2016年01月23日

マリノス新体制発表会 〜新ユニ〜

DSC08211a.jpg
2016年1月23日 横浜Fマリノスは2016年度新体制発表会を日産スタジアムで開催した。
このところはずっと みなとみらいの日産本社ギャラリーで開催していたこの新体制発表会だが マリノスタウンがなくなると同時に こちらもホームの日産スタジアムへと移動した。   天候に左右されるのはきついが これまではスペースの関係で抽選で当選した人しか入れなかった為 全員が入れるようになった事だけはプラスと言えるのだろう。  

また 今回はネット配信された事もあるので 発表会での挨拶 説明等は省き 主に選手達と注目の新ユニについて簡単に紹介します。 
今回何と8年契約を結んだというアディダスからユニについての詳細説明があった後 新ユニを着て登場したのは 兵藤 喜田 田口の3人。     
DSC08239a.jpg
ピンクのアウェーユニ姿で先頭で登場した兵藤選手に 観ていたサポからはどっと驚きの声が上がった。 
一部噂が流れていたこともあり  やっぱり・・・ マジか  等  様々などよめきが起こるスタンド。
確かに今回のテーマは「伝統と革新」という事らしいが!    まさに革新のピンク?! 
DSC08250a.jpg
喜田選手のホームユニは遠目ではあまり大きな変化は判らないが チェック柄。  そしてホーム アウェー共に ネックにはボタンがついている。       
それぞれ選手達はユニへの感想を求められ そのコメントにも会場から様々な反応が見られたが 一年間選手達が闘って行く大事なユニホーム  何よりも選手達がプレーしやすいのが一番だ。         
DSC08271a.jpg
それぞれ好みは違うだろうが・・・ ちょっと補足させて貰うと このチェックとストライプのデザイン 何気に2016sファッションのトレンドをかなり意識しているものとなっている。    

続いて新加入選手の紹介 そしてメディア向けフォトセッションが終了すると ついに選手達がピッチへ。
一人一人名前を呼ばれて登場。   先ずはサポへ挨拶すると8人全員中央へ並んだ。  
DSC08357a.jpg
メインいっぱいのサポにやや緊張しているように見える選手達。    一人一人が自己紹介を終えると 最後は何と ユースの和田と遠藤が自ら 比嘉さんばりの?  コントを披露。   
DSC08383a.jpg
緊張感漂っていた会場がこれで一気に和んだ。     やはり小さい頃からマリノスで育っているだけに 2人だは余裕の表情か?   
DSC08309a.jpg
いや・・・ もしかしたらベテラン先輩に 何かやってくれるだろうな〜 と 仕込まれて? 脅されて? いたのかもしれないが。。。 爆 
最後はメインスタンドのサポーターと一緒にガッツポーズでフォトセッション。    マリノストップチームの選手として新たなスタートを切った。  
DSC08430a.jpg
そしてこれが新ユニ。   大きめの画像になっているので クリックで拡大して参考にして頂ければと思います。  
DSC08450a.jpg
アップ
DSC08457a.jpg
襟元ボタン 
DSC08459a.jpg 
右袖   ちなみに後ろは至ってシンプルだ。
DSC08479a.jpg
そしてアウェーユニ。  まさにピンク!
DSC08461a.jpg
こちらも襟元にはボタン
DSC08462a.jpg
左袖
DSC08463a.jpg
GKユニ
DSC08464a.jpg
DSC08480a.jpg
ちなみにスタジアム正面にあった選手達のボード  移籍した選手が外され俊輔1枚だけになっていた。  何とも寂しい・・・
DSC08145a.jpg
今季選手の背番号はこちら
DSC08185a.jpg 
posted by Hiro at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

マリノス2016始動開始 〜小机〜

2016年1月11日。   Fマリノスの2016シーズンがついに始まった。 
DSC06601a.jpg
約9年弱に亘り使用してきたマリノスタウンも昨年いっぱいでさよなら。   練習場が変わるという 選手達にとって非常に大きなリスク変化の中のスタートとなった初練習は まるでマリノスの心境を表したような どんよりした曇り空の中始まった。   昔 ここでファン感などが行われていたが 施設も当時と全く変わらないまま・・・   やはり年代を感じる。  
DSC06615a.jpg
また ここは水没の可能性がある場所でもあり 施設の壁にはこんな数字も貼り付けられている。  
DSC06623a.jpg
一方 サポーター見学席は土手。   坂なので滑るし腰も痛くなる。  冬場はまだいいが雑草が茂る季節はどうなるのだろうか。       
勿論 土手には屋根などないので 冬場 夏場は サポの健康状態も注意が必要だ。  しかもトイレも決して近いとは言えない。         
DSC06625a.jpg
また選手達はクラブハウスがない為 当面日産スタジアム1階の更衣室を借りる事になる。   スタジアム内で着替えから 歩きで小机のピッチへと入らなければならない。      
更に大きなライトもない   日没=練習終了 せざるを得ない。 

そしてこれは選手にとってかなり大きい問題   練習後これまではクラブハウス内の食堂で 暖かく美味しい しかもプロアスリートの栄養を考えた昼食が毎日出されていた。
だが今はそれがなくなってしまった事で 今後の事はまだ正式には決まっていない状況のようだ。    始動スタートからの練習では とりあえず近くのホテルから作って貰った料理をスタジアム内に運んで貰い急を凌いでいると言った形だ。      スタジアム内での調理にはかなりの制限があるらしい。 

こうして あれもこれも・・・ と確かに様々な不安を抱えながらマリノスの2016年はスタートした。 
しかし ピッチに入れば ボールさえあれば やる事は何も変わらない  タイトルに向け突っ走るだけだ。

初日は2部練習で 午前は10時30分からとなった。     スタジアムから続々と歩いてピッチ入りする選手達   2016年の新しい練習着だ。   昨年とデザインが大きく変わってはいないが水色から綺麗なブルーへ。    昨日はハイネックで袖の長さが七分  下は長袖で重ね着している感じに見えた。    
俊輔はスタッフと共にピッチへ向かった。    しかし入る寸前 突然立ち止まり固まった。   は! っとした様子の俊輔  初っ端から何か忘れたのか・・・   しかし  こっちにもあるだろう? とスタッフと話  そのまま練習場へ。笑      

初めてづくしの練習に選手もスタッフも色々試行錯誤しながらだ。    考えれば今までのように忘れ物が直ぐクラブハウスへ取りに戻れるわけでもない。      
選手が全員入った所で   新メンバーの初々しい姿がある中  まだ契約更新していないボンバー 小林の姿がある事に先ずサポは一安心、  しかし藤本と熊谷の姿がない事に気づく。。。     
その後の発表で 二人の移籍とレンタルが判った。     

ズラズラとここまで不安ばかりを書いてしまったが 状況がどう変わろうが試合は始まる。   しっかり気持ちを入れ替え ここからは俊輔を中心に前向きなスタートをお伝えする事に。  
選手達がシューズを履き替えると 全員で集まり何故か約1分間の黙祷から始まった。   何かあったのだろうか。。。 
      
練習開始。  先ずは全員でのランニングから。   俊輔は後方でラフィーニャ ファビオらと時折談笑しながら。    そう もうここには比嘉さんも天野もいない。。。     そしてストレッチやコーンを使った軽いフィジカル練習   〜 一人1個ずつボールを持ってのリフティング ボールコントロール練習。   言うまでもないがそのコントロールの上手さは見ているものを自然と引き付ける。   
続いては4〜5人ずつ タイムを計りながらのダッシュ。     俊輔は何と遠藤 和田 下平と一緒のチーム   しかし20歳近くも離れている若手らにも負けず遅れず 懸命に走っていた。   

その後は2チームに分けての鳥かご。   ここでも表情豊か 周囲の選手達と笑顔でコミュニケーションとりながら かなり意欲的にボールを追い回していた。  
最後はピッチ端でフィジカルトレ。    4チームに分かれ順番に様々なトレーニングをこなしていく。
そこで午前練習は終了。   練習最後にはサポーターの前へと進み 全員で一列に並んで挨拶 監督からは「マリノスのサポーターは日本一です!」と言う言葉が出ていた。    挨拶を終えると選手達はまたスタジアム内へ.      

午後練習は3時半からとなった。    先ずはパス練習から そして2チームに分かれ 4:4:4での鳥かご。
ここでも張り切っていた俊輔だが 誰かと接触し足を踏まれたとみえ 突然左足を押さえ暫し離脱。。。   初日からヒヤリとさせられたが その後何とか復帰し最後まで元気に練習をこなした。
その後は ビブスをつけ全員でのゲーム形式での練習へ。   変わらず運動量は豊富な俊輔 しかしそのゲームの後には更に20分のランニングが待っていた。

初日からたっぷりと走った選手達 上にも書いたが様々な状況は変わろうがピッチでやる事は同じ。   試行錯誤しながらも 前を向いて今季タイトルを目指して頑張ってくれるだろう。
俊輔は新加入の前田をはじめ 周囲の選手達に声をかけながら練習していた    正月番組も断り調整に充てる等  今季に賭ける意気込みはいつも以上にとても強い。    昨季の長期離脱がその思いを一層固くしているのかもしれない。     環境変化は厳しいが ボールを追う俊輔の目は若手以上に輝いて見えた。    選手達が頑張っているのだからサポがブツブツ文句ばかり言ってはいられないだろう。   

またこの日小机には嘉悦元社長も訪れていた。  そしてその横には(おそらく?)新社長の姿も。  選手達の練習の様子を一緒に見守っていた。 
選手もスタッフも慣れるまでは大変だろうが 環境の変化を逆手にとって気分一新 今度こそタイトルを! 
頑張れFマリノス!!  頼むぞ俊輔!!     
※練習初日は中島がリハビリで不在 仲川は別メながら練習。  
    
  
posted by Hiro at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする