2016年06月29日

俊輔 湘南に向け調整も・・・

2st初戦 湘南戦まであと3日。  先日の38歳のバースデーには 見ているものを驚かせる程 アップも普通にこなし 鳥籠にも元気に参加  ゲーム形式の練習になってからの別メもボールコントロールしながらかなり複雑な動きを入れた負荷のかかるものや 走りも入れる等 かなり早い回復ぶりを見せていた俊輔。  
これなら今週からは完全合流し湘南に向けペースを上げられる・・・!!   と期待していたのだが 一気にあげ過ぎた影響なのか また今日はアップ後直ぐに 完全別メの練習に逆戻り。。。
一人離れ コーチとリハビリのようなトレーニングをしていたようだ。   

以前聞いた時は その時によって痛い時 あまりいたくない時 とあるようで 急にふっと痛みが取れる時もあると言っていた。     両足首の甲側(前)で 以前は左が多かったが今回は右足の痛みの方が大きいようだ。     これまでの疲れが出ているようだが 2stに向け中断期間が全くない今季だけに チームの核の早い回復を祈るばかりだ。祈   
別メメンバーは他に下平と和田。  また 今日はピッチに姿は現さなかったようだが 昨年までマリノスに在籍していたラフィーニャが来日したようだ。   果たして。。。。。 ??       
  
posted by Hiro at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

俊さん38歳のお誕生日おめでとう〜!!! =今日の俊輔=

俊さん お誕生日おめでとうございます!!  
足の早期回復を祈ってます!!
DSC06866sp.jpg
一昨日の俊さんの様子は既にBBSにて掲載しています。 
ShunMari恒例 バースデー特別企画  癒俊クイズもBBSで実施中です。 お楽しみに〜!

【追伸】

俊さんのバースデー6月24日の様子 「今日の俊さん」です。

10過ぎ 選手達が続々と小机ピッチに登場。   一昨日はBBSに掲載の通り かなり遅れてピッチ入りし完全別メで約30分程で終了した俊さんだったが。。。。。 今日は他の選手達と一緒に 何と!スパイクを履き登場〜。 
一瞬驚いたが フィジカルメニューも普通にこなし 更に鳥籠も問題なく参加。
これなら明日の試合に出られるのでは?  と思う程だったようだ。
しかし その後ゲーム形式の練習になった所で別メへ移動。   移動しながら その辺にあったボールを思いきり蹴ったものの「痛〜〜・・・」  3本程蹴っていたが やはり強いボールを蹴る時はまだ痛みがあるようで足を気にしていた。

別メではボールコントロールしながらのフィジカル練習。  かなり動きの複雑なものも入れての結構ハードな練習だったようだ。     ここでは途中からミカさんも一緒に。   ミカさんは(来週から合流する為の)個人調整の為とは思うが 今日も小机の練習に参加していた。  契約はおそらく今日までと思われるが 果たして明日の試合でサヨナラの挨拶はあるのだろうか。。。

俊輔は約1時間10分程のメニューをこなし終了。  戻って行った。   
その後 明日から開店する?と言われているトリコロールワン隣のレストランで昼ごはん。  しかも食後 突然 隣のショップの中へ入って来て 知り合いのサポを自ら脅かし 笑顔で去って行った。

痛みはあるようだが 回復ぶりはかなりのもの。    無理はせず 先ずはしっかりと第2stに向け備えてほしいものだ。
尚 下平 和田の姿はなし。   チームはゲーム形式の練習 セットプレー等を行い 手打ち 締めくくった。   

 
posted by Hiro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

俊輔攻守に奮闘 マリノスナビスコGS首位突破!!

DSC00952a.jpg
2016年6月5日  ナビスコGS第7節最終節。 Fマリノスはアウェー ユアスタでベガルタ仙台と対戦した。    グループ上位2チームずつが次のノックアウトステージに進めるこの試合。  マリノスはBグループ7チーム中 勝ち点8で首位川崎に並ぶも 得失点差で第3位となっていた。 
同じく2位につけているのがこの仙台だ。   互いにGS自力突破をかけるもの同志 負けたらほぼ終わりの一騎打ちとなった。    
DSC01019a.jpg
試合を前に怪我人以外の全員で仙台入りした選手達は前日午後 仙台近郊の練習場を借りて練習 この試合に備えた。    クラブハウスの有無だけでなく小机での練習さえ制限される事がある現在のマリノスの環境 小机は公共施設であるだけに独占使用出来るわけでもなく 最近はこうしてアウェーに全員帯同というこれまでになかった形で凌ぐ事も多い。  あまりにも大きいマリノスタウン時代との環境の差。。。
DSC01034b.jpg
しかしそんな中でも 選手達のモチベーションを上げる唯一の材料は「勝利」。    兎に角 今は「勝つ事」がチームの雰囲気をあげ 士気を高めてくれている。  その為にも 何とか勝って突破し 一気に盛り上げたい!
DSC01046aa.jpg
ここまでナビスコでは積極的に若手を起用してきた監督だったが 突破のかかる最終戦だけに今日はメンバーを大きく入れ替えてきた。
【ベガルタ仙台】
GK関 DF大岩 平岡 渡部 石川 MF冨田 三田 奥埜 梁 FW野沢 ハモンロペス
SUB石川 蜂須賀 二見 藤村 水野 ウイルソン 西村
【横浜Fマリノス】
GK榎本 DF小林 栗原 中澤 新井 MF朴 中町 遠藤 俊輔 斎藤 FW伊藤
SUB飯倉 ファビオ 喜田 三門 マルティノス 富樫 カイケ
元マリノスのGK六反は残念ながら怪我の為 今日はスタンド観戦となってしまった。
いざ 出陣!!
DSC01096a.jpg
試合前やハーフタイムには ここまで闘ってきてくれた選手達に健闘を讃える大きなコールサポから送られた。   若い選手達が繋げてきたものをここで途切らせるわけにはいかない・・・・・ 

選手入場〜。   キャプテンは富田と俊輔。  コイントスを前に俊輔はジェスチャーを交えながら審判と話。    試合はマリノスのキックオフで始まった。
序盤 ホームの仙台がハモンロペスを中心にした攻撃に出 ペースをつかむ。   仙台の早い寄席に 中々攻撃チャンスを作れないマリノス  俊輔にボールが入れば2人3人と厳しいDF。
DSC01062a.jpg
一方 相手の攻撃には4−4−2で綺麗〜なブロックを作り備えるマリノス。   そんな様子を見てかハモンロペスがかなり距離から豪快なミドルを放ちゴールを脅かす。 も ここは榎本が横っ飛びの見事なセーブを見せゴールを守る。     あがれ!あがれ! と懸命にチームメイトに指示を出す中澤。
連続する仙台の攻撃を懸命に凌ぐマリノス。    何とか流れを変えたい・・・
チームメイトに頻繁に声をかけ指示を出すキャプテン俊輔。
DSC01250.jpg
13分中央で奪われての梁のシュートには小林の必死のDF    マリノスは守ってから一気にカウンターに出たい所だが それが中々前線に繋がらない。    押し込まれるマリノス。

そんな中16分 右小林の縦パスに遠藤がグラウンダーのクロス!  ゴール前 伊藤が飛び込むが寸前の所でDF シュートはバーを越えてしまった。    懸命に流れを引き寄せようとするマリノス  17分には右からえぐった遠藤がシュートを放つ。    25分には中町のパスに遠藤が抜け出すもほんのわずかオフサイド。      一時的に流れを引き寄せたかに見えたが その後も仙台にチャンスを作られる。
30分には至近距離から野沢に打たれそうになるシーンも。    空振りで救われたが一点もののシーンだった。     奮闘するするDF。   俊輔も中々高い位置でプレー出来ず守備に追われている。
DSC01081a.jpg
引き分けになれば 別のチームに持って行かれる可能性が高い。  何としても先制点が欲しい所。    
仙台がチャンスを作ればマリノスも作る。   36分には遠藤のパスに伊藤が抜けシュート!! しかしこれは惜しくも右ポストを直撃 先制ならず。  

そんな中38分だった。  ハモンロペスと奥埜の連携にロペスがシュート!! 
しかしそこに体を入れたのは俊輔  後転しながらそのボールを至近距離で阻止すると 更に直後 冨田の強烈シュートを目の前で体を張りブロック!!   これには思わず会場から大きな唸り声が上がった。   
守備で奮闘する俊輔  しかし彼の見せ場はここからだった。

39分 中澤のクリアが前線へ それを伊藤が競り合うのを見ていた俊輔は 彼が競り勝つのを信じ前線へと走っていた。   
DSC01127a.jpg
バイタル右へと転がったボールにいち早く食らいついた俊輔は 必死で追いついたDFを前にターンし仕掛けた。 
強引な突破にたまらず足を出した平岩に 俊輔の左足がかかった  倒れ込む俊輔。   笛〜!!    審判の手にはイエローカード。   PKだ。 
DSC01136.jpg
ボールをセットし慎重にGKを見つめる俊輔。  殆ど動かないGK。   俊輔は勝負! とばかりに右に蹴る姿勢と視線をとり 左へ蹴り込んだ。   ノールック お得意 だましのテクニックだ。    冷静に決めると右手で小さくガッツポーズ。   スタジアムに歓喜と落胆の声が響いた。   マリノス先制〜!!!   0−1
いつも居残りでGK相手にシュート練習を慣行している俊輔。  成功率の高さは言うまでもない。

45分にはDFライン その俊輔から一気に左前線斎藤へと糸を引くような絶妙なロングパスがドンピシャで通った。    そのパス そして突破する齋藤に 一気に湧くスタジアム。   
DSC01146a.jpg
斎藤はエリア左から仕掛けるとシュートではなくクロス!  しかし小林には渡らず惜しくも寸前でカットされてしまった。  あ〜・・・ CKはとれたものの ここは自分で勝負でもよかったか・・・  ため息が漏れるマリノスゴール裏。
しかし俊輔のゴールで大きな先制点を奪ったマリノスは このまま前半を1−0リードで折り返す。
シュート数 6:4(マ) CK2:1 
DSC01152a.jpg
後半。 リードしたマリノスは案の定慎重なスタート。   何とか同点に追いつこうと必死の仙台の攻撃にも 落ち着いて一つ一つ対応 決定機を与えない。   52分には右から俊輔が仕掛け会場を沸かす。 
DSC01213a.jpg
53分クロスクリアを野沢がダイレクトで打って行ったが ここは榎本が見事なセーブを見せる。

すると60分 相手のロングパスをダイレクトで小林が前線へ圧し戻した。   バウンドボールを競り合った伊藤がうまく体を入れキープすると一気に前線へドリブル 左から走り込んでいた齋藤へと絶妙なパス!
齋藤は左足ダイレクトでゴール右へと流し込んだ。   マリノス2点目〜〜〜〜〜!!!!!
見事なカウンター攻撃。  貴重な貴重な追加点〜〜!   
 
2−0とリードを広げたFマリノスは 更なる追加点を狙い畳みかける。
DSC01253b.jpg
64分には齋藤がエリア左からショートパスを使いカットイン 66分には齋藤のパスを受けた遠藤が ミドルシュートを狙うがこれは惜しくもバーの上。  ここでは俊輔しっかりオーバーラップでDFを1枚剥がすお役目。    
そこで2点のビハインドに流れが来ず溜まらず仙台が動く。  67分 野沢を下げウイルソン 奥埜に代え水野投入。   2人いっぺんに代えてきた。 
するとマリノスベンチもその72分 中町に代え喜田  遠藤に代えマルティノス投入。

2点リードに安定した守備と余裕を持った攻撃で仙台を追い詰めるマリノス。   
73分ハモンロペスを倒しての中央からの梁のFKも僅か右で救われた。 
DSC01289a.jpg
俊輔を中心とした高い位置でのパスワーク  セットプレーでチャンスを作り仙台に流れを渡さないマリノス。  CKではマリノスが誇る中澤 栗原CBが威風堂々と上がりセットプレーの打ち合わせ。 
DSC01294a.jpg
そこで83分 マリノスは3枚目の交代カード 新井に代えファビオを投入 完封へ向け体制を整える。
それでも84分斎藤の巧みなボールコントロールからクロス 更に右サイド小林のパスに伊藤の惜しいシュートなど 攻撃の手も緩めない。   
DSC01335a.bmp
4分のアディショナルタイム   終了間際に喜田が梁へのファールでイエロー FKを与えるも水野のFKは僅かバーの上。    しっかり乗り切ると ついに待ちに待った長い笛〜!   試合終了〜!
2−0 連続完封勝利。  勝点11でBグループ首位突破!  2年ぶりのノックアウトステージ進出を決めた。
DSC01375s.jpg
苦しい滑り出しだったマリノスが見事な完封勝利。  苦しい流れの時にDFの奮闘で失点をしなかった事  そして俊輔のゴールで流れを引き寄せ 斎藤の追加点がチームを落ち着かせた。    
挨拶が終わると俊輔は自ら水野の元へ。  
DSC01348s.jpg
一時はセルティックでチームメイトだった事もある水野の頭をポンと叩き 笑顔で談笑していた。   
DSC01350v.jpg
シュート数 14:7(マ)  CK4:3 
若手もベテランも 融合してここまで繋いできたナビスコの襷 これを自信に次のステージでもチーム一丸となって勝ち抜いていって欲しい。    

posted by Hiro at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする