2011年08月08日

〜黙祷 レイソル戦〜マリノス悲しみをこえて

P1090653a.jpg
2011年8月6日 Jリーグ第20節  マリノスはアウェー日立台で柏レイソルと対戦した。
この2日前の4日午後 16年間もの長い間マリノスで活躍してきた 元日本代表DF松田直樹が 移籍先のJFL松本 山雅でのチーム練習中 心筋梗塞で倒れ息を引き取った。  まだ34歳の若さだった。
2日の緊急搬送の知らせから 練習の合間を縫っては何度も車を飛ばし松本の病院へと駈けつけていた俊輔。    マリノスのチームメイトも次々と訪れ その回復を祈っていた。
しかし・・・ その祈りも空しく 意識戻らぬまま彼はなくなってしまった。
8月4日 午後16分だった。   

信じられない まだ受け入れられない思いと 大きな悲しみがチームを包む中  待ってくれない試合に向け 前を向き 闘わなければならない選手達。。。    2日 4日と 往復8時間かけ松本まで行っていた俊輔をはじめ 2日から 同様に殆ど寝られていない選手もいた。    
「そんな事を言い訳にしたくない・・・」と大一番を前に 気丈に前を向いた俊輔だったが やはりその沈んだ目には 憔悴の色が溢れていた。 

柏 日立台。  ここで闘うのは何年ぶりだろうか。。。
朝からかなりの蒸し暑さとなった日立台。   しかし首位マリノスと 2位柏レイソルとの頂上決戦に チケットはあっという間に完売。    スタジアムは超満員となった。
いつになく大勢のマリサポが 背番号3 MATSUDAのユニホームを着   喪章をつけていた。
会場には松田選手に向けたメッセージが掲げられ レイソル側のゴール裏にも「松田直樹の熱き魂を忘れない」という横断幕が掲示されていた。

選手達がウォーミングアップに登場。  すると 何と! 選手全員 何と bR のユニホームを着ているではないか。       
そこで ゴール裏から大きな大きな 「な〜お〜き!」という 直樹コールが何度も繰り返された。
思わず押さえていた熱いものがこみ上げるサポーター  泣きながらコールしている人もいた。  

行った事のない方の為に付け加えるが ここ日立台は 三ツ沢よりピッチが近い。  選手のウォーミングアップ中 かなり強烈なボールがサポーター席にも飛んでくる。   下手すれば場外ホームランもあるほどだ。    実際俊輔も上部に強烈なボールを飛ばし 他の選手は場外へ。。。         
一方マリノスベンチにも 3番直樹のユニが掲げられた。  マツ・・・見ていてくれ・・・!
選手入場。   先ず 両選手 審判全員がピッチ中央に円になり スタジアム中の観客が総立ちになり 亡くなった松田選手の為に黙祷を捧げた。  腕には両チーム全員が喪章。    左腕には喪章 右腕にはキャプテンマークの俊輔  両手をギュッと後ろで組み じっと目を閉じる俊輔。  

メンバー発表
=柏レイソル=
GK桐畑 DF酒井 朴ドンヒョク 近藤 橋本 MFレアンドロドミンゲス 栗澤 兵働 ジョルジワグネル FW北嶋 澤
SUB稲田 中島 増島 茨田 水野 林 工藤

=横浜Fマリノス=
GK飯倉 DF天野 栗原 中澤 金井 MF小椋 俊輔 兵藤 谷口 FW大黒 渡邉
SUB榎本 青山 波戸 キムクナン 松本 狩野 アーリア

柏は若手イケメンFW田中が怪我でベンチ入りしておらずFWは北嶋と澤。
一方マリノスは 右SBに前節右足首を痛めた小林が復帰出来ず天野が。  CBに栗原と中澤 左SBに今日は金井が入った。    中盤は小椋のボランチに 右に俊輔 左に兵藤 トップ下に谷口のダイアモンド型。  そして2トップに大黒と渡邉。  
P1090642a.jpg
6月の対戦ではホームで完敗している事もあり 何としても勝ち リベンジしたい所ではあるが たった2日前の松田の訃報もあり 精神的 肉体的なダメージは かなり大きいか。。。 
しかしここはマツの強さを見習い こういう時こそチーム一丸となって上を向き闘い抜いて欲しい!

少し前の話だが 相手監督ネルシーニョとは1995年チャンピオンシップ ヴェルディ戦でも戦っている。    更に相手コーチには元マリノスキャプテンの井原が  そしてベンチには俊輔がセルティックで一緒だった水野晃樹もいる。    井原は俊輔が今でも尊敬している先輩で  帰国後も 俊輔は自宅に招かれたりしている仲。       

そして 北嶋と言えば 何と言ってもあの高校選手権。 6月の対戦でも書いたが 当時市船だった北嶋と 桐光の俊輔が高校選手権決勝で激突。    北嶋率いる市船が勝利をおさめ 俊輔は準優勝で涙をのんだ。    俊輔と北嶋は当時から常に対峙されてきたが その後マリノスへと加入した俊輔はJ優勝も果たしJリーグアウォーズでMVPに そして海外で実績を積み 長い間日本代表を背負って来た中    北嶋はチームのJ2降格などで次第に代表からも遠ざかる対照的な道を歩んできた。   
だがそんな北嶋は 俊輔を同い年ながら常にリスペクトしている。  そしてまた今季レイソルで復活の様相。   そんな2人が あれから15年した今  33歳で しかも今回はお互い首位と2位の「頂上決戦」で闘えるというのは 何とも感慨深いものがある。。。
P1090663a.jpg
気温29.9度  湿度76% 曇り 無風  満員のスタンドはかなりの蒸し暑さ。
キックオフ!  

すると開始早々右サイド 俊輔から一気に右千真へと見事なスルーパスが出る。  千真追いつき切り返しで仕掛けるもクリアで右CKへ。  右CK俊輔 はニア谷口ン狙うもクリア。
3分 千真が足を気にしてライン際へ どうしたか・・・怪我? それともテーピングがきついか? しかし直ぐにピッチに戻る。 ホッ。。。

5分 左サイドからワグネルが一気にロングシュートを狙って来た。  GK飯倉の前で一気に落ちる難しいボールだったが これはこぼしそうになりながらも飯倉がしっかりキャッチ。  
7分だった。  自陣低め 小椋から中央兵藤へのボールが相手に読まれインターセプト それを一瞬小椋取り返すも そのこぼれ球がまた相手に  それが中央 ドミンゲスに渡りシュート!!!
そのグラウンダーのシュートがゴール左へと突き刺さってしまった。 
P1090677a.bmp
あっという間だった。   DFをものともせずしっかり枠を捉えてきた相手のミドルシュートに 飯倉反応するも僅か間に合わずゴールを許してしまった。    低い位置でのミスが一気に失点に繋がってしまった。    決して悪い滑り出しではなかっただけに この失点は流石に痛かった。

一瞬のミスを突きゴールまで決めてしまった柏   敵ながら相手の決定力にも驚いた。  
しかしこれは自分達のミスから。   何とか同点に〜!!
先制に 爆発するレイソルサポ。     そのお祭り騒ぎの中で 俊輔は一瞬大きく息をつくとすぐさま 大きく手を叩きながらチームメイトを鼓舞した。    
試合はまだまだ始まったばかり。。。 ガンバレ・・・!!!

先制に勢いづいたレイソルに対し やはり疲れがあるのか レイソルの素早く厳しいプレスにボールを奪われる場面が多いマリノス。      
11分 マリノスカウンター 金井のクリアを中央大黒がすぐさま左の千真へと繋いだ。
千真ドリブル突破。   前に相手DFは少ない 右サイドにはフリーの俊輔も待っている  千真頼むぞ〜!    しかしどうしたのか 千真のシュート??は  弱く GKと相手DFの間へ・・><   どうしたというのか千真・・・  ミートせず・・・
サポから大きな大きなため息が漏れた。 

13分相手が左サイド突破 クロスがDFに当たり あっという間に左CKを奪った。  蹴るのはドミンゲス  ニアの北嶋へ!  それを後ろにいた千真が頭でクリア  ホッ。。。 
しかし今度は 右CKへ。  右のFKはワグネル ニアに入れるもクリア でスローイン。
攻め込むレイソル。            

15分 中澤が上がった。  金井 大黒と繋ぎみぎの天野へ 天野クロス!! は相手へ・・・
しかしそのクリアを拾った天野 今度は右サイドの俊輔へ  俊輔クロス!! はごーる前 谷口にどんぴしゃ! 頭で合わせるも 相手DFに体を寄せられゴールならずGK.  惜しい〜!!
しかしチャンスを作ったマリノス  ガンバレ!!

20分自陣左 小椋のハイキック取られ相手のFK ボールの前には外人選手2人。  一旦ボールを預けるとドミンゲスシュート!  それが壁の合間を抜け一気にゴールへ!  危ない!!! と思った瞬間 飯倉が両手で阻止 上に上がったボールを中澤が必死にクリアした。
しかし またしてもそれを拾った相手兵頭 左サイドから切り込むもDFに入った俊輔の顔前に足を出し笛。   ホッ。。。
相手ドミンゲスのFKは強烈だった。  飯倉のセーブは見事。   いいぞ飯倉!! 

23分中央アーク 小椋に強烈なスライディングを仕掛け倒した相手栗澤にイエロー。  小椋 大丈夫か・・・。   これは酷い 怒
25分右サイド俊輔  谷口からのパスを受けるとラインギリギリ 相手DFの後ろからの執拗なDFを切り返しで振り払うと バックパスと見せかけ一気にゴール前へクロス!  ゴール前大黒が合わせるもDFに阻まれ そのクリアを小椋が拾い左の金井へ。    金井仕掛けに行こうとした瞬間 相手ドミンゲスに奪われ一気にカウンター 左サイドへ展開 わぐねる突破〜センタリング! にゴール前 北嶋に飛び込まれるも栗原&中澤の必死のDFで飯倉死守。  ホッ・・・
 
柏の外人選手2人の対応に必死のマリノス。  相手のチャンスの殆どがこの外人選手から発せられている。    ややマリノス 中盤 間延びしているか・・・ 
26分右サイド高め 細かくパスを繋ぎ 俊輔 浮き球パス! は谷口 大黒詰めるも相手クリア。 
直後 自陣左 相手橋本ドリブル  エリアへ切り込もうとした瞬間 俊輔さらりとボール奪い 出し所を探すが 動き出しも悪く 中々前線へパスを出せない。。。    仕方なく中澤と横パスで凌ぐ俊輔 ・・・ すると流石に木村監督がラインまでお出まし。  味方にワイドポジションを支持。    
       
低めDFラインから 時折前線へと一気にロングボール入るも 精度なくチャンスになっていない。精度に自信がないなら しっかり繋いでくれ〜!! 

31分中央 大黒が倒されFKを得た。   蹴るのは勿論俊輔  かなり遠いが・・・。
俊輔FK ゴール前に高めのボール!  相手のクリアが栗原の膝に当たり それが大黒の前へ! 大黒シュート!もGK・・・ 惜しい〜〜〜!!!    大黒の反応の速さには驚いた。 しかもバウンドボールをダイレクト!  惜しくもGKに阻まれたが 難しいボールを瞬時の判断で しっかり枠へとシュートした大黒   キレている・・・ さすが。

その直後32分 相手ドミンゲス 左サイドパス繋ぎまたしてもミドルシュート! は飯倉。
あの距離から何度も枠を捉えたシュートを撃ってく来るドミンゲス・・・ レベルが高い。。。
33分右  天野 小椋 兵藤とパス繋ぎ 小椋から 右へ上がった天野へ 天野クロス! は直接GK。    もう少し 精度何とかならないものか・・・><    精度さえあれば決定機を得られるのだが・・・     マリノス やや動き出しも鈍いか。  中盤も空いている・・・

40分中央やや左 俊輔 自分に相手DF兵頭を引き付け スぺ―スを作ると そこへフリーで走りこんだ兵藤へとパス 兵藤 千真 大黒と繋ぎ 大黒の浮き球に千真飛び出すもDFクリア! しかし 上に上がったボールをゴール前 谷口が左ダイレクト ボレーシュート!!!   は惜しくもGKキャッチ。
惜しい〜!!!   しかし俊輔の作ったスぺ―スから マリノス決定的場面!   試合の流れを読み相手を崩す・・・ チャンスを組み立てる能力は俊輔の右に出るものはいない  流石だ。  
  
41分 中央で懸命に組み立てる俊輔 相手DFの執拗なDFを振り切り小椋へ 〜右天野へ。 天野クロスかと思いきや 隣の俊輔へ すると俊輔 一瞬顔を上げると一気にその左足を振り抜いた。
その強烈ミドルはゴール右ギリギリGKが抑え 惜しくもゴールとは行かなかったが   プレス フォロー共に遅れがちとなり疲れが見え始めたチームに喝を入れるような渾身の一発だった。
前半終了間際 左サイドパス繋ぎ 千真のセンタリングにゴール前大黒飛び込むもクリア そのこぼれ球に反応した俊輔 シュート!!!!!   しかしゴール大きく左へ・・・  気合入り過ぎ・・・
前半終了。  相手のプレス等に納得がいかない場面があったのか 引き上げながら審判に何やら言っている俊輔。   

選手達は夕方にも拘らず30度近いこの暑さに 相当体力を奪われている様子
試合前のショックもあり難しい状況ではあるが 後半何とかゴールを奪いたい。
前半 シュート数 6:4(マ)  ガンバレ!!

後半両チーム共にメンバー交代はなし。  選手達がピッチに登場。 一番最後に出て来た俊輔  勿論スパイクとキャプテンマークも衣替え。  円陣。
46分 金井のクロスを奪われ相手カウンター そこで一気に中央ドミンゲスにパスが通った。
その瞬間 止めに行った俊輔に笛。。。>< イエローが出てしまった。  厳しい判定・・・
カード承知で止めに行った俊輔。  ここで突破されれば失点の確立は一気に高くなる 仕方ない。

47分細かくパスを繋ぐレイソル 左橋本のセンタリングに中央ドミンゲスシュート行くも中澤らが必死のDFで阻止 しかしそのこぼれ球を隣の澤に撃たれた。  強烈シュート!!
しかし GK飯倉がそれを横っ飛びで阻止。 CKへと逃げた。  吠える飯倉。  右CKワグネルは ファールで笛。  ホッ     飯倉のセーブは神がかりだった。    相手の強烈なシュートに 見事な反応を見せた飯倉。。。まさに守護神!!

49分には左サイド兵藤クロス! はライン割る。。。     
55分中央 兵藤が倒されての素早いリスタートを受けた俊輔が前線へとドリブル突破! すると相手兵動が完璧に倒す事だけを目的とした 後ろから両手で押し倒すというあからさまなファール。 激しくピッチにたたきつけられる俊輔。   勿論カード。  ゴール裏からはレッド提示の怒号。    これは酷い!    今日は兵動かなり開始から何度も見えない所で俊輔にファールを繰り返している。  一発レッドでもいい行為だ。 怒!   その酷さに思わず俊輔 兵動の顔をキッと見あげる。    ベンチの監督らも思わず立ち上がり怒りを表す。

エリアやや右ゴールまで約30メートル近くあるか・・・FK俊輔 俊輔は飛び込んだ味方に合わせるかと思いきや そのボールは上から降るように綺麗な弧を描き ゴール左上隅に。   やや意表を突かれたGKは必死に手で弾いた。   GKが触れなければ完全に枠を捉えていたと思われる見事なFK 惜しくもゴールとは行かなかったが左CKを獲得。
左CK俊輔 ゴール前 千真 栗原を狙うも相手クリア  それを中央ドミンゲスに一気に繋がれドミンゲス突破。   中澤 小椋ら必死に追いつき エリア直前ドミンゲス倒れるもファールなし。
ホッ。。。  またしても個人技でやられるところだった。    

すると監督が動いた。  千真に代えキムクナン投入。  クナン頼むぞ!
61分中央俊輔から左金井へ 金井クロス! を相手DFクリア。  そのボールは一気に場外へ。左CK俊輔 一旦クリアもそれを小椋が一気にゴール前へと押し戻す。   ゴール前クナンがそれを頭で落とし 大黒飛び込みシュートに行くもDFに阻まれシュート撃てず左CKへ。
左CK俊輔 高めのボール 中澤飛び込むも僅かの所で合わせられず それがクナンの足元へ。
しかしクナン 相手DFがブラインドになったか反応出来ずボールはGKへ。 惜しい!

64分だった。 右サイド 天野 俊輔 栗原と繋ぎ栗原一気に前線へ。   それにエリア内 大黒が追いつき谷口へと送ろうとした瞬間 相手DFの手に!  大黒 谷口他マリノス大きくアピールするも審判無視。 怒〜〜〜〜〜!!!
更にその直後 俊輔がドリブルで右から中央へと切り込み 浮き球でゴール前へ その相手のクリアが審判の方へ  俊輔それを受けに走りこんだものの 審判がブラインドになりコントロールミス それがドミンゲスに渡り  左ワグネルから一気に右の栗澤へ それを今度は中央ドミンゲスから一気に今度は左のワグネルへと繋がれワグネルシュート!!!  何とそれがゴール右へと突き刺さり 追加点を許してしまった。    2−0・・・   

奪ってから左へ 右へ と外人選手二人に大きく揺さぶられ シュートへ持って行かれるまで殆どプレスがかからなかった。   ドミンゲスから 大きく空いた左スペースのワグネルへのラストパスが致命的だった。    俊輔も必死にコースを切りに走ったが 間に合わなかった。    ゴール前にしゃがみながらも手を上げ味方に謝る俊輔・・・
1点を追い 必死にチャンスを作っていた中でのこの失点は痛かった。  
相手のハンド・・・  そしてブラインドになった審判・・・    運がなかった。  しかしゴール前にいた俊輔が一気に自陣でのDF.   確かに前がかりになってはいたものの そこには俊輔たった一人しかいなかった。    左サイドで 完全フリーだったワグネル  注意していたはずでは・・・?   疲労は判るが 失点の危機に 戻ってこない選手もいたのが残念だった。   
仕方ない!先ずは1点返そう!!              
66分右サイド俊輔 天野のワンツー飛びだすもライン際 相手橋本が必死のクリア。  しかし橋本足が攣って動けない。 刻々と過ぎる時間。。。  マリサポからは速く出せ の怒号が。

右高めそのスローイン天野。  俊輔には前半も後半も厳しいマークがつく。  天野から受けようと走る俊輔にワグネルの執拗なプレスが張り付く。               
68分中央俊輔から谷口へ  谷口ドリブルで上がりながら強烈ミドル。 しかし惜しくもゴール左へ。
そこで相手が選手交代。 橋本を下げ中島。 
69分中央俊輔から右の天野へ スルーパス! 天野のクロスは相手クリア。  それにくらいついた俊輔と小椋 小椋からもう一度右の天野へ  天野のスルーパスに エリア右 俊輔走り込み 相手DFに阻まれながらも切り替えし必死のクロス!   ゴールファー クナン飛び込むも届かず 左に流れたボールを兵藤受けるも相手クリア。    クロス後 俊輔右足首抑え座り込む 大丈夫か・・・びっこをひきながら戻る俊輔。   
  
70分その左スローイン 兵藤のクロスに谷口頭で合わせるも上に上がりGK.      
左サイドでは再三 金井と酒井のマッチアップ。    1点を追い俊輔を中心に再三攻め込むマリノス。       
73分右高め 俊輔〜右金井へ 金井クロス! にゴール前相手クリアを拾ったクナンが左の兵藤へ 兵藤シュート!!! は惜しくも僅かゴール左へ。。。 惜しい!! 
そこで監督がまた動いた。  金井を下げ松本玲投入。   

75分柏は北嶋に代え工藤投入。
76分突然相手ドミンゲスピッチに倒れこみ 茨田と交代。  

78分 パスを回すマリノス 栗原から大黒へ縦パスを入れた瞬間  大黒が倒されFKを得た。 
やや遠目だが右のいい位置。   じっとゴールを見つめる俊輔。  2〜3歩助走をとると一気にその左足を振り抜いた。   決まる!!! っと思った瞬間 何とそのボールは右ポスト直撃。、惜しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!   
入ったと思った。    おそらく本人もそう思っていたのだろう 右手でガッツポーズを作ろうとしていた俊輔  あと僅か数センチ・・・><。    
GKが僅か左に寄っていたのを 俊輔が見逃すはずはなかった。   枠を捉えていれば完全に決まっていたシュートだった。。。    しかしその跳ね返りからの相手の素早いカウンターに 必死で自陣まで走り喰らいついたのも俊輔だった。  相手はコントロール出来ずボールは小椋へ。   笛・・・><

審判は相手の突破を阻止した俊輔に注意。   もう既に1枚貰っていた俊輔だけに冷やっとしたが相手のファールなんかに比べればかわいいもの。   だいたい たったあれだけの事でファール??     毎回 攻撃から一気に自陣まで全速力で戻りDFする俊輔  運動量が落ちない。。。  松本まで2度も訪れ 一番肉体的にも消耗し得いるはずの俊輔 相当な気合が感じられた。    ハーフタイムには必ず着替える俊輔のユニは既に全身にピタリと張り付く程の汗が。。。  
 
自陣左 嫌な位置 その相手のFK ワグネル。 そのシュートはゴール前で一気に落ちるも飯倉がキャッチ。   
83分だった。  左俊輔から一気にゴール前クナンへ クナンが頭で落とし大黒シュート〜〜〜〜〜!!!!!     しかし 大黒後ろから押し倒されシュート撃てず。
PK〜〜〜〜〜!!!!!  と思いきや 何と審判これも無視。 怒!!!
これにはベンチも総立ち。怒!!!  サポからはこれでも笛を吹かない審判に容赦ない罵声が。 

何とか1点を!!! 必死に攻め込むマリノス。
しかし88分 選手交代の笛。  何とそこには25の文字が・・・  ロスタイム入れてもあとたったの数分だった  勝っているならまだしも 何とか1点が欲しい所でのこの交代は・・・>< 
自分番号提示に思わず 悔しそうな表情を見せる俊輔  時間を見て「あとたったのこれだけじゃん!」 っといった口元。   悔しさが溢れていた。
こういう時間帯だからこそ 1本のセットプレーで点が取れる俊輔が必要なのでは・・・?????
俊輔は俯きながらアーリア 監督コーチとタッチを交わすと一目散に控室へ。。。

マリノスはゴール前へ何度かロングボール放り込むも既に柏は守備を固めチャンス作れず 逆に92分には相手の左スローインからゴール真ん前で澤にシュートを許す場面が。    飯倉の見事なセーブで失点こそは免れたが これ以上ない決定的場面を作られた。 

そんな中93分左松本の突破で左CKを得た。 蹴るのは兵藤。  それをファーに走りこんだ栗原が折り返した。    ゴール左ポスト付近 中澤が倒れこぼれ球を大黒がシュート〜〜〜〜〜!!!!!   ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!
しかし審判がオフサイドの旗。。。 は???   大黒は訳が分からず コーナー審判に誰がオフサイドなのかを問いただす場面も。     大黒はオフサイドではなかったはず。   
おそらく審判は 倒れた中澤がゴールに絡んだと判断したのだろう・・・
今日は 何度も審判の判定に涙を呑んでいるマリノス。    悔しい・・・><!!

そして笛。。。 ガックリ肩を落とす選手達。   大黒は最後まで納得が行かなかったようだ。
マツさんに勝利を捧げたい・・・と 体力 精神力共に消耗していた中 必死で闘ったマリノス。
だが無情にも最後まで ゴールを割る事は出来なかった。   
ようやく控室からサンダル姿で出て来た俊輔は  負けた悔しさか 交代の悔しさか やや呆然と 無表情でベンチに腰を下ろしていた。     するとその俊輔の膝を 監督がポンポンと 何か伝えるように叩きながら引き上げていった    何を言いたかったのだろうか…      

すると今度はそこへ元マリノスの井原が(現柏コーチ)握手に  続いてゴール裏へ挨拶に歩き出した俊輔に 今度は北嶋が 次々声をかけた。    

笑顔を取り繕うが  苦笑いしか出ない俊輔・・・おそらく胸の中は 相当な悔しさがあるのだろう・・・
すると今度は水野が。    セルティック時代はチームメイトでよく面倒を見ていた水野 ピッチを歩きながら話していたが 結局俊輔はピッチを降りるまで 殆ど笑顔を見せないままだった。

しかしそんな中 今日もすぐさま俊輔は天野と反省会。。。  ガンバレ天野!  
P1090977a.jpg
松田直樹の突然の死からたったの2日という苦しい中迎える事となってしまったこの頂上決戦。
マリノスは勝ち点1差で首位を柏に明け渡した。   

前半序盤からマリノスは積極的に攻撃を仕掛けて行くが、自陣での思わぬパスミスから 一番警戒していたレアンドロドミンゲスに拾われ先制点を許してしまった。    試合の入り方は決して悪くなかっただけに 頂上決戦という舞台でのこの失点は 選手達の気合が入っていただけに かなり痛かった。   
先制点を奪われた直後は谷口が前線で張り過ぎたせいか、中盤でなかなか攻撃の起点をつくることが出来ていなかったが、 徐々にマリノスがボールを支配していき、 得点を感じさせるシュートも何本があった。

右サイドバックに起用された天野は積極的に前線に顔を出していくが、その天野の持ち味であるはずのクロスは精彩を欠いた。   右サイドでの上下運動で攻守に渡って気持ちの入ったプレーを見せてくれただけに、やや残念なところだ。    クロスが合えば決定的なチャンスも、もっと作り出せたのではないだろうか。

後半もカウンターから追加点を許すもマリノスはポゼッションで相手を上回り、サイドを起点にどんどん攻撃を仕掛けて行く。   俊輔がボランチの位置まで下がってサイドにボールを散らしていき、バイタルエリアまで進入して 質の高いクロスを上げる。   俊輔のFK、大黒のPK疑惑、大黒のゴール取り消しなどもありながら、終盤は栗原も前線に上がって果敢に攻めた。 が、結局最後まで得点することが出来ず、前回のレイソル戦以来の完封負けとなってしまった。

決して内容は悪いわけではなかった。  選手のコンディションが良いはずがないのは誰もが承知済みだが、 今日はそれを感じさせないぐらいの 気持ちの入ったプレーを最後の最後まで見せてくれた。     俊輔は往復8時間かけての2度の松本入り  肉体的だけでなく精神的にも疲労困憊だったはずの中 攻撃だけでなく 守備にも懸命に走り回り 更には自ら惜しいFKも放つなど 最後まで本当に気迫溢れるプレーでチームを引っ張ってくれた。   その強い気持ちに敗戦にもサポからは大きな拍手が。     

0−2 という結果にはなったが、数字程の差はなかった。   全体的に見たら“相手の外国人選手2人にやられた” という感じ。   最後のところで決めるか決めないか、その差をこの2人に見せつけられた。

負けはしたが 全く悲観することはない。   レイソルとの勝ち点差は僅か1だ。    それよりも1試合消化が少ないにも関わらず、 3.4位につけている名古屋と G大阪に確実に勝って、 残りの試合マリノスらしいゲームをして勝ち点の取りこぼしをしなければ きっと首位を奪還出来るはずだ。
気合いだけが空回りしないよう、  まだ難しい所もあるとは思うが まずはこの所の様々な出来による体調 精神面のコンディションをしっかり整え もう一度最初から 1歩1歩 優勝への階段を上り始めて欲しい。     マツに優勝を捧げる為に。。。

頑張れマリノス!! 頼むぞ俊輔!! 
   
posted by Hiro at 23:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アップ
お疲れさまです。
いつも拝見させていただいてます。

俊輔率いる、マリノスチーム 惜しかった試合でしたね。


悔しいですが、いいいみで、首位をあけ渡して逆にプレッシャーを掛けていたほうが、最後終わったときに松田選手にいい報告ができることが。いいのでは。




エスパのときは、WOWOW契約して拝見してたのですが、いまは、ほぼスカパーしか ですよね。

地上波でも放送されればいいのに!!!!

Posted by トニー at 2011年08月10日 23:18
Hiroさん、レイソル戦の詳しいアップありがとうございます! 今回は、いつもにもまして、手に取るように試合の臨場感が伝わってきました。
俊さんの鬼気迫る表情の写真、ニュースや新聞では、捉え切れてないです。相手の監督も、俊輔を徹底マークと指示していた通り、厳しい状況だったようですが、必死に守備に戻り、チャンスを作った試合。せめて、1点、いや同点に追いつきたかった。
 お通夜の様子も、Hiroさんお疲れのところ、こんなに早く書いて下さり、ありがとうございました。 厳しい暑さの中、長い時間お疲れ様でした。体調大丈夫ですか?
 
 次の神戸戦、マリノス勝利を 祈ります。マツさんに、笑って見てもらえるように・・・
Posted by Midori at 2011年08月11日 00:20
☆Midoriさん トニーさん こんばんは!

☆Midoriさん
>いつもにもまして、手に取るように
そ! そうですか??
今回は(も?笑)知らない間に凄く長くなってしまい…  でもアップした甲斐があります 有り難うございます 涙
でも今みたら誤字脱字があるのでまた後で直します。汗

通夜はマツさんの人気があらためて判りました。 やべっちからも花が届いてましたよ。
城選手は かなり貫禄ついててびっくりしましたが…。

神戸はもう絶対負けられません。 忘れる事は出来ませんが しっかり気持ちを入れ替えて快勝したいですね。


☆トニーさん
確かに首位とい うより 2位で追う方が精神的に やる気でますね。 こんどは柏にプレッシャーですね!
その為にも神戸ではしっかりと勝たなくては!

前はもっと地上波で ナビスコも放送あったんですけど…失敗
だんだんなくなってしまいましたね。 これも不況の影響なんですかね…

ナビスコくらいスカパーでもいいからやってくれ〜!!

神戸は調子のいい吉田がいます。。。
Posted by Hiro at 2011年08月12日 00:07
Hiroさん

おひさぶりです。暑すぎます。
マリノスは非常に好調だったので、しばらくほっといたのでが、そろそろ息が切れてきたくさいので、ここらで応援再開したいと思います。が、なにせこういう事があると一言いいたくなるのが悪い癖の自分であります。俊輔末っ子の意地、あるならを見せてみー!(高田風
Posted by まこと at 2011年08月16日 10:10
☆まことさん 今晩は!
お久しぶりです。
>息が切れてきた
笑 “苦しい時のまことさん”ですね?
頼りになります。
末っ子の意地・・・  なんせ4人兄弟の末っ子ですからね、 強い事は間違いなしですが  あんなに早く下げられてしまっては・・・挽回のチャンスも。。。
いつも交代してからいいセットプレーが何度も来るのが悔しい所です。

本当はもう一人 起点になる選手がいるといいんですけどね。   プレスも楽になりますし。 
まことさん この辺でマリノスと俊さんにハッパかけてやってください。  
Posted by Hiro at 2011年08月16日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック