2014年06月30日

マリノス十日町キャンプ2014〜番外編〜

DSC06939a.jpg
2014年 6月20日〜28日  FマリノスはブラジルW杯中断期間を利用して 新潟十日町でキャンプを行った。    オフィシャルHP等で既にキャンプ詳細は掲載されているので 今年もここではBBSで掲載していたキャンプ情報を 俊輔を中心に また別の視点から まとめて楽しくお伝えしたいと思います。   

コンフェデのあった昨年に続き 2年連続してここでのキャンプとなったマリノス。 
見事な景色が広がる こののどかな環境は ハードな練習で疲れ切った選手達の心を癒すにはもってこいの場所だ。     何と言っても ここには俊輔の大好きな温泉がある 嬉しい環境ヽ(^。^)ノ  
DSC08771a.jpg
チームは横浜からバスで約3時間半ほどかけ十日町の宿舎に到着。   “半端ない見事な暑さ”だった昨年に比べれば少しはマシだが 陽射しの下は やはりかなりの暑さとなっていた。   

2002年W杯時にクロアチアがここにキャンプを張った事から “クロアチアピッチ” と名づけられたこのピッチ。    一昨年出来たクラブハウス(フレンドシップハウス)入口には 2003年にマリノスがキャンプを行った時の写真や 直樹の当時の写真も飾られている。      
DSC09476a.jpg
ちなみにピッチまでは徒歩で約8分程  大きな池のあるのどかな風景の中を抜け 階段を一気に上がると ピッチが見えてくる。     選手達もスタッフも それぞれ車組 歩き組 といるのだが 昨年からず〜っと歩きでピッチ入りしているのが小林 中町 両選手。    ウォーミングアップ!  との事らしいが さすが! 若手には大いに見習ってほしい。  
また ベテランにはないのだが 若手には毎日 早朝マラソンが 待っている。   ここでもコーチが  そして 監督もしっかり付き添い見守っている。

9時半からの午前練習開始を前に 続々と到着する選手達。   ランニングシューズでピッチ入りする選手が多い中 俊輔はサンダル履きで登場〜 笑
DSC09423a.jpg
土日にはあいにくの天気にも関わらずかなり多くのサポが訪れていたようだが フィジカルトレもようやくそこまでで一段落。     

23日 久々のOFFを貰えた選手達は  温泉に入りゆっくりしてた選手、 部屋でずっと寝て 兎に角と身体を休める事にあてた という選手、 サイクリングで周辺を回り楽しんだという元気な選手、ミニゴルフのようなものを楽しんだ選手… と、それぞれの過ごし方で貴重な24時間を堪能。

俊さんは今回は喜田と同部屋で、 寝ていたかと思いきや 何と昨日はサイクリングに温泉。  胆のう炎手術も忘れる程のタフさだ。 
下平選手もサイクリングを楽しんだようだが 聞く所によると、自転車はどうやら殆ど電動つきだったようで、疲労蓄積足パンパンの選手でも、のどかな景色を楽しめたらしい。  

一方 勇蔵さんは殆ど寝てたとの事、哲也選手は、温泉に入りゆっくり寝て休養してたとの事。   GKの練習は 見ている方が苦しくなる程のかなりのハードさ  無理もない・・・ 
三門選手はミニゴルフを堪能、 新婚ホヤホヤの奈良輪選手はラブラブのようで、“奥さんの手料理がとてもおいしい” と疲労の中も満面の笑顔。   ご馳走様です。 

今回は 2人部屋と3人部屋になっているようで 上に書いた俊さん喜田 哲さん淳吾の他は  鈴木が 北谷ともう一人、仲川君か。  オグさんが飯倉   奈良輪と松本翔  下平と藤田?  富澤がアンドリューと  小林と中町  端戸が優平 天野と   ドゥさんがファビと。    だったような・・・    
俊さんは これまでずっと哲也選手とが多かったが 哲さんは今年からユースで一緒だった淳吾選手が入った事から淳吾と一緒に。     という事で 九州では 俊さん GK鈴木と同部屋になり  今回は喜田選手に。    

しかしその俊さん、新潟入りしてからあるものに悩まされてます。   それはブヨ(ブユ)
一番最初に 喉付近を刺されてから、その後もあちこち刺されまくり。     
虫よけスプレーはやってるらしいのだが、練習中も、そうでない時も、痒くて仕方がないようで ボリボリ。。。   左腕にも足首にも かなりの跡が。       
DSC09701a.jpg
しかも俊さん曰く 刺された直後より 後になってだんだん痒くなるらしく  掻いていると そこが今度は固くなってくるんだ との事。    
他の選手も結構刺されてるみたいなのに 何故か六反選手だけは “オレ全然刺されてない!” と。(何が違うんだ?? 情報によると 汗っかきは刺されやすいらしい・・・ なるほど!(^^)!    

そういえば、ついこの間手術をしたばかりだというのに、OFFにもサイクリングに出かけるほどハード練習を普通にこなしている俊さん、 身体に手術痕が見当たらない…と思ったら、なんと オヘソからメスを入れたとの事。
至近距離で見ると少しオヘソに赤みがある状態だが、遠くからだとそこまで判らない状態だ。  目立たず何より。

ちなみに温泉は宿舎内に二か所あるのだが、一つは俊さんには“ぬるい”らしいので、熱い方へ行くとの事。  そっちには 熱いのと冷たいのと両方あるらしく 交代浴をする俊さんには グー。   昨日も喜田とスタッフと3人で入りに行っていた。

そして、今日のマリノスは 朝9時30分から練習開始。

軽いストレッチから始まって、2種類の大小のボールを使って 手&足で あるルールを守りながら パスを回すという ちょっと面白い鳥かごのようなパス回し。

これには選手達、大声を出しながら かなり楽しそう。   ボンバーのみならずドゥトラさんにも笑いが絶えない。     
その後は攻撃練習、パスの出し手と、受け手のタイミングを合わせながらのコンビネーション 〜シュートまで。      午後に練習試合があるので 午前中はやや軽めのメニューだ。
今日は約1時間半ほどで練習が終わると 俊さんは、午前中は居残りもなく直ぐにバスに乗り込んでいた。

この日の午後は2時30分からザスパとの練習試合。    選手達は試合開始時間よりかなり早めに来て アップを始めてます。
DSC07027b.bmp
俊さんは後半の方に出場、見事なアシストも飛出し 結局マリノスが6−0で勝った。   
DSC07200a.jpg
試合中 試合後にはチームメイトに頻繁に声をかけアドバイスする俊さん    
DSC07335a.jpg
ゴールが決まるとスタンドから大きな拍手が起こっていた。

疲労の中での練習試合で 終わった後は帰路に着く選手が多い中、俊さんは 哲也選手の自主練習に紛れこみ 哲さん相手に居残りシュート練習へ。
DSC07720b.jpg
疲れもある為 決定率の方はいいとは言えなかったが かなり長い間いつも通り 外すと様々な反応を見せながら 奇声をあげながら 笑 やっていた。   
DSC07653c.jpg
そして居残り練習のあとは サイン攻め。。。
この日は俊さんの36度目の誕生日だった事から サポからはHAPPY BIRTHDAYの歌の合唱を贈られる中、片っ端からサインしまくり、貰った誕生日プレゼントをいっぱい持ってホテルバスに乗り込んでいた。
DSC07759a.jpg
25日は早朝から代表 コロンビア戦だった。  連日のハード練習で疲れているだけに選手達はどうしていたのかと思えば  俊さんは後半から見てたそうです。 
哲也選手、勇蔵選手 中町選手を初め だいたいの選手が試合を見ていたようだがが、ファビオは、TV見たらもう4−1だった、と苦笑い。    ベッドの中で 途中から 見ていた選手もかなり多かったようだ。

ついでに、今日 の午前練習は ストレッチ、 鳥かご のあと 攻撃練習。   
鳥かごは 相変わらず選手達の笑いが絶えない。   そして先ずは監督の説明を受けたあと、その 連携を確認しながら 実践の練習へ。

午前練習は1時間半殆で終わったが、 午後は 練習試合だというのに直前 辺りの雲行きがあやしくなり何と雷雨に!!
でも 試合が始まる頃には 一旦やんできて 無事試合開始  俊さんは最初に30分 2本出た。

その俊さん 突然の雨に 何とスパイクとユニをいつの間にか 一人だけテントの屋根裏に濡れないように仕込んであり 自分の番になると 屋根裏からスパイクを出して来て来ていた。    
DSC08677a.jpg
色んな意味で “さすが!” です。 苦笑

今日は富澤さんが 別メ。  でももう少しで合流できそうだ。    
DSC00092a.jpg
ハードな練習が続いているだけに選手達の足には 練習後 大きなアイシングが巻かれている事もしばしば。   疲れもピークと推測できる中 今日も選手達は頑張ってサインに応じていた。     
DSC09387a.jpg
一方俊さんはそのアイシングもなし。    しかし 「子供を抱いて写真をお願いします」と 親が子供を抱え俊さんに抱かせようとした瞬間 子供 大泣き。 笑    まさかの展開に 俊さんも苦笑い  念願の写真が撮れず 泣きたそうだったのは親の方だった。 笑    しかし疲労困憊クタクタの選手に子供の抱っこは正直きついか。。。  

食事のあとは 今日も 同部屋の喜田と鈴木と スタッフと4人で 温泉を堪能。   やはり練習疲れには 温泉は持ってこいのようだ。      ちなみに宿舎では いつもブルーのサーフシャツに短パン &サンダル  というのが俊さんスタイルだ。    

そして26日  この日も2部練習。   新潟は朝から快晴だ。  
歩き組の 小林さん中町さんに加え 今日は兵さん 矢島選手 熊谷選手も加わり みんなで歩いてピッチ入り。    
DSC09420a.jpg
そんな中 俊さんはほぼ100パーセントホテルの車で練習入りしてます。笑

この日は アップに始まり 鳥かご 更に3/2コートを使っての攻撃連携確認練習&実戦。  
午前は約1時間30分ほどで終了。   午後は3時30分からだったが これまた かなりハード。。。
フィジカルは終わったはずだったが?・・・・・   
しかし相当ダッシュで何本も走らされていて 選手達は皆 この日はかなりお疲れだったと思われる。  
選手達の足のアイシングも更に増して 痛々しい感じ。  GK練習も今日はいつになく かなりハードなものだった。     見ている方も疲れるほど・・・ 

そんな中 俊さんは今日もアイシング全くなし。  いまだ時折 ボリボリ掻いているが ベテラン勢は 見た目 (あくまでも見た目) 若手より元気な位です。
DSC07364a.jpg
そういえば 練習中 今日はボンバーが ふなっし〜 のような奇声を何度も発して選手達を笑わせていた。
ハードな練習の連続で疲労が増す中  ボンバーのこの元気さテンションの高さは他の選手達の精神的救いでもある。

一方 俊さんは 練習中 コーチにスライディングして モロ倒してしまってたが 無事。笑
更に昨日の午後の富山との対戦には  試合が始まる!! という まさにその時に 俊さんが突然一人クラブハウスへ!?     トイレ・・・?? 爆    ということで 暫しキックオフは俊さんのトイレ待ち。 笑       
DSC08765a.jpg
のどか〜    しかしこの日もマリノスが快勝 
しかし 練習試合とはいえ 相手はマリノスとあって相手も結構ガチ。  怪我人だけはごめんだ。
DSC08895a.jpg
試合が終わり ピッチを降りた俊さんは休むのかと思いきや アンドリューとまたしてもフィジカルトレ!
最後の最後までフィジカル重視だ。。。   
DSC09282a.jpg
一方厳しい練習の合間  選手達は部屋で様々な過ごし方をしているようだが  昨日 部屋で俊さんが 北谷 鈴木ら若手達を呼んでやっていたというトランプは “ババ抜き” との事。 笑
後輩達にトランプを向けながら これ取れオーラ出して脅迫してそうな気もするがっ!!爆  

そういえばもう一つ 現在車の運転免許に挑戦中のファビオは ついに仮免まで行ったらしい。  あと少し!    受かったら 俊さんが車を貸してくれるらしいんで??  ファビオの運転姿が楽しみ。
ブラジルの先輩ドゥトラさんともあともう1ヶ月しかないので 今のうちにいっぱい吸収しておいてほしい。

ところで今日は 富澤さんがほぼ合流したが 心配なのは 伊藤 矢島両選手の別メに加え  哲さんが今日 ひざ辺りを痛めたようで早く上がっていた事。  
キャンプも終盤  28日には 新潟の帰りに大宮との練習試合をこなしてから横浜に戻る予定だが 天候も雨予想  疲労困憊の選手達だけに  怪我人がまた出ないかと やや心配だ・・・。

28日 朝8時半頃ホテルを出発した選手達は 途中大宮に寄り 練習試合へ。   新しくできた大宮の練習場で 30分×4本 の対戦。     しかし俊さんは開始からたったの16分ほどで自陣でのクリアに入った際 相手のハイキックが頭に当たり出血・・・ 負傷交代を余儀なくされてしまった。     その直ぐ後に 今度は三門が酷いファールを受け交代・・・  そのほかにも何人か削られる場面があったようで試合は1−2で勝利も 疲労の中での雨のピッチはやはり 監督も冷や冷やだったようだ。     
しかし練習を早く引き上げた哲也選手は無事試合に出場 別メだった富澤さんも出場できたようだ。

その後 ようやく横浜へと戻った選手達だが 何 と翌日には更にサッカー教室まで待っていた。    OFFもたった1日だけ。   このスケジュール 大丈夫なのだろうか。。。 
このハードな練習が 今後の試合に大いに活きて来る事を 祈るばかりだ。 
以上  2014新潟キャンプ 〜ShunMari番外編〜 でした。

※追伸 
本日行われたサッカー教室に 俊さんも三門も参加した模様。   軽傷のようで 先ずはひと安心。 
※2013年新潟キャンプは↓
http://shun-celtic.seesaa.net/article/366234618.html
※その他の最近のキャンプ↓
http://shun-celtic.seesaa.net/article/387639405.html
http://shun-celtic.seesaa.net/article/319269990.html














               

2014年06月19日

マリノス ファン感に史上最高1万2425人!!

DSC05502a.jpg
2014年6月14日 ブラジルW杯中断期間。   Fマリノスは 記録的大雪の為延期になってしまっていたファン感謝祭 “トリコロールフェスタ” をみなとみらいで開催した。 
いつも応援してくれているサポーターに 今日は選手達が感謝の気持ちを込め おもてなしをするという一日。
2月開催中止からようやく迎えたこの日 会場のマリノスタウンには朝早くから大勢のサポーターが詰めかけていた。     飛行機に乗って参加する人もいる程 毎回全国からサポが駆けつけるこのファン感。
梅雨入りで心配されていた天気も見事朝から晴れ渡り 強〜い日差しが照りつける真夏の陽気となった。 

一方 久々の長期OFFが明け 練習を開始した選手達は 毎日のようにハードなフィジカルトレが続いている。   前日には スローインの距離を測定したり 幅跳び  更にバスケのボードにサッカーボールをつる下げてのヘディング測定  短距離走測定等々。  
DSC03338a.jpg
まるで中学生の体力測定のような事をやった後に待っていたのは 何と!シャトルラン!!(音に合わせて行ったり来たりする長時間走りで 限界まで走った選手達が次々抜けて行く)  
DSC03535a.jpg
途中指先から血液を採取し何か計測しながらやっていた。  
DSC03561a.jpg
既に相当疲れていると思われたが  それは 例えファン感当日だろうが 変わりはない。   
ファン感開始直前まで 選手達はかなり長い時間 走らされていた。   
連日のトレーニングで疲れ切っている選手達  だが 全国から集まるサポに疲れた表情は見せられない。   ここは 頑張りどころ・・・

大勢のサポと この暑さに 開場時刻もかなり早まった。  ついに入場〜!
一気にステージ前へと移動するサポ。   先ずは場所を確保すると 飲食ブースへ走る人・・・ セール会場へと向かう人・・・   とそれぞれのお気に入りブースで 楽しみながらオープニングセレモニーを待つ。  

そしてオープニングセレモニーへ。  司会者は光邦氏。  先ずはトリコロールマーメイズがダンスで会場を盛り上げる。 
DSC03803a.jpg
選手登場〜。  背番号順に選手達が一人ずつ登場し サインボールを投げ入れる。   
手で投げる選手もいれば 足で蹴り入れる選手も・・・と色々。
DSC05832m.jpg
ちなみに昨年蹴り入れていた俊輔は今年は手投げ。    また 7月での引退が発表されたドゥトラには 会場からひときわ大きな拍手が送られていた。
DSC04372a.jpg
全員揃った所で 嘉悦社長の挨拶へ。   経営面での改善上向き報告には開場からも拍手が起きていた。 そして 樋口監督挨拶。    12位と 現実は厳しい順位にいるが 後半の巻き返しを約束  大いに期待したい所。
DSC04378a.jpg
オープニングが終了すると お待ちかね ふれあいタイムへ!
選手達がそれぞれのブースへ向かいサポーターと触れ合う。   前半 俊輔はBピッチで「ボールと友達」に参加。       
DSC04214a.jpg
樋口監督  榎本 栗原 コーチらと一緒に 抽選に当たった小さな子供達を相手に ボールで戯れる。  
DSC04422a.jpg
毎回小さな子供を相手にする時の選手達は笑顔がいっぱいだ。   
DSC04428c.jpg
俊輔はといえば 子供からお尻にボールをぶつけられたり ヤンチャな男児からパンチを喰らったり。  
DSC05988a.jpg
DSC05989b.jpg痛たた〜
時には逆に 子供のボールを背中に隠し 「あれ?ボールどこいった?」 とイタズラを仕掛けたりと・・・
DSC04232a.jpg 
相変わらず   随所に普段の4人のパパぶりが垣間見えていた。
DSC04316a.jpg
そして後半は日産ブースでの記念撮影会へ。   こちらも栗原と一緒だった。    小さな子供相手の時と違って こういう事は昔からどうも苦手な俊輔だが 高倍率の中 ラッキーにも当たったサポは サインを貰ったり 握手をしたり 俊輔と勇蔵の間に挟まれ 満面の笑顔を見せていた。     
DSC04827a.jpg
俊輔は隣でやっていたリフティングパフォーマンスが気になっていたようで何度も目をやっていた。    その周囲には勿論 溢れんばかりのサポーターが、 そして俊輔が移動すると サポも大移動。。。 笑
山籠り自主練に続き 日々のフィジカルトレでお疲れなのだろう 俊輔はちょっとした合間に 舞台裏でホッとひと息。。。笑
DSC06075a.jpg
各ブースでそれぞれの選手達が大勢のサポと触れあい 楽しいひと時を過ごしていた。 
DSC04491a.jpg
そして・・・ ふれあいタイムが終わると お待ちかね 選手会企画〜!!
今年はW杯でブラジルへと行っている学を応援しようと 学の熱〜い応援グッズを用意したサポを選んでステージ上げ一緒に記念撮影し それをブラジルの学へ送るというもの。   選手達が3チームに分かれファンの中へ   懸命にアピールするサポを選び出すのだが  子供〜大人まで  かなり遠方から駆け付けたサポもいた。    
DSC05164a.jpg
ここでは普段ピッチでしか見れない選手達が 目の前まで来る事だけでもサポは盛り上がっていた。  
DSC05305a.jpg
そして ついにあの 企画!  選手会パフォーマンス!!   毎回サポを驚かせてくれるこのコーナー、今年はいったい何をやってくれるのか・・・ 
DSC06433a.jpg
すると突然  ボンバーがゲームソフトやアニメで子供に大人気の 「妖怪ウォッチ」ならぬ 「妖怪オレッチ?」 のキャラクター ジバニャン になりきって登場〜!   
DSC06433a.jpg
熊谷 佐藤 天野 端戸 奈良輪 喜田 松本 北谷 鈴木・・・ と それぞれ見事??な扮装でなりきる若手選手達を脇に従えて 「ようかい体操第一」 なるものを披露。      
DSC06415a.jpg
これにはサポも大爆笑&釘づけ。 
DSC06443a.jpg
中には一見 誰だか判らない選手もいたが 笑  毎度毎度見事な なりきりっぷりに 会場は大盛り上がりだった。   
DSC06420a.jpg
続いて マリノスの2014年 天皇杯優勝を記念して行われた特別企画  〜あなたのエールを、選手のもとへ!〜  でのファン投票で見事選出された 「天皇杯決勝MOM」 「2013シーズンMVP」 選手の授賞式が行われた。   
天皇杯決勝MVPに輝いたのは小林 そして2013年シーズンMVPは俊輔。
DSC05582a.jpg
いくつかある中 好きな車を選べるとの事で 二人共に新型スカイラインを選び 日産の副社長より贈呈された。      ファン投票という事で これは選手達にとっては一番嬉しい受賞。  今後の活力にしてほしい。   
DSC06476a.jpg
そして最後はクロージング。    そこでキャプテン俊輔がシメの言葉を。。。  
DSC06523a.jpg
しかし その前のボンバーらの見事なパフォーマンスに圧倒され 俊輔は頭が真っ白に! 笑   途中 予定していた言葉が中々出てこず  “飛んだ”  と やや戸惑いながらも 最後はしっかり学へ向けてのエールの言葉を贈り 無事閉めていた。    
DSC06512a.jpg
年にたった1度の 大イベントは今年も大成功に終わった。
この日の総勢は 何と1万2425人にも達し またしてもクラブ最多人数記録を更新した。
普段は中々近くで見られない選手達と直にふれあい 沢山の元気をもらったサポーター。  
ハードな練習で疲れている中も 懸命にサポを楽しませてくれた選手達 本当に 本当に お疲れ様でした。   
チームはこのあと20日〜 新潟へと向かいキャンプイン、 ハードな練習を重ね 中断後の巻き返しを狙う。     頑張れFマリノス!!