2017年02月27日

2017J開幕 ジュビロ俊輔移籍デビュー戦

DSC09876a.jpg
2017年2月25日。 Jリーグ2017年シーズンがついに開幕した。
衝撃の移籍から約2か月、鹿児島キャンプを経て ジュビロ選手として俊輔初の対戦相手に決まったのは アウェー セレッソ大阪だった。

セレッソといえば柿谷 山口 そしてつい先日Jに復帰したばかりの清武がいるチーム。   俊輔 川又らの移籍組に加え 清武のJ復帰ニュースが重なった事で非常に注目度の高い開幕戦となっていた。 

大阪は晴れ これ以上ないサッカー日和。  この一戦を前に長居スタジアムには早くから大勢のサポーターが駆けつけていた。   サポだけではない 社長自ら長居へ応援に駆けつけていたようだ。
ジュビロゴール裏ではサポーターが白とブルーの袋を持っての応援で選手達を後押し。  新たな選手の応援歌も作られていた。   

選手達がアップに登場すると会場が一気に沸いた。  その観客席の視線の多くを集めていたのは勿論俊輔。俊輔はピッチに入ると先ずは大きくジャンプ!  気合満タンか。   アップのシューズは黒地に白の3本線そしてつま先には鮮やかなブルー。
DSC09516a.jpg
選手達はピッチ中央で一礼すると  ゴール裏へ挨拶。 早速アップ開始だ。  
DSC09584a.jpg
アップ後 いつもは時間ぎりぎりまで長めのシュート&FK練習を行う俊輔だが今日はかなり短め。
そしてその様子を必死で追うメディア関係者。。。  
DSC09729a.jpg
笑えたのはセレッソのホームにも拘らずメディア関係者はすべてジュビロ側へ来ていた事 そしてそのカメラが捉えているものはやはり 俊輔。。。  半端ない注目度だ。 

ついに試合開始 選手入場〜!  新しいサックスブルーユニの上に白ジャケットを着 俊輔はスパイクも同色に揃えて列後方から登場。      
ピッチに並ぶ選手達。 だがその間も全くじっとしておらず常に何かしら動いている俊輔 笑
DSC09890a.jpg
更に写真撮影では隣の川又の頭に何かついていたのかこんなシーンも。。。笑  初戦で緊張しているかと思いきやこの一件で皆笑顔でピッチへ。
DSC09918c.jpg
選手達が握手を交わすと試合開始!!
円陣〜
DSC09953b.jpg
ピッチ中央には俊輔、 キックオフ!!
DSC09972a.jpg
ジュビロは4−2−3−1 俊輔はトップ下。 
ロング縦パスを使った積極的な素早い攻撃でゴールを狙いにくるセレッソ。  しかしジュビロは落ち着いたDFでセレッソの攻撃を阻みボールを奪い返す。    
DSC00114a.jpg
そこから一気に攻撃を前線へと繋げたい所なのだが・・中々思うようにはさせてくれないセレッソ。   予想通り俊輔には素早い複数のDFが。
DSC00080a.jpg
しかし2分俊輔はかなり遠目のFKで積極的にゴールを狙っていく。   
DSC00023a.jpg
厳しいDFの合間を縫い懸命に前線へとボールを送る俊輔  
DSC00146a.jpg
サイドで柿谷との10番マッチアップを制し突破する俊輔に会場が沸く。
DSC00107a.jpg
26分クリア拾われてのソウザのシュートはゴール左。   一方36分ジュビロも負けず中央アダイウトンがミドルを狙い会場を沸かせる。  ほぼ互角の戦い。
前半44分左CK 俊輔のキックをゴール前アダが落とし 山本が押し込みゴールも 笛 ><! 味方のファールを取られゴールは惜しくも幻に。。。
DSC00270a.jpg
終了間際にはジュビロカウンターもパスミス 奪われてのセレッソ速攻 右からのクロスに飛び込まれるも大井が必死のDF 杉本のシュートはポストに阻まれ救われる。 
前半終了。  初戦とあって全体的に双方やや固いか。  俊輔も中々思うような高い位置でplayできない。
DSC00688b.jpg
後半 とにかく先に失点しない事。  守備は集中しているだけに 素早い動き出しで攻撃チャンスをもう少し増やしたい所 

58分右CK俊輔 太田 大井が一気に2枚飛び込むも あと僅かのところでDFに阻まれゴールならず。 惜しい〜!
一方64分 相手のFKに壁を作る選手達。   
DSC00541c.jpg
ソウザのキックはカミンスキーが好セーブで捕手。   
すると今度はやや遠目のFKを俊輔が狙う。  気合が入り過ぎたか 珍しくこれはやや本人も納得のいかないシュートだったか・・・ 決まらず。   
DSC00566a.jpg
79分には右からのクロスに中央ムサエフがミドルを打っていったがこれも惜しくもバーの上 
この後も共に何度かチャンスは作ったが両者共に譲らず そのまま試合終了。
ジュビロ初戦はアウェーで1−1のドローとなった。
DSC00712a.jpg
課題は山ほどあるがアウェーで負けなかった事 守備が集中していた事はよかった。 
初戦とあって難しかっただろうが 攻撃面ではまだまだ動きだしも 連動も足りない。  俊輔がボールを持った瞬間の周囲の動き出し そして一番欲しい時にボールが来ない・・・云々 あげればキリがないが 互いの連携をあげ もっと高い位置で サイドも一緒に攻撃に絡めるようになれば チャンスもグンと増え 脅威になってくるのではないだろうか。    とはいえ全てが移籍初めての初戦。 まだまだ始まったばかりだ。  先ずは負けなかった事をポジティブに捉え修正を加えて行ってほしい。    
DSC00164a.jpg
移籍初戦とはいえ俊輔は ピッチではまるでキャプテンだったかのように味方を鼓舞したり様々な声かけをし 既にチームの中心的存在となっていた。   一まわり以上も違う若い選手達の中ですら トップの走行距離を軽く叩き出してしまう38歳の彼の動きは これまでと変わらない観客を魅了する何かを持っていた。 
DSC00595c.jpg
そしてやはりセットプレーは大きな武器となっていた。   この日はゴールも幻に終わり 時には俊輔らしからぬplayもあり本人も納得いってないだろうが まだまだ彼はこんなもんじゃない。   今後の活躍に大いに期待したい所だ。
DSC00452b.jpg
試合後も俊輔の表情を追うメディアがジュビロ側に殺到 スタッフが入るほどの注目ぶりとカメラの数に他の選手達もやや驚いてるようだった。
DSC00774b.jpg
一方 当の俊輔はそんなことはお構いなしに いつも通りのチームメイトとの反省会。  試合後直ぐさま話す事で共通の理解意識がより高まるようだ。   いずれにしても年長がこれだけ走っているのだから周りの選手も負けてはいられないだろう。   次節は味方の素早い動き出しにも期待したい。
DSC00756b.jpg
次はついにホーム開幕戦だ。  今度こそ勝ち点3が積めるよう 選手同士がどんどん話し 要求しあい 連携アップには大いに力を注いで欲しい。
頑張れジュビロ! 頼むぞ俊輔!!         
http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2017/J20170225_2012120302.php
http://www.jleague.jp/match/j1/2017/022507/live/#livetxt   
posted by Hiro at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔ジュビロ磐田情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HIroさん こんばんわー

輝きましたね、ボールが唸ってましたね。デッドボールの支配者にふさわしいゴールでした。まいったー
Posted by まこと at 2017年03月11日 21:16
✩まことさん

すいません 汗 アップが全く追いついてなくて(^^ゞ
ベガ戦も途中で止まったままで 先に大宮をアップすることになりそうですがいつ出来る事やら。
簡略化して?頑張ってみます。

見事なFKでしたね。 ジュビロ今季初ゴールが俊さんだった事 しかもその勢いに乗って川又がゴールを決めれた事が嬉しいですね。

俊さん直ぐにカミンの所に行ってましたが 笑

神戸も自信をもって臨みましょう! 
Posted by HIro at 2017年03月13日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック