2013年02月24日

俊輔クールダウンも 極寒サッカースクール

DSC04833a.bmp
2013年2月24日 マリノスは前日のソニー仙台との練習試合に続き 開幕前最後となる 横浜のYSCCとの練習試合をマリノスタウンで行った。 
前日は主力メンバーが中心だったのに対し 今日は若手中心。    前日試合に出た俊輔 中澤をはじめ ドゥトラ 兵藤 小林 中町・・・ らはピッチで軽いクールダウンメニューで調整。     ランニングや コーチとボールを蹴ったり 何度かシュートを打ったりして俊輔らはピッチを後にした。

練習試合詳細はオフィシャルに掲載されるのでここでは省略するが 結果は1−0。 PK 
座る所もない程大勢詰めかけた客席を湧かせる場面は何度かあったものの 結局1点のみで 何度かあったチャンスはゴール枠を捉えられないまま終了。     内容は悪くないものの 今季は昨季の布陣をベースに 更に得点力アップを目指し上積みを図る・・・はずが 開幕直前になっても 惜しい場面はあっても中々ゴールが決まらないシーンが多い。   それにしても、マリノスのシュートはなぜGKの正面を突くのか・・・
怪我の富澤もピッチに姿を現さずだった。   軽傷だといいが。。。
開幕までたったの1週間と迫ったが  正直まだまだ 「不安いっぱい」というイメージは払拭できないまま。      昨年の堅守に 得点力アップ は果たして実現できるのだろうか。  

惜しい〜! と 何度もチャンスに拍手をするサポだが 本戦は 「惜しい」では勝てない。  90分間最後までゴールを決められなけば 勝ち点3は積めない。     
残り1週間 どこまで詰められるか・・・   勝負の1週間となりそうだ。


DSC05414a (2).bmp   
一方 昨日フル出場だった選手達はクールダウンで終了したものの  キャプテン俊輔には その後も大変なイベントが待っていた。    Shunsuke Parkの子供達 約200人超を集めてのサッカー教室だった。
チーム練習後  午後から2回に分けて行われたこの教室。   イベント開始時間5分前と ギリギリ 自らの車でかけつけた俊輔は 早速着替えて子供達の前へ。      
DSC05132a.bmp
前半は小さい子供達から  そして後半は小学生を中心に指導。   先ずは子供達の前でFKを披露すると  前半は 自分の子供の例を例えて 前は4〜5回しか出来なかったのが こうして続けていたら80回以上も出来るようになった等  リフティングの練習方法についてなど 実技を交えながら説明。     
DSC05144a.bmp
ゲーム形式の練習には 子供達と一緒に走りながら 笑顔で「うまい!」「いいよ!」と子供達を上手く褒めながら スキンシップを交えながらのコーチング。      握手を求める子にはわざわざ手袋をはずして応じてあげていた。      
DSC05458a.bmp
前半だけでも何チームかに分けての教室だったが 何と驚いた事に  1つの班が終わるたびに 一人一人にサイン そしてツーショット記念撮影のプレゼント。  
各々 サインして欲しいものを持参してきた子供達は 俊輔先生のビッグなプレゼントを嬉しそうに何度も眺めていた。
DSC05684z.bmp
寒風吹きすさぶ極寒の中 何百人にも及ぶ生徒たちの為に 何回も何回も 最後まで丁寧に対応していた俊輔。 
子供達と一緒に走っている時はいいが  サイン 記念撮影時では 北風が強く吹きつける極寒の中 じっとしている時間も長く 風邪をひかないだろうかと心配するほどだった。
DSC05433a.bmp
しかし だんだん大きな子供達の班になってくると 俊輔も一緒にサッカーを楽しんでいるような感じに。
フリーマンになったり 時にはアシストでゴールが決まると ハイタッチしたりと寒い中も楽しそうにやっていた。  スクール最高学年に達した子供たちには卒業証書の授与も行われた。   きっと大きくなってもここで学んだことは色々な場面で活かされるだろう。
DSC06063a.bmp
チーム練習以外にも こうして取材やイベントをこなす俊輔。    開幕直前 これで体調を崩す事など絶対に無いよう 湘南戦に向け コンディションを益々上げてくれることを祈るばかりだ。 
本当に 寒い中 お疲れ様でした。               
posted by Hiro at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔サッカー教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

Fマリノス宮崎キャンプ2013

DSC07961b.bmp
ファン感も無事大盛況で幕を閉じ ついに2月1日から2013年シーズン開幕に向けてのキャンプが宮崎シーガイヤで始まった。    これまでのキャンプ情報は既にBBSにて掲載済みだが 改めて ここでは少しまとめて 画像を交えながら情報アップを(勿論 俊輔選手を中心に)

10日間の厳しい合宿を前に 前日のOFFでしっかり準備を整えた選手達は1日羽田から宮崎へと向かった。    空港には恒例 地元の園児達の可愛いお出迎えがあり チームはバスで宿舎入り。
DSC08713a.bmp
宿舎内にも勿論マリノスを歓迎する提示や旗が飾られている。  
今年の宮崎はと言うと 寒風吹き荒れていた昨年とは打って変わってコートもいらない位の暖かさだ。  地元の人はこれでも寒い位 との事だが 横浜から来た選手達にとってはここは南国。      

毎日ほぼ午前 午後の2部練習となっているハードなスケジュールをこなすのだが 最初のうちは選手達も 宿舎の部屋のオーシャンビューの眺めと 綺麗で広い施設  そして何と言っても本格的な温泉が楽しめると言う事で  まだまだハイテンションだ。
DSC00286a.bmp
キャンプ入りして初の日曜となった3日には天気も晴れ しかも午後からは 九州大との練習試合も組まれていた事もあって大勢のサポーターが。     あの高校選手権優勝校 鵬翔の選手達をはじめ何校かがバスで観戦に訪れていた。     
普段はテレビだけでしか見る事の出来ない選手達が目の前に現れると一気に地元サポーターの空気が変わる。
DSC07534a.bmp
9時半頃から始まったこの日の午前練習では 主にセットプレーの練習に力を入れていた。     CKでは兵藤が蹴ったり俊輔が蹴ったり。
チーム練習が終わると 俊輔はさらに居残りでシュート練習を。  この日は 新加入の藤田と一緒だった。
時折話ながら… おそらくお互いの連携を高める為か。    GKは六反   すぐそばには 天野がストレッチをしながら、それをじぃ〜っと見学 笑    かなり何本も蹴っていた。   
DSC07669a.bmp
ようやく練習が終わると集まったファンに対応。  ズラリと並んだファンに 片っ端からサインしまくって行く俊輔。 
すると続いて出て来た中澤選手 ファンの声に何と 「これから中村さんが来ますからね〜(笑)大丈夫です。 中村さんが来ますから!」  といいながら最後1〜2人の子供にしただけで宿舎に戻っていった。 逃!笑
そう言われてしまった俊輔は サイン するしかない…汗 
DSC07914a.bmp
ハードな練習後にサインにも必死の俊輔。  しかし俊さんがいなかった去年とくらべると ファンの数が??倍   やはり俊輔人気は半端ない   大変だ・・・

しかし俊輔も楽しみにしていたこの宮崎キャンプ。   大の温泉好きの俊輔にとっては練習後の温泉は至福の時。   毎日入っているらしい。   他の選手達もみな何人かずつで入りに行っているとの事。 

一方 部屋に関しては… 学は「俺はジョンとです」  小林はまたしても中町と。 ちなみにこの二人はいつでも一緒にいる。     
そして俊さんはというと  後にオフィシャルでも掲載されたが 「俺? 哲也と一緒」 とまたしても  いや 例の如く  哲也と。 

一方 キャンプには練習生が2〜3人参加していたのだが この中で  これでも普通の大学生か?と思う位 上手い選手がいる。   噂によると既にどこかがオファーを出しているらしいが・・・? マリノス来〜い!!

そしてこの日の午後行われた九州大との練習試合。  結構大きい選手が多かったようだが 7ゴールで快勝(内容&詳細はオフィシャルで頻繁に更新されているのでここでは省略します)    マルキもキレキレだ。  1〜2本目はかなり良かった。    
俊さんは3〜4本目にプレー 流石と言うロングパス等を随所に出しチャンスを作っていたが 中々決まらず。 
DSC08508a.bmp
試合中 頻繁に味方に動き&ポジショニングの支持   時には首を横に振る場面もあり 俊輔もこれはまさまだ納得いってない様子。 
DSC08227b.bmp
しかし情報によると一緒にプレーした相手選手からは 俊輔のプレーを “次元が違う すごかった。 敵やったけど感動しっぱなしの試合でした!”  と絶賛の声だったようだ。
相当疲れているにも拘らず またしてもこの試合後には 一人 シュート練習の俊輔。   暗くなり始めるまで黙々と蹴っていた。   今年のボールの感触は如何に・・・?

4日は午前が富山 午後は福岡と 練習試合が2試合も組まれていた事もあり この日はマリサポだけでなく 相手チームのサポーターも大勢訪れていた。  マリノス 今日は白いユニで対戦。   
DSC08837a.bmp
結果は2−0勝利。    富山サポだろうか 「やっぱり相手がマリノスになると 違うよなぁ〜><  と敗戦に ため息の言葉。   

目の前で観る選手達のプレーに 地元サポからも 「いや〜流石プロやわ〜」 「中村選手って意外と大きいなぁ〜」 などと様々な声が。    精度あるロングパスをピタリと通す度に サポからも感動の声が上がる。   鼻はズルズルしてるが決して調子は悪くない。  
そして午後は アビスパ福岡との練習試合。   ここには元マリノスの坂田選手がいる。    久々の再会だが 一見… 殆ど変わってない。 笑       この時は相手監督の指導もあってか かなり厳しいチャージの連続。   
DSC09336a.bmp
危険なプレスに 審判の笛も鳴らず 小林も兵藤もいい加減キレる程ガチガチで  見ている方も 選手達が怪我しないかと冷や冷や状態。    練習試合とは名ばかりの かなりハードな試合となった。  
この試合でマルキが相手と競り合った際 頭部を強打。   頭を抱え倒れこみ長い間動けない状態が続き担架へ 
DSC09225a.bmp
心配そうにのぞきこむ俊輔。   そのままマルキがピッチを降り心配されたが 帰りには頭を押さえながらも何とか歩いて宿舎へと戻っていった。     キレキレのマルキだっただけにこれにはショック。  
齋藤もわき腹を痛め  ピッチを降り心配されたが 何とか無事。    
しかし この2試合で 選手達の疲労は最高潮へ。。。    翌日5日の午後練習はOFFとなった。       
DSC09301a.bmp
5日 宮崎は昨日 おとといに比べると 少し気温が下がってきた(ダースベーダ―俊輔登場〜) 
今日の練習はキャンプ初の一部練習  午前のみ。 
心配されたマルキは 無事姿を現すも ピッチでゆっくり歩く程度。   聞いた所 「大丈夫だけど まだ少し痛い」と。 
昨日接触で痛んだ斉藤は何とか大丈夫そう。   若手は軽いフィジカル練習  そして俊輔達は 軽いランニングのみで終了。     かなり軽いメニューとなった。
DSC09649b.bmp
この日俊輔はランニングのあと スーパーサッカーの取材を受けた。     今季の目標? 誓い?のようなことを書かされ ゴール数は FKで? 流れの中から? 頭で? アシスト数? とか書いてたようだ。
DSC09658a.bmp
これは中澤選手も同様に受けていた。  そしてその後 俊輔は キクマリの取材  正治さんが来て。  

キャンプ直前 体調を崩し心配されていた風邪っぴき俊さん 鼻ズルズルも 「酸素カプセル」に入って だいぶ体調は良くなったらしい。
そしてキャプテンはまだまだ大忙し。   昨日(4日)の夕方は エルゴラの取材も入っていて 6時半過ぎころから約1時間 取材を受けていた。    ここでは サッカー以外の話も結構あったようなので 発売が楽しみだ。      キャプテン俊輔には ピッチ以外でもこうしてスケジュールが入る。

午後のOFFは ロビーでは新加入の選手達が会話を楽しんでいたりと 様々な時を過ごしリフレッシュ。   俊輔は勿論 温泉三昧と言った所か。   浴場は 大きいのと小さいのと二つあるらしく かなりこれは楽しめてる様子。  
新人研修から合流した比嘉 佐藤 喜田選手は元気。  比嘉はどことなく今年は真剣モード。   かなり気合が入っているか     新加入の佐藤選手はGボンバーで魅せたキャラ通りの?面白キャラ。   サポーターにもかなり優しく接してくれている。 
DSC09794t.bmp
負けていないのが意外にもドゥトラ  練習帰りに チームのトラックの運転台に座り込み  また何をするのかと呆れて見ているマルキの前でハンドルを握り運転するまねをしたりと 結構笑わせてくれる。  

暫しのOFFで疲労を癒した選手達は6日 再び2部練習へ。。。       
DSC09941a.bmp
…と 今日も朝から 比嘉をこづいたりと相変わらずの俊輔。   この日はようやくインフルが治った熊谷や鈴木が合流  体調不良で3日から休んでいた富澤も再びピッチに姿を現した。  
軽いランニングの後はフィジカルトレ  そして鳥かご。   俊さんは 富澤 比嘉 仁 天野らと。  
DSC00330a.bmp
毎度鳥かごは賑やか。   5人でのパス回しに 鬼になった俊輔 今日は珍しく中々ボールが取れない場面があり 「とれないっ! 上手いよ〜」 と苦笑いしながら拍手 こういう時にもチームメイトを褒める。

そして4対4 外二人の 数を数えながらのパス回しの後は 戦術理解を深めるための攻撃練習へ。    詳細は書けないが 何度もゴールネットが揺れていた。    高いファビオが地面スレスレでヘディングシュートを決めた時は選手達からも お〜っ と声が。      
やっと終わりか と思ったところで 最後に 大きな大きなお土産がついていた。 

走りだ。。。。。。。。。。。
DSC02952a.bmp
緩急をつけながら所々ダッシュも。   ハードな午前練習となった。  
俊さんは2人組みでのパス交換は予想通り比嘉と。   そしてこの日も相変わらず俊さん人気は半端なくサイン攻めにあっていた。     孫が書いたという俊輔の絵を手に 「この間もらえんかったから今度は貰えるかと 毎日ドキドキして夜も眠れないんよ〜」 という地元ファンも。 笑 
一方心配されていたマルキは無事 普通のメニューをこなしていた。   ただ ヘディングシュートをすると まだ痛いらしい。  

午後はストレッチのあと紅白戦。  3ゴールで頭痛のマルキもゴールを決めていた。  
今後チームはまた3試合の練習試合が組まれている。    様々なパターンを試していくと思われるが 疲労も相当なものになっている事から 選手達も怪我だけはしないよう 充分集中して試合に臨んでほしいものだ。  
以上 ShunMariキャンプ情報でした。  
DSC09389a.bmp
ひらめき普段の情報は いつもBBSにて掲載しています。  お見逃しなく!