2016年10月23日

マリノスホーム最終戦 選手奮闘も幻の決勝ゴール そして俊輔は・・

2016年10月22日。  Fマリノスは早くもホーム最終戦。  ガンバ大阪を迎えた。
ガンバとはルヴァンカップを闘いこれで3連戦目。   悔しくもルヴァンをアウェーゴール判定で持って行かれただけにホーム最後位はしっかり勝ってリベンジして終わりたい所。

最終戦でガンバとの対戦 しかも周辺では港北区 新横浜のお祭りも開催されていた事からスタジアムは本当に多くの人でにぎわっていた。
そんな中 試合に出ずとも決して忘れてはいけない離脱中の選手達。  室内調整の選手達は見られずだったが この日 試合を前に長期負傷離脱中の俊輔が 伊藤 高橋 コーチ陣らとミニゲームで調整 かなり盛り上がっていたようだ。  
その後にはアカデミー練習性の子供達と一緒に全員での記念撮影へ。     
DSC08088a.jpg
俊輔はコーチと一緒になって子供達に声をかけ並ばせるなど さすが4人の父親 手慣れた様子だ。 
DSC08103b.jpg

そしてついにガンバ戦へ 
怪我人も多い事からメンバー構成も中々難しいがこの日のスタメンは
【横浜Fマリノス】
GK榎本 DF小林 中澤 パク 金井 MF喜田 中町 前田 天野 斎藤 FW富樫
SUB田口 新井 ファビオ 中島 マルティノス カイケ
【ガンバ大阪】
GK東口 米倉 丹羽 金 オジェソク 井手口 今野 藤本 大森 遠藤 呉屋
SUB藤ヶ谷 藤春 岩下 倉田 岡崎 内田 長沢(アデミは出場停止) 

マリノスは富樫のワントップ 斎藤は2列目。  
両チーム 開始からかなりアグレッシブな動き  マリノスも攻守に亘り先ず先ずの滑り出しを見せる。
3分6分 懸命にチャンスを作り マリノスが徐々にペースを掴んでいく。    
※内容詳細はこちらでご勘弁を
http://www.f-marinos.com/match/report/2016-10-22
チャンスは作るも守備陣に跳ね返され なかなかゴールは割れなかったマリノスだが 32分だった。
中央 齋藤の縦パスを金井がスルー 富樫へと一気に繋がった  富樫シュート〜〜〜!!!
DSC07727a.jpg
そのボールは見事ゴール左へ  マリノス先制〜〜〜〜〜!!!!!  見事な連携〜〜!
DSC07741a.jpg
しかし このまま前半を終わるかと思われた終了直前 ガンバ呉屋の右からのクロスのクリアこぼれ球を 中央 井手口にミドルで押し込まれ痛い失点・・・・・  1−1で折り返す事になってしまった。  
折角の先制も 最後の最後で追いつかれると言う嫌な展開。  後半しっかりと断ち切り何としても追加点を!!  
俊輔は下平 高橋と一緒に上で観戦  隣のボックスでは栗原が伊藤と。 
DSC08289b.jpg
後半 
序盤は追いついたガンバが攻撃が勢いを増すが攻守ともに奮闘 5分 右からの米倉のクロスをゴール真ん前 呉屋にヘディングシュートを打たれるも榎本がしっかりキャッチ すると 9分には前田がマークをかわし左足シュート!!
DSC07759a.jpg
勝ち点3をめざし両チーム共に一層激しくなる攻防戦 しかし齋藤のミドルシュート!  喜田のボレー とマリノスも負けじとチャンスを作る。   
DSC07853a.jpg
そんな中29分 監督が動く。  前田に代えマルティノスを投入。 
するとその直後だった。    右遠目からのリスタート 小林が前線へと一気にロングボールを送った。 ゴール前相手DFがそれを胸でGKへとバックパスしようとしたボールを 詰めた斎藤がスルリと奪うと 慌てて詰め寄ったGK東口をあざ笑うかのように巧みに交わし シュート〜〜〜!!!
そのボールは待ってましたとばかりにネットに綺麗に吸い込まれた。
DSC07795a.jpg
ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!!   お見事〜〜〜!!!   2−1 
駆け出す齋藤に飛びつく選手 斎藤は手をあげ胸のエンブレムを叩いた。
DSC07830a.jpg
学 今季9ゴール目〜〜〜!!!
勝ち越しに成功したマリノスは 34分にも天野が左からシュートを狙うが僅か右   天野は思わず悔しそうにピッチに仰向けに倒れ込んだ。   
DSC07843a.jpg
何とか追いつこうとメンバーを入れ替え猛攻を仕掛けるガンバ しかしマリノスも懸命なDFでゴールを与えない。   
しかしまたしても悪魔が微笑んだ。   もうここのまま終わるかと思われた43分だった。 
右から強引にカットインしようとした倉田を喜田が阻止 倒した瞬間 ボールが中央にこぼれた。  そのボールに何と同点ゴールを奪われた井手口が突進 ミドルシュート!!  それが 何とパクの顔面を直撃  方向が変わりそのままゴールへと吸い込まれてしまった。     これにはさすがの榎本も反応出来ず失点・・・   あ”〜〜〜(;一_一)  
しかし これは仕方ない。。。    2−2   またしても追いつかれてしまった。     
DSC07768a.jpg
それでも勝ちに行こうと猛攻のマリノス  アディショナルタイム 終了直前だった。 
マルの仕掛けから得た天野の右CKから ゴール中央混戦の中抜けたボールが 左のマルティノスの前に! マルの足に僅かに当たるとボールはそのままゴールへ。     ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!!!!! 3点目〜〜〜〜〜!!!!!
マルは走り出しゴール裏は歓喜の雄たけび!! 
DSC07863a.jpg
しかし 何と信じられない事に オフサイド判定の旗・・・・・・・・・・
おいおい 相手は本当に触ってないのか!!?     いや逆にマルが触らなければゴールだったのか?
ブーイングの嵐の中 無情のタイムアップ  選手達はどっとピッチに座り込んだ。  

マリノスが優位に試合を進めたものの悔しい2−2のドロー ガンバとの3連戦は全て引き分けで終わってしまった。
挨拶が終わると 退場する審判団にサポから大きなブーイングが送られた。
今季は中々ホームで勝利が上げられなかったマリノスだが 最後までドロー。  残すはアウェーでのリーグ2戦と天皇杯となった。

上で観戦していた俊輔らがセレモニーを前にピッチにスーツ姿で登場した。
DSC08366a.jpg
出場選手達をねぎらうと俊輔はベンチへ。   一方試合後 栗原 中澤らと話を交わしていた遠藤が何とフラフラとマリノスベンチの俊輔の元へ。   ベンチ前のクーラーボックスにどっかり腰を下ろすと先ず榎本と挨拶 その後かなりの長い間に亘って 俊輔と遠藤との首脳会談Wが続いていた。     
DSC08403a.jpg
代表時代から仲のいい2人 話の内容が知りたい所だが最後は俊輔が遠藤に蹴りを入れ終了。  

そしてセレモニーが始まった。   先ずは社長の挨拶 そして監督の挨拶。   
DSC08483a.jpg
そして最後は選手達がボールを投げながらピッチを一周する。   
DSC07875b.jpg
俊輔はスーツ姿もキックで蹴り込んでいた。 
DSC08505a.jpg
長期離脱が続き苦しい事もあり あまり笑顔は見られなかったが 何とか痛みが早く取れ 最終節に間に合ってくれるといいのだが・・・  
DSC07886a.jpg
ホーム最終戦。  今季は環境の大きな変化もある中 離脱者も多く難しかったが若手の奮闘は素晴らしかった。   これからもベテランと若手が助け合い 切磋琢磨しながらチームを強くしていってほしい。
リーグ残り2試合 そして天皇杯 元旦まで突っ走ろう!!  
一日も早く怪我人が復帰できますように!!! 祈   


ついでですがこんな記事が
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?201218-201218-fl
    
posted by Hiro at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔マリノス情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HIROさんこんちわです

いい天気ですね。

もう一回セルティックのユニフォーム姿

前のめりに挑戦する俊輔の姿が見たいですね。

俊輔は日本ではサッカー界のレジェンドですが、

知っている人はわずかじゃないでしょうか。

でもshunsuke Nakamuraは

スコットランドの国のほとんどが尊敬している

レジェンドだと僕は思うのです。

整った環境で将来に向けて挑戦してもらいたいと

望むところです。

Posted by まこと at 2016年11月05日 10:43
☆まことさん お久しぶりです!

>もう一回セルティックのユニフォーム姿
前のめりに挑戦する俊輔の姿が見たいですね。

そうですね〜。 実際俊さんも最後をセルティックで終える事も考えにあったようです。

でも 昨年家族で行った時 以前は6万もの観客で埋まっていたセルティックパークが レンジャーズというライバルがいなくなってしまった影響で一気に少なくなり 盛り上がりがなくなってしまっているのを感じ その考えは消えたようです。    

でもマリノスもこんな状況では 考えもまた変えたくなっちゃいますね。   
Posted by Hiro at 2016年11月19日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック