2016年07月17日

俊輔スタメン マリノス先制も激しい攻防戦 広島にアウェーでドロー首位!

IMG_6622a.jpg
サンフレッチェ広島VS横浜Fマリノス。
DSC08297b.jpg
無風で大変蒸し暑い 広島エディオンスタジアム   浅野の壮行試合とあってスタジアムは大勢のサポーターが詰めかけている。
DSC08313b.jpg
かなり慎重な滑り出しも マリノスは俊輔を中心に落ち着いてパスを回しながら相手陣内へと上がる。
DSC08360b.jpg
ジリジリとした頭脳戦のような闘い。  攻守の切り替えも早い。
DSC08383a.jpg
ヒヤリとする場面もあったが マリノスは落ち着いて対応 チャンスを狙う。  
DSC08411a.jpg
非常に集中した気合の入ったプレー   広島に攻撃を許さない。 
DSC08524a.jpg
するとマリノス前半31分 俊輔のCKからファビオが後方から飛び込み見事先制〜〜〜!!!   
DSC08531a.jpg
俊輔に駆け寄り持ち上げるファビオ そして駆け寄るチームメイト!
DSC08562a.jpg
マリノスいい滑り出し!!   是が非でも勝ち点3を土産に!! 
前半 0−1 1点リードで折り返す。  
IMG_6935a.jpg
ハーフタイムには花火が打ち上げられる。
幻想的なエディオンスタジアム
DSC08476a.jpg
俊輔や喜田らから前線へのパスから マル 齋藤 更にカイケ と何度もチャンスがあったが 僅かの所でどれも決めきれず。   
DSC08583a.jpg
決められず悔しがるマル そして思わず苦笑いが出る俊輔
DSC08682b.jpg
しかし後半もマリノスは落ち着いた滑り出しで優勢の展開で試合を進める。 
DSC08807b.jpg
そこで58分 広島はたまらず いっぺんに2枚代え 清水に代えミキッチ  森崎和に代え佐藤が入る。
それでも流れは渡さず追加点を狙いに行くマリノス。
DSC08737a.jpg
セットプレーも集中した守備。  俊輔は何気なくうろうろ キッカーの心を揺さぶる。
DSC08610a.jpg
審判の微妙なジャッジには懸命な説明

すると監督が動いた。 マリノスは67分カイケに代え伊藤 俊輔に代え兵藤を投入する。  かなり早い交代だが大丈夫か 絶対守り抜け〜〜!!!
更に77分広島は ウタカに代え皆川投入。 カードを使い切る。   徐々に間延びしてきた中盤・・・

そんな中80分だった。  途中投入のミキッチのクロスに 皆川に押し込まれ痛恨の失点・・・・・><”  1−1 同点に。。。   皆川はフリー。
更にその直後 またしてもミキッチのクロスにGK弾いたボールを佐藤に押し込まれ まさかの逆転・・・
2−1に。    たった2分程の間に 連続して同じミキッチからのクロスでゴールを奪われてしまう。
追いつきたいマリノス 勝ちたい広島  双方攻撃の応酬!
DSC08880a.jpg
そこで86分 マリノスは金井に代え遠藤を投入。
88分だった。  小林のクロスに伊藤が頭で合わせゴール!!!!! 
DSC08895a.jpg
またしても同点に追いつく!! 2−2〜〜〜〜〜!!!
見事な豪快ヘッド!! ゴール右に突き刺さる!!!
アディショナルタイム4分。   激しい攻防戦!!
DSC08911a.jpg
双方譲らぬまま ついにタイムアップ  試合終了〜! 2−2  同点!! 引き分け。 
笛と同時にどっとピッチに座り込む選手達。  仰向けになったままのマルを迎えに行く哲
DSC08956a.jpg
試合後の広島選手達の表情は敗戦したかのような様子だった。
DSC08958a.jpg
何度かあったチャンスに2点目が獲れていればとも思うが この蒸し暑い中 連戦で広島にアウェー、 ドローで終われた事は良かったと言えるのかもしれない。
DSC08973b.jpg
惜しくも4連勝は逃してしまったが これでマリノスは単独首位に躍り出た。 
DSC08985b.jpg
試合後俊輔は兵藤 斎藤らと早速反省会。  チームは2日間のOFFを挟み 次節へ向け練習を再開する。
DSC09008a.jpg
 
posted by Hiro at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック