2017年03月06日

決めきれず… 磐田ホーム初戦悔しいスタート

DSC01644a.jpg
2017年3月4日 Jリーグ第2節。   ジュビロ磐田はホーム初戦にベガルタ仙台を迎えた。
アウェーで行われた開幕セレッソ戦では攻撃こそ思うようにはいかなかったものの落ち着いた守備をみせドロー。    何とか勝ち点1を持ち帰った。

そして迎えたホーム開幕戦  俊輔にとってもホーム初の試合だ。  あっという間にチケットも完売 サポーターの期待も大きく膨らんでいた。   
会場には早くから溢れんばかりのサポーターが押し寄せ長蛇の列 今か今かと入場を待っていた。 
image12.JPG
オフィシャルショップ前にはこんな写真が飾られ 大勢の人が店内で長い行列を作っていた。  中には売りきれてしまうものも続出。   入場にもかなり時間がかかったようで これも俊輔効果と言った所か・・・

満員のスタジアムが選手の登場に一気に沸く。   選手紹介〜。 
DSC01066a.jpg
フォーメーションは4−2−3−1  前節と同じメンバー。 俊輔は今日もトップ下。
ジュビロのキックオフ! 
DSC01137a.jpg
ホーム初戦とあって開始から積極的なジュビロ。  
2分には中央高めで受けた俊輔の素早いパスから右深くえぐった山本がクロス! ファーのアダイウトンがヘディングシュート!! もこれは惜しくも枠をとらえ切れず バー上へ。  しかし開始からチャンスを作るジュビロ。
11分低め 相手のクロスのクリアミス奪われそこから奥埜がシュート! ひやりとした瞬間だったがここはカミンがしっかりキャッチ 事なきを得る。   攻守に集中し一瞬の気も許せない状況。
中盤では開始から激しいボールの奪い合いが繰り広げられている。 
11分 俊輔が右サイドあがり右足クロス!  それをゴール前 川又が落とすも アダイウトンDFに阻まれシュートには持ち込めない。
20分 キッカー太田のクロスクリアからこぼれ球川辺がドリブルで持ち込んでグラウンダーのパス! 最後川又がシュートを放つも決め切れず。    
DSC09524a.jpg
懸命に組み立てる俊輔。   
23分ムサエフからのボールを俊輔がすぐさま裏へと浮き球パス それを川又が受けエリア手前右から左足を振り抜くが これも相手がブロック 決まらない。
その後もしっかりした守備から何度もチャンスを作るジュビロ  だが俊輔が一番欲しい時にまだまだボールが来ない場面も。
DSC01731b.jpg
36分 俊輔がアダイウトンにパス、アダがエリアの手前から右足ミドルを放つ  も これも枠をとらえられない・・・
40分にはムサエフが中央からパス それを太田がエリア右から右足シュート〜〜〜!  しかしこれもバー上へ。    中々決まらない。。。  
アディショナルタイムは1分
前半終了〜。  ジュビロは落ち着いた守備から積極的な攻撃を仕掛け何度ものチャンスを作るも すべて最後決めきれず。  前半を0−0で折り返す。

決定力に泣くジュビロ。  しかしチャンスは多く作っている。 後半何とか先制を!!
後半 メンバー交代なし。
DSC01581a.jpg
後半も積極的に仕掛けようとするジュビロ。 
5分アダからのボールを受けた川又がエリア手前から強引に左足シュートを放つも枠をとらえられない。
14分にはカウンター  エリア手前から川又が左足でシュートを放つが決めきれず。 
何度ものチャンスに中々ゴールを割れないジュビロ。  一方 俊輔には相変わらず徹底マークが。。。
DSC09568a.jpg
そんな中後半29分だった。  仙台 中央でのFK三田。 左足で浮き球を入れると、エリア左での折り返しをゴール前混戦の中繋がれ 最後エリア手前から奥埜がシュート! そのボールがポスト右をたたきながらゴールへと吸い込まれてしまった。   危険を感じ最後は身体を投げ出しての懸命なDFに行った俊輔。
だがその甲斐も空しく 味方誰も触れず失点・・・・・ 
前半からジュビロが優勢に展開していた中での痛い失点だった。
DSC01945a.jpg
手をたたき何度もチームメイトを鼓舞する俊輔。   攻撃だけでなく危機を察知し自陣深くまで戻り 守備にも奮闘している。
DSC01443a.jpg
一方仙台は俊輔に入れば一気に複数のDF。   それでも懸命にキープする俊輔。 
DSC01850a.jpg
苦しい状況にちょっとした時間に仲間と打開の話し合い 可能性を探る
DSC01516a.jpg
先制した仙台は活性化。 ジュビロは守備に追われる時間が多くなり中々決定機を作れない。 
仙台のプレスからなのかパスの精度が悪い。  肝心なところでパスが味方に繋がらず相手にカットされる場面も。  落ち着け〜!   
DSC01991a.jpg
33分には川又へのファールから中央やや遠目左 俊輔がFKでゴールを狙う。  壁はたったの2枚 直接はきついか。。。  会場の全ての目が俊輔に注がれ 息をのむ一瞬・・・  そのボールは壁に当たり左CKを獲得した。    今度はCKからゴールを狙う俊輔  ゴール前こぼれ球を味方がミドルで打っていくもゴールはならず。      
DSC02002xa.jpg
47分には左CK俊輔。 クロスこぼれ球に反応した上田が エリア手前から左足でミドルシュート〜!! しかしこれも枠の上に外れてしまった。
DSC09587a.jpg
それでも最後の最後まで懸命にゴールを狙うジュビロ 
DSC09602a.jpg
しかしついに 聞きたくない笛の音が・・・
試合終了〜。  0−1 敗戦。  無情の笛に呆然と立ち尽くす俊輔。 
DSC09648a.jpg
こんな表情を見るのは辛かった。  開幕戦も そして今節も 誰よりも走り回り懸命にチームを牽引した俊輔は 憔悴しきった表情で誰よりも長くサポーターに頭を下げていた。    誰よりも重くのしかかっているでろう背番号10の重圧。。。    

奮闘も結局最後の最後までベガルタゴールを割れなかったジュビロ。  だが 確かに前半は何度もチャンスを作っていたはずだ。  あれだけの中一つでも決まっていれば 結果は全く違うものになっていたのではないだろうか。

溢れる課題に押し潰されそうになっているだろうが立ち止まっている時間はない。      
優勢に進めていた中での失点にやや弱気になったのだろうか、 決定力云々は勿論の事だが それにしてもパス成功率60パーセント台 というこの数字を先ず何とかしなければ。   
決定機を作るためにはしっかりとした繋ぎから。  自分達のミスから相手にチャンスを与えない為にも もう一度連携を確認し合い 相手のプレスに慌てない自信あるplayを。  

ホーム開幕での敗戦は痛いが まだまだ新ジュビロは始まったばかり。   自信を失う事なく強気で次節に挑んでほしい。   頑張れJubilo 頼むぞ俊輔!!
DSC01718c.jpg
  



posted by Hiro at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 俊輔ジュビロ磐田情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Hiroさんこんばんわーです。
決定力 代表時代もこれで苦しんでいましたね。
だから大丈夫俊輔ならみんなわかってるから、ジュビロのメンバーも大船に乗ったつもりでただただボールを追っかけてほしい。
Posted by まこと at 2017年03月17日 20:45
☆まことさん こんばんは

>決定力 代表時代もこれで苦しんでいましたね
これだけは永遠のテーマですかね。
決定力もですが 一つ一つの精度に問題ありですね。 
プレスがかかると尚更。 

ただ仰る通り 俊さんがピッチに居るといないのとでは安心感が違いますね。 
失点しても消極的にならず 貪欲に1点返しに行ってほしいですね。 

俊さん 勝ちたいから 走っちゃうそうです。  
 
Posted by Hiro at 2017年03月21日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447660404

この記事へのトラックバック