2015年09月03日

俊輔ゴール翌日も奮闘! 今度は子供とサッカー教室

DSC02837a.jpg
2015年8月30日。  浦和との激戦を見事4−0で制し トップ下でMVPに輝いた俊輔は その試合翌日のクールダウン後も 休む暇なくサッカー教室に参加していた。 
地元 横浜信用金庫が主催するサッカー教室で これで19回目を迎える。  これまでも松田 渡辺 兵藤・・・選手ら様々な選手が参加してきたこのサッカー教室だが 俊輔が帰国してからはこれで5回目。  

この時期、 しかも試合翌日に開催する事が多い為 毎回俊輔は暑さ”と 試合の疲労” を抱えながらの参加となっているのだが 元気な子供達相手のイベントに俊輔の表情も穏やか 知らず知らずのうちに笑顔が溢れてくる。
DSC02212a.jpg
毎回 高学年 低学年の2回に分けて行われるこのサッカー教室  8月終わりにも関わらず 珍しくこの日の天気は雨。   暑さがないのはいいが 昨年も台風の影響による雨でピッチ練習がなくなってしまっただけに 流石に連続しての実践なしは寂しい。。。   という事で 今回は小雨もあって雨天決行!

会場には大勢の親子が早くから集結していた。   先ずは横浜信金幹部の挨拶から。  そして 一緒にお手伝いをしてくれるコーチ陣と共に 俊輔も大勢の子供達を前に 笑顔で挨拶。   
DSC02725a.jpg
先ずはマイボールを持参してきた子供達の周りをまわりながら リフティングの様子を見たり へディングの位置を指導したり 自らもやって見せていた。    
DSC02776a.jpg
かなり長い間リフティングが続いている子供のアピールには ずっとその前で見ていてあげたり、 はたまた子供達の超珍プレーにはどっとウケてみたり 時には子供にちょっかいを出してみたり。 笑
DSC02168a.jpg
それが終わると 子供たちの前で FKを披露。 
昨日も見事なFKを浦和ゴールに叩きこんだばかりとあって 今回は一発目で見事ゴール!!
DSC02199b.jpg
これには子供達から拍手が起こり 俊輔も思わずガッツポーズ! & 満面の笑顔。

その後はいくつかのチームに分かれ ゲーム形式の練習へ入った。
時間ごとに全部のチームに加わり 時には子供達と競り合いながら 時にはお膳立てしながら 子供のナイスプレーには拍手しながら 走り回っていた。     
DSC02434a.jpg
競り合いひっくり返った後  前日痛めた膝にちょっと手をやり気にするシーンも見られたが 大事には至らず。    子供達のプレーを楽しそうに見つめていた。
DSC02403b.jpg
そしてプレゼント抽選会へ。   俊輔が大きなサイコロを飛ばし その番号を予想しそこへ並んでいた子供たちが勝ち進める。   最後まで残った子供には何と前日浦和戦で実際に使用された試合球がサイン入りでプレゼントされた。     2回目にはサプライズで何と俊輔が履いていたスパイクをその場で脱ぎ 芝を落とし丁寧にタオルで拭いてサインをし それもプレゼントに!   これには子供達も目を輝かせていた。
DSC02265b.jpg
そして最後はチームごとに俊輔との記念撮影。   俊輔と一緒に写真が撮れるとあって これは子供達だけでなく親も夢中。   前々回は子供達による俊輔の隣の席の争奪戦が繰り広げられ大変だったが  今回は 他のチームの番になっても中々その前を移動しない親に MCから 「親御さんも移動おねがいしま〜す!」 と声がかかっていた。 笑
自分の子供ではなく ピントは「俊輔」に合っているのでは・・・? 爆 

1回のイベントだけでも120人もいる為  チームごとの撮影でも何度もカメラに収まる事になる  時間もかかり大変だ。  
ようやく撮影が終わると 子供達には全員に記念品が渡された。   中には勿論 俊輔のサインも!!
子供たちはそれを貰うと とても嬉しそうに帰って行った。   
DSC03047a.jpg
2回に分かれて行われたサッカー教室。    レッズ戦の疲労の残る中でもあり 痛めた右膝を気にするそぶりも少しだけ見せたが 子供たちの元気な笑顔に 俊輔もいい刺激を受けたのではないだろうか。    それにしても土産の記念品の中に入れる240人分のサインを一人黙々と描いていたかと思うと ファンサに来ないのも 皆さん 勘弁してあげてほしい。。。      

イベント後にはキクマリの収録も行われていた。    
DSC02746a.jpg 
他の選手が自由にしている時間にキャプテンは大忙し。  本当に 本当に お疲れ様でした。    
         
posted by Hiro at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔サッカー教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

試合翌日も俊輔は よこしんサッカー教室2014

DSC05994a.jpg
2点先制も悔しいドローとなってしまったレイソル戦翌日 埼玉で出場外メンバーによる練習試合が行われていた頃 俊輔はみなとみらいで一人サッカー教室を行っていた。
毎年恒例のよこしんサッカー教室。  2010年に俊輔が日本に戻ってから 今年でもう5回目になる。

毎回猛暑の中での開催となるこの教室だが 今年は運悪く台風11号が日本を直撃。    強風と雨により 残念ながらピッチでボールを使っての実践は出来ず 急遽スタンド下でのサッカー講義となったが 今年も抽選で当たったラッキーな子供たちが悪天候の中 大勢集結していた。   

高学年 低学年の2回に分けて行われるのこの教室 大勢の子供達が待つスタンド下へと俊輔が登場すると 一同大きな拍手。   いつもスタジアムで遠くからしか見れない俊輔が突然目の前に現れると 子供達の目が一気に輝いた。
先ずは関係者の挨拶で始まると 続いて俊輔の紹介へ。   学生の頃〜海外での活躍〜昨年のMVPまで これまでの歴史と活躍等について説明。    そして 今ハマっている事は? 卓球。   クラブの中でも1〜2位を争う実力の持ち主らしい。 (あまり知られていないようだが 中学生の頃はサッカー部ではなく卓球部に所属していた俊輔だ 上手いはずだ。    ちなみに中学で既にJユースでサッカーをやっていた俊輔は 学校では違う事をやって気分を変えてみたいと卓球部に入っていた) 
その卓球好きが高じて 最近ではマリノスのクラブハウスにまで俊輔“自腹”の卓球台が備え付けられた位だ。   これは選手同士のコミュニケーションの場としては もってこいかもしれないが・・・。   

続いてサッカー講義へ。   先ずはキックについて  そしてリフティング  最後はドリブルについて。
それぞれの上達方法や  自分が小さい頃やっていた練習方法など。   
学校などの壁にマークなどを付けそこへ当たるように  当たるようになったら今度は距離を延ばしたり アウトにしてみたり インで蹴ったりと色々変化をつけながら1時間以上もやっていたとの事。  
これは友達とやるより 一人で黙々とやっている方が好きだったらしい。   

また 今やると怒られるかもしれないが 自分が練習場へ通ってた頃は ボール入れとかもなかったし  ネット(網)とかも500円位してて高かったから 自分で 足でコントロールしながら坂道を登ったり下りたりして通ってた。    そういうのも今考えると凄くいい練習代わりになってたかもしれない。     
DSC06028az.jpg
あと小さい頃 僕も釜本さんのサッカー教室へ行ったことがあるんだけど  当時は釜本さんてどういう人か知らなかったんだけど(笑)  凄いプレーとか目の前で見せてくれて スゲ〜! って それが凄く印象に残ってたりする。      あとは 今みんなが良くやってるような マーカーを置いてジグザグでドリブルで行く練習とかもいいけど  ボールの上に足を乗せてこう前後左右に転がすとか  足裏を交互に乗せるとか(自ら実践しながら) そういう基本的な練習が凄く大事。    ドリブルは 常に自分の足元にボールを置いて取られないようにしないといけないからね。    
あと 小さいボールを使ってコントロールする練習を 家の中でもいいからやったりしてると 大きいボールになったとき 凄く楽にコントロール出来るようになる。 云々

その後は 子供達からの質問コーナーも。   毎回必ずあるFKについての質問以外には 好きだった選手 (=これは周知のマラドーナ)   更には 対戦して嫌なDFは?   色々いるけど 新潟のレオシルバ  など。
何でマリノスに入ったんですか?  の質問では高校生の時に色んな所から声かけてもらって あちこち殆どのチームに練習参加しに行ったりしたんだけど(マリノス以外の) 結局 自分と同じレフティで 同じような選手はいないかとか・・・ 色々と消去法でやっていったら マリノスが残った。 笑
しかもマリノスは当時 日産ていって 凄い代表クラスの上手い選手が一杯いたしね。云々。 
DSC06036a.jpg
あと 自分のプレーとか フォームを ビデオとかで撮ってもらうといい。  自分は父親が撮ってくれてたからすごくそれがタメになった。   それを見れば自分で色々わかるからね。 

リフティングは子供の頃何回位出来たんですか?  
う〜ん 3000回位までやって 馬鹿らしくなってきて? 疲れてやめたのを覚えてる   これ以上数増やしてもあんまり意味ないかなと思って 笑    
でも ある程度まで数を伸ばすのは 集中力を付ける為には凄くいいと思う。 

その後は俊輔から子供達へプレゼント。   ユニやパンツ そして昨日のレイソル戦で使われたボールなど。    これは10日生まれの人〜   25日生まれの人〜  6がつ24日生まれの人〜 等々 ラッキーにも当たった子供達には その場でサインをしてプレゼントしていた。   満面の笑みで受け取る子供達   これは見ていた親の方が嬉しい位か・・・?笑 

そしてシメの言葉。  レギュラーになれなかったとか 怪我をしちゃったとか みんな色んな事があると思うけど 苦しかったり悩んでたりする時ほど 成長出来る時だから これからもそのことを忘れずに頑張っていってください。 とコメントしていた。

そしてお待ちかね 最後は子供たちとの記念撮影へ。    毎回俊輔の隣の争奪戦となるこの記念撮影  今年は子供達が先に並んだ所へ 俊輔が後から入って行っていた。 
DSC05945a.jpg
撮影を終えると全員と握手をして終了。
最後に子供たちに渡されたお土産には 全員に俊輔のサインが入れられていたようだ。  

1回目は黒い長袖&長ズボンのジャージ姿だった事もあり 汗をぬぐいぬぐいやっていたが 2回目はさすがに水色の半袖練習着に着替え。     例のごとく?  ストッキイングが二―ハイ状態だったため 昨日の試合で痛めた個所 &テーピング等の有無は判らず。。。   しかし一応普通に歩いていた。 
あいにくの天候で 子供相手にピッチで走り回り笑顔を見せる俊輔は見られなかったが 疲労と負傷のある俊輔にとっては かえって悪天候で良かったか・・・。 

負傷交代となったレイソル戦後にも関わらず 本当に本当にお疲れ様でした。              
DSC05961a.jpg  
以上  恒例 “今日の俊さん” でした。           
posted by Hiro at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔サッカー教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

俊輔サッカー教室2013夏

DSC00843b.jpg
直樹の3回忌が行われた8月4日の午後 俊輔のサッカー教室がマリノスタウンで行われた。
恒例のよこしんサッカー教室  俊輔はJに復帰してこれで3回目の参加だ。 

猛暑の中 抽選で当選した小学生を対象に行われたこの教室は 先ずは高学年 そして低学年と 2回に分けて行われた。 
マイボールを持参した大勢の子供達の前に俊輔が登場すると子供達の視線はもう俊輔にくぎ付け。  いや 子供達以上に親のカメラがどっと俊輔に向けられ その場の空気は一気に変わった。
DSC00324az.jpg
先ずはよこしん幹部 そして俊輔コーチらの挨拶から始まった。  
その後早速 子供達とゲーム交じりの走りへ。   
DSC00458az.jpg
走りながらコーチの言うテーマ毎に集まるのだが 俊輔の周りは常に凄い子供の数。    
大勢の子供達を引き連れるようにして走る俊輔。   生れた月! のグループにも拘らず 俊輔のグループには6月生まれ以外の子供が。。。 笑   どうしても俊輔の傍が良かったのか!?
DSC00470az.jpg
更に今度は小さなグループに分かれ全員手を繋ぎ ある一人を鬼から守るというゲーム。   これは俊輔もかなり楽しそうにやっていた。    
DSC00525az.jpg
そしてボールコントロールの練習が終わると ようやくゲームへ。   これはいくつかのグループに分かれてのゲームに 俊輔が各チームを回りながらフリーマンになって参加するというもの。     
DSC01136az.jpg
高学年でもある事から 何人もの子供達に囲まれ 必死にボールキープする俊輔  時には突然ゴールキーパーになり ゴール前に寝そべってセーブしてみたり。。。笑 
珍プレーには思わず笑顔 そして見事ゴールを決めた子には やったね! と祝福のガッツポーズ。    
スパイクのひもが取れてしまった子には結んであげたり。。。
DSC01371az.jpg
ゲームになると 激しい連戦が終わったばかりの翌日とあって 流石の俊輔も相当疲れているのだろう、 突然ふ〜っと座りこんだり   ハ〜 っとポストに寄りかかったり・・・笑  
DSC01666az.jpg
しかしそれでも子供達とじゃれ合ったり 給水ボトルを押して子供に水をかけてみたり 子供達に交じって触れ合いながらコーチの話を聞いたりと 俊輔先生は大奮闘。    子供達の本当に嬉しそうな笑顔が その興奮ぶりを表していた。    
DSC01526bz.jpg
最後は子供達の前でコーチGKを相手にFKを披露   眼の前で見るその技に 子供達の目が一気に輝く。 
そして恒例 でっかいサイコロを蹴り上げてのプレゼント抽選会へ。    
DSC03229a.jpg
俊輔のサイン入りサッカーボールを狙い  俊輔が蹴り上げていくサイコロの目の数に最後まで並んでいた子供が そのプレゼントをゲットできるというもの。     見事最後まで残った子供に俊輔がボールを手渡すと 皆 拍手しながらも羨ましそうにそれを見つめていた。
DSC02295az.jpg
そして終了前には俊輔との記念撮影だ。   グループ毎の撮影なのだが 中央に座った俊輔の隣を何とかゲットしようと 子供達は自分達の番が来る前から もうソワソワ。    そして一気に隣へダッシュ! の大争奪戦   相変らず俊輔人気は止まる所を知らない。。。
DSC02022a.jpg
子供達は お土産に俊輔のサイン色紙等を貰って解散   本当に嬉しそうに帰って行った。

湘南戦の翌日に あの猛暑の中チームでたった一人 子供相手に2度もこのサッカー教室を行った俊輔。
疲労困憊の中 本当に 本当に大変だったと思うが 俊輔も子供達からいい刺激を受けたのではないだろうか。              
posted by Hiro at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔サッカー教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

俊輔クールダウンも 極寒サッカースクール

DSC04833a.bmp
2013年2月24日 マリノスは前日のソニー仙台との練習試合に続き 開幕前最後となる 横浜のYSCCとの練習試合をマリノスタウンで行った。 
前日は主力メンバーが中心だったのに対し 今日は若手中心。    前日試合に出た俊輔 中澤をはじめ ドゥトラ 兵藤 小林 中町・・・ らはピッチで軽いクールダウンメニューで調整。     ランニングや コーチとボールを蹴ったり 何度かシュートを打ったりして俊輔らはピッチを後にした。

練習試合詳細はオフィシャルに掲載されるのでここでは省略するが 結果は1−0。 PK 
座る所もない程大勢詰めかけた客席を湧かせる場面は何度かあったものの 結局1点のみで 何度かあったチャンスはゴール枠を捉えられないまま終了。     内容は悪くないものの 今季は昨季の布陣をベースに 更に得点力アップを目指し上積みを図る・・・はずが 開幕直前になっても 惜しい場面はあっても中々ゴールが決まらないシーンが多い。   それにしても、マリノスのシュートはなぜGKの正面を突くのか・・・
怪我の富澤もピッチに姿を現さずだった。   軽傷だといいが。。。
開幕までたったの1週間と迫ったが  正直まだまだ 「不安いっぱい」というイメージは払拭できないまま。      昨年の堅守に 得点力アップ は果たして実現できるのだろうか。  

惜しい〜! と 何度もチャンスに拍手をするサポだが 本戦は 「惜しい」では勝てない。  90分間最後までゴールを決められなけば 勝ち点3は積めない。     
残り1週間 どこまで詰められるか・・・   勝負の1週間となりそうだ。


DSC05414a (2).bmp   
一方 昨日フル出場だった選手達はクールダウンで終了したものの  キャプテン俊輔には その後も大変なイベントが待っていた。    Shunsuke Parkの子供達 約200人超を集めてのサッカー教室だった。
チーム練習後  午後から2回に分けて行われたこの教室。   イベント開始時間5分前と ギリギリ 自らの車でかけつけた俊輔は 早速着替えて子供達の前へ。      
DSC05132a.bmp
前半は小さい子供達から  そして後半は小学生を中心に指導。   先ずは子供達の前でFKを披露すると  前半は 自分の子供の例を例えて 前は4〜5回しか出来なかったのが こうして続けていたら80回以上も出来るようになった等  リフティングの練習方法についてなど 実技を交えながら説明。     
DSC05144a.bmp
ゲーム形式の練習には 子供達と一緒に走りながら 笑顔で「うまい!」「いいよ!」と子供達を上手く褒めながら スキンシップを交えながらのコーチング。      握手を求める子にはわざわざ手袋をはずして応じてあげていた。      
DSC05458a.bmp
前半だけでも何チームかに分けての教室だったが 何と驚いた事に  1つの班が終わるたびに 一人一人にサイン そしてツーショット記念撮影のプレゼント。  
各々 サインして欲しいものを持参してきた子供達は 俊輔先生のビッグなプレゼントを嬉しそうに何度も眺めていた。
DSC05684z.bmp
寒風吹きすさぶ極寒の中 何百人にも及ぶ生徒たちの為に 何回も何回も 最後まで丁寧に対応していた俊輔。 
子供達と一緒に走っている時はいいが  サイン 記念撮影時では 北風が強く吹きつける極寒の中 じっとしている時間も長く 風邪をひかないだろうかと心配するほどだった。
DSC05433a.bmp
しかし だんだん大きな子供達の班になってくると 俊輔も一緒にサッカーを楽しんでいるような感じに。
フリーマンになったり 時にはアシストでゴールが決まると ハイタッチしたりと寒い中も楽しそうにやっていた。  スクール最高学年に達した子供たちには卒業証書の授与も行われた。   きっと大きくなってもここで学んだことは色々な場面で活かされるだろう。
DSC06063a.bmp
チーム練習以外にも こうして取材やイベントをこなす俊輔。    開幕直前 これで体調を崩す事など絶対に無いよう 湘南戦に向け コンディションを益々上げてくれることを祈るばかりだ。 
本当に 寒い中 お疲れ様でした。               
posted by Hiro at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔サッカー教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

休日返上…俊輔は試合翌日にサッカー教室

DSC06492a.bmp
2012年9月9日。  天皇杯2回戦翌日。   
猛暑がまたぶり返したような横浜  32度をゆうに超える暑さの中も みなとみらいには沢山の親子が集まっていた。    
恒例 横浜信用金庫主催の「よこしんサッカー教室」  
昨年も行われたこのサッカー教室だが  何と昨年は俊輔がイベント直前の試合で負傷 左膝内側側副靭帯損傷 全治3〜4週間という診断・・・それでも 膝に大きなコルセットを巻きながら 元気な子供達相手に珍しいGK役となって 松本翔と一緒に参加していた。

前日8日の天皇杯YSCC戦では 太腿裏の貼りを訴えながらも結局強行出場する事になってしまった俊輔だが  試合翌日のこの日も チームでたったひとり 猛暑のみなとみらいのピッチに立っていた。   
DSC05241aa.bmp
前回同様 今回も小学校低学年と高学年 2度に亘ってのサッカー教室だ。  
集まった大勢の親子の前に コーチ陣と共に俊輔が登場すると 一気にみんなの視線は俊輔へと集中した。 コーチ陣の紹介 そして簡単な挨拶のあとは早速各々ボールを持っての練習へ。    

沢山の子供達に交じって一緒にボールと戯れる俊輔  子供達の間を縫いながら時折声をかけ移動する俊輔を追い 子供達が自然と集まる。    言うまでもないが 子供の相手をする時の俊輔の笑顔は 一番いい表情をしてる。   
DSC06768b.bmp
その後行われた 数チームに分かれてのミニゲームでは それぞれ全てのチームに入りながら GK役になったり 時には子供達を交わしながら前線へ突破を見せたり。     何とかそのボールを奪おうと 次々襲い掛かる子供達だが 俊輔は巧みなボールコントロールでキープし 子供達を翻弄。    
GK役ではボールが来そうになると 子供にシュートを促しながらも しっかり ゴール前に寝そべって阻止    やはりそこは譲らない。。。 笑 
DSC06215aa.bmp
それにしても試合翌日の猛暑の中 今日も走り回っている俊輔・・・   休養どころか これでは練習しているのと同じか?      

ミニゲームが終わると 俊輔のサインボールが1名にプレゼントされる抽選会に。   昨年は俊輔とのじゃんけんだったが 何故か?中々人数が減らない為  今年は俊輔が大きなサイコロをふって 出た番号に並んでいた子供が当たりという形。     最後まで当たった子が見事俊輔の貴重なサインボールをゲット。    しかし このデカいサイコロを振るのにも 足で蹴りあげる俊輔。    壊れそう。。。笑    
DSC08025a.bmp 
そして何人かの子供達とのFK対決へ。   弁慶をズルズルと自ら引きずり 大勢の親子の前で蹴り入れる俊輔  低学年ではうまくゴールしたが やや2回目は疲れたのか 高学年を前に失敗。。。    やや焦りながらも最後はしっかり決めていた。     高学年ともなると既に結構上手な子供もいる事から  子供が先にFKを決めてしまったり GK役で交わされたりと 何度か笑える場面もあった。  
DSC07554b.bmp
また最初に行われた低学年部門では質問コーナーもあった。   が・・・  何とその質問が 初っ端から 「中村選手はいつ引退するんですか!? 」・・・   流石にこれに周りのスタッフが慌てる。  冷〜〜〜 ・・・><汗   一瞬その場の空気が固まった。

「やめようよ〜 その質問  もっと他に質問ないの?」 と慌てるスタッフに 苦笑いしながらも 俊輔はしっかりと「前は まさかこんな年までやってるとは思ってなかったんだけど まだ結構動けてるんで・・・。   それに今はドゥトラとか マルキとか もっとベテランがいっぱい入って来てるんで 自分はベテランの方に入らなくなってるし  まだまだ自分も頑張らなくちゃと思ってます。     マリノスから もういらないって言われないうちは。。。 笑」     

大人からすれば ヒヤリとする まさかの質問だったが 俊輔は苦笑いしながらも 素直に本心?で答えていた。     しかし これにはスタッフが懲りたのか 高学年では質問コーナーはなしに。 笑
DSC06674b.bmp
最後は俊輔を中心にチームごとに記念撮影。    我が子と俊輔のショットを収めようと お父さんお母さんは必死でシャッターを切っていた。     前回は「俊輔の隣席」の争奪戦で大変な事になっていたが 今回は俊輔が後で入ったり スタッフが指示した事で無事争いはなし。     最後には全員 俊輔のサイン入りのお土産を貰って握手をして解散。       猛暑中も 子供達は嬉しそうに帰路についていたようだ。
DSC05724aa.bmp
天皇杯翌日  チームメイトがみな連休を取る中 キャプテン俊輔はひとり猛暑の中 今日もしっかり仕事をこなしていた。    左脚のアキレス腱あたりを1〜2度気にしていたが まだ違和感が続いているのか・・・? 
しかし試合翌日も元気に走り回っていた俊輔  疲労困憊かもしれないが 子供達の笑顔で試合での鬱憤を晴らし 少しは気分転換になったかもしれない。 
次はレッズ戦。。。  たった1日で疲れをとる事ができるのかと やや不安にもなった一日だったが キャプテンは今日も頑張った。       何とかトップコンディションを取り戻し 次こそ勝ち点3を積みたいものだ。     本当に 本当にお疲れ様。。。     

※普段の俊輔情報はBBSへ
posted by Hiro at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔サッカー教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

GK俊輔 リハビリ合間に子供とサッカー

P1190196a.bmp
2011年8月28日 ようやく5日間という大型?連休に入ったマリノス。   前節セレッソ戦で負傷した俊輔を欠いて臨んだ清水戦では 攻撃の起点が全く作れず 結局 スコアレスドローと言う悔しい結果に終わってしまった。    ようやく迎えたこのOFFで 今までの連戦の疲れをしっかりリセットし これからの優勝争いに打ち勝つために 充分な英気を養って欲しい。  
そんな中 離脱中の俊輔は早期回復を目指しリハビリと治療に必死。  アウェーセレッソ戦の怪我でようやくリハビリが終わったというのに またしてもセレッソで怪我。。。  ゴール という願ってもない結果を出した代償はあまりに大きかった。   
左膝内側側副靭帯損傷 全治3〜4週間・・・><

またリハビリか・・・><  
ようやく俊輔トップ下布陣でチームが乗ってきた時だけに その悔しさは計り知れない。
折角のOFFに・・・と気分が 滅入ってしまいそうになる中   OFF初日の昨日 みなとみらいでイベントが行われた。    横浜信用金庫主催のサッカー教室だった。  
直前に 俊輔が負傷した事もあり心配されたが しっかり参加。  子供達と笑顔で触れ合った。

自分は仕事だった為行かれなかったが 情報はしっかり仕入れてあるのでその様子を皆さんに。

みなとみらいは晴れ。  気温は30度程?
先ず イベントは午前の部と午後の分に分かれて行われた。  午前は小学校低学年 午後は高学年だ。    マリノスユニだけでなく 中にはセルティックのユニを着ている子供もいたようだ。
先ずは開会式。  ズラリと並んだ子供&保護者達の前に俊輔と松本翔が登場。    
左膝を中心に黒い大きなギブス?サポーター?を巻いた俊輔が 僅か足を引きずりながら登場  コーチらと一緒に前に立つ俊輔。   すると 子供達だけでなく保護者の目も一気に俊輔に集中。   そして横信関係者の挨拶等が行われた。   
P1180325a.bmp
開会式が終わると早速子供達はボールを使ったリフティングなどの練習に。    その間 子供達の周りを回りながら 時折声をかける俊輔。   アドバイスしたり おっ うまい! と声をかけたり。    そして何チームかに分かれ ミニゲームへ。 
P1180453a.jpg
まさか あの足で・・・?  
・・・と・・・  おもむろにGKのグローブを手にはめる俊輔。  今日はGK俊輔だ!!

子供達のゲームを優しく見守る俊輔  ゴールの際に GK俊輔 芝生に倒れこむ場面も。   おいおい 怪我の悪化はごめんだぞ・・・><   
勿論 Gキックは右足で!    
P1180517b.bmp
給水では自分の飲んでいたボトルを子供にも飲ませようとふざけたり  ややぽっちゃりしていた子供のお腹にしきりに手をやってみたり  座っている子供達の中に一緒に混ざって座ったりしながら イベントを楽しんでいたようだ。       
子供達と遊ぶ俊輔は 試合の時には中々見られない優しい笑顔を見せる。 

最後には子供達からの質問。  ここではやはり リフティングやFKなどのコツの質問が。
「何でそんなにFKが曲がるんですか?」 「リフティングは何回できますか?」 などなど・・・。    曲がる理由はいつもの「縫い目&こすりあげる」説明を そしてリフティングに関しては かなり考え・・・ 3000回までは覚えてるけどそれ以上は数えるの面倒くさいから数えたことない 判らない。 1時間以上かかるでしょ。。。 云々。  

そして サプライズ 俊輔からのプレゼントが。    サイン入り試合球。  午前午後1球ずつの為  午前中は 俊輔と子供達とのじゃんけん。       俊輔に勝った子供だけが残っていくのだが どういうわけか 中々減っていかない。   しかも俊輔は最初から3回連続でグーを出す(笑)    そのため 午後はこれを変更し  俊輔と松本がじゃんけんをし どっちが勝つかを予想して 左右のスぺ―スへ移動する。    どこかのクイズのようだ・・・   
最後まで残った子供がお宝を見事ゲットする。  

イベントの最後は選手との記念撮影。   はじめは 長椅子の真ん中に俊輔と松本が座っていて そこへ子供達が来てチーム毎に撮影だったが そこで 俊輔の隣へ座ろうと すさまじい争奪戦が! P1190100a.bmp   
前のチームが終わらないうちに もうダッシュする子供に  ついに俊輔と松本があとから入る事に変更。
最後は 俊輔達は 座らずに 最後に子供達の後ろへ立って撮影していたようだ。  

相変わらず俊輔人気は衰え知らずだ・・・。
俊輔と握手しようと群がる子供達にも 最後まで笑顔で答えていたようだ。 
リハビリばかりで気が滅入る中  俊輔自身も ひと時の気分転換になったのではないだろうか。 
チームがOFFの中  本当にお疲れ様でした。    
P1190862a.bmp

【追伸】
下記の 直樹追悼ギャラリー に於いて 画像が重なって見えないというご指摘を頂きました。
取り急ぎ修正だけ致しましたので 今一度ご確認下さい。 
本日1日をもって 追悼プレゼントは締切となります。   応募下さった方は こちらからのメールになるべく早くご返信下さいますようお願い致します。      
posted by Hiro at 12:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 俊輔サッカー教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする