが!

43分中央小椋から谷口へ縦パス! それを谷口スルー 前線 飛び出した大黒へと渡るか・・・?   しかし惜しくも僅かの所でGKへ.   
前半終了。   再三チャンスがありながらも決められず 0−0で折り返し。。。   

後半メンバー交代はなし。
すると開始早々 神戸が左サイド高めからロングクロス! ゴール前 朴が飛び込むという場面が。
朴には合わず ストン と落ちたボールを 飯倉がうまく抑えた為 事なきを得たが開始早々冷やりとする場面だった。      立ち上がりは充分な注意が必要だ・・・
後半 あまりいい入り方ではないマリノス。

すると2分マリノスカウンター 右小林のクロスにゴール前 大黒シュート!  はミートせず こぼれたボールを谷口が競るも  今度は相手カウンター  はパスミスで救われる。

48分 中央兵藤から千真へ 千真は上がりながら右の小林へ 小林クロス!!に ファーから 谷口 大黒飛び込み 谷口ダイビングヘッド〜〜 も あと僅かの所で ゴール左へ・・・惜しい〜!!!   悔しさで うつぶせたまま中々起き上がらない谷口。  ややクロスが長かったか ・・・しかし いい連携! もう1本 もう1本!! 

大黒が倒されながらも前線に抜けた千真へ 千真仕掛け左CK得る。  左CK俊輔 ファーから飛び込む栗原へ しかし栗原合わせられず 後ろでつぶれた小椋の足元へ そのこぼれ球を中澤シュートに行くもDFに当たりゴールならず。    そこから神戸カウンター は波戸がしっかり対応。

52分中央 栗原のクリアボールが相手に それをダイレクトで前線へと送られた。  吉田抜け出しGKと1対1〜!!  その瞬間 吉田のトラップの僅かなスレを突き 小林がスライディングでそのボールをクリア。    吉田倒れるも 笛はなし。   ホッ。。。 小林お見事。
しかしこの時間帯 神戸がかなり厳しいプレスでマリノスボールを奪いに来ている  マリノス低い位置でボールを失い やや流れが神戸に。    吉田53分には吉田にシュートも撃たれた。

54分右サイド 兵藤 大黒 俊輔 谷口 千真と リズムよくパスを繋ぎ 俊輔から浮き球パス! 大黒飛びだすも DFに阻まれ僅か遅れ 相手クリア!  惜しい!
その右高めスローイン クリアから右CKを得た。  何とか1点 誰か先制点を決めてくれ〜!!

右CK俊輔  前節同様 触らなければそのまま入るかと思われるほどのボール。   それをニア 谷口が頭で合わせるもゴール上へ・・・><   ファーにこぼれれば中澤もフリーで飛び込んでいた・・・悔しがる中澤    おしい・・・><
谷口 GKの前で飛ぶだけでも GKのブラインドになり 入っていたかもしれない。。。

57分だった。 中央ポポにパスが通った。 ポポ ターンから 強烈ロングシュート!!! が ゴールギリギリ右へ。   ポストか??    危険!!
58分 小椋のインターセプトから千真へ しかし千真 相手へパスミス するとまたしても小椋がそれを奪い返し前線へ  しかし今度は相手に当たり 相手へ 中盤 激しいボールの奪い合い。
相手左サイドへ展開 エリア左ポポ ドリブルで仕掛けシュート!!! はゴール右で救われた。
危機一髪!!  神戸積極的的な攻撃。    

60分 そこで神戸が動いた。   吉田を下げ 大久保を投入。  
その直後 相手 右サイド突破〜クロス!  大久保抜け出すも 飯倉キャッチ! タッチの差だった  ホッ。。。
61分左サイド波戸突破 DFをものともせずシュート! しかし惜しくもDFの出した足に阻まれゴールならず!  惜しい! しかし 見事な波戸の切り込み! 

そんな中 63分だった。   中央小椋からのパス受けた波戸が 左からクロス!! それをゴール右 谷口が頭で競り合い落とし ゴール前 大黒が相手と当たりつぶれ そのこぼれ球を兵藤が振り向きざまシュート〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!
それが見事 ゴール左へと突き刺さった。 
ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!! 左足だった。  右に反転しながらの左足振り向きざまシュート!   高度な技!   兵藤は天を指さし そこへ次々チームメイトが駆け寄った。     決して簡単なゴールではなかった。    波戸の丁寧なクロス! それを競り落とした谷口  まえでつぶれた大黒 そして決めた兵藤・・・  全てが見事だった。
前半から 何度となくチャンスを作っていたマリノスだったが 先制点を奪ったのは63分だった。
P1080982a.jpg
ようやく奪った先制。   すると監督が動いた。  クナンが準備。  提示されたのは9番 千真。    しかし その交代直前だった。  低め中澤から エリア中央谷口へと一気に縦パスが入った。    谷口は左足ワントラップから反転シュート!!!   惜しくも僅かゴール左へと反れたが   中澤のたった1本のパスから あっという間のシュートだった。  

そろそろ相手も疲れが出てきている こういう不意を突く攻撃も有効だ。  
そこで千真に代え クナン。  頼むぞ〜!クナン

しかしその直後 クナン高い位置で奪われ相手カウンター  ダイレクトで右サイドへ展開〜 ゴール前 大久保へクロス!   というところで 俊輔がスライディングでの守備。  大久保に渡さない。     今日も献身的なプレーでチームを引っ張るキャプテン。
67分 神戸は DFラインから大きく戦線 大久保へ エリア左 あと僅か! という所で合わせられず。  ホッ。。。  ロングボールをシンプルに放り込んでくる神戸。

そこで神戸が また動いた。   朴を下げホジョリーニョを投入。

すると68分中央 俊輔から左の波戸へ 波戸クロス!  エリア右 クナン競り  後ろの谷口がもう一度クロス! ごーる前 兵藤 トラップしシュートへと持って行こうとするもトラップを相手李奪われクリア。   惜しい!!

70分中央 谷口倒され手のFK俊輔   俊輔は一気に 前線左のクナンへ クナンの落としに谷口詰めるも相手DF3人に囲まれ撃てず!   しかし そのこぼれ球を拾った栗原から再度 パスを受けた俊輔  今度は 前を向くと一瞬切り替えし 一気にグラウンダーシュート〜〜〜〜〜!!!!! 
強烈なボールは ゴール右 GKが倒れこみながら抑え ゴールならず・・・    
惜しい〜!    この所 チームプレーに徹し 中々高い位置で攻撃に絡めない俊輔  さぞかしたまには自分も スカッ! と 強烈シュートで 鬱憤を晴らしたい所だろう・・・

しかし70分だった。   自陣低め右 クナンが相手ホジェリーニョを倒し笛。   かなり危険な位置。。。>< 
3枚の壁には 小林 俊輔 大黒。   ホジェリーニョシュート!  は直接飯倉で しっかりキャッチ。   ホッ。。。
73分 そこでまた監督が動いた。  俊輔を下げ天野投入。   交代時 天野に一言二言支持を与える俊輔。    頼むぞ天野!!

75分 左コーナー付近 ポポが倒れFKを与えた。  完全に貰いに行ってた・・・怒
ホジョリーニョのFKは ごーる前 クナン頭でクリア も中央相手に 石櫃シュート! というところで 天野が飛び込み身体で阻止  更にそのこぼれ球を石櫃に撃たれるも ゴール右で救われた。
危機一髪・・・   しかしDFに当たっており左CKへ。 ボッティのCK ゴール前低いボール は 混戦の中  中澤が懸命のクリア。
小林から前線のクナンへ ロングスルーパス! クナン必死に追いつきライン際 ヒールでボールを戻すも相手に  そこから相手カウンター  浮き球パスに大久保飛び出すもオフサイドで救われた。    その直後も右からのクロスに大久保に飛び込まれ あわや!  
おいおい どうした・・・  流れが神戸に。

80分大黒が倒されまたしてもFK。  最近は俊輔が下がってから いい位置でFKのチャンスが訪れる事が多い。・・><   
兵頭FK ファーのクナン狙うも やや高くクナン合わせられず。  更にクナン右サイドで奪うと前線へ   しかし 大黒も天野も 届かず・・・
連携に 少しずつのズレが・・・
中澤は天野に大声で指示を そして木村監督もピッチ近くまで行き DF陣に必死に声をかける。 

84分そこで相手はボッティに代え相馬を投入。  海外からJへ・・・
すると85分 左谷口が エリア左の波戸へ 波戸クロス! クナン落とすも相手に・・・天野のプレスで奪い返すも クナンのヒールパスがまたしても相手に><    今日はどうしたのか やや軽いプレーが目立つクナン。   

そこでまた監督が動いた。  85分大黒に代えアーリアを投入。
をの直後だった。  88分 相手左サイド 大きくロングフィード! 前線へ抜け出したホジョリーニョ エリア左からクロス!!  というところで栗原が足を伸ばし阻止。    その左CK 小林が 一旦はクリアも 相手ホジョリーニョ またしても左サイド ドリブル突破!!  ゴール前混戦の中 最後 北本シュート!!!!!    

もうダメかと思った瞬間 飯倉が見事なセーブ!!!!!  救われた〜〜〜〜〜><
神戸は ホジェリーニョを中心に猛攻!!   どうしたマリノス!!  完璧に流れを持って行かれた。

ロスタイム4分!  長っ! そんなにあったか?
コーナー付近 クナンキープに出るも またしてもヒールパスで相手に。   おいおい・・・
終了間際 相手右サイド突破から グラウンダーのクロス!  ゴール真ん前 相馬シュート!!!
は 寸前に 小林が身体を投げ出しての阻止!!! 更にそのこぼれ球を 田中が狙い澄ましてシュート〜!!!    は・・・ ほんの僅かズレ 左ネットへ。 
ホッ・・・><汗   そして笛〜

笛が鳴るまで 冷や冷やの連続だった。    今日はメンバー交代が良かったのか悪かったのか・・・ 監督も俊輔らも さぞかし ベンチで 肝を冷やしていた事だろう。     
1−0勝利。  内容的には今日も?の部分はあったが こういう内容でもしっかり勝ち点3を掴んだことを 良しとするべきだろう。   J折り返しスタート マリノスが今日も首位を守った。 
守り切った選手達の試合後の表情は 皆 晴れやかだった。  
シュート数 18:16  ボールポゼッション 48:52

前半序盤から案の定 神戸が高い位置から積極的に攻撃を仕掛けてきた。   素早いプレスでボールを奪い シンプルにボール繋いで素早いカウンターでマリノスゴールを脅かす。
主導権を握りたいマリノスは中盤でボールをキープしたいが、神戸の高い位置からの速いプレスに苦しみ、中々序盤思うように攻撃の形をつくれない。
そんな中でも俊輔のセットプレーや FWの飛び出しから マリノスは何度も決定的なチャンスを作る も  なかなか今度は シュートが枠を捉えられず。。。前半をリードして折り返せず0−0。

前半こそは支配率で神戸をやや下回ったが、後半はボールをどんどんサイドに散らして攻撃の起点をつくる。    特に小林、波戸の両サイドバックが積極的に前線に上がってボールに絡む。 
クロスを上げるだけでなく、自らドリブル突破するシーンも見受けられた。 珍しく波戸が相手ディフェンダー2〜3人を交わしてサイドをえぐってシュートを打ちにいくという場面も。

そんなサイド攻撃で主導権を握っていたマリノスに先制点が生まれたのは後半18分。
波戸の正確なクロスを谷口が競り勝って落とし、大黒がシュートし損ないつぶれたところをすかさず兵藤が拾い、そのまま振り向きざまに左足シュート。  ゴール左隅に決まり、これが決勝点となった。

今日トップ下に入った谷口は 前線でつぶれ役になったり、二列目から果敢にゴール前に積極的に飛び出したり また 前線への見事なスルーパスを通す等、 ここ数試合疲れからあまり見れなかった谷口の本来の見事なプレーが次々と出てきた。  先制点も谷口の前線での動きと競り合いの強さが活きたプレーだった。

先制点を奪ってから終盤はある程度引き、神戸がロングボールやクロスを入れてくるが中澤、栗原が落ち着いてクリア。   シュートされても飯倉の安定感のあるセーブでゴールに鍵をかける。
特に今シーズン通して幾度となくチームを救った飯倉の出来は素晴らしい。  彼のファインセーブなくして今のマリノスの首位はないはず。   谷口を含め 代表に呼ばれないのがおかしいぐらいだ。     そして小林の献身的なプレーも活きている。     今日に限った事ではないが 最後 相手の強烈シュートの前に身体を投げ出してのセーブは 今でも強く印象に残っている。 

欲を言えば あれだけあったチャンス  前半のうちに先制点を奪うか、駄目押し点を決めて試合を楽に進めたかった所だが、本当に毎回 多くのチャンスをものに出来ず。。。 
途中出場した選手には 軽いプレーでボールを失い味方を走らせる事なく 確実なプレーでキープし疲れ切った味方を助けてもらいたい。     今日は軽いプレーが目立ったが キムクナンは今季コンスタントに結果を出している、  ここ数試合途中起用されてる天野も気持ちの入ったプレーでサポーターを湧かせている。    今度は 毎試合ベンチに名を連ね何度か先発もしているアーリアにも そんながむしゃらな気持ちの入ったプレーをピッチで見せてもらいたい。。。
P1080953a.jpg
一方 俊輔は今シーズン特にチームプレーに徹している。  個人ではあまり目立たないかもしれないが、若い選手達を積極的に使ったり、身体を張ったディフェンスなどで他の選手を奮い立たせ、自らが黒子になってチームの底上げを図っている。   自分の結果よりもチームの結果にこだわるプレーはセルティック時代の同僚でキャプテンでもあったニール・レノンを彷彿させる所があるが
確かに サポにしてみれば もっと前で 攻撃に絡むような キラーパスを見たい所。
本人も 本当は前でシュートも狙っていきたいのでは と思うが  サポも本人も 今は優勝を目指すチームの為  我慢の時なのだろうか。 

今日は 主導権を握られる時間帯もあったが、内容的にはここ数試合では良かった。  完全に相手を支配していたわけではないが、 勝利にこだわった したたかなサッカーで 確実に勝ち点3に結びつけた。   とは言え、まだ首位のチームとしては決して褒められた内容ではない。  パスミスも目立ち、 守備から攻撃へのビルドアップも遅いのが現状だ。   まだまだ課題は多いが、1試合1試合を大切に 勝ち点を確実に積みながら 修正すべきところは修正し、一歩一歩成長を遂げていくのが、今シーズンのマリノスの特徴なのかもしれない。

マリノスは またしても苦しい連戦。  中3日でアウェーでまたしても神戸とナビスコ。   更には中2日で大宮・・・ と信じられない日程が待っている。   更にその先にあるのは頂上決戦レイソル戦だ。    疲労を含め 総力戦での闘いが勝負の分かれ目となる今季連戦。   控え選手の猛アピールにも 多いに期待したい。
頑張れマリノス! 頼むぞ俊輔!!
P1090018a.jpg   
posted by Hiro at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

俊輔に女児誕生!!

俊輔に昨日 何と女の子が生まれた!
春頃より 4人目の噂は流れていたが これまで3人全員男児と言う事で 水面下では4人目の性別に注目が集まっていた。   体重は2600グラムで母子共に健康との事。 
前から 女の子が欲しい と言っていた俊輔  ついに ついに夢が叶った!!
俊輔〜〜〜〜〜おめでとう!!!!!プレゼント

ちなみに3人目の時は↓
http://shun-celtic.seesaa.net/article/143279757.html

更に2人目の時は↓
http://shun-celtic.seesaa.net/article/79000286.html
posted by Hiro at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

マリノス鬼門大宮に苦戦も 7年ぶり首位!

P1080642c.jpg
2011年7月17日 Jリーグ第5節。 マリノスはアウェー NACK5で 大宮アルディージャと対戦した。      外は “モーレツな猛暑” を表示する半端ない酷暑。    しかもここは暑さでは定評のある?埼玉。   日向の気温はゆうに40度を超えていた。  

それでもNACKには朝早くから大勢のサポーターが集結していた。    飲んでも飲んでも 汗となって流れ出る水分・・・   試合前から サポはその “暑さ” と戦っていた。  
この酷暑の中での試合・・・ 選手も大変だがサポも大変だ。   こういう時期に試合をやる事事態 毎回考えさせられる・・・。

そんな中 サポの列に 何とマリノスケが。   ホームでもないのに・・・ 暑さと戦っているサポを元気づけに来てくれたのだろうが 逆に自分はマリノスケの体調の方が心配になってしまった・・・。 笑
 
すると開場前  NACKスタジアムに マリノスの旗がはためいているのに気づいた。 しかも半旗だった。     その時 森氏の逝去をまだ知らなかった自分は なぜ半旗にしているのか不思議に思っていた。      俊輔とは切っても切り離せない森氏の存在。。。 また日本サッカーは大切な人を一人失った事になる。
強い西日が容赦なく差し込むゴール裏。   そのゴール裏ではかき氷が飛ぶように売れていた。
スタメン発表!

=大宮=
GK:北野 DF杉山 深谷 金 村上 MF青木 上田 東 藤本 FWラファエル 李
SUB江角 坪内 渡部 渡邉 金久保 金澤 片岡

=マリノス=
GK飯倉 DF小林 栗原 中澤 波戸 MF小椋 谷口 俊輔 兵藤 FW小野 渡邉  
SUB榎本 青山 金井 キムクナン 天野 アーリア 大黒

マリノスはGK飯倉 4バック右に小林 左は金井に代え元大宮にも在籍していた波戸 センターバックは栗原と中澤。    MFはボランチに谷口と 小椋 右に俊輔 左に兵藤 そして今日は大黒に代え小野と千真の2トップ。    
波戸選手には 大宮サポから大きな拍手が起こっていた。
ちなみに大宮の控えに入っている渡邉は何と 千真の兄。  果たして兄弟対決はあるのか・・・

現在5連勝中2位のマリノス。  一方大宮は現在3連敗中で12位  何と今季まだ1回もホームで勝利していないという。    相手は何とか勝ち点3をと躍起になってくる事が予想されるだけに 連戦で疲労のある選手達にとっては厳しい試合が予想された。

両チーム過去の対戦成績は マリノスの1勝5分け6敗 しかも ここアウェー大宮戦では マリノスは過去4分け2敗 とまだ1度も勝利しておらず  先制点もあげられていない。   マリノスにとっては いわゆる“鬼門”スタジアムとなってしまっているが 今季のマリノスは違う。    何とか先制し 今度こそ そのジンクスを打ち破って欲しい!    
P1080627a.jpg    
選手登場。  早速アップを始める選手達。  猛暑での連戦に 流石にやや身体が重たそうか。。。      千真 小椋にジェスチャーを交えながら様々な指示を出している俊輔。
頑張れ〜!
アップ中 ピッチには突然 スプリンクラーで水が撒かれた。  わざとその水をかぶるように通るクナン。。。  今日も笑わせてくれる。。。

マリノスはブルーのホームユニ。   大宮もオレンジのホームユニ。   
そしてコイントスへ。   しかし今日は俊輔 何やら笑いながら審判団&主税と握手を交わしている。  そして最後に主税がポンと笑顔で俊輔の肩をたたく。    
P1080621a.jpg
天候 晴れ 夕方の気温31.6度   大宮のキックオフ! 
表示では4−4−2ダイアモンド。   が しかし今日も中盤のポジショニングは流動的か。   
開始早々最初のチャンスを作ってきたのは大宮だった。   エリア左からのクロスにゴール前 東に頭で合されるもゴール上。   接触があったか 飯倉が早くも傷むも無事。   
3分中央藤本 飯倉の位置を見るや一気にロングシュート! は飯倉ギリギリ触り相手右CKへ。
と 積極的な攻撃を見せる大宮。

9分谷口倒されてのFK低め栗原から一気に前線へ 千真の落としを兵藤から小野へ 小野の落としを千真シュート! も相手DFに当たり流れたボールはGKキャッチ。
中々ボールが落ち着かない。     
すると 俊輔が左  兵藤が右へ。  マリノスかなりコンパクト。

11分自陣近く 相手ラファエルの一瞬のコントロールミスをつき俊輔インターセプト  相手2人挟み撃ちも 素早く千真へと繋ぐ俊輔  マリノス 左サイド千真のカウンター 〜左サイド駆け上がった俊輔へ 俊輔グラウンダーのセンタリング入れるも相手に阻まれ 高めのスローインへ。
スローイン波戸 〜俊輔  俊輔小椋に落とすと 小椋一気に前線小野へ エリア内中央小野 相手DFと競り合い倒れるも笛なし。     そのクリアを右小林〜兵藤〜小野  最後兵藤のクロスは惜しくもGKキャッチ。   しかしこの時間マリノス攻撃チャンス。

だが14分右サイド ラファエルの浮き球パスから繋がれ センタリングにラファエル エリア右ドリブル突破 も これはDF陣がしっかり抑える。 
すると そのGキックが前線小野へ。  小野は千真とのパス交換から再度受けると エリア左へ侵入・・・も2人かがりで奪われる。  

しかし左高め その相手スローイン  俊輔のプレスで小野へとボールが 繋がった。  小野突破!  エリア左 シュート!!!   は惜しくも相手DFに当たり左CKへ。  
左CK俊輔 ファーのボンバー狙うも 僅かの所で前に入った相手にクリアされる。

21分だった。 左サイド低めから一気に戦線 李にロングボールが出た。  エリア左 李は仕掛けながら味方の上がりを待つとシュート!!  は飯倉何とか弾きセーフ。    強烈なシュートだった。    そのこぼれ球を奪おうとプレスをかけるが奪えず そこから大きくサイドチェンジで交わされ そこからまたクロスを入れられた。       そのクリアが小野へと繋がり 小野ドリブル突破 しかし相手3人に囲まれキープ出来ず。

24分左サイド高め 俊輔からDFの合間を通す浮き球パス 小野受けるもDFクリア。  そのスローインから 小椋クロス! に谷口競り こぼれ球小林詰めるもクロス上げられず。
と マリノス中々 シュートまで持って行けない。

27分中央高め 俊輔 千真とのワンツーでエリアへ という所で千真 相手と接触で 笛。。。 いい位置で俊輔のFKか と思いきや 何と審判は千真のファールと判断した。    千真の方が先にボールに行っているにも拘らず 後から蹴って千真を倒した相手が ファールを受けた と判定された。 怒!        中々 前線までパスが繋がらないマリノス。   流れは大宮に傾いていた。  

28分には左サイドパス繋がれ 李にシュートを撃たれた。  ゴール上で救われたが 何度もゴールを脅かされているマリノス。    
32分にはカウンターから 一気に 李〜ラファエルに繋がれエリア右からシュート!  しかしこれも飯倉の好セーブで 失点を免れる。    まさに危機一髪だった。   ホッ。。。><

マリノスはクリアも味方に中々繋がらず  前線まで繋いでも 奪われるシーンが目立つ。
更に32分大宮  左〜右へとサイドチェンジ  そして右からの鋭いクロス!   その時だった。  右手1本でパンチングに行った飯倉と相手選手がゴール前で接触。    倒れこみ 一瞬冷やり・・・も何とか無事。   だが飯倉 いい判断だった。  お見事!

組み立てに かなり低い位置までボールを受けに来ている俊輔。   先ほどの飯倉の接触時に 水分補給をする俊輔に 木村監督がピッチ脇まで来て 何やら俊輔に声をかけていた。
P1080686b.jpg
35分だった 中央俊輔〜小椋〜左千真へ  俊輔が左へとオーバーラップすると 千真は中央へ切り込みシュート!!   それが相手に当たって 右CKを得た。   
ちょっとした時間に必死で給水する選手達。    そして蹴るのは勿論俊輔。
俊輔は ゴール裏のボトルで給水すると 谷口にボトルを預け 何やら一言谷口に言い残した。
打ち合わせか。。。

ゆっくりボールをセットすると俊輔はその左足を一気に振り抜いた。   鋭く ニアへと綺麗な弧を描いたボールはゴールスレスレに飛び 一気に落ちると そのままゴールイン!!!   
ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!!
殆どそのまま入ったように見えた。    ゴール前では 小野 そして谷口がそれぞれガッツポーズ。    谷口は俊輔のもとへと駆け寄り ハイタッチ 抱きついた。  そこへ駆け寄るチームメイト。
P1080694a.jpg
スコアボードには “中村俊輔”の名前が。    ゴール裏が大きく揺れた。    しかしいつのまにか その名前は コロコロ変わり 最後は小野に。。。    どうなっているのか。。。?

そのボールは おそらく触らなくてもそのまま入っていた。  だが混戦の中 谷口の後ろで確実に入れる為に 小野が頭で触ったようだった。    
ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!! マリノスNACKで初めての先制点〜!!! 0−1.
やや圧されている中でのこのゴールは 本当に大きかった。  こういう内容でも しっかり決めるものは決めるマリノス。   俊輔の素晴らしいキックが 緩慢なチームを鼓舞した。
苦しい試合こそ こういう精度あるセットプレ―が 大きな大きな武器になる。。。

しかし俊輔は喜びも一瞬  早速チームメイトに様々な声をかけ 調整していた。    その俊輔の髪の毛からはポタポタと大つぶの汗。  31度のNACK...

その直後だった。 中央かなり低め 俊輔から一気に前線兵藤へと鋭い縦パスが通った。   兵藤はそれを 左へ上がった波戸へ繋ぐ。      波戸クロス!!!   ・・・ しかしそのクロスは大きく  ファーには誰も入っておらず そのままゴール右へ。。。  あ〜〜〜〜もったいない・・・><

そこから大宮一気にパスを繋ぎカウンター、  最終ラインまで戻り守備の俊輔。  エリア中央 相手の縦パスがワンツーでラファエルへ! というところで今度は俊輔倒れこみながらそれを阻止。
43分 相手右CKニア はクリア。    と そこで小野にイエローが。  既にラインを割った相手ボールを 更に外へ出そうとしたようだが・・・  もったいない こんな事でカードを貰わないでくれ・・・

前半終了間際だった。  右サイドでパスを繋がれクロス! に中央 ラファエルが飛び込んだ。
危機一髪  あと僅かの所だった・・・汗    
前半終了。   シュート数6:3(マ)  0−1で折り返した。 
マリノスは前半 いい場面は殆ど作れず圧された中で 俊輔のCKだけが光っていた。  
こういう苦しい中でも  セットプレー一つでしっかり点が取れた事は本当に大きい。    ピッチを降りる俊輔にはゴール裏から大きな俊輔コールが   それに俊輔は拍手で答えながらロッカールームへ引き上げていった。 

後半は 疲労も激しくなる  何とか追加点が速めに欲しい所。。。 
すると後半 早速木村監督が動いた。 小野を下げ大黒を投入。   一方大宮は DF深谷に代え坪内を投入。 こちらは怪我か?    
P1080753a.jpg
木村監督はピッチに上がる前 俊輔と何やら打ち合わせ。
 
46分中央競り合いから相手に渡り 李が左サイドを突破!  1対1でピタリと李をマークする俊輔   李のクロス! は俊輔がしっかり阻止。  その左CKはクリア。   そこからカウンターへ・・・!  も ミスでこれも前線へと持って行けず。 
P1080673b.jpg
相手のセットプレーでは ゴール前 中澤と俊輔が味方に大声で指さしながらの様々な指示を出す。
50分右サイド 谷口へのファールでFK得る。   蹴るのは俊輔。   もう1点セットプレーで欲しい所・・・!    俊輔はファーへいいボール!  しかしそこで笛〜><  どうやら競り合いでファールがあったようだ。。。 もったいない。。。

51分右 俊輔から一気に前線の千真へ  もオフサイド。
52分中央 中澤 大黒 谷口と素早くリズムよくパスを繋ぎ兵藤へ しかし兵藤のヒールパスは相手へ。
その途端 空かさずプレスに行った俊輔と谷口。 攻守の切り替え見事。  だが谷口がユニを引っ張ったと ここでイエローが出てしまった。。。

53分中央大黒のインターセプトから 千真へ 千真の落としを俊輔が千真へとスルーパス送るも あと僅かの所で相手へ  大宮カウンター   しかし今度はそのボールを栗原がインターセプトで俊輔へ    両者攻防戦!!     
俊輔はドリブルで上がりながら中盤で先ずパスを回し 落ち着かせると  谷口から俊輔へと縦パスが入った  その瞬間俊輔は前線へと一気にドリブル突破〜ミドルシュート!!!    強烈ミドル!
しかし 惜しくもそのボールは ほんのわずかゴール右へ・・・ 惜しい〜〜〜!!!
GKを意識し 右隅を狙ったのだろう。   大黒へのパスという選択肢もあったがDFに囲まれており 自分の前のコースが一瞬開いた事から 俊輔は左足を思いっきり振り抜いた。
惜しくもゴールとは行かなかったが しっかり相手を崩したいい場面だった。  ベンチでうっすら笑顔を見せる木村監督。 

55分相手左CKから  右に流れたボールをクロス! ゴール前ラファエルに頭で合せられるもゴール左で 救われた。   
その直後だった。  右サイド小椋が相手に手を賭けられ倒された。  しかし笛はなし。怒!
その直後 低め 大黒のパスが阻まれ相手ラファエルにこぼれた。   シュート〜!!!
中央 かなり低め  しかし運よくそのボールは大きくバーの上へ・・・ 救われた
枠を捉えていれば 完璧1点ものの場面だった。   ホッ。。。

58分中央高め小椋のチャージでボールを奪うと俊輔へ  しかし俊輔にボールが入った途端
大宮は一気に二人でのプレス 後ろから押し倒しボールを奪うと左サイド突破  エリア左ラファエルのパスに李中央からシュートも 飯倉が好セーブ!!  ホッ・・・ 救われた・・・神様仏様飯倉様!!!       それにしてもこの審判 先ほどの小椋にしても俊輔にしても あきらかにマリノスへのファールのところで 笛が鳴らない。   要注意だ!  

しかしマリノスもこの時間 パスを回しながらチャンスを作っている。  それにしても相手のチャージ 厳しい。。。 >< 
パスを回す大宮。  自陣低め中澤がインターセプトから戦前へ という所で 今度は相手がカット それが 一気にラファエルへ。    GKと1対1!! という所でオフサイド。  確かに1〜2歩先に出ていた ホッ・・・   しかし 低い位置でのインターセプトは怖い・・・ 
ガンバレ マリノス!! 

65分左波戸から兵藤へ 大黒 小椋と繋ぎ 中央俊輔へ 俊輔は右に駆け上がった小林へ 小林クロス!!!!  にゴールファー大黒 見事なヘディングシュート!!!!!
入った〜〜〜〜!!!!! と歓喜に沸くも ・・・ 何と相手GKが掻き出してのファインセーブで?ゴール 認められず。  あ”〜〜〜〜〜 悔しい〜〜〜〜〜!!!!!
そのこぼれ球クリアを 今度は中央谷口がシュート!!! が相手DFに当たり右CKへ。
まさに決定的場面だった。    大黒のシュート 見事だったが・・・GKはライン内で掻き出したように見えたが。。。本当にラインを割ってないのか??? 真横からの映像が見たい!!!

しかし俊輔から小林への綺麗なキラーパス! そして小林の見事なクロス!! そして大黒のヘディング!!!  それぞれが見事な連動だった。   ここで2点目が認められていれば・・・><
更に67分 マリノスは左サイドで素早く小刻みにパスを繋ぎ エリア左 大黒へ その瞬間だった 2列目にいた俊輔が一気にエリア内へと飛び出し大黒のパスを誘った。   俊輔シュート〜〜〜〜〜!!!!!  しかし惜しくもGKに阻まれゴール左  左CKへ・・・  惜しい!!!!!

強烈シュート!! この時間 俊輔を中心にマリノスが大宮ゴールを何度も脅かしていた。
いいぞマリノス!!!   この時間帯に追加点を!!!
ゴール裏は大盛り上がり!!   
しかし左CKのこぼれ球を俊輔に戻そうとした味方のパスが相手に  そこから大宮一気に右サイドカウンター、右ラファエルのグラウンダークロスに 中央 李 藤本飛び込むも 藤本のシュートは飯倉が手で阻止  何とか失点を免れた。    ホッ。。。><

だが左高め相手スローインへ。  そこで大宮は東に代えDF渡部を投入。  
スローイン〜シュートは飯倉しっかりキャッチ。   そこからマリノスカウンター 前線 千真受けるもトラップ大きくまた相手へ。。。
70分中央谷口から千真へ  しかしまたしても直ぐ奪われ相手へ。  やや千真奪われる場面多い 前線で もっとしっかりキープしてくれ〜!
苦しい場面では 手をたたき味方を懸命に鼓舞する俊輔。
P1080668a.jpg
皆 苦しい時間帯だ! 守備の労力をを減らす為にも 自分達のミスを減らせ!
すると監督が動いた。   その千真を下げ キムクナンを投入。        

73分だった。 左サイド相手カウンター 李の落としを 上田 藤本 と縦パス2本で繋がれ 左サイド突破 上田のグラウンダーのクロスに ゴール前 ラファエルに飛び込まれ 押し込まれてしまった。    
失点・・・・・><   左サイド裏をあっという間に突破されてしまった。  1−1 同点に・・・><
疲れが出て来た中での失点 これは痛かった。 

しかし74分マリノスは中央 小椋〜谷口〜クナンへと繋ぎクナンシュート!!! はやや弱くGK。    一方大宮も速攻からチャンスを作る。  両者譲らず。
だが78分相手 右サイドからのグラウンダーのクロスに 藤本にニアで合わせられた。 飯倉がまたしても好セーブを見せ ゴール左へと阻んだが ここも危機一髪の場面だった。 

81分中央俊輔からエリア中央谷口へ浮き球パス! 谷口の落としを兵藤が上へ それを谷口が振り向きざまボレーシュート!!!!!   も惜しくもGKキャッチ。   惜しい〜!!
82分中央俊輔  藤本に倒され笛。 藤本にイエロー。  
そこで監督が動いた。   俊輔に代え 天野を投入。   俊輔はキャプテンマークをそのまま天野に渡し ポンと天野の頭をたたくと ピッチを降りた。    天野はキャプテンマークを栗原へ渡すと中央へ。    引き分け狙いか。

すると大宮も動いた。  李を下げ渡邉を投入。   千真はもうピッチを降りている 兄弟マッチアップはならず。。。   
84分 天野 右サイドで3回連続スライディングで 相手ボールを粘りの奪取!!! 気合の天野!!  いいぞ!  天野〜クナンの落としを谷口 クロス! も大きく 大黒へは繋がらずゴール左へ・・・      もうおそらくこの時間 選手達は疲労困憊ヘトヘトでのプレ―だ  ガンバレ・・・

86分相手左CKはクリアが相手に ミドル撃たれるもゴール右。  88分にもパスを繋がれ相手渡邉のシュート  は飯倉。     
一方むやみに入れず コーナー付近で時間をかけるマリノス。   そこでクナンが粘り左CKを得た。    一瞬 山形戦での終了5秒前の劇的ゴールが浮かんだ。     クナン ここでもう1点頼む〜!!!
左CK兵藤  ファーへ  しかし惜しくもこれはGKキャッチ。。。         

大宮の最後の攻撃を必死に交わすマリノス。   そして笛〜  試合終了。  1−1
シュート数は何と 表示では 18:7    
大宮はまたしてもホームで勝利を上げられず マリノスはついにレイソルを超え7年ぶりの首位に立った。    

シュート数の通り マリノスは決していい内容ではなかった。 
前半序盤から大宮が積極的な攻撃を見せ、ボールをキープ、 だがディフェンス陣の身体を張った守備でマリノスは フリーでシュートを打たせない。   GK飯倉も身を投げ出してパンチングするなど、マリノスは堅い守備を見せていた。

ボールを保持され 中々攻撃に展開することが出来ないマリノスは ボールを奪って速攻を仕掛けていくも 前線でのボールのおさまりが悪く、 中々シュートまで持っていくことが出来なかった。
しかしそれでも マリノスは圧される展開の中  数少ないチャンスからCKを得  俊輔の見事なCKで NACK初の先制点先制点を奪って前半を折り返せた。    
後半 大黒のヘディングが認められていればまた違った結果になっていたかもしれないが この酷暑での連戦  コンディションを考えれば この内容の中 こうしてセットプレー1本で勝ち点をもぎ取れた事は 非情に大きかったと言える。    また 劣勢の状況でも得点出来るのが 今季のマリノスの いい特徴でもある。

後半に大黒を投入し 流れが良くなってきたマリノスだったが、徐々に疲れが出はじめ 全体的に足が止まって来てしまった。     プレスも遅れがちで 何度も攻め込まれるシーンがあった。 ボールを奪っても 最終ラインの押し上げが遅く、なかなか速攻にならない。   ようやく前へ持って行っても そこでまた奪われる場面が多かった。   
しかし あれだけ攻められても1失点に抑えることが出来たのは次に繋がる。     勝ち点2は失ったが、長いスパンで考えると この勝ち1は 後々に大きな意味を持つことになるだろう。

決してやられてばかりだったわけではない。  マリノスも何度か決定的場面を作った。   
前節コンディションの良くなかった俊輔も ミスはあったものの 低めでは パスを回しボールを落ち着かせ 組み立てながら攻撃チャンスを狙い  前線では相手を崩すパスを配球するだけでなく 自らもパスを呼び込み 積極的にシュートも放った。    ディフェンスに追われる場面も目立ったが、フォアザチームで勝利に貢献。   そして何といってもあのCK.   代表ホンジュラス戦を思い出させるその見事な軌道は 苦しい内容のチームを鼓舞させる 最大の見せ場となった。    
前節山形戦でのパフォーマンス不足には 試合翌日にも拘らず  スタメン組でたった一人控え選手と共に必死にメニューをこなした上  汗びっしょりになりながら キレを上げる1対1の練習もしていた俊輔。      例え自らのことであろうと 常に冷静な判断を下し  決しておごらず。。。 キャプテン自らのそんな姿こそが  今のチームを一つにしているのではないだろうか。
          
リーグ折り返し。 勝利は逃したものの ついに首位へ躍り出たマリノス。  今度は追われる立場になる。 
だが リーグはまだまだ 半分が終わっただけ。     今から順位を気にせず 兎に角 1試合1試合を大切に 昨年のように 下位に取りこぼしたり 最後の最後に失点・・・ 等と言う事のないよう  地道に  しっかりと  勝ち点を積み重ねていって欲しい。    

正式シュート数20:11(マ)   ボールポゼッション56:44 
大宮は これでホーム 9試合勝ちなしとなった。  

試合後 天野が腿を気にしながらピッチを降りた。  後半遅くに投入された天野  しかし彼の  何度もスライディングで相手ボールに襲い掛かる あの気迫溢れるプレーは 疲れ切ったチームメイトに 大きな元気を与えた。    怪我の様子が気になるが 軽い事を祈るばかりだ。
P1080856a.jpg
酷暑連戦アウェーでの試合に引き分けたマリノスだったが  挨拶に来た選手達の表情に 笑顔はなかった。
どうしたのか 兵藤は最後まで 納得がいかない様子で足取り非情に重く がっくりと肩を落としたまま  中々ロッカールームへも引き上げていかなかった。     失点シーンにショックを受けているのか・・・。  

連勝ストップは悔しいが 皆 懸命にやっている。  次々〜!!   ようやく空くこの1週間 
しっかり身体を休め 次への英気を養ってほしい。
頑張れマリノス!! 頼むぞ俊輔!!  





 
posted by Hiro at 00:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

マリノス苦戦も5連勝! 〜そして俊輔は〜

P1080001b.jpg
2011年7月13日 Jリーグ第4節。  マリノスはニッパツ三ツ沢でモンテディオ山形を迎えた。    暑い!と口に出すのも嫌になるほど猛暑続きの横浜、 しかも平日の試合にも関わらずニッパツには大勢のサポーターが集結した。 

震災による日程変更の影響で 山形とはつい先日アウェーで対戦したばかり。  俊輔を負傷で欠く中  また雨によるピッチコンディションも悪い中  栗原の1000ゴール そして千真と 2−0で勝利した。     山形は現在17位  しかし下位とはいえ 決して気を抜けるような相手ではない。   ホームで完敗した前回のリベンジを果たそうと相当な気合で来ることも予想される。   しかも山形が中6日での試合に対し マリノスはたったの中3日。     この酷暑の中 コンディション的にも大きな差が出てしまわないか・・・。  
やや不安はあるものの 今季のマリノスは下位に取りこぼしも少ない ここはしっかり勝利をおさめてくれるだろう。。。    

一方 昨年1年期限付きで山形へ移籍していたキムクナンも古巣との対戦に燃えていた。  言葉の問題もあったかもしれないが 山形では殆ど出場機会が得られなかったクナン。   自身も「最悪だった」と言うその1年間の悔しさを  「絶対決めてやる!」という静かな闘志にかえ 今か今かと その出番を待っていた。
一方 その山形も怪我人続出でメンバーが揃わず苦しい状況。 

スタメン
マリノス:GK飯倉 DF小林 栗原 中澤 金井 MF小椋 俊輔 兵藤 谷口 FW大黒 渡邉
SUB秋元 青山 波戸 キムクナン 天野 アーリア 小野

山形:GK清水 DF園田 西河 石井 石川 MF宮崎 秋葉 太田 下村 宮沢 FW大久保
SUB植草 小林 前田 宮本 佐藤 川島 長谷川

マリノスは前節累積で出場停止だった谷口が復帰  負傷欠場していた飯倉も復帰。  4バックは右に小林 左に金井 センターに栗原&中澤   そして中盤は 小椋のボランチ 右に俊輔 左に兵藤 トップ下に谷口のダイアモンド。  だが前回のように 途中ボックスに代わる可能性も。 

選手登場。  メンバー紹介では3戦連続ゴールを決めている千真に大きな拍手とコールが そしてシュート練習では今回もクナンのシュートの行方に注目と笑いが集まる。   
試合前 中澤選手のJ350試合出場達成のセレモニーが行われた。   一口に350というが これは大変な事。   次は400試合だ。  豊富な経験を活かし これからも若手をどんどん引っ張って行って欲しい。   

天候 晴れ 気温28.1度   キックオフ!
開始早々相手がロングボールを入れて来た。  それを中澤がクリア。  その時だった 中央アーク付近 大黒が頭で反らせたボールを谷口が倒れながらも一気に前線へ送った。    それに反応し前線に一気に飛び出した千真はドリブル突破 〜シュート!  それが何とゴール右へと突き刺さった! 
ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!  あっという間の出来事だった。    
何と 開始15秒! 千真最速ゴール!!! これで4戦連続ゴール!!!  
P1080225a.jpg
余りの速さに 笑が止まらないサポーター。  
だが4分 中央俊輔〜兵藤へのパスが 反応遅れ相手へ。  その相手のクロスは飯倉しっかりキャッチも  その後もパスミスが連続したマリノス。      中3日で疲れはあるだろうが 今日はややいつもよりパスミスが多い・・・ しっかり頼むぞ!!  

6分低め俊輔から一気に前線の千真へ  しかしこれは僅かの所で繋がらず。 その直後 右高め谷口のスローインから エリア右 大黒受け右の小林へ 小林クロス! にゴール前ニアに谷口 ファーに兵藤 詰めるも惜しくもゴールならず。    惜しい!! あと僅かの所。   谷口はスローイン後 一気にゴール前へと走りこんでいた。 いいぞ! 

低い位置でショートパスを繋ぎ相手を引き出しながら 一気にロングパスを入れるマリノス。  しかし折角のチャンスが 精度の悪さでチャンスに繋がらない。
そんな中9分だった。     中央でパスを繋がれ相手宮崎シュート! それが何とゴールギリギリ左へ。   ほんの僅かのズレ救われた。   ホッ。。。 シュート直前 俊輔がスライディングに行っているが 一瞬遅れれば 決まっていてもおかしくない場面だった。  冷やり・・・><

更にその直後 またしても中央 こぼれ球を後ろから来た相手に奪われ エリア左へ 相手シュート!! はGK飯倉 倒れながらの見事なキャッチ!!  
しっかり 枠を捉えていた相手のシュート・・・  おいおい マリノス 今日はどうしたんだ!?
1点先制に ホッとしてる場合じゃないぞ!
P1080056a.jpg
11分右高め ファールで相手にFKを与えた。  そのまま蹴り入れるかと思いきや ショートパス!  エリア左へと繋がれDF対応も交わされ突破〜クロス!  それを中央から打ち込まれた。
もうダメかと思う程の強烈なそのシュートは 何とゴール前にいた小林の足に当たりクリア!  ホッ。。。
決定的場面だった。    どことなく動きが緩慢なマリノス。   精度 1対1にも競り負ける場面が目立つ。  

16分中央俊輔 相手の手を使ったプレスを倒れそうになりながらも交わし突破 金井 兵藤 谷口とパスを繋ぎ エリア内切り込むも兵藤 僅かの所で相手に阻まれシュート撃てず。  惜しい〜!!  芝をたたき悔しがる兵藤、  しかし俊輔からのこの一連の連動は見事だった。 
 
21分かなり低め 俊輔から一気に前線大黒へ鋭い縦パスが通った。  大黒から千真 そして左の金井へ 金井クロス!!  ゴール前 谷口頭で合わせに行くもDFに付かれボールはバーの上へ・・・ 惜しい !   しかしマリノスにチャンス!

26分右サイドパス繋がれ クロス! にニアで大久保に頭で合わせられた。  ボールはゴール右ギリギリ上で救われたが 枠を捉えていれば完璧失点につながっていた場面だった。 
今日は低い位置で かなり下がってボールを受けている俊輔。。。  中澤も大声を張り上げ味方選手を必死で鼓舞する。  
P1080240a.jpg
31分低め 俊輔から一気に右の千真へパスが通った。  右高め 小林 大黒 千真と繋ぎ 俊輔に渡った瞬間だった。   俊輔が仕掛けに行こうとした瞬間 相手に詰められコントロールミス 奪われてしまった。     更に33分 中央から左 金井へのパスが相手に。。。と やや俊輔らしからぬミスが続いた。    どうした俊輔・・・   首を振り 自らのミスに喝を入れる俊輔。   

そんな中36分 相手が右サイド細かくパスを繋ぎシュート! が何と バーを直撃!!
更に38分には左からのクロスクリアを 中央からシュート!  これはゴール右へと反れ救われたが 山形連続攻撃!   

41分右サイド 俊輔 小林 兵藤とパス繋ぎ兵藤シュート! は相手DFに当たり右CKを得た。蹴るのは俊輔 味方複数飛び込むもGKパンチング。   だがその直後 中央 相手のファールでFKを得た。    中央だが かなり遠い。   まさか 直接狙うのか・・・
シュート!!  しかしその強烈シュートはゴール大きく上へ・・・  ><

前半終了間際 左高め ハイボールの競り合いのこぼれ球を受けた俊輔 思いっきり左足を振り抜くもボールはゴール左へ。。。   精度も 今日はやや俊輔らしくない・・・  
怪我から5試合ぶりに復帰したばかりで中3日の試合・・・  かなり疲労もあるのか。。。
  
前半終了。  何とか1−0で折り返した。  

後半メンバー交代はなし。    何とか立て直し 早めの追加点が欲しい所だが 折角攻撃チャンスに移れる という所でミスが出てシュートまで持って行けないマリノスに対し 山形の攻撃は衰え知らず。    動き出しも早い。
しかし5分 左サイド高め 俊輔がインターセプトで前を向いた途端v相手が倒れ笛  6分には右サイド 谷口の足にスライディングしてきた相手が痛みうずくまり ボールを出さざるを得ない状態へ… と マリノスのチャンス!という所で 相手が倒れ攻撃に移れない場面が続いた。
これには 会場からも大きなブーイング。      どちらかといえば相手にイエローが出てもいい場面だったにも拘らず  中々起き上がらない相手に 攻撃が中断。怒

だが53分。  Gキックが前線の千真にこぼれた。   エリア右 千真仕掛けシュート?センタリング? ゴール真ん前大黒が飛び込むも あと僅かの所でGKがキャッチ。   惜しい!!
決定的場面だった。      その直後には右サイド小林と俊輔のワンツーから小林クロス! に大黒入るもGK。   更に左サイドで巧みにパスを繋ぎ 最後は大黒シュート!はDF。  と連続してチャンスを作りはじめたマリノス。   流れはマリノスに。 ゴールの匂いが・・・。

だが56分だった。  右低めスローインが相手に渡り 山形は左へと展開  左サイドを突破され相手グラウンダーのクロス!!  ゴール前 相手2人飛び込むも それは中澤と金井がそれぞれしっかり抑えたものの  クロスがそのまま右に流れ ファーから飛び込んできた相手がフリーでシュート! それが危険を察知してゴール前に来た中澤の腹に当たり入ってしまった。
P1080182a.jpg
あ”〜〜〜〜〜 やられた・・・・・><  
仰向けになり暫く起き上がれない中澤   これはいくら中澤でも流石に防げない。   ファーから飛び込む相手を 全くフリーにさせてしまっていた事がいけなかった。 1−1・・・同点に。
流れがマリノスに傾いたかと思われた時間帯での失点だっただけにこれにはショックも大きかった。

同点に山形のプレスは益々活性化。  
16分右サイド低め俊輔が相手のコントロールミスを空かさず奪い兵藤から前線大黒へ しかしパスがやや長くGK.   
すると63分 監督が動いた。  ボードには25 と11。  俊輔を下げ小野を  大黒を下げキムクナンを投入  といっぺんに2枚代えてきた。     俊輔はキャプテンマークを兵藤に託し 小野 クナンとタッチ   ピッチを降りた。     

直後右高めスローインから小野がキープ〜クロス にゴール前クナン飛び込むもGK. 
山形のプレスはかなり激しく 今度は金井が痛む。     どうやら小野はトップ下へ 谷口が右か。 
そんな中20分だった。   中央低め 小椋からから大きく前線の小野へとロングフィードが通った。       左コーナー付近 相手の股を抜き仕掛け人行くも相手に抑えられラインを割った。   マリノスのCKかと思われたが審判は相手のGKを支持。   小野は審判に猛アピール  これにはマリサポからも大きなブーイングが起こった。   ゴールへの強い気迫を見せる小野。

右サイドから相手エリアへと侵入も 山形DFの読みが速く シュートを撃てない。  
マリノスの攻撃も選手の特徴も かなり山形に研究されてるようだ・・・

69分中央 クナンと小椋がボールを奪うと谷口から小野へ縦パス 小野は左から飛び込んだクナンへ!!  シュートへ行くかと思われたが クナン 持ちすぎDFに阻まれゴールならず。。。><
受けた時点でダイレクトで打って欲しかった・・・><    悔しがるクナン。
しかしその左CKのクリアから相手が素早いカウンター  中澤が必死で追いかけ相手を倒しイエローを貰ってしまった。    
 
しかもその直後左サイド突破されクロス!ヘディングシュート〜!! が何と またしてもバーを直撃!!!  更にそのクリアも相手に渡りエリア左からシュート!!! 
危機一髪の連続のマリノス!!  何とか飯倉の好セーブで凌いだものの 冷や冷やの連続。
メンバー交代した直後は 前線への積極的な仕掛けで流れがマリノスに傾いたかと思われたが 完璧に流れが山形へ。。。 モンテディオ猛攻。

75分にも左サイドからのクロスに あと数センチ という決定的場面  77分には右からのクロスから 危機一髪の場面を作られた。  守り一辺倒のマリノス。   
追加点を狙うはずが 守備に走り回るマリノス。
そこで相手は いっぺんに2枚代え。   この時間になってもルーズボールへの反応が驚く程早い山形。 

37分左サイド小野の仕掛けから 兵藤とのワンツーで小野シュート! はGKキャッチ。
 必死でゴールに向かう小野。    だが山形DFも身体を張ったDFでゴールを許さない。
時間もない。。。   このまま終わるのか。   いやこれだけ攻め込まれていれば いつ失点するか判らない!!  頑張れ!!
そこで43分監督が動いた。  千真をさげアーリアを投入。
ロスタイムは4分! 時間がない!!

ロスタイム3分だった。  自陣エリア内 相手のクロスをインターセプトした中澤が一旦は奪われそうになりながらもアーリアのフォローでそのまま前線へ自らドリブル突破!! 〜小野へと見事なスルーパス!!!    小野受けるも DFに阻まれ右CKを得た。 
右CK兵藤。    もうラストチャンスだ!!  ゴール裏からはこれ以上無いほどの大きな大きなコールが響いた。   
P1080244a.jpg
兵藤はファ―へ高めのボールを!  それをクナンが 取り囲む相手DFをもろともせず見事頭で合せた。 
そのボールは相手GKの手をかすり左ポストへ当たりながら ゴールへと吸い込まれていった。
ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!! 2−1
その瞬間クナンはユニを脱ぎにかかるが小野が抱きつき脱げず(笑) そこへ栗原が飛びかかるとクナンは倒れこみ 次から次へとチームメイトが襲い掛かった。    全く見えないクナン   サンダル履きのまま俊輔も一番上から乗っかっていた。。。 
ゴール裏は 大爆発!!   その信じられない劇的ゴールにニッパツが揺れた。 
P1080247a.jpg
こんなに劇的なゴールがあるだろうか。  後半も押される場面が多かったにもかかわらず 終了数秒前でのこのクナンの決勝弾。
山形で苦しんだ 昨季の悔しさを晴らすような クナンの気迫の一撃だった。
しかし ゴールを決めたクナンやアシストした兵藤だけではない  その前に 果敢に前線へとドリブル突破し 見事な小野へのスルーパスを出した中澤!   彼の存在を忘れてはいけない。  
P1080257a.jpg
内容は誰が見ても お世辞にも。。 いいとは言えない酷い内容だった。  メンバー交代も 流れは変わらず その後も 何度も攻め込まれた。
しかし そんな中でも勝利を手にしてしまうマリノス。   やはり今季は何かが違うのか。。  これでマリノスは5連勝!! 何と 優勝した2004年以来の7年ぶりの快挙となった。    
  
前半に早々と渡邊千真の4試合連続ゴールで先制するも、あまりに早い時間帯での得点に気が緩んだのか、 中3日というコンディションのせいなのか、 その後はイージーミスが続き 自分達でリズムを崩してしまった。     特にパスミスや 球際で競り負けるシーンが目立ち、相手にボールを奪われては攻め込まれるという展開が 前後半通して続いていた。
ディフェンス陣の身体を張った守備や クロスバーに助けられ なんとか最少失点に抑えたものの、試合内容はここ数試合で最も悪かった。

後半ロスタイムのキムクナンのゴールで勝ち点3を手繰り寄せることが出来たが、正直良かったのは監督も言っていた通り 前半開始15秒と試合終了間際の得点シーンのみ。
勝ったから良かったが、内容的には引き分け もしくは負けていてもおかしくない状態だった。

今日の収穫は最後の最後に気迫でもぎ取った勝ち点3 という結果だけ。    只、こういう試合内容であっても しっかり勝つことが出来たことは次に繋がる、  ここが昨年までのマリノスと大きく違うところでもある。
とは言え、こんな試合をしていては上位に留まることは厳しい。  修正すべき点はしっかり修正し、コンディションを整えて  また たったの中3日で迎える次の大宮戦に挑みたいところだ。

そして、今日気になったのは俊輔のコンディション。  俊輔らしからぬパスミスやボールを奪われるシーンが目立ち、本来のキレが見られなかった。  中3日というコンディションのせいなのか、あるいはこれまでのリハビリのリバウンドのせいなのか身体が重そうだった。  
復帰仕立てで直ぐに 酷暑での中3日の連戦は 想像以上に厳しいものだったのかもしれない。
俊輔だからこそ ミスをすると どうしても他の選手よりサポーターの目に付いてしまうのも 俊輔への期待の表れなのだろう。     大宮戦での活躍を期待したい。
P1080279a.jpg
試合後 サポーター挨拶に回りながらも俊輔は早速兵藤らチームメイトと内容についてずっと話し合っていた。 
お立ち台にはもちろんクナンと千真。   クナンはサポーターからトりパラを受け取り コールに 本当に嬉しそうに答えていた。   
P1080310a.jpg

マリノスついに5連勝!   頑張れマリノス! 頼むぞ俊輔!


=====続く====


そして試合翌日。。。
みなとみらいでは 予定通り 35度を超える猛暑の中 練習が行われていた。  
前日の山形戦に先発したメンバーは 勿論 疲労回復の為の軽いランニング等 20分程のクールダウンメニューをこなす。

しかし。。。その中に俊輔の姿はなかった。

俊輔はその日 何と 控えメンバーと共に 通常メニューを必死にこなしていたのだ。 
サブメンバー全員による 大鳥かごに始まり フィジカル そして攻撃練習・・・  前日の疲れを殆ど感じさせない動きで 猛暑の中 先発組でたった一人 必死にボールを追い走っていた。  

いくら山形戦で途中交代したとはいえ 三分の二はこなしていたはず。    しかも5戦ぶりに復帰したばかりで中3日の連戦だった。 酷暑でもある。   疲労が溜まっていないわけがない。 しかし 山形戦での自らのパフォーマンスに納得がいかなかったのか  俊輔は自分を追い込んでいた。

練習着が躰にピタリと張り付き 絞れるほどの汗をかきながら 必死で練習をしている俊輔。 
その様子を スタメン出場していた他の選手達が 軽いランニングを終え じっと見つめていた。
最後 ミニゲームに入った所で 控え組の練習から場所を移すと 今度は 自らピッチ脇においてある小さなゴールネットを二つ担ぎ  運んできた。   まだ何かやるというのか。。。
俊輔は そのネットを二つ & マークを置くと コーチを呼んだ。
P1170275a.jpg
コーチと向き合いで始まった練習は1対1の練習だった。   前の敵を交わす & ボールを失わない & ボールを奪う・・・    と次々コーチを相手に ボールコントロールと そのキレを上げる為の練習をこなしていたのだ。   

前日の試合でのミスを取り返そうと サブメンバーの練習に入ってまで必死になって練習をする俊輔。    昨日の試合で相当なショックを受けたのだろうか・・・  
痛いほどその気持ちは判るが 中3日でまた直ぐに大宮戦が来る。  こんなに練習をして本当に大丈夫なのだろうか・・   
益々疲労困憊にならないだろうかと やや心配になってしまった。

キャプテンというプライドをも捨て必死に若手と練習に励む俊輔。   そんなキャプテン中村の姿を横目で見ながら チームメイトはいったいどんな風に感じただろうか。  
頑張れ俊輔!!           
posted by Hiro at 01:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

マリノス4連勝!俊輔復帰祝砲V弾

P1170058a.jpg
2011年7月9日 Jリーグ第3節。   マリノスはアウェーでジュビロ磐田と対戦した。
6月の厳しい5連戦を  キャプテン俊輔を負傷で欠く中  若手の奮闘で見事4勝1敗という好成績で乗り切ったマリノス。     前節は3位川崎Fとの神奈川ダービーをも制し 見事3連勝を飾った。       首位レイソルに次ぐ2位 と ようやく常勝ムードが漂い始めたマリノス 
ハード日程 しかも猛暑という厳しいアウェー戦ではあるが 何とか今日も勝利をもぎ取りたい!!  

しかしそんな中 マリノスには更に厳しい条件が課せられてしまった。    累積で 谷口の欠場が決まってしまった上  試合直前 GK飯倉までが練習で頸椎を痛め欠場を余儀なくされるという緊急事態が発生。 

層が厚くなっているとはいえ 飯倉はこれまで全試合出場。  秋元らも技術的には問題ないとはいえ 今季これまでJ1公式戦出場はまだなし。   それどころか昨季も天皇杯1試合のみ  試合勘に大きな不安を抱えながらの一戦となった。 

朝から強い日差しが照りつけ 梅雨明け宣言も飛び出した猛暑の一日にも拘らずヤマハには大勢のサポーターが集結した。
ジュビロと言えば 何と言っても元マリノスのGK川口 DF那須がいるチーム。      

俊輔のマリノス加入から “いつも後ろで吠えている先輩”  だった能活。     チームでは勿論 代表でも一緒に世界と闘ってきた。       そのサッカーへの真摯な姿 人間性は  俊輔も昔から大きな信頼をおきお手本とする存在であり  俊輔が苦しい時に いつも励ましてくれる先輩でもあった。   そんな 俊輔 能活の対決が果たして見られるのか・・・感慨深い一戦。。。       
選手登場。  GK秋元には ゴール裏から大きな応援コールが響いていた。
秋元 頼むぞ〜!!
そして俊輔はといえば 6月15日のセレッソ戦で負傷してから 何と5試合ぶりの復帰。  試合勘は大丈夫か・・・  しかも今日は谷口もいない・・・  更に小椋は膝に負傷を抱えての強行出場。。。  と不安材料いっぱいのマリノス。    しかしここで勝利し4連勝となれば2007年8月以来の4年ぶり、 同時刻に行われるレイソルVS仙台の結果如何では 2006年以来の首位に立つ可能性もある   何とか勝ち点3を捥ぎ取りたい!!    

一方ジュビロは現在7位。  だがゴールランキングにまだ名前のないマリノスに対しジュビロは前田が現在4位につけている。  代表の駒野もいる  若手の代表も活躍を見せている。  しかも首位 柏にも 3−0勝利でここ2試合連勝している。  侮れない・・・。

=スタメン=
磐田:GK川口 DF駒野 加賀 藤田 山本 MF小林 那須 山本康 山田 FW山崎 前田
SUB八田 イガンジン 金沢 岡田 船谷 ジウシーニョ 金園

マリノス:GK秋元 DF小林 栗原 中澤 金井 MF小椋 俊輔 兵藤 小野 大黒 渡邉
SUB榎本 青山 波戸 キムクナン 天野 森谷 アーリア
 
マリノスは4−4−2 のダイアモンド。    GKは今季公式戦初の秋元  4バックは右に小林左に金井 そして栗原&中澤の センターバック。    中盤ボランチに小椋 右に俊輔 左に兵藤 トップ下にはFW小野。   そして大黒 渡邉の2トップ。   FW3人がついにスタメンで顔を揃えた。     更に 中澤は今日のジュビロ戦でJ1350試合出場を達成。   
サイド攻撃が特徴のジュビロを  不安を抱えるマリノスが果たしてアウェーで抑えられるか・・・!   マリノスは蛍光黄色のアウェーユニ 俊輔はオレンジのスパイク。

天気 晴れ  午後7時の気温27.8度 湿度80%  
審判団の前に立ちコイントスには 両キャプテン俊輔と那須。   マリノスサポの大きな声援が響くヤマハスタジアム。     そして大黒&小野のキックオフ!  
P1170131a.jpg 
開始早々 先ずシュートを放ったのは小野だった。   左サイド兵藤からのパスを受けそのまま切り込みシュート!  惜しくもゴール右上へと反れてしまったが最初にチャンスを作ったのはマリノスだった。
低い位置でパスを回しては一気に前線へとロングボールを入れてくるマリノス。

5分右サイド 小野から俊輔へのパスが相手に奪われ 左サイド相手突破 山田クロス! は前田飛び込むもGK秋山しっかりキャッチ。     その直後中央兵藤ドリブル突破!〜スルーパス出すも味方には合わず。    この時間俊輔は左サイドへ。  

9分自陣左サイド 相手のスローインから クリアミスを奪われ DF交わされ突破 山崎シュート!! は金井が右足で そして更には身体でシュートを連続で阻止! 最後ゴール前こぼれ球を山本シュート〜!!! は ゴール左で 救われる。    ホッ・・・ マリノス危機一髪!!
U22コンビによる相手の猛攻を何とか凌いだマリノス。   金井が身体を張った見事なDFでチームを救った。  

11分。 中央俊輔 兵藤からのパスを受けると一気に左サイドを駆け上がった金井へとロングスルーパス!!   金井クロス! にゴール前 大黒ダイビングヘッドで飛び込むも 僅かミートせずゴール左へ  惜しい〜!!   しかし俊輔〜金井〜大黒 と見事な連携  金井のクロスも良かった。   
これぞ俊輔という 柔らかく そして精度あるスルーパス!!  ぽっかりあいた そのジュビロの一瞬のスぺースを 俊輔が見逃すはずはなかった。    ジュビロはその瞬間左サイドを誰も見ていなかった。     大きく開いたその空間に 金井はどフリーでクロスを上げた。   
たった1本のパスで大きなチャンスを作るその想像力・・・。  俊輔が帰ってきた・・・そんな瞬間だった。  

その直後 またしても左サイド低め金井からだった、 競り合いのこぼれ球をダイレクトで左前線へ送った金井、 一瞬追いつけないと思えたボールだったが 千真が相手駒野と競り合いながら必死で追いかけ コーナー付近で奪うとエリア左からシュート!!!   思いっきり撃ったもののボールはゴール右へ流れ得点ならず。    惜しい〜・・・ しかし立て続けにマリノスがチャンスを作った。

その右高め 磐田のスローイン ハイボールを前田と俊輔が競り合った際 前田が右目上を負傷 流血。  治療の為一旦ピッチを降りた。  
その間14分 中央小椋からの縦パスを受けた小野がDFを交わしシュート! も駒野に阻まれ左CKを得た。   勿論CKを蹴るのは 久々に俊輔。   ゴール前へ蹴りいれず 金井とのショートコーナーを選んだ俊輔だったが 金井の戻しがやや短くなり それを読んだ相手が突進 俊輔はそれをターンで交わそうとするも 相手に奪われてしまった。    ジュビロカウンター!! という所で 小野が突進 それをあっさり奪うとすぐさままた金井へ 今度はマリノスのンカウンター!
惜しくも金井倒されクロスとはいかなかったが 両チームのその攻防戦に会場が大いに湧いた。

16分だった。 相手右 駒野が味方とのワンツーでDFを交わし一気に右サイドを駆け上がった。必死に追うマリノス。   駒野エリア右からグラウンダーのクロス!!   DFかかとに僅か当たりボールがずれた事もあり 俊輔が一瞬足を出すもそのボールの勢いに 角度代えられず そのまま飛び込んだ那須へ。     那須左脚シュート〜!!!
それがGK秋山の右手に当たりゴール中央に突き刺さってしまった。   
P1170139a.jpg
あ”〜〜〜〜〜><  やられた・・・     那須は2試合連続ゴール・・・
そこで 治療を終えた前田が戻った。  FWが一人いない間にジュビロにゴール。。。何とも><
右サイドの駒野の突破は異常に早かった。   猛暑のアウェーでマリノス痛い失点・・・  
しかし今季のマリノスは そんな事でくじけるチームじゃない!! 頑張れ!!

(どうでもいい事だが 治療を終えた前田の包帯・・・もう少し何とかならなかったか。笑)   先制に勢いを増すジュビロ。   やや秋元の判断に何度か不安も・・・
26分には左サイドスローインから突破されかなり高め 相手を倒しFKを与えた。
FK駒野。  駒野はかなり鋭いグラウンダーのシュート!!  GKに不安がある事を充分に意識したシュートだった。     秋元受けるもファンブル。    あわやっ というところで千真が必死に掻き出した。   ホッ・・・  冷や冷やの連続のマリノス。
そこで監督が動いた。  マリノスは ダイヤモンドからボックスに変更。  
 
そんな中33分 右小椋から一気に右高めの兵藤へと鋭い縦パス!!  兵藤はすぐさまエリア右小林へ 小林はそれを千真へと送った。   ゴールやや右 千真はそれを左足でワンタッチ そのまま倒れこみながら右足シュート〜〜〜!!!  GK川口が一瞬触るもそれが左ポストに当たりゴール右へと吸い込まれた。    ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!! 同点〜〜〜〜〜!!!  ガッツポーズの千真に次々選手達が駆け寄った。 ゴール裏からは千真の大きな応援コール。

見事な連携だった。   一瞬の隙を突いた小椋の縦パス そしてスピードを殺さずに千真まで持って行った兵藤と小林  そして千真の倒れこみながらのシュート!!!  決して簡単な繋ぎではなかったが 全てが流れに乗り連動していた。   貴重な貴重な同点ゴール  千真はこれで3試合連続ゴールとなった。  

前半終了間際 右からのクロスからジュビロがチャンスを作るも 1−1で折り返し。 後半に期待がかかった。     しかし前半のシュート数は何と 9:3  試合中はそこまで感じなかったが ジュビロがマリノスの3倍ものシュートを撃っていた事が判明。    やはりGK不安を突いているのか・・・。 

後半メンバー交代はなし。           
後半最初にチャンスを作ったのはジュビロだった。 右サイドを突破  駒野のクロスから右CKを得ると 2度のCKをクリア 更にこぼれ球からのクロスは秋元がしっかりキャッチした。
頑張れ秋元!!

そして50分だった。 左サイド低めでパスを回していた俊輔。   金井からパスを受けたその瞬間 俊輔は一気に前線小野へとロングパスを入れた。   オフサイドなく綺麗に飛び出した小野はどんぴしゃでそのパスを受けるとエリア左  2人のDFを相手にゴールへ向かって仕掛けた。
相手DFの股を抜き 改めて仕掛けに行った瞬間  相手DFに足を賭けられ倒された。
勿論 笛〜〜〜〜〜!!  PKだ!!  相手 藤田にはイエロー。  

ボールを持ちエリア中央へと入ってきたのは俊輔だった。  5試合ぶりに今日復帰してきたばかりの俊輔。   前半 まだ試合勘が戻っていない場面もやや見られた。      しかも相手は俊輔のシュートを誰よりも知っているであろう元マリノスGK 川口能活だ・・・  決められるのか・・・
P1170155a.jpg
マリノスゴール裏の大きな声援をを背に ゴールマウスに立ちはだかる川口。  一瞬 時が止まった。    じ〜っと川口の動きを見つめる俊輔。    その時だった。  一瞬蹴ろうと俊輔が体重を前に欠けた瞬間  川口が僅かに反応し前に手をついた。  コンマ何秒 その瞬間 俊輔は思いっきり左足を振り抜いた。    川口は反応するも ボールの勢いは強く 先に右ネットを揺らした。          
P1170172a.jpg
決まった瞬間 右手こぶしのガッツポーズをすると 左胸のエンブレムを何度もたたき喜びをかみしめる俊輔。    そこへチームメイトが一気に駆け寄った。    
  
まさに名勝負。  元チームメイト そしてずっと代表で日本を背負って来たもの同士のハイレベルな勝負だった。  お互いを知り尽くしているだけに PKとはいえ 難しいゴールだった。 
軍配は俊輔に。。。   1−2に。
自ら小野にチャンスボールを送り  その小野が得たPK.  そのチャンスを キャプテンがしっかりものにした。   ホッ・・・  息をしてないかった事に後で気づいた。 笑

しかし思わぬ形で1点を追う事となったジュビロは必死の猛攻。  54分駒野の左CKからだった。    右へと大きく流れたボールだったが 山本が追いつき右サイド突破〜クロス! 一旦クリアも そのボールが中央駒野へ。    駒野シュート〜!!!  GK秋山 真ん前でキャッチも ボールの勢いに圧され何とファンブル。  それにすかさず食いついた加賀がシュートに行くもオフサイド。    救われた〜〜〜>< 汗
やはり 秋元まだまだ不安定。 大丈夫か・・・ (1年10か月ぶりのJ公式戦)

57分には小椋から受けた小野が中央突破! 詰めるDFを倒れそうになりながらも次々交わしシュート!!!   しかしそれは惜しくもゴール右。   惜しい! いいぞ小野!

60分右サイド 俊輔と小林のパスから得た右CK俊輔。  ゴールファー 栗原の頭にどんぴしゃ!  栗原ヘディングシュート!!!も たたきつけたそのボールは何とバーを直撃!!   その跳ね返ったボールを今度は中澤シュート!!!  も相手DF?に当たりゴールならず・・・><
頭を抱える中澤 栗原・・・   惜しい〜〜〜〜〜!!!!!
更にその左CK俊輔 今度はニアの小野へ!   思い切りジャンプした小野 頭で合せ見事ゴ〜〜〜〜〜ル!!!!!  と思いきや まさかまさかのファ―ル判定。   怒!!! 小野の方が先に飛んでいるのに これは厳しすぎる判定!!    身体全体で 悔しがる小野!!!
悔しい〜〜〜〜〜!!!!!

それに見かねたか 相手監督が動いた。  DF山本に代えFW金園投入。 猛攻か。     
65分 自陣左中央 山本から 一気に前田にロングスルーパスが出た。    中央前田突破! しかし中央で それを読んだ俊輔は前田をマーク。    エリア左 前田がそのパスを受けると同時にスライディングで飛び込み そのシュートを阻んだ。    チームの危機に 何度も身を投げ出して守備に走り回るキャプテン俊輔。     68分には 右サイドで小野が相手のクロスを同じようなスライディングで阻止。。。  DFもFWもない! 全員攻撃全員守備のマリノス!!

すると68分 木村監督が動いた。  大黒に代えてクナン投入。   このまま最後まで守りきるのは難しい ここは高さと強さのクナンを入れて 前線でキープか。
69分には栗原インターセプトから小野のシュートで右CK。   72分には右小林から前線小野へロングパス通り 小野のセンタリングに 千真〜! とチャンスを作るマリノス。
小野 見事なセンタリングだったが・・・><   両者攻防戦。

73分そこで両監督が動いた。  山崎に代えジウシーニョ。    俊輔に代え天野投入。 
天野 走りまくって何とか 俊輔の決勝Gを守ってくれ〜!!   
そこで Gキックが遅いと 秋元にイエロー。  
78分右CK兵藤から ファー 中澤頭で合わせるもゴール左。  79分にはエリア左 自ら仕掛けた小野シュート! はゴール右。   と やや疲労が見え始めたジュビロを相手に 小野は積極的にゴールを狙う。               

1点を追い必死になる相手のファールを誘いながらボールをキープ 相手にチャンスを与えないマリノス。    
だが85分だった。 右サイドでパスを繋いだジュビロは 一気にグラウンダーのセンタリング! ゴール真ん前 金園が足を伸ばし飛びこむも僅か届かず・・・ ホッ。。。  あと5センチ!危機一髪だった。。。
そこで木村監督は 小野に代え波戸を投入。    

ロスタイム3分 何度もロングボールを入れてくるジュビロに対し はっきりしたクリアで相手にボールを渡さないマリノス。    そして笛〜♩ 試合終了〜!!
1−2勝利!! マリノス4連勝!!!

前後半通して両チームともにハードワークした試合展開になった。  後半にジュビロが若干バテたせいか、マリノスが逆転した後も決定的なシーンは1回くらいしか作られなかったが、 正直 もしあのPKが決まっていなければ どっちに勝敗が転んでもおかしくない試合だった。 

前半に先制点を奪われてから、ジュビロに崩されていたサイドの穴を埋める為に中盤をダイヤモンドからボックス型にし 俊輔をボランチに下げた。   更に後半マリノスもバテてきた頃に小野に代えて波戸を投入。   波戸を左サイドにして試合中何度も突破を許していた駒野にそれ以上の仕事をさせなかった。   試合中でのシステム変更だったが、不慣れな布陣でも戸惑うことなくこなすことが出来たことがこの試合の勝敗を大きく左右した。   そこに俊輔がいた事も そんな臨機応変な対応にも若手が戸惑う事なく落ち着いてプレー出来た理由の一つだ。  

ここ数試合で全体的なチームの形が出来つつあるマリノス。  誰かが欠場しても他の選手が補えるようになってきた。  強いチームはやはり誰が出てもしっかりこなせることにある。   アーリア、狩野あたりにも もっと奮起してもらいたい所だ。

ここ最近、自身のプレーに納得いかなかった小林も今日は見事同点ゴールをアシスト。  あのタイミングであのスピードでパスを出さなければ 渡邊の同点ゴールは生まれなかったはすだ。  今までも得点には絡んでいたが、数字として結果を出せたのは大きい。

秋元も1年10ヶ月ぶりの試合で、ファンブルやパンチングミスなどもあったが、アウェイで最少失点に抑え勝てたことは自信に繋がるはずだ。   まだまだ若い  これから益々練習に励んでほしい。  

俊輔は5試合振りの出場、やや序盤は試合勘に不安な場面もあったが それ以外は怪我や体力的な問題を感じさせない献身的なプレーで 攻守に亘りチームを引っ張っていた。   前半途中にボランチに入ってからも消えることなく、中盤でボールを落ち着かせ、自陣のゴール前では何度もスライディングで飛び込む等  身体を張ったプレーで勝利に貢献した。     尊敬する先輩 川口とのPK対決は かなりやりづらかったと思うが、 一瞬体重をかけるフェイントから いつものPKよりも速く足を振ってタイミングを巧みにずらし、得意のコースに見事突き刺した。   1997年から マリノスで そして 代表で共に活躍してきた俊輔と能活    昔のマリノスを知るサポにとっては 何とも感慨深い名場面となった。    

これで渡邊が3試合連続ゴールとなったが、やはりFWがコンスタントに得点出来ているのはとても大きく、 得点すべき選手が決める事で チームも一層盛り上がる。   今日のゴールは決して簡単なゴールではなかった。     一方 喉から手が出るほどゴールが欲しい小野も 毎試合 本当に気持ちの入ったプレーを見せてくれているのだが、 毎度厳しい判定で泣かされている。   
若干フィニッシュのシーンで 力んでシュート時のボールの位置が良くないシーンがあるので、 最後の場面でもう少し落ち着けるようになれば一気に得点に結びつくのではないだろうか。   とにかく1ゴールさえすれば落ち着きも取り戻し 彼はきっと得点を量産出来るだろう。   これからが楽しみだ。   それにしても今日のヘディングは見事だったが・・・ 惜しかった・・・><悔しい〜! 

これでマリノスは4連勝。  次節は谷口も戻ってくる。   先ずはホームでしっかり確実に勝点3を積む事、 そして猛暑での連戦 選手達のコンディション調整には充分注意し 離脱者が出ないようしっかり調整していって欲しい。     
そして中澤選手 350試合出場おめでとう!   千真 俊輔 ゴールおめでとう!      
マリノス頑張れ!  頼むぞ俊輔!!                        
posted by Hiro at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

俊輔合流〜!明日は七夕〜!☆

P1170019cc.jpg
6月15日のセレッソ戦で太腿を負傷した俊輔が約3週間のリハビリを終えようやく今日 チーム練習に完全合流した。
10時 今日も暑いみなとみらい。 選手達がピッチに現れる。  俊輔はグレーのサーフ練習着に青いパンツ そして足には・・・???    何とストッキングのまま。
後から スタッフがオレンジのスパイクを持ってくると クーラーボックスの上にしっかり座ってそのスパイクを履く。。。 

練習前 全員が円になりピッチに集合すると 何やら選手スタッフ達から拍手が起こった。  勝手な想像では 「今日から中村キャプテンが合流出来る事になりました」 ・・・等という挨拶か??しかしその直後だった。  何か笑いが起きたかと思った瞬間  俊輔が突然ボールを あるスタッフに向けシュート!!   何か からかわれたのか・・・笑     結構強烈なシュートを浴びせていたがスタッフ 運よく?当たらず。。。 

早速練習開始。   スタッフと終始話をしながら?のストレッチをはじめ  マークなどを使ったフィジカル練習 鳥かご パスを繋いでシュートまでの攻撃練習。   そして最後は5人ずつ4チームに分かれてのミニゲームをこなした。
全く 足を気にする様子もなく 他の選手同様 最後まで元気に走り回っていた。

攻撃練習からのシュートは シュート4本中2本は外れ 1本はゴールイン! もう1本はGKに阻まれていた。    合流したてとあり 初日のボールコントロールの感触は今一つか・・・と思いきや ゲームでは殆ど 休み明けを感じさせない動きを見せていた。
最近夏場のお楽しみの? 柄杓飲みも スコップ飲みもなく今日は 真面目にボトル飲み。  後頭部にもジャージャー。 

ミニゲームには小椋 谷口選手は入らず その間ずっとランニング。  軽い打撲でもあるか?
そしてアーリア 兵藤 端戸選手ら3人は 「いっせ〜の1〜!!」 などと指をたてて遊びながら楽しそうに走っていた。 この暑いのに元気だ〜・・・     一方 いつも最後まで残り キャッチング練習をしている飯倉は珍しく速めの上がり。   怪我か・・・>< ?    ピッチでは秋元 榎本らがコーチ陣と必死の練習をしていた。

ようやくキャプテンが戻ってきた。   首位柏に次ぐ現在2位と チームはキャプテン不在の中 若手の必死の奮闘で3連勝と いいムード。      層の厚くなったマリノスだが これからは 更にセットプレーからの得点も期待出来そうだ。    1試合1試合を大切に チーム全員で頂上を目指し 実現して欲しい。

P1170051a.jpg
そんな中 クラブハウスの食堂と共に オフィシャルショップ入口にも現在 七夕に向け 笹が飾られている。  
今月から明日の7日までの約1週間  沢山の人が書いた願い事短冊が結び付けられ 訪れた人を楽しませている。

中には「あ・・・七夕だ」 というだけで そのまま通り過ぎてしまう人もいるのだが・・・ 
この七夕飾りには  勿論 選手達の願いを書いた短冊も 結ばれているのだ。
選手達の書いた短冊・・・   いったい皆 どんな願いを書いているのだろうか・・・
「気になる〜!見たい〜!」 という声が沢山聞こえてくるので 一部だけですが 遠方で見られない方々の為に また 何を書いたか知っていても実際に見てない人の為に・・・ちょっと紹介してみます。
P1170046a.jpg
先ずは先日早くも願いが叶ってしまった(?笑)飯倉選手。  あれだけの好セーブを見せてくれた飯倉選手だけに ご愛嬌ですね。   次こそは相手のゴールに是非決めて貰いましょう。
P1170049b.jpg
そして兵藤選手。  いかにも・・・ っていう感じですかね。   俊さんがいない間も奮闘してチームを引っ張ってくれた兵藤選手 頼もしい限りです。
P1170048b.jpg
P1170050b.jpg
そして端戸選手 金井選手
何事も 楽しくなくちゃ!ですね。  やってる方も観てる方も楽しいサッカーを是非頼みます!
P1170043a.jpg
そして・・・これは?  今日も最後まで頑張ってGK特訓をしていた哲也  哲也こそ!代表目指して 頼むぞ!涙
P1170047c.jpg
これは小林選手。  是非全試合出場実現させて欲しいものです。 SBはコバに任せたぞ!
そして・・・
P1170040b.jpg
そして狩野選手。 これ・・・女性ファンがヤキモキしそうですが・・・
P1170045c.jpg
そしてこれがアーリア。 今月とは?かなり逼迫してますが・・・?mm 
しかし一方 それを見たのか 天野選手がこんな事を・・・笑  何か妬みでも?
P1170053b.jpg
そしてお待たせ! これが俊さん。(笑)
P1170052a.jpg           
ケンタの髪の色・・・ これって 監督の願いの代弁か?  相変わらずお茶目爆発です。

そして短冊を書けなかった多くの俊サポさん 俊さんが怪我をしないで大活躍できるよう 皆で祈りましょう!
全選手の紹介出来ず すみません。   
七夕飾りは明日までなので 少々取り急ぎアップしてみました。 

【追伸】
飯倉選手は今日の練習で頸椎を負傷した模様。  診断の結果 頸椎捻挫で2〜3日の安静が必要に。  ジュビロ戦が難しくなった><



※・・・と言う事でBBSの答えは  5番でした〜。  短い時間にも拘らず参加して下さった方 お土産は後程。。。BBSで    
   
posted by Hiro at 16:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

川崎撃破!マリノス千真で逆転V脱ぎ!

P1160839a.jpg
2011年7月3日 Jリーグ第2節  神奈川ダービー。  マリノスはホーム日産に川崎フロンターレを迎えた。      ギラギラ太陽が突き刺す猛暑の横浜。   スタジアム前には会場を待つ大勢のサポーターが 試合前から その暑さと戦っていた。      入場待ちの列は 日差しを遮るものの全くない 焼けたコンクリートの上。     毎回思うが 具合の悪くなる人が出るのは無理もない。    

東日本大震災による影響で延期され 2位マリノス 3位川崎という状態で迎える事となったこの神奈川ダービー。       勝った方が首位 柏に肉薄!  優勝を狙うには 何としてもここで上位のライバルを蹴落としておかなければ  道は開けない・・・   チームのプライド全てを賭けての激突となった。        

負けられない理由はもう一つあった。   相手川崎にはマリノスを出て行った 小宮山 田中裕 そして山瀬がいた。      戦力外になってしまった山瀬は別として 後の二人にだけは 絶対に負けられない。。。!!  マリノス選手達には いつにない強い闘志が溢れていた。  
一方 川崎からマリノスに移籍してきた谷口も 古巣対戦にやる気満々。 頼むぞ〜!

会場ではナンバー別カップ  ネッククーラー 応援用ジャンボうちわ等々 また新たなグッズが続々売り出され 大勢のサポーターが列を作っていた。    またこの日ナイキのブースでは一日限りの ポロシャツ無料マーキング CUSTOMIZE YOUR OWN が実施され 遠藤彰選手も訪れる中  皆それぞれお気に入りナンバー&マーキングを好きな位置に施し賑わっていた。  
ダービーとあってスタジアムには3万近い大勢のサポーターが詰めかけていた。   
試合前の選手紹介では 小宮山 田中にマリサポから大きな大きなブーイング。  山瀬には拍手が送られた。   一方 谷口にはマリサポから一層大きな拍手 川崎サポからも拍手が起きていた。
P1160835a.jpg
選手登場。    そして前節 山形戦で見事チーム1000ゴール目を決めた栗原選手に サポーターから記念品が渡される 記念セレモニーが行われた。   歴史に残るこの1000ゴール、 またそれを はえぬきの栗原が決めた事も 嬉しいニュースとなった。
 
【スタメン】
マリノス:GK飯倉 DF小林 栗原 中澤 金井 MF小椋 谷口 アーリア 兵藤 FW大黒 小野
SUB秋元 青山 波戸 天野 クナン 森谷 渡辺   森谷は久々のベンチ入りでゴール裏から拍手が起きていた。    俊輔は負傷欠場(左腿)

フロンターレ:GK相澤 DF田中 井川 菊池 小宮山 MF柴崎 稲本 中村 山瀬 FW矢島 ジュニーニョ
SUB安藤 伊藤 賽藤 楠神 大島 久木野 小林

夕方6時にも関わらず 気温29.9度  キャプテンは栗原  俊輔は上の貴賓室から観戦。
キックオフ!!  

開始から 小宮山 田中がボールを持つ度にマリサポからは大きなブーイングの嵐。 
1分右高め かなりいい位置。 早速小野が倒されFKを得た。  蹴るのは兵藤  ゴールファーの味方に合わせに行ったが どうしたか そこには全く味方おらず。。。
3分 低め小椋 相手のクリアをダイレクトで前線へ!! そのロングパスに抜け出した大黒が見事なトラップで受け GKの位置を確かめての見事なループシュート!!!  も何と バーをたたき それを更に押し込んだが 今度はGKの代わりにカバーに入った相手田中にクリアされてしまった。    惜しい〜〜〜〜〜!!
開始早々 決定的場面のマリノスに会場は大盛り上がり。   ゴールはならなかったが小椋の精度あるダイレクトパス そして大黒の反応は見事だった。
6分 またしても小椋から DFの裏を抜け出した大黒へ。   大黒 何度も相手DFの隙間を突いては飛び出している。   開始からマリノスにいい流れ いいぞ!  DFラインもかなり高い。

8分中央 谷口へのファールで得たFK兵藤 しかしこれもまた味方おらず・・・>< 
11分大黒の落としを正面からアーリア ミドルシュート は相手ブロック。
直後自陣左 栗原と山瀬のマッチアップ”! しかし山瀬のシュートはボンバークリア。
更に中央 大黒のインターセプトから中央アーリア〜兵藤へ  兵藤エリア内へと切り込みクロス! にファーから小野飛び込むも 僅か背が届かず・・・ 惜しい〜!!!
兵藤 自ら撃つと見せかけてのクロス! 見事だった。    
その直後 またしても中央小椋から小野へ 小野〜センタリングは 味方触れず田中がクリア。
しかし 次々決定的チャンスを作り出すマリノス。    いいぞ! この流れのうちに何とかゴールを!!!

16分アーリアのパスカットが跳ね返り前線小野へと繋がった。   エリア右 小野のマイナスのセンタリングに中央兵藤シュート〜〜〜〜〜!!!!!
しかし 何と言う事か ゴール左へ・・・・・><
決定的場面だった。   これは決めなくては・・・  会場からは大きな大きなため息・・・
決めてくれ〜〜〜〜〜!!!    しかし小野 タイミング 精度 共に流石だ!  いいぞ小野!!

21分だった。  相手小宮山の突破から川埼に左CKを与えた。   蹴るのは憲剛。
ファーでの競り合い クリアが中央 相手柴崎に    柴崎のシュートが 何と左ポストを直撃! その跳ね返りがGK飯倉の右肩に当たり ゴールインしてしまった。
あ”〜〜〜〜〜  何と言う事か。    これだけ押していた中での失点・・・痛すぎる・・・
P1160850a.jpg
先制に 勢いづいた川崎はその直後 中央山瀬がドリブル突破〜シュート!!!
飯倉の見事な反応で ゴールギリギリ右に逃れたものの その右CKからも危険なセンタリングを入れられる等 相次ぐ決定的場面に ややマリノスDF陣にドタバタ感が・・・。   
どうした!  

中盤では激しいボールの奪い合い。   お互い 古巣同志の対決に両者共に1対1では かなり気合の入ったぶつかり合いが続いていた。   田中 小宮山には プレーの度に大きなブーイング。
P1160845a.jpg 
そんな中26分左サイド 稲本から 中央矢島へパス! 矢島抜け出し合わせるも 飯倉の神業的セーブで 追加点を免れた。    まさに1点ものの決定的場面・・・ またしてもGK飯倉がチームを救った。  会場からは大きな悲鳴  ホッ・・・><   

更に27分 右低めでの相手田中のパスカットからドリブル突破〜中央ジュニーニョへ ジュニーニョシュート〜〜〜!!! しかしこれはゴール僅か左に外れ 胸を撫で下ろす。。。
この時間帯 自分達のミスから 相手に何度かチャンスを与えている。  

29分には中央 稲本〜憲剛〜山瀬 と縦パスを繋がれ山瀬シュート!!! はゴール左。
完璧に 流れを持って行かれているマリノス! どうした!!

34分には左 金井のクロスにファー アーリアシュートは狙い澄ますも相手ブロック!! 更に右 小野の黒須にファー兵藤飛び込むも 僅か届かず。  惜しい!!
中々ゴールとはならないが 小野のクロス精度は中々のもの。  俊輔なみ。

36分 右低め相手田中から前線飛び出したジュニーニョへ ジュニーニョ〜走りこんだ憲剛へ・・・  憲剛 GKとい1対1〜〜〜シュート〜!!   しかしこれまた飯倉が見事なセーブ!!!
まさに守護神!! スーパーセーブ連発の飯倉!!  ホッ。。。

しかし・・・その直後だった。 
37分 右低め栗原から一気に前線大黒へ エリアやや右 見事なトラップで受けた大黒 シュート〜〜〜〜〜!!!!!   
それが見事 ゴール中央へと突き刺さった。   ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!
大黒は両手で天を指さすと右手で胸をたたいた。  次々抱きつくチームメイト。   日産が大きく揺れた。       1−1  
相手DFがボールの目測を誤る中 大黒の DFの裏を抜けての見事なトラップからシュートまでの素早さは見事だった。   
P1160854a.jpg
相手に流れを持って行かれ 何度もチャンスを与えていた苦しい中 救いの同点弾だった。  

38分左田中のドリブルから中央ジュニーニョのシュートは飯倉キャッチ。
41分左低めアーリア奪われての 憲剛からのロングキラーパスに矢島飛び出しGKと1対1〜 シュート も これまた飯倉が神業セーブ!!!   クリア。
飯倉 今日はいったい何本決定的場面を止めているのだろうか・・・ 神様仏様飯倉様〜! 

41分右小林から一気に前線大黒へ エリア内 大黒倒されるも笛ならず 更にそれに喰らいついた谷口がライン際で倒され 審判ようやく笛。  FKを得た。
左かなりいい位置。  ボールの前には谷口 栗原 兵藤。  谷口がまたぎ栗原シュート!!!
しかし 壁を直撃   そのこぼれ球を小林前線へ ゴール右 小野が競り 中央兵藤合わせようとするも僅か合わせられず。      
前半終了。  シュート数7(マ):9    1−1 での折り返し。  

後半監督は早速メンバーを入れ替えてきた。   アーリアを下げ渡邉千真を投入。  川崎も井川に代え実藤を入れてきた。 
小野がトップ下に下がり 千真と大黒の2トップ。 

後半最初にチャンスを作ってきたのは川崎だった。  左サイドから攻め込む川崎。
しかし3分栗原のロングボールから左CKを得たマリノスは 相手GKのパンチングのこぼれ球を再度兵藤がゴール前に入れると 栗原が頭で折り返し それを中央中澤が胸トラップからボレーシュートに持って行くもミートせず。   惜しい〜!!   前節のオーバーヘッドに続く ボンバーのゴール前での気合の攻撃参加に大盛り上がりの日産。  
中には ボンバーがマリノスに加入当時 実はFWをやっていた事があると言う事を知らないサポもいるのでは・・・?

そこから今度は 相手カウンター ジュニーニョ飛び出すも そこは小林がバッチリ対応。
両者譲らずの攻防戦。      
だがその直後50分 DFラインからのロングボールを右サイドで千真が前線へと流し エリア右大黒の落としを小野がクロス!!    千真走り込み 頭でしっかりたたきつけるも何とゴール左へ・・・ ><     叩きつけ過ぎたか バウンドしたボールは左へ。。。  思わず頭を抱え悔しがる小野。    小野のクロスはこれ以上ないほど見事だった。
千真 これは決めなければいけない 絶好のチャンスだった・・・><

会場からは大きな大きなため息が。。。  ここで決めないでどうする千真!
53分中央で受けた小野がドリブル突破〜DF3人引き連れながらシュート〜〜〜!!! は惜しくもゴール左。
57分 右小林から右兵藤へ 兵藤のヒールでの落としを再度受けた小林がエリア内へと突破!
後ろから来た小宮山に激しく押し倒されるも 何と 審判全く動かず。 怒!!!!!
  
これにはゴール裏から大ブーイング。    このあたりから 審判の判定へのブーイングが一層激しくなった。   
56分には小野のクロスのこぼれ球を繋ぎ中央谷口シュート!! はゴール左。
59分には相手を倒した谷口にイエローがでてしまった。  谷口はこれで4枚目 次節出場できなくなってしまった。  

60分右憲剛からのパスを受け中央ジュニーニョシュート! は飯倉死守。
62分には右柴崎からのクロス折り返しをジュニーニョシュート! もこれは バーの上。 
ホッ。。。 救われた・・・
63分には中央こぼれ球をン拾った中澤がミドルシュート! は大きくバーの上。 
。。。と両者ゆずらずの攻め合いが続いた。 
そこで木村監督が動いた。  大黒を下げキムクナンを投入。

すると70分だった。
中央 中澤 小椋とはさみジュニーニョからボールを奪うと フリーの千真へ 千真は小刻みにドリブルで上がるとシュート〜!!!   エリア右遠目。  思いっ切り振り抜いた千真の足から放たれたそのボールは ゴール左へと勢いよく突き刺さった。   
ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!!!!!!    豪快な一撃。 2−1。   
千真は決まると一気にユニを脱ぎ捨て右手で振り回しながら ベンチへと走った。   
上半身裸の千真に 控え選手達が次々飛びかかり千真は団子状態の一番下へ・・・ 笑
P1160882a.jpg
中澤の素早い縦パスからだった。   ジュニーニョから高い位置で奪ったボールが 直ぐさまフリーの千真に入った事から 相手の対応は遅れた。    千真の豪快ミドル! スカッとする程見事なシュートだった。  
顔を覆いながら近づく審判の手には黄色いカードが。。。笑  その後千真には勿論 ユニを脱いだとイエローが出てしまった。     だが一気に勢いづくマリノス、 そして1点を追いマリノスゴールに襲い掛かる川崎。    
P1160888a.jpg
75分には稲本に代え楠神を。  直後山瀬を倒しての相手FKに最後山瀬飛び込むもゴール上。
77分にはサイド低い位置 クナンがバックパスをパスミスで相手矢島に渡り 矢島突破 あわやGKと1対1 という所で中澤 間に入り身体を張って阻止!!  ホッ・・・
しかしそれもつかの間 そのスローインから小宮山のグラウンダーのセンタリングに中央ジュニーニョシュート!!! は これまた中澤が足で阻止!!!   更にそのこぼれ球を拾ったジュニーニョ振り向きざまシュート〜〜〜〜〜!!! が 何と!!  左ポスト直撃〜〜〜!!!     。。。と 川崎の 猛攻に次ぐ猛攻!!  冷や冷やの場面連続を 死に物狂いで凌ぐマリノス。

80分そこで川崎は山瀬を下げ小林を投入。  ついに 途中出場7試合で何と5得点をたたき出しているというスーパーサブ投入だ。    集中してくれ〜!頼むぞ〜!!!
81分兵藤が激闘に足を攣らせるも何とか無事。   
83分には右千真からのパスを受け突破した小野が仕掛け エリア内右で倒されるも 笛は鳴らず。悔しがる小野。。。    しかしそこから相手がカウンタ―  右サイド田中のクロスクリアを 中央憲剛へと繋がれ 憲剛シュート!!!!!    しかしそのシュートはゴールギリギリ右で救われた。
息をのむ攻防戦。   85分には左サイドを突破した小宮山シュート!! は飯倉が意地の死守。  

そこで監督は87分 小野を下げ 天野を投入。 ゆっくりピッチを降りる小野、決められずやや悔しそうな表情か。   天野は中盤左へ。
そして終了間際 中央ハーフウェーラインでボールを奪った谷口 ゴールキーパーの位置を確かめると一気にシュート!!!  何とそれがGKの手をかすめバーに当たり貴重なCKをゲット。
ロスタイム3分。   コーナーで時間を使うマリノス。     
 
まだ時間があるのか!!? 中々鳴らない審判の笛。 
最後川崎は右サイドから中央ジュニーニョへ その落としが左小宮山へと繋がりクロス! ゴール前
菊池が飛び込みヘディングシュート〜〜〜!!! は必死で飛び込んだ金井に当たり  そのこぼれ球を今度は小林がシュート〜〜〜!!!  は右ポスト〜〜〜〜〜!!!!!  
ホッ。。。。。。。。。。><  時間はまだか〜><

一瞬も目を離せない 川崎の猛攻を 死に物狂いで防ぐマリノス。
最後ジュニーニョのクロスにゴール前 飛び込んだ矢島が中澤と頭が接触。 中澤はエリア内に倒れこんだまま動けなかった。      左頭部を負傷したか  ようやく起き上がった中澤だったが頭部をタオルで押さえたままピッチに戻る事無くそのまま試合終了。  笛〜♪    
中澤は 挨拶には回らずそのまま控室へと下がった。  大丈夫か。

2−1.   マリノスは最後の最後まで集中力を切らさず 見事 チームと元同僚との 意地を賭けた神奈川ダービーの激闘を制した。
死闘が終わり 選手達は次々ピッチで抱き合い喜びをかみしめた。   夕方にも拘らず30度を超える猛暑の中 オウンゴールという不運な形で先制を許したにも拘らず 追いつき逆転。  
見事としか言いようのない ダービー撃破。    選手達の笑顔がいつになく輝いていた。
まさに 死闘と言うにふさわしい チームの意地を賭けた男の戦いだった。      

本当に最後まで良く頑張ってくれた選手達に拍手を送りたい。   が・・・一つ課題を上げるとすれば 何度もあったセットプレーが 毎回殆ど活かせていないのが気になる。
高さ 強さがあるにもかかわらず 再三のセットプレーが無駄に終わってしまっている。
精度 連携 共にその辺には大きな課題がありそうだ。

ついに 優勝への階段を賭けたガチンコ勝負にマリノスが競り勝った。 
先発は前節と同じ トップ下にアーリア、右に谷口、2トップは小野と大黒。

前半序盤からマリノスは川崎ディフェンスの裏のスペースを突いて攻撃を仕掛けていく。 大黒がタイミング良く裏へ抜け出して何度かチャンスをつくるも、クロスバーに嫌われるなどして中々ゴールを奪えず。
DF陣もラインを高く保って裏へ抜け出す川崎のFWにオフサイドトラップを仕掛けていき、攻撃を切り替えていく。

しかし21分 マリノスが主導権を握っていた中で、川崎フロンターレにワンチャンスでゴールを奪われてしまった。    中村憲剛のCKから こぼれたボールを柴崎がシュート。  ボールは左ポストに当たってから不運にもGK飯倉の肩に当たり ゴールに吸い込まれてしまう。

先制点を機に川崎フロンターレは怒涛の攻撃を見せる。  マリノスは川崎の縦パスを上手く処理出来ず、ゴール前まで何度もボールを運ばれ、フィニッシュまでもっていかれてしまう。
しかし 飯倉のファインセーブやDF陣の身体を張った守備で それ以上の失点を許さず最少失点に押さえる。

川崎フロンターレに流れが傾いていた中、マリノスはたった一本のパスからゴールが生まれる。  栗原のロングフィードから何度も川崎のディフェンスラインの裏を狙っていた大黒が抜け出し、エリアやや右から右足を振り抜き ゴールに突き刺した。   前半終了前に待ちに待った同点ゴールが生まれる。

後半からマリノスは調子が良くなかったアーリアに替えて渡邊を投入。  2トップに大黒と渡邊、トップ下に小野が入る。   初めてこの布陣で勝負に出る。
功を奏したのは後半25分だった、 中澤が小椋と共に高い位置でボールを奪って渡邊へ。   その渡邊が 豪快なミドルシュートをゴール左隅に決め見事逆転。   渡邊は前節に引き続き2試合連続ゴールとなった。  2トップが得点したのはヴァンフォーレ甲府戦以来ではないか。。。

その後、予想通り1点を追う川崎フロンターレの猛攻を食らうが、 飯倉のファインセーブ、DF陣の身体を張った守備、ゴールの枠にも救われ、勝ち点3を見事もぎ取った。

川崎はセットプレ―から思わぬ先制をしたものの その後は悉くGKとポスト 決定力不足に阻まれた。     ここまで8試合連続負けなしで来た川崎  この日5月7日以来の敗戦となった。
お互いに移籍選手がいる プライドのぶつかりあう 因縁の対決となったこの試合。
決定機を演出したのは  栗原 中澤の両CBだった。   精度ある1本のパスと精度あるシュートがあれば 点はたった二人で取れる。。。   いつも俊輔が言っている通り 以外にも点はあっさりとした場面で訪れた。   ベテランDF2人が演出したFWの2ゴール。

ベンチスタートでの悔しい思いを胸に連続ゴールを決めた千真  そして再三見せ場を作りながらも中々ゴールに絡めず悔しい表情でピッチを降りた小野。   両者共に切磋琢磨し合う事こそがチームの底上げに繋がる事は間違いない。    決められはしなかったが再三見せる小野のプレーは会場の目をくぎ付けにしていた。     そして何と言っても今日 一番の活躍を見せたのがGK飯倉。    思わぬ自身のオウンゴールで先制を許すも その後は何度もの決定的場面を悉く 神業的セーブでおさえ チームの勝利に大きく大きく貢献した。    
P1160932a.jpg
マリノスはこれで首位柏に勝点1と迫る 2位へと浮上。   次節は累積で谷口を欠く布陣となるが 俊輔もそろそろ復帰してくる。     これからは これまで中々取れなかった セットプレーでの得点にも大いに期待したい所だ。
試合後 お立ち台に立った飯倉と渡辺。    飯倉は「七夕の短冊に“初ゴールを決める”と書いたら本当に自分のゴールにゴール決めちゃって すいません。」 と   渡邉はユニを脱いだ事に 「カードまだ1枚だからいいかと思って」とコメント   サポを大いに笑わせていた。     
P1160919a.jpg
11人全員がそれぞれチームの為に最後まで献身的に走り回り  全員で勝ち取ったこの貴重な勝ち点3。    目指せ 単独首位へ!  マリノス頑張れ!! 俊輔頼むぞ〜!
 
posted by Hiro at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする